コロナ に 気 を つけ て 丁寧。 「お体に気をつけて」の意味と上司・転職での使い方、返事、類語、英語表現

withコロナの夏…窓開け換気をしながらのエアコンの使い方 「節電」のためつけっぱなしがオススメ!?

コロナ に 気 を つけ て 丁寧

「気を付けて」は、相手への気遣いを意味する言葉です。 「気を付けて」という言葉は日常の会話やビジネスシーンなど、さまざまな場面でよく耳にする言葉です。 今回は、「気を付けて」の敬語表現や使い方、使う場面などを詳しくご紹介します。 ぜひ、ビジネスシーンや日常の会話で「気を付けて」を使う際の参考にしてみてください。 気を付けての敬語表現 「気を付けて」の敬語表現をご紹介します。 「気を付けて」を尊敬語で言い換えた言葉が存在していないので、お客様や目上の方に対して用いる尊敬語で「気を付けて」を伝える時には、基本的に「気を付けて」の前に「お」を付けた「お気を付けて」を使用します。 「気を付けて」は相手への気遣いになる言葉のため、自身に向けて使用することはない言葉であり、目上などの立場に関係なく日常的に「お」を付けて使っても問題ありません。 気をつけて来てくださいの敬語表現 「気を付けて来てください」の敬語表現をご紹介します。 「気を付けて来てください」を丁寧に表すと、「お気を付けておいでください」となります。 他にも「くれぐれも」と「ませ」を付け加えた「くれぐれも、お気を付けておいでくださいませ」も丁寧な表現です。 上でご紹介した「お気を付けておいでください」などの表現は、丁寧な敬語の表現として目上の方やお客様などに対して使うことができます。 目上の人に使う時の注意点 目上の人に「気を付けて」を使う時の注意点をご紹介します。 「お気を付けて」の後に「ください」を付けることが敬語としては正しいです。 しかし、「ください」という言葉は命令口調に聞こえてしまう場合があり、不快な気持ちを与えてしまう危険性があります。 相手を不快な気持ちにさせないためには、「ください」の部分を「くださいませ」にすることが無難です。 優しい口調でも問題ない場合は、「くださいね」でも問題ありません。 気を付けての言い方 「気を付けて」の言い方をご紹介します。 「気を付けて」はさまざまな場面で使われている言葉ですから、さまざまな言い方が存在します。 今回は、「気を付けて」「お気をつけて」「お気をつけください」「お気をつけくださいませ」「お気をつけていらっしゃってください」の5つの例文をご紹介します。 これからご紹介する例文は、日常の会話やビジネスシーンなど、さまざまな場面で使うことができます。 ぜひ参考にしてみてください。 例文1:気を付けて 例文1は「気を付けて」です。 例えば、足元が不安定な場合や、床に何か散らばっているという場合などに、「足元に気を付けて」というように使うことができます。 なにも付け加えずに「気を付けて」とだけ使う場合、敬語表現ではないので、目上の方に対して使うことは避けましょう。 例文2:お気をつけて 例文2は「お気をつけて」です。 「気を付けて」の前に「お」を付けた「お気をつけて」は丁寧な表現ですから、お客様や目上の方に対して使うことも可能です。 例えば、相手のことを労わるという場合に「お体にお気をつけて」という表現を使うことができます。 この表現は、手紙やメールで主に使われます。 手紙の最後に、相手を労わる言葉である「お体にお気をつけて」を付けることで、相手への気遣いを伝えることができます。 例文3:お気をつけください 例文3は「お気をつけください」です。 「お気をつけください」は注意書きや説明でよく耳にする言い回しです。 例えば、暗い会場内の案内でお客様へ「足元にお気をつけください」と言うことができます。 「お気をつけください」の使い方には他に、「取扱いにはお気をつけください」のように説明書などでよく目にする言い回しも存在します。 「お」や「ください」が付いている丁寧な言葉なので、お客様や目上の方に使うことも可能です。 例文4:お気をつけくださいませ 例文4は「お気をつけくださいませ」です。 「お気をつけくださいませ」は丁寧な表現で、お客様や目上の方に対して使う言い回しです。 例えば、相手方がこちらに来るという場合などに「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」というように使うことができます。 「気をつけて来てください」をより丁寧に、お客様や目上の方に使うにふさわしい形にしたものが「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」になります。 例文5:お気をつけていらっしゃってください 例文5は「お気をつけていらっしゃってください」です。 先ほどご紹介した「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」と同じように、「お気をつけていらっしゃってください」を使うことができます。 どちらも「気をつけて来てください」をより丁寧にした言い回しです。 お客様や目上の方に対して「気をつけて」を使う場合には、できる限り丁寧な言い回しを使いましょう。 敬語を話すことが苦手な方におすすめの商品はこちら 敬語を話すことが苦手な方におすすめの商品は、敬語「そのまま使える」ハンドブックという本です。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常会話やビジネスで使われている、基本中の基本の敬語の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 この本の中で紹介されている敬語をそのまま覚える・使用するだけで、正しい敬語を話すことができます。 敬語を話すことが苦手な方や、正しい敬語の使い方を学びたい方は読んでみてください。 車や落下物、障害物などの注意として使われています。 例えば、こどもがでかけるという場合などに、「車に気をつけてね」と声をかけて注意を促す場面を目にする方も多いでしょう。 このように車や落下物、障害物などのように、危険なものがある場合に、「気を付けて」を使って注意を呼びかけることができます。 出かける人に対して 出かける人に対して「気を付けて」を使うことができます。 例えば、家族が出かけるという場合に「気を付けていってらっしゃい」と言うことができます。 「気を付けてね」と軽く声をかけることもできます。 訪問してくれる人に対して 訪問してくれる人に対して「気を付けて」を使うことができます。 これから訪問してくれる人に対して「くれぐれも、お気をつけていらっしゃってください」や「お気をつけておいでくださいませ」と言うことができます。 軽い言い方をすると「気を付けて来てね」や「来るとき気をつけて」です。 目上の人やお客様相手でなければ使うことができます。 訪問してくれた人が帰る場合に、「お気をつけてお帰りください」と言うこともできます。 気を付けてを正しく使う 「気を付けて」を正しく使いましょう。 「気を付けて」は友達や同僚から、お客様・目上の方まで、さまざまな人に対して使うことができる言葉です。 一度使い方を覚えると、日常の会話やビジネスシーンでとても役に立つので、正しく使えるようになりましょう。 目上の人にも使えるようにする 目上の人にも「気を付けて」を使えるようにしましょう。 目上の方に使用する敬語表現としては「お」を付けた「お気をつけて」を用い、「ください」は「くださいませ」にすることで相手方に対して、誤解のないようにすることができます。 畏まった口調を重視ではなく、優しい口調でも問題ない場合は「くださいね」でも問題ありません。 相手に合わせて使い分けましょう。

次の

洗いすぎ手荒れ・マスク肌荒れにご注意! ~コロナウイルス、工夫しながら予防しよう

コロナ に 気 を つけ て 丁寧

新型コロナが気になるこの夏は、エアコンを動かしている間も、「こまめな換気」が求められています。 でも、せっかく冷やした空気を換気してしまうなんて…感覚的にはもったいないし、エアコンの電気代も気になりますよね。 空調メーカーのダイキン工業がこのたび行ったアンケートでも、換気とエアコンの両立に悩んでいる人が多いことが浮き彫りになりました。 同社では「節電」に役立つ情報をWEBサイトに公開するとともに、換気時もエアコンはつけっぱなしにすることと、フィルターのこまめな掃除を呼びかけています。 同社は男女559人を対象に「換気に関する実態調査」を実施。 6月19日に結果を公表しました。 8%の人が「換気している」と回答しました。 一方、「ほとんどのエアコンは換気ができないということを知っていましたか」という質問に対して、「知っていた」と回答したのは41. 0%で、59. 0%の人は「知らなかった」と回答していたといいます。 換気機能のないエアコンの場合、部屋の換気をするには窓などを開ける必要がありますが、同社は「換気に関する行動と知識の間には少しギャップがあるといえそうです」としています。 5%でほぼ同じ割合になったといいます。 9%)で、「部屋に虫が入る」(24. 0%)、「エアコンの電気代」(23. 6%)が続いています。 …また、エアコンの節電に大きな効果があるといわれているエアコンフィルターの掃除の頻度も質問しています。 最多は「1年に1回」(27. 2%)で、「1年以上していない(=1年に1回未満)」人も17. 9%にのぼったそうです。 また、エアコンは電源を入れた直後に電力を多く消費するため、窓を開けて換気するたびにこまめに入り切りすると、電気代が上がってしまう可能性があります。 室内で健康で快適に過ごすためにも、窓開け換気時はエアコンをつけっぱなしがオススメです。 (2)エアコンフィルターを定期的に掃除して無駄な電力消費を防ぐ エアコンは部屋の暖かい空気を吸いこんで、冷たい空気にして吐き出すことで、部屋を涼しくしています。 エアコン内部のフィルターが目詰まりすると、吸いこむ空気の量が少なくなり、部屋を冷やす力が小さくなるため、部屋を冷やすのに多くの電力が必要になります。 省エネ対策としては「2週間に1回以上」掃除をすることが推奨されています。 こまめな掃除を心がけましょう。 フィルターのほこりは、掃除機で丁寧に吸いとります。 汚れがひどい時には、中性洗剤をとかしたぬるま湯で洗い、その後、日陰でよく乾かしましょう。

次の

体調や健康を気遣う丁寧な言葉は気持ちが嬉しい!

コロナ に 気 を つけ て 丁寧

「お体に気を付けて」という言葉を誰かに言ったり、掛けたりされたことありますか?この言葉には、相手の体調を心配して気遣う気持ちが込められていますね。 誰かの健康を思いやる優しさにあふれた言葉です。 誰かにこの言葉を使うのは少し気恥しいかもしれませんが、自分がこの言葉をかけられるとうれしいですよね。 でも上司、先生などの目上の方に対して「お体に気をつけて!」というのは本当に正しい日本語なのでしょうか?相手を気遣ってかけた言葉なのに、「年下のくせに生意気な言葉づかいだ」と思われてしまっては大変。 口語だけでなく文面に表したときにどのように使うのが正解なのか、気をつけて覚えておきましょう。 「お体に気をつけて」なのか「お身体に気をつけて」なのか…。 この差っていったいなんなんでしょう? 使い分けのポイントは、『常用漢字かどうか』。 さらに細かく言うなら、漢字が意味する範囲にも違いがあります。 少し複雑な表記分けですが、文字に起こす際は「お体に気をつけて」としてくださいね!返答は以下の記事を参考にどうぞ。 毎年欠かせない年賀状でも「お体に気をつけて」の文言はよく使いますね。 季節ごとの手紙などでも、そのシーズンごとの挨拶に合わせて「寒い日が続きますので、どうぞお体に気をつけて…」というように締めくくりの一文としてよく用いられます。 ここでも「ご自愛ください」は大活躍。 年上・年下・男性・女性問わずオールラウンドに使える敬語なので、押さえておくとよいでしょう。 ただ、病気療養中や入院中の方には不適切な言葉ですので、くれぐれも気をつけておきましょう。 またシンプルに「健康に気をつけて良いお年をお迎えください!」のような言葉もいいですね。 口頭・メール・年賀状・手紙などでの使い方や文例• いつも親切にしていただき、ありがとうございます。 お体に気をつけてますますお元気でいてください。 久しぶりに会えるのを楽しみにしております。 健康に留意し、良い毎日をお過ごしくださいね。 ご無沙汰しております。 寒くなりましたので、お風邪など召されぬよう気をつけてくださいませ。 夏の疲れが出る時期ですので、どうぞご自愛くださいますようお願いいたします。 昨年は大変お世話になりました。 皆さまのますますのご発展とご健康をお祈りしています。 【手紙】暑中お見舞い申し上げます。 暑さ厳しい折、くれぐれもご自愛の上お過ごしください。 【手紙】末筆ながら、何卒お気を付けて年末をお過ごし下さいませ。 「お大事になさってください」と逆のパターンが「お体を大切に」の言葉。 こちらは主語ではなく術語を略しており、詳しく言うなら「お体を大切にして元気でいてくださいね」です。 目上の人に対しては最初から最後まできちんと文章にして伝えるのが良いですが、わかりやすく、簡潔に伝えるならこの言葉を使っても大丈夫です。 後輩や部下に対しても別れのシーンなどでは「体を大切にして、元気で過ごしてください」というように丁寧にあいさつするとき、とてもわかりやすくていいですね。 二人きりで話すときも、たくさんの人の前で話すときもどちらでも使える万能フレーズのひとつです。 「お体に気を付けて」と同じ意味の違った言い方• お大事になさってくださいね。 お体を大切になさってください。 くれぐれもお体にはご留意ください。 くれぐれもお体を一番にお過ごしくださいませ。 ご健康にお気をつけください。 お風邪など召されないよう、お気をつけください。 体調などお気をつけください。 「お体に気をつけて」という言葉は、相手を気遣うフレーズであるということがよくわかりましたが、英語でも言葉に込められている想いは同じです。 また、英語には日本語のような敬語や謙譲語などの使い分けがあまりないので、幅広くひとつの言葉を使うことができますよ。 もちろん状況や相手により使う言葉は変わってきます。 例えばくしゃみをした時。 日本ではくしゃみをした人に「大丈夫?風邪ですか?」なんて声をかけますよね。 英語でも同じ。 くしゃみした人には「Bless you!」と言葉を使うのが通常です。 もしもそう言ってもらったときには「Thank you」と返しましょう。 他にも病人に対しては労りの言葉として「Get well. 」これは「良くなってね」という表現です。 別れのシーンでは「Mind yourself. 」「体に気をつけて」というように使います。 英語でも多くの表現の仕方があるので、その時に合わせて使えるフレーズをいくつか覚えておきましょう。 英語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その1……「Take care of yourself. 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その2……「Look after yourself. 手紙やメールで使える「お体に気をつけて」……「May you keep in good health. 親しい友人に使えるフラットな「お体に気をつけて」……「Take care. 風邪の人に使える「お体に気をつけて」……「Take care of that cold. 病人を励ます時に使える「お体に気をつけて」……「We'll get through this together. くしゃみをした人に使う「お大事に」……「Bless you! 」「Gesundheit! 」 韓国語でも日本語とおなじように気遣いの言葉として使われている! 韓国語での意味も日本とあまり変わらず労りや心遣いの言葉として口にされている「お体に気をつけて」というフレーズ。 韓国語には「健康でいてね!」という意味合いが含まれています。 また「ご飯をきちんと食べてね~」の言葉も、韓国では「お体に気をつけてね」といいう意味として広く使われています。 韓国では挨拶がわりに「ごはん食べた?」と聞かれる方も多くいるので、もし「まだなんだ」なんていうと「だから元気ないんだよ~」という感じでおいしいごはんを食べたら健康になるよ!という想いが込められているようです。 韓国語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• 「健康でいてね」という意味で使える…「건강 하세요. 」読み方は コンガン ハセヨ. 「お元気でね」という意味で使える…「잘 계세요. 」読み方は チャル ケセヨ. 「お体に気をつけて」という意味で使える「몸에 조심하세요. 」読み方は モメ チョシマセヨ. 「ごはん食べました?」という意味で使える「식사 했어요?」読み方はシクサ ヘッソヨ?• 「風邪に気をつけてください」という意味で使える「감기 조심하세요. 」読み方は カムギ チョシマセヨ.

次の