ベランダ 排水 溝 カバー。 マンションベランダの排水用の溝の泥や砂を、うまくせきとめる方...

ベランダ 排水 カバーの販売特集【通販モノタロウ】

ベランダ 排水 溝 カバー

ベランダを自作(DIY)する目的 ベランダを活用していくためには、まず目的を考える必要があります。 というのも、せっかく自作(DIY)をしたのに、使わなくなってしまっては意味がないからです。 しっかりと、ベランダを活用する目的をイメージすることで、快適に使っていくことができます。 快適な夏の夜 ベランダはそのままだと殺風景で、長い時間を過ごしたいとは思えない場所です。 イスやテーブル、植物やちょっとした小物があるだけでも、雰囲気が変わります。 夏の蒸し暑い夜に、風を感じながら飲み物を手に夕涼みをしたり、季節を感じるために、日陰になっているベランダで本を読んだりと、さまざまな楽しみ方をできます。 ベランダでしたら気持ちよさそうなことをイメージしてみましょう。 休日にくつろぐ場所として ベランダを快適な場所にすれば、休日にわざわざ出かけなくても、ゆっくりとピクニック気分を味わうことができます。 ちょっとした食事の準備をして、窓を開ければ、外の空気を感じながら食事を楽しめる空間が広がっています。 ちょっと楽したい休日に、ベランダを最大限活用していきましょう。 ガーデニング 集合住宅でお庭が持てないけど、ガーデニングを楽しみたい想いってありますよね。 ベランダにちょっとした工夫をするだけで、ガーデニングスペースを持つことができるんです。 自作(DIY)でおしゃれに棚を作ったり、既製品を組み合わせるだけでも、立派な空間を作ることができます。 手軽にできるリフォームなので、植物や花を育てたい場合は、検討してみましょう。 外構工事をお得にする方法 「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」 外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。 理由は ・ ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる ・業者によって得意分野が異なる ・優れた業者、相性の良い業者が見つかる 希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。 外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。 >> 自作(DIY)で安くベランダをおしゃれに ベランダを安く自作(DIY)するには、材料費を抑えなければいけません。 100円ショップやホームセンターで安く買える、材料を使ってベランダをおしゃれに自作(DIY)していきましょう。 床 ベランダの見た目がおしゃれになり、快適に過ごせるようにできるのが床の自作(DIY)です。 コンクリートの殺風景な床を、デザイン性のある素材で敷き詰めることで、印象をがらっと変えることができます。 また、夏場などベランダの気温は放射熱で相当熱くなります。 床材を敷くことで熱の上昇を抑えることができ、エアコン代を節約することができます。 それでは、簡単で安く自作(DIY)できる、床のリフォームについて見ていきましょう。 ウッドパネル ベランダを簡単に自作(DIY)する方法として、ウッドパネルを敷き詰める方法があります。 ウッドパネルには天然木を使用したものと、樹脂製の人口木を使用したものがあり、それぞれに特徴を持っています。 天然木のウッドパネルは、木材の質感や木目を持っているので、温かみがあり自然な雰囲気を演出してくれます。 人口木のウッドパネルは、木材の粉を混ぜているので、木の質感がありながら、耐候性があるのでメンテナンスをあまりしなくても、きれいな状態を保つことができます。 ベランダの広さや形状によって変わりますが、一般的なベランダにウッドパネルを敷き詰めた場合、1万円から2万円程度の費用で床を作ることができます。 すのこ ベランダの床を作るのに、よく使われている安く揃えられる材料がすのこです。 100円ショップやホームセンターで安く購入できるので、イメージしたい場合は、立ち寄ってすのこを見てみましょう。 すのこに塗装を施すことで、雰囲気を持った外観にもでき、何よりも簡単に自作(DIY)することができます。 また自作(DIY)が得意な方は、すのこを作ってみるのもいいでしょう。 ベランダのサイズにぴったりと合わせることができるので、仕上がりも満足のいく床にすることができます。 もし、すきまが空いているようなら、石や人工芝で埋めるのもアイデアのひとつです。 安く自作(DIY)するときに必要なのは、アイデアです。 おしゃれなベランダを実現するために、いろいろなアイデアを出してみましょう。 すのこを一般的なベランダに敷き詰めた場合、塗料も入れて5,000円程度で作ることができます。 人工芝 ベランダの床をナチュラルに彩るのが、人工芝です。 柔らかな質感と、自然を感じることができ、簡単に敷き詰めることができます。 ウッドパネルやレンガなどと組み合わせると、メリハリができ、印象がぐっと変わります。 ロールタイプの人工芝の場合、水はけが悪いとカビなどが発生する可能性があります。 透水タイプを選ぶか、パネルタイプの人工芝を選ぶようにしましょう。 人工芝を一般的なベランダに敷いた場合、8,000円から15,000円程度の費用がかかります。 タイル(石調) 洋風な雰囲気にできるタイルは、ガーデニングともよく合います。 1ブロックのタイルごとにカットできるものあり、場所に合わせて設置することができます。 石調のタイルを使用する際に、あえて隙間を残して人工芝を敷くというアイデアもあります。 タイルを一般的なベランダに敷き詰めた際にかかる費用は、ウッドパネルと同程度です。 壁 ベランダで次に自作(DIY)したいのが、壁部分です。 そのままでも、アレンジ次第では素敵な空間にすることができます。 ただ、外からの視線を遮る目隠しをしたり、壁自体をデザインすることで、部屋の中からも楽しめる外観を持つことができます。 すのこ ベランダの壁に柔らかい印象を持たせることができるのが、木材で作られているすのこです。 木の質感を活かした色や、塗りつぶしのカラフルな色まで、塗装でさまざまなデザインにすることができます。 床にすのこを使った場合、一体感も生まれ、部屋の一部のような印象を持たせることも可能です。 自作(DIY)ですのこを作ることもできるため、安く材料が買えるようであればチャレンジしてみましょう。 すだれ ベランダに和風のテイストを入れたい場合に、便利に使えるのがすだれです。 すだれは夏の日よけとして使われるものなので、すのこで壁を作っておいて、夏の季節にワンポイントで取り付ける方法もあります。 ひもやフックで簡単にすだれを取り付けられますが、風で飛ばないようにしっかりと固定するようにしましょう。 安く自作(DIY)ができますが、ベランダの環境下では、劣化しやすいので、汚れてきたら交換するようにしましょう。 グリーンカーテン 集合住宅では、本物の植物を使うのは難しいと想いますが、グリーンカーテンも壁を彩る方法です。 フェイクグリーンのグリーンカーテンがあるので、そういったものを活用します。 取り付けも簡単で、しっかりと固定しておけば、風に飛ばされることもありません。 ベランダのガーデニングのワンポイントにもなり、バランス良く鉢植えを置くことで、緑豊かなベランダにすることができます。 エアコンの室外機カバー せっかくおしゃれにベランダを自作(DIY)しても、室外機や見せたくないものがあると、気分が下がってしまいます。 エアコンの室外機は、すのこを使って箱を作ることで、隠すことができます。 その他にも、木材で箱を作ればいいだけなので、さまざまな形状で室外機を隠すことができます。 上に植木鉢や小物を置けるので、デザインを膨らませて、いろいろとアレンジしてみましょう。 ただ、エアコンの機能が下がるため、室外機のファンは隠さないようにする必要があります。 園芸のための棚 ベランダにガーデニングスペースを作りたい場合に、重要になるのが棚です。 植物は立体的に置くことで、豊かにみえ、緑をより一層楽しめるようになります。 棚はあまり大きいものを自作(DIY)してしまうと、かさばるため、植木鉢や小物をあらかじめ決めておいてコンパクトに作りましょう。 材料費もかからず、安く済ませることができます。 木材で棚を作る場合には、雨や湿気による劣化を防ぐことができるので、塗装をしっかりとするようにしましょう。 1年毎に塗装し直すことで、ソフトウッドで自作(DIY)した場合でも、長く持たせることができます。 マンションなど集合住宅の場合、避難経路や避難梯子などをふさがないように配置することも必要です。 また、マンションによっては、棚などを置けないところもあるので、あらかじめきちんと確認するようにして下さい。 【こちらの関連記事もご覧ください】• ベランダに安くウッドデッキを自作(DIY)する方法 ベランダの床を実際に張るときに、どういった作業が必要なのか見ていきましょう。 自作(DIY)の流れを知ることも、大切な事前準備です。 ウッドパネルを使う 快適な空間を安く自作(DIY)するために、ウッドパネルを使った方法を見ていきます。 自宅のベランダをイメージしながら、どうすれば段取り良く作れるかということも考えてみましょう。 ベランダの寸法をはかる まずは、ベランダの寸法をとりましょう。 ベランダの幅や長さだけでなく、エアコンの室外機や出っ張った壁など、障害物の位置を正確にはかっておくと、あとで役に立ちます。 また、排水溝の位置についても、把握しておきましょう。 ウッドパネルの割り付け ベランダにどういった配置でウッドパネルを敷いていくかを決めていきます。 ウッドパネルが木材の場合、自由なカットができる製品もありますが、大きさを変える場合、1ブロック単位でカットできるという商品もあります。 ベランダにぴったりと敷き詰められない可能性もあるので、その場合の対処法も考えておきましょう。 また、イメージ図をメモしておくことも大切です。 いざ、敷き詰めるときに、迷ってしまっては、時間を浪費してしまいます。 このイメージ図が設計図になるので、細かいところまでしっかりと記入しておきましょう。 ウッドパネルの割り付けが決まれば、必要な枚数がわかります。 1枚単位で買えるお店もあるので、安くできる購入方法を考えておきましょう。 ウッドパネルの注文 ホームセンターやネットで、ウッドパネルを購入します。 ウッドパネルの柄や色を組み合わせて、ベランダに敷き詰める場合、同じメーカーのものでないとジョイントができない可能性があります。 ジョイント部分はメーカーごとに特色をもたせているので、接続方法が同じようでも実は違っているんです。 価格だけでなく、メーカーやジョイント部分にも注目して、購入するようにしましょう。 ベランダの掃除をする カビやコケなどをベランダから取り除くなど、きれいに掃除しましょう。 ウッドパネルを敷き詰めるため、その下でカビが増えてしまっても、わかりません。 事前にきれいに掃除しておくことで、安心して使っていくことができます。 同時に排水溝がある場合には、そこもしっかりと掃除しておきましょう。 ウッドパネルを敷き詰める ベランダに購入したウッドパネルを敷き詰めていきます。 割り付けを書いたイメージ図通りにウッドパネルを配置していきましょう。 ウッドパネルの接続部分は、噛み合わせるだけなので、簡単に繋いでいくことができます。 天然木のウッドパネルを選んだ場合、色味がそれぞれ違います。 もし、気になる場合は、濃い薄いなど色分けをしてから、配置していきましょう。 割り付けにあわせてウッドパネルをカットする ベランダにある程度敷き詰めたら、ウッドパネルの余分な部分をカットして、イメージ図通りになるように配置しましょう。 天然木のウッドパネルの場合、斜めに切ったり、自由に形状を変えられます。 隙間に他の材料をいれるのもあり イメージ図を書いたときに、想定していると想いますが、隙間がある場合は、石や人工芝など自由に加工できる素材を入れます。 そのままでも良いですが、見た目に不満が出てきてしまったときには、検討してみましょう。 また、植木鉢などで隠すこともできるので、まず一通りアイデアを出してみましょう。 すのこを使う ウッドパネルよりさらに安く自作(DIY)できる、すのこを使った床張りの方法を見ていきましょう。 すのこは基本的にソフトウッドを使用しているので、塗装が重要になります。 ベランダの寸法をはかる 具体的に細かくベランダの寸法をはかって、イメージ図に書いていきましょう。 すのこは、自由にカットできるので、余分な隙間をなくすことも可能です。 しっかりと寸法を出しておくことで、加工するときも迷わず行うことができます。 すのこの注文 ベランダの寸法をしっかりと出したら、次はすのこの注文です。 すのこにはさまざまなサイズがあるので、ベランダの広さや、少ない加工で済むサイズを選びます。 割り付けもこのときに、同時に行ってしまいましょう。 ベランダの床にする、必要な枚数のすのこを購入します。 すのこを仮おき ベランダにすのこを敷いてみて、イメージ図通りになるか、まず確認します。 カットが必要な部分は、すのこと障害物との寸法をはかって、ズレがないか確認します。 問題ない場合は、この時点ですのこの余分なところをカットしてしまいましょう。 また、すのこがぐらつく場所がある場合、すのこ自体を削るか、後でつける足の加工が必要です。 ベランダにしっかりと納まることを確認したら、次の工程に進みます。 研磨 枚数があるので大変ですが、すのこを150番から240番程度のやすりで研磨していきましょう。 研磨をするのとしないのでは、仕上がりに差が出るので、研磨することをおすすめします。 塗装をする 撥水や防水、防虫や防腐など、機能性を持った塗料を塗っていきます。 雨が侵入してくる外の環境なので、しっかりと守れる塗料が良いでしょう。 すのこの表と裏を刷毛で塗っていきます。 しっかりと乾燥させて、2度塗りをしていきます。 すのこがしっかりと乾いたことを確認して、仕上げで600番以上の目の細かいやすりで、表面を磨いていきます。 足をつける すのこには足にあたる部分がありますが、雨が降ったときなどに直接木材にあたると、劣化の原因になるので、防水できる足を取り付けます。 プラスチックやゴムなど、同じ高さのものを両面テープで取り付けたり、厚手の防水テープを貼って足にするという方法もあります。 ベランダの掃除 ウッドパネルと同様に、カビやコケがあると衛生的で無いので、しっかりとベランダの掃除を行います。 ベランダの掃除をあまりしてない場合は、これを機に全体的に掃除をしてもいいかもしれません。 新しく床がつくことで、気分も変わるでしょう。 すのこを敷き詰める ベランダの床にすのこを敷き詰めていきます。 一度すのこを借り置きしているので、問題なくベランダに納まります。 部屋の床と同じ高さにしたい場合には土台を作る おしゃれなウッドデッキのように、部屋とベランダを同じ高さにしたい場合は、SPF材などで土台を作って、その上にすのこを配置していきます。 ベランダは、水はけを良くするために勾配をつけてあるので、スペーサーなどの量を調節する必要があります。 すのこを土台にビスで打ち付けることもできるので、安定感のあるウッドデッキを作ることができます。 ベランダを安く自作(DIY)するときの注意点 ベランダを自作(DIY)するときに、気をつけておかなければならないポイントを紹介していきます。 隣家に配慮する ベランダで作業する場合、音や振動、臭いなどに気をつけましょう。 ベランダの音は、思っているよりも響くので、声をかけたり時間帯を気にするなどの配慮が必要です。 また、ペンキを使用する場合、油性ではなく臭いの少ない水性を使うようにしましょう。 避難経路をふさがない マンションなどの集合住宅の場合、パーテーション部分は避難経路となります。 パーテーションの前に物を置いたり、立てかけたりしないようにしましょう。 また、床を敷く際にもパーテーションにかからないか、事前に確認する必要があります。 排水溝をふさがない ベランダの排水溝は、しっかりと雨水を排水できる状態にしておかなければいけません。 ゴミや障害物などがあると、水が溢れて隣家のベランダが水浸しといったことになれば、トラブルの種となってしまいます。 排水溝がきちんと機能できるように、自作(DIY)することが大切です。 ベランダを安く自作(DIY)する方法のまとめ ここまで、ベランダを安く自作(DIY)する方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 ベランダはちょっと手を加えるだけでも、快適さが劇的に変わります。 安い材料でも、ちょっとした工夫をすれば、見た目も機能性もあがるため、自作(DIY)でアレンジすることはコスパに優れた方法です あまり有効活用できていないという方は、これを機に自作(DIY)で安く、ベランダをアレンジしてみましょう。 ライフスタイルに幅をもたせることもでき、使い方次第で明るい気分になれる空間として、使っていくことができます。 費用をかけずに、おしゃれなベランダ作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。 【こちらの関連記事もご覧ください】•

次の

ベランダの排水詰まりは近隣トラブルに繋がる事も

ベランダ 排水 溝 カバー

この記事でわかること• ベランダが汚れる原因• 簡単なベランダの掃除方法• 念入りなベランダの掃除方法• 事業者のベランダクリーニングの料金相場• 事業者のベランダクリーニングのサービス内容 目次• ベランダにつく汚れの種類 常に雨風にさらされているベランダは、以下のようなさまざまな汚れが付着します。 土埃・砂埃• 排気ガス汚れ• 鳥の糞 ベランダをもっとも汚すのは、風によって運ばれてくる土や砂です。 乾いた状態であれば簡単に掃除できますが、放っておくと固まってこびりつき落ちづらくなります。 また、排水溝を詰まらせる原因となることも。 交通量の多い地域だと、ベランダが車からの排気ガスによる油で汚れてしまう場合があります。 油汚れは時間が経つと中性洗剤ではほとんど落とせなくなる厄介な汚れな上に、べたついているのでその上に飛来したホコリが蓄積しやすくなります。 日当たり状況や環境によっては、コケや鳥の糞に悩まされる場合も。 特に 鳥の糞はさまざまな病原菌が潜んでいたり、アレルギーの元となったりする可能性もあるので、注意が必要です。 ベランダ掃除の適切な頻度 汚れやすいベランダの理想的な掃除の頻度は、月に一度です。 月に一度念入りに掃除を行っていれば、汚れもあまり溜まらないので掃除もそんなに大変にはならないでしょう。 しかし、仕事などで忙しい方は、ベランダ掃除に長時間割くことははなかなか難しいかもしれませんね。 そんな方は、月に一度の掃除はホコリを掃いたり手すりを拭いたりなどの簡単掃除にとどめておき、念入りなお掃除を3ヵ月に一度のペースで行うようにするのがおすすめ。 汚れやすい場所だけでもこまめにお掃除しておけば、そこまで汚くは見えないですし、念入りお掃除の際の手間も省けます。 ベランダ掃除に適した天候 ベランダ掃除は、意外にも晴れの日よりも曇りの日の方が適しています。 湿度の高い曇りの日の方がホコリが湿気を吸って重くなり風に舞いにくくなるので、掃除がしやすいためです。 また、風が強い日もホコリが飛ばされやすいのでベランダ掃除には不向きです。 マンション・アパートのベランダ掃除の注意点 ベランダ掃除といえば、ホースなどで水を撒き、デッキブラシなどで掃除して汚れを排水溝に流す、というイメージが強いですよね。 しかし、マンションやアパートなどの集合住宅でベランダ掃除をする際は要注意です。 物件によっては、ベランダの排水溝を隣と共有していたり、大量の水を流すのを規約で禁止していたりする場合があります。 トラブルを防ぐためにも、まずは物件の規約を確認し、水を流していい場合でもお隣や階下の住民にベランダ掃除をすることを事前に連絡しておくようにしましょう。 いずれにしても必要以上に大量の水を流すのは避けた方がよいといえます。 簡単なベランダ掃除の仕方 以下で掃除機を使った方法と、新聞紙を使った方法、さらに厄介な鳥の糞の除去の仕方を説明します。 掃除機を使った掃除方法 用意するものは、雑巾と掃除機だけでOK。 雑巾で手すりに付いた汚れを拭き取り、掃除機でベランダに落ちているホコリを吸い取ればOKです。 ベランダの隅などの細かい箇所は、掃除機に小さなノズルを付け替えればホコリが吸いやすくなります。 また、隙間用のノズルは取り外して丸洗いができるため、掃除機が汚れないか気になる方にもおすすめです。 新聞紙を使った掃除方法 やっぱり掃除機を外では使いたくない……という方もいるでしょう。 そんな方におすすめなのが、新聞紙を使った掃除方法です。 ちぎって濡らした新聞紙をベランダの床に撒き、その新聞紙をほうきで掃き取るだけ。 濡らした新聞紙はホコリや髪の毛などを吸着してくれるので、この方法で大方のホコリやゴミは除去できるはずです。 鳥の糞の掃除方法 鳥の糞が落ちている場合は掃除機で吸わないように注意しましょう。 鳥の糞にはさまざまな菌が潜んでおり、掃除機で吸ってしまうと、室内で使うときに菌が排気口からばらまかれてしまう恐れがあるためです。 安全に掃除するには、 直接触らないように軍手をした上で、濡らしたキッチンペーパーなどで除去します。 糞の上にクエン酸水をかけて数分置くと、アルカリ性の糞が酸性のクエン酸によって中和されて柔らかくなるので、さっと拭くだけでも簡単に落とせるはずです。 念入りなベランダ掃除の仕方 掃除を怠り汚れがひどくなってしまった、時間をかけて隅々まできれいにしたい、という場合は、道具や洗剤を駆使してベランダの念入り掃除を行いましょう。 念入り掃除に必要なグッズと具体的な掃除の仕方、さらにホコリが詰まりやすい排水溝の掃除の仕方を以下で詳しく説明します。 準備するもの• ほうき• ちりとり• バケツ• デッキブラシまたはスポンジ• 空のスプレーボトル <排水溝まで掃除する場合>• クエン酸• 使い古しの歯ブラシ ベランダ掃除を効率よく行う上で、特に重要なのが洗剤です。 重曹はアルカリ性でソフトな研磨効果もあり、ベランダにもっとも付きやすい土・泥汚れはもちろんのこと、排気ガスが原因で付着した油汚れにも抜群の効果があります。 また重曹は、お湯に溶かすことで汚れを落とす効果が強まります。 「炭酸ソーダ」という強アルカリ性の物質に変化するためです。 重曹は、水溶液を作りスプレーボトルに入れると使いやすいです。 重曹は100円ショップやホームセンターなどで安価で購入することができ、住宅のさまざまな場所の掃除に使えるので、常備しておくとよいでしょう。 ただし、 ベランダの床の素材が木材の場合、重曹を使用すると変色する可能性があるので使用は控えてください。 その場合は、重曹の代わりに水で薄めた中性洗剤を使いましょう。 手すり・床の掃除の仕方• 枯葉などの大きなゴミをほうきとちりとりで掃除する• NGの場合はスプレーで散布しましょう。• デッキブラシで汚れをこする• 汚れを水で洗い流すか、雑巾で拭き取る• 手すりは重曹水をまんべんなくスプレーし、5分ほど置いたあと雑巾で汚れを拭き取る ウッドデッキなどで重曹が使用できない場合は、代わりに中性洗剤を薄めたものを撒いてください。 重曹を使えば固まったしつこい汚れも中和されて柔らかくなり、そんなに力を入れてこすらなくても落とせるはずです。 もし、それでも落とせない頑固な汚れがある場合は、洗剤を馴染ませてから放置する時間を長くしてみると落とせる場合があるので試してみてくださいね。 排水溝掃除の仕方• 排水溝の表面のゴミを、ほうきとちりとり、もしくは軍手をはめた手で集めて除去する• 残っている汚れを雑巾で拭いてとれるだけ取り除く• スポンジや歯ブラシで汚れをこすり落とす• 重曹とクエン酸が混ざると化学反応が起こって炭酸泡が発生します。 その泡が汚れを浮き上がらせるのに非常に高い効果があるため、排水溝の汚れ・詰まりを掃除するのに適しています。 ただし、 クエン酸は「混ぜるな危険」とパッケージに表記された塩素系洗剤などと混ざると有害なガスを発生させる恐れがあるので使用時には注意してください。 重曹の代わりに使えるものはセスキ炭酸ソーダ 重曹を切らしている場合は、セスキ炭酸ソーダで代用できます。 セスキ炭酸ソーダは、お湯に入れると重曹同様「炭酸ソーダ」に変化するため、同様の効果が発揮できます。 ベランダ掃除を簡単にする便利グッズ ベランダをきれいな状態に保つためには、こまめな簡単掃除を行うのが大切ですが、ベランダが広かったり、日々忙しくて掃除をする時間が取れなかったりすると大変ですよね。 そんな方のために、ベランダ掃除を少しでも楽にする便利グッズをご紹介します。 フローリングワイパー フローリングのホコリを取ったり水拭きしたりできる便利なフローリングワイパーですが、ベランダの掃除にもおすすめです。 ほうきとちりとりの代わりに、 ドライシートを使えば簡単にホコリを除去できますし、ウェットシートをつければ立ったままの楽な姿勢で水拭きができます。 汚れがそんなに溜まっていない状態なら、ワイパーだけで簡単にお掃除を済ませられます。 ベランダ掃除で使ったワイパーを室内で使いたくない、という方は室内用と外用の2本用意しましょう。 マイクロファイバークロス 極細の繊維で編まれたマイクロファイバークロスをフローリングや窓掃除に使う人が増えてきています。 ナイロンやポリエステルといった素材でできた 極細の繊維は吸水性が高い上に乾きやすく、汚れを効率よく絡めとる働きがあります。 普通の雑巾よりも力を入れずに簡単に汚れを落とせるため、ベランダの床や手すりの汚れ落としにもぴったりです。 ついてすぐの汚れなら、水で濡らしたマイクロファイバークロスでサッと拭くだけで、簡単にきれいになりますよ。 高圧洗浄機 戸建ての方に特におすすめなのが、高圧洗浄器です。 水の勢いで広範囲の汚れを簡単に吹き飛ばすことができ、洗剤を使用しなくても頑固な汚れも落とせるという優れものです。 さらにベランダ以外にも窓や玄関掃除、洗車など幅広く使用できます。 このように大変便利な高圧洗浄器ですが、使用時の音が大きいこと、水や汚れの飛び散りが起きやすいこと、電気代や本体の価格が高いというデメリットもあります。 しかし最近では静音性が高いものや、飛び散りを抑える部品なども販売されており、家庭でも高圧洗浄機を使った掃除がしやすくなってきています。 音が近所の迷惑にならないか、電気代や本体の価格に見合った使い方ができるかなど、念入りに調べてから購入を決めましょう。 なお、集合住宅でも規約によっては高圧洗浄機が使用可能な場合もあります。 集合住宅で高圧洗浄機の仕様を考えている方は、特に静音性が高く飛び散りの少ないものを選び、近隣の方に使用の許可を得てから購入すれば、トラブルを防げるでしょう。 事業者のベランダクリーニングについて ベランダ・バルコニークリーニングとは ベランダ・バルコニークリーニングとは、ベランダの手すりや床の掃除だけでなく、排水溝やベランダまわりの壁・窓まで、ベランダに関するあらゆる箇所を丸ごときれいにしてくれる事業者のクリーニングのこと。 頑固な汚れも、専門洗剤やさまざまな道具を使って落としてくれます。 準備すること ベランダにガーデニング用品や洗濯物干しなどを置いている場合は、あらかじめ別の場所に移動しておきましょう。 写真で見る事業者のベランダクリーニング• まず、お掃除には自宅の電源と蛇口を使用します。 設備がベランダにない場合は家の中から長いコードで接続するそう。 その際、キッチンによくあるシャワー型の蛇口はコネクターが合わないので、洗濯機付近の蛇口を使うことが多いとのことでした。 次に、ベランダに置いてある荷物。 「つっぱり式の物干し竿と鉢植えはどうしたら?」と質問すると、そのままの状態で構わないとのこと。 作業では、手で動かせる範囲の物は移動させながら掃除してくれるそうです。 ちなみに作業当日はスタッフの方がバイクでいらっしゃいますが、敷地内に駐輪スペースがない場合は付近の有料パーキング等に駐輪してくれるので、こちらでの手配は不要とのことでした(駐車代の負担もナシ)。 作業当日。 土埃がどこまできれいに? さて作業当日。 「おそうじ革命 浅草店」の店長、志水さんが来てくれました。 必要な機材はコンパクトにまとめてあります。 挨拶を済ませ、さっそくベランダにご案内します。 まずはヒアリングから。 ベランダの汚れで特に気になる部分や、普段の掃除で困っていることなどを伝えます。 我が家のベランダは結構広いのですが、その分掃除もなかなか行き届きません。 植木鉢やプランターも置いてあるので、隅のほうは土埃や泥汚れも目立ちます。 「デッキブラシでこすっているんですが…」と言うと、「ベランダ掃除というとデッキブラシが定番ですが、こういう凹凸のない素材の場合、実はデッキブラシは不向きなんですよ」といきなり目からウロコの情報が! お掃除のちょっとしたコツを教えてもらえるのも、プロに依頼するメリットですね。 高圧洗浄機で長年の汚れがスッキリ! ヒアリングが終わったら作業スタート。 機材をコンセントや蛇口にセットしていきます。 蛇口の部分は養生もしっかりと。 特に室内の蛇口を使う場合には、周りが濡れることのないよう気を配るそうです。 続いて落ち葉など、大きなゴミを取り除きます。 掃き掃除は日頃もしているつもりでしたが、プランターの下や室外機の陰から思いがけずたくさんのゴミが出てきました。 死角になっている室外機の裏側のスペースにも入って、隅々まで掃除してくれます。 大きなゴミがなくなったところで、今回の主役、高圧洗浄機の登場です! 水がすごい勢いで飛び出し、長年積もって固まった土埃を瞬時に流していきます。 あっという間にきれいになるので、見ている方も気持ちいい。 頑固な汚れもスルスル。 窓ガラスや天井まで洗ってくれる 床があらかたきれいになったら、今度は壁にも高圧洗浄機を向けていきます。 そう、ベランダ清掃はただ床をきれいにするだけではなく、ベランダの壁や天井、窓(ベランダ側のみ)、室外機周り、手すり、排水溝を含めた、ベランダまるごとがお掃除の対象になるんです。 ベランダの天井もみるみるきれいに。 天井なんて、いままで掃除した記憶もありませんでした…こんなに汚れているとは。 窓ガラスは洗剤をつけてブラシ洗浄。 そのあと高圧洗浄機で洗い流し、またスクイージーで丁寧に水気を拭き取ります。 窓ガラスがピカピカになって、部屋からの眺めまでクリアになりました。 最後に床の仕上げを。 高圧洗浄で落ちなかった汚れを、メラミンスポンジを使って落としていきます。 ただし、シミのようになってしまった汚れは落ちない場合もあるとのこと。 ベランダの床材は防水処理が施されているものが多く、力を入れすぎてしまうと加工が剥げてしまい、水が染み込んだり汚れが酷くなったりするケースがあるそうなので、深追いは禁物だそうです。 ベランダ全体が明るくなった! 清掃作業が終わり…我が家のベランダ、こんなにきれいになりました! 植木鉢やプランターも移動させながら作業してくれたので、隅の方まで汚れはナシ。 掃除前と後の状態を比べてみましょう。 床のビフォーアフター 影で見えづらいですが、右の画像では、床にあった汚れや土埃がほとんどなくなっています。 窓や天井もきれいに。 窓ガラスのビフォーアフター 天井のビフォーアフター 天井がきれいになったせいか、ベランダ全体が明るくなったかのよう!我が家のベランダのこんな姿をみたのは久しぶりです。 作業時間は、10平米辺りでだいたい1~2時間ほど。 「こんなにすみずみまで丁寧にきれいにしていただけるなんて!」と、大感激で終了となりました。 徹底洗浄はプロに依頼がおすすめ! 「ベランダの掃除って自分じゃなかなか手が回らないし、代わりにしてもらえたら助かるな」程度の気持ちで依頼したベランダクリーニング。 ですが、やはりプロは違いました。 色々な道具を使って、家庭のブラシではなかなか落ちない汚れもスッキリ。 自力で一生懸命掃除してもここまできれいにはできない、という仕上がりに感動しました。 手が行き届かないところのお掃除、思い切ってこんな風にプロにお任せしてしまうのも賢いやり方かもしれませんね。

次の

ベランダの排水溝つまりに注意!隣家トラブルの原因にも

ベランダ 排水 溝 カバー

マンションベランダの排水用の溝の泥や砂を、うまくせきとめる方法をアドバイスください。 角部屋で、排水口があります。 毎日水を流し、週に一度は排水用の溝をほうきやデッキブラシではき、牛乳パックをちりとり代わりにしてゴミを取るようにはしているのですが、おいつきません。 緑のコケが生え、ゴミと泥で排水口が埋まります。 高速道路が近いのと、お隣が排水溝の上に植物をズラリと並べているので、砂や泥が多いのだと思います。 このままだと砂や泥がマンションの排水管の下のほうで詰まってしまわないかと思い、気になっています。 ゴミは排水口をふさいで流れていかないので取り除けますが、きっと砂や泥は流れていっていると思うんです。 マンションの排水管が詰まると、我が家にも負担金がかかるようなので、それは避けたいです。 排水口の手前にスポンジを詰めようと思ったのですが、スポンジだと目が細かすぎて水があふれる気がします。 そうなると砂や泥がベランダにあふれ、結局は排水口に流れるのではないかと思い、ためらっています。 水は流し、なおかつ砂や泥を、うまくフィルターのようにとることはできないでしょうか。 ちなみに、隣家に苦情、大家や不動産会社に相談、などのアドバイス以外でお願いします。 隣家のせいとは限りませんし、一年半後には私たちが引っ越します。 大家はいつも留守電で連絡がとれず、不動産会社も頼りないので。 あと、隣家から泥が流れてこないようにせきとめると、法的にこちらが悪いようなので、この手段についても無しでお願いします。 隣家は鉢皿など鉢から泥や砂が流れ出るのを防いでいますか? それを怠っているのなら、やってもらうように大家さんに指導してもらった方が、いいですね。 いくら高速道路が近いといってもそんなに埃や泥で排水溝が詰まるほどの悪環境なら、自分の健康被害も考えられますから、一刻も早く引越ししたほうが良いと思います。 肺炎や喘息にでもなったら中々治癒できません。 それ以外では、はやり元を正さなければ、いずれはその方が詰まったパイプを直さなければいけなくなるわけですから、数百円の鉢皿くらいは使用してもらった方が良いと思います。 鉢皿を敷いているとしたらそれも起因するとは考えにくいですね。 今も流れ続けているのであれば、余程、配水管が小さくない限りは、枡などで一旦、汚泥を貯める仕組みには必ずなっていると思います。 そこの泥をかき出した方がいいのですが、それは貴殿の仕事ではないですよね。 大家さんにそういう状況であることは伝えるべきではないかと思います。 私なら高圧洗浄機でサッと流してさっぱりですね。 それに排水の先のことまで気にしていては『地下鉄って何処から入れるのか?』みたいな話で夜も眠れなくなるので、詰まってからの心配にします。 詰まっても、別に泥くらいなんでもないです。 それに滅多に詰まりませんからジャンジャン流しちゃってください。

次の