ナチス の 人体 実験。 人体実験・生体実験の種類一覧

人体実験・生体実験の種類一覧

ナチス の 人体 実験

「母がいてくれたから、こうして生きているんです。 母は私たちの髪をとかし、雪のなかで入浴させ、双子の実験区画にこっそりパンを持ってきてくれました」 メンゲレが2人に実験をしていると、そこに母親が飛び込んできて、やめてくれと懇願したこともあった。 母親は罰として何かの注射を打たれ、その後2週間、意識を失っていたという。 「母は私たち姉妹のヒーローなの。 私たちのように双子が2人とも強制収容と実験を生き延びたケースはほとんどありません」とリアは話す。 リアとイェフディット姉妹は1937年、北トランシルヴァニアに生まれた。 故郷の町は1940年、ルーマニア王国からハンガリーに割譲された。 1942年、2人の父は強制労働班に配属される。 1944年5月、姉妹は母とともにシムレウのゲットーへ送られ、その月の終わりにアウシュヴィッツに強制連行された。 アウシュヴィッツに送られた全親族のうち生還したのはリアとイェフディット、そして母親の3人だけだった。

次の

人体実験・生体実験の種類一覧

ナチス の 人体 実験

連合国は戦後ニュルンベルク国際軍事裁判でナチス・ドイツを裁いたが、米国が単独で担当した事件の第一法廷(被告に医師が多かったため「医師裁判」とも呼ばれる)は、障害者や強制収容所のユダヤ人・ポーランド人・ロシア人・ロマ(ジプシー)の人々などを犠牲にした、医学実験や抹殺政策を扱った。 ・低圧実験: 戦闘機の操縦士が、どこまで高空の低い気圧に耐えられるか、また高空からパラシュートで脱出して降下するとどうなるかを調べるため、1942年3月頃から5月中旬までダッハウ強制収容所で、被験者を気密室に入れ高度2万mに匹敵する低気圧にさらし、約70人から80人を死亡させた。 ・長時間冷却実験: パラシュートで脱出し厳寒の海に着水した飛行士を低体温状態から蘇生させる方法を調べるために、1942年の8月頃から1943年の5月頃にかけてダッハウ強制収容所で、被験者を氷水に浸けたり、冬の戸外に裸でさらしたりし、約80人から90人の被験者を死亡させた。 ・海水飲用実験: 海難し救命ボートに乗った兵士が海水で生き延びる方法を探るために、1944年7月にダッハウ強制収容所で、被験者を4群に分け、 1 全く水分を与えない、 2 通常の海水を飲ませる、 3 塩味を隠しだけの海水を飲ませる、 4 塩分を除去した海水を飲ませる、という条件を強いて実験し結果を比較した。 ・発疹チフス感染実験: 1942年1月頃から4月頃、1943年4月から6月頃、 1944年3月から6月初め、および1944年11月から12月にブヘンヴァルト強制収容所で、また1943年秋から1945年にかけてナツヴァイラー強制収容所で、ワクチンや治療薬開発のために発疹チフスに感染させた。 ブヘンヴァルトでは計481人が感染させられ、383人が発病し、97人が死亡。 ナツヴァイラーでは計111人が感染させられ、41人が死亡した。 ・肝炎ウイルス研究: 独ソ戦で多くの発病者が出た伝染性肝炎のワクチン開発のため、1943年7月頃から1945年1月までザクセンハウゼン強制収容所で、被収容者に肝炎ウイルスを接種し感染させた。 ・スルフォンアミド治療実験: スルフォンアミドの治療効果を確かめるため、1942年7月から8月にかけてラフェンスブリュック強制収容所で、被験者の足を切開してガス壊疽の病原体を単独または木くずやガラス片と共に擦り込んだ後に、スルフォンアミドで治療した。 ・骨の再生および移植実験: 1942年9月頃から1943年12月頃にラフェンスブリュック強制収容所で、女性の被収容者から腓骨や肩胛骨などを摘出して、再生するかどうか調べたり、他者への移植を試みたりした。 ・毒ガス実験: 1939年9月から1945年4月まで、ザクセンハウゼン、ナツヴァイラー、シュトルートホーフなどの強制収容所で、毒ガスであるイペリット(マスタードガス)の被害に対する治療法を開発する実験が行われた。 被験者は毒ガスの液体を肌に塗られただけでなく、数日後に細菌を患部に植え付けられた場合もあり、火傷、高熱、壊疽、敗血症などに苦しみ、多くの死者が出た。 ナツヴァイラーのガス室ではホスゲンの実験も行われている。 被験者の傷や回復の様子は毎日写真に撮られ、死亡者は解剖された。 ・ユダヤ人の頭蓋骨収集: アウシュヴィッツ強制収容所からユダヤ人被収容者112人がシュトラスブルク(ストラスブール)に近いシュトルートホーフ強制収容所に運ばれ、写真を撮られ、人体各部分を計測された後に毒ガスで殺害された。 死体はシュトラスブルク帝国大学に送られて解剖され、さまざまな検査や臓器の計測が行われたあと、標本として保存された。 ・障害者・患者の「安楽死」: 1939年9月から1945年4月まで、ドイツおよび占領地各地で、7万人以上の障害者・高齢者・末期患者・先天性障害児などをガスや注射で殺害した。 ・断種実験: ロシア人・ポーランド人・ユダヤ人その他の人々を、本人に気づかれず安い費用で大勢断種できる簡便な方法を開発するため、アウシュヴィッツ、ラフェンスブリュックほかの強制収容所で、1941年3月頃から1945年1月頃まで、数千人のロシア人・ポーランド人・ユダヤ人等に、X線照射や手術や薬剤投与を行った。 1947年8月20日に下された判決は、7人の被告(うち医師が4人)に絞首刑、5人に終身刑、4人に禁固10年から20年、をそれぞれ言い渡し、7人の被告を無罪とした。 だが、絞首刑は執行されたものの、東西冷戦の緊張が高まるなか1951年1月末に、終身刑および禁固刑は減刑された。 また、この判決は、人体実験が満たすべき条件を10項目にわたって明文化した。 その内容は、 1 被験者の自発的な同意が絶対に欠かせないこと、 2 他の方法では得られない社会的成果があること、 3 自然経過と動物実験の知見に基づくこと、 4 不必要な身体的・心理的苦痛を避けること、 5 死や障害を引き起こすと事前に予測される実験は行ってはならないこと、 6 危険の大きさが実験のもたらす利益を上回らないこと、 7 適切な準備と設備があること、 8 科学的に資格のある実験者が行うこと、 9 被験者はいつでも自由に実験から離脱できること、 10 傷害や障害や死が生じる場合は即座に実験を中止すること、 である。 これは今日「ニュルンベルク・コード」と呼ばれ、医学研究倫理の古典となっている。 文献 Annas, G. eds. , 1992, The Nazi Doctors and the Nuremberg Code: Human Rights in Human Experimentation, Oxford University Press. Mitscherlich, A. , 1960, Medizin ohne Menschlichkeit, Fischer. , 1946, "Opening Statement of the Prosecution, December 9, 1946," In: Trials of War Criminals Before the Nuremberg Military Tribunals Under Control Law 10, Vol. 1, Superintendent of Documents, U. Government Printing Office, 1950; Military Tribunal, Case 1, United States v. Karl Brandt et al. , October 1946-April 1949: 27-74. 資料:1999年度大阪市立大学インターネット講座.

次の

ナチスのサブカルチャーⅢ~メンゲレの人体実験~

ナチス の 人体 実験

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年2月) ナチス・ドイツの人体実験(ナチス・ドイツのじんたいじっけん)は、中、によりで行われた、一連の医学的なである。 収容者は実験に参加することが強要され、自発的な参加はなく、実験に関する(事前説明)はされていなかった。 通常、被験者は死亡するか、醜悪な外観が残るか、あるいはその後一生涯にわたる障害が残った。 では、医務長であった ()の指示により、選別された収容者に対して、その成果が、戦闘状態にあるドイツ軍人を助けたり、新兵器を開発したり、負傷した兵士の回復を助けたり、あるいはに後押しされた合理的なを推進すると考えられていたため、様々な危険な実験が施された。 また、は、において、同様の実験を行った。 ()は、者に対して、その治療を試みたことで知られている。 戦後、これらのは、として知られている裁判によって裁かれ、この残虐行為に対する憎悪や嫌悪感が、に関するの発展へと繋がった。 「」も参照 における起訴状によると、人体実験には以下のような実験が含まれていた。 実際には、ナチス・ドイツによってさらに多くの人体実験が行われたと考えられている。 双子への実験 強制収容所にいた双子の子供に対して行われた実験の目的は、人体を人為的に操作できるかどうかを観察するのと同様に、双子の遺伝子の類似性と相違性を示すためであった。 実験の中心的なリーダーはであり、彼はからにかけて、アウシュヴィッツに収容されていた双子1,500人に対して実験を行った。 わずか100人の被験者のみが生き残った。 彼はで、ややに重点を置いたを学ぶ間に、「(という)簡潔な政治概念が、遂には私の人生において決定的な要素となった」と述べたと言われている。 メンゲレは、「簡潔な政治的概念」に新たな関心を示し、医学と政治の融合が、彼のキャリアの選択において大きな要素となった。 メンゲレは、「4種の人種グループを対象とした下顎部分の人種的形態学的研究 Racial Morphological Research on the Lower Jaw Section of Four Racial Groups 」というタイトルの論文により PhD を取得した。 この論文は人種は顎の形によって識別が可能であることを提起していた。 ナチスによって彼は研究の才能を見出され、、彼は占領下のに位置するアウシュヴィッツ強制収容所に異動となった。 彼は、一般的に考えられているところとは異なり、アウシュヴィッツで唯一の医者であったわけではなく、高い地位にいたわけでもない(のであったエドゥアルト・ヴィルツが、アウシュヴィッツにおける医師の責任者であった)。 メンゲレは、双子に対する的実験を組織した。 双子は年齢と性別によって分けられ、実験の合間はバラックに収容されており、異なる薬品が双子の目から注入され、色の変化があるかどうかを確認され、双子を文字通り縫い合わせてを作ることが試された。 骨、筋肉、神経の移植 1942年9月より1943年12月頃まで、の利便向上のため、において行われ、骨、筋肉、神経の再生に関する研究と、骨の移植が行われた。 被験者は無しで、骨、筋肉、神経を部分的に除去された。 この結果、多くの被験者は、激しい痛みや切断、そして一生涯にわたる身体的不自由に苦しむこととなった。 低温実験 、は、の予防と治療の手段を発見する目的で、凍結実験を行った。 1つの実験で、被験者はタンク1杯分の氷水で、最大5時間、耐えることを強いられた。 寒冷暴露の肉体的影響を調査する以外に、生存者を復温する方法も評価された。 冷凍・低体温症実験は、において、ドイツ軍が寒冷地の気候に対する準備不足により苦戦していたため、ナチスの最高司令部が、その気候条件をシミュレーションするように命令を下して行われた。 ロシア人捕虜に対して多くの実験が行われており、ナチスは、ロシア人の遺伝子がその耐寒力を、ドイツ人よりも強いものにしていたかどうか疑問に思っていた。 実験の行われた主な場所は、とアウシュヴィッツ強制収容所であった。 ダッハウ収容所におけるの医者であった博士は、に結果を直接報告し、1942年の医学会議において、「海と冬から生じる医学的問題 Medical Problems Arising from Sea and Winter 」の題名で、結果を公表した。 約100名が、これらの実験により命を落としたと報告されている。 マラリア実験 1942年2月からの4月くらいまで、治療に関する免疫調査のために、ダッハウ強制収容所においてマラリア実験が行われた。 この実験は博士の指揮下で行われ、健康な収容者が蚊によって直接、あるいはメスの蚊のからの抽出物を注射され、マラリアに感染させられた。 マラリア感染後、被験者には薬剤の相対的な効力をテストするため、様々な薬物が投与された。 1,000人以上がこれらの実験に動員され、その半数以上が死亡した。 マスタードガス実験 9月と1945年4月の間、やなどで、による負傷者の最も効果的な治療を調査するために、数多くの実験が行われた。 被験者は、酷い を引き起こす物質であるマスタードガスやなどのに意図的に暴露された後、マスタードガスによる火傷の最も効果的な治療法を見出すために、実験が施された。 スルフォンアミド(サルファ剤)の実験 7月頃から9月頃まで、人工のである、の有効性を調査するための実験が、にて行われていた。 被験者は、負わされた傷口に、や の原因物質 やの原因菌である破傷風菌などのバクテリアを感染させられた。 戦場における負傷時と似通った条件を作り出すために、傷の両端の血管がされて、血流が阻害させられた。 木を削ることや、ガラスを傷口の中に入れることを強いられたりして、感染状態は悪化した。 有効性を決定するために、スルフォンアミドや他の薬品で、処置された。 海水実験 7月頃より1944年9月頃まで、海水を飲むことを可能にするための様々な方法を調査するために、ダッハウ強制収容所にて実験が行われた。 一つには、約90人ののグループが、 ()博士によって、食べ物を奪われて海水だけを飲まされた。 被験者は博士により重度な傷を負った状態となった。 被験者は、ひどいになり、飲み水を得ようと、バケツの中の水を飲んだり、新しくモップがけされた床を舐めるところが目撃された。

次の