小さな お 菓子 屋 さん。 小さなお菓子屋さん KORO コロ 新潟県

全興寺 町づくり博物館

小さな お 菓子 屋 さん

大阪八尾、駅から歩いて15分。 平屋が並ぶ住宅地の中、空が広ける久宝寺の町角に、『atelier Oeuf(アトリエウフ)』の黄色い看板があります。 今回は、『アトリエウフ』のオーナーの多葉さんにインタビュー。 引き戸を開けて入った店内にはショーケースがなく、小さな販売スペースに十数種類の焼き菓子が並べてありました。 そして売り場横にはなんと、靴を脱いで上がる板の間と畳のカフェスペースが。 一般のパティスリーとは違う、ちょっと変わったスタイルのお店です。 3年前の独立当時は、お店の収入だけでは経営がままならずに別の仕事と兼業していたそうですが、「今はうまくいっているし、とても楽しくて幸せ」だと語る多葉さん。 今に至るまでに、いったいどんなことがあったのでしょうか?お話を伺いました。 多葉 早希(たば さき)さん 1983年生まれ、大阪府八尾市出身。 大学で児童福祉を学んだ後、一転して製菓の専門学校へ。 街のパティスリーで3軒計5年、レストランパティシエとして3年ほど勤務したのち、2015年7月、33歳のときに『アトリエウフ』をオープン。 生菓子は置かれていないのですか?」 店頭に置いているのは焼き菓子だけですが、ホールケーキを予約制で作っています。 なので、ショーケースは置いてないんです。 特にイートインスペースは、まるで実家にいるような安心感があります」 実は、10歳くらいまでこの物件で暮らしていたんです。 どこでお店をするか決められずにふらふらと物件を探していたら、偶然ここが貸家で出ていて。 地元だし、資金に余裕がなかったこともあり、「ここならいけるかも!」と思い立って即決。 大家さんにもリフォームの許可をもらって、晴れて開業することができました。 開業資金は300万円程度。 そのうち50万円はお兄さんに借りていたそう。 普段はケーキを作るのも接客も自分一人でやっているのですが、クリスマスやものすごく忙しい時期には、箱詰めやお渡しは短期バイトさんにお願いしています。 専門学校の先生や知り合いから、開業するのがどんなに大変なことか…金銭面から精神面まで、リアルな話をたくさん聞いていたんです。 別にお店を出さなくても、働く時間が長くて給与水準が低くても、好きなケーキの仕事に携われれば私は幸せだと思っていました。 敢えて怖い先輩とかに冗談言ったりして話しかけたり、みんなを笑わせたり…それでもいろんなことが積み重なった最後のお店では、笑顔で働けなくなってしまって…。 このままじゃだめだと思って、同じことを繰り返さないように、かなり慎重に次のお店探しをしました。 でも、ネガティブな気持ちを持ったままだったからでしょうか…会社訪問や面接でいい話を聞いても、「ここで働きたい」というポジティブな気持ちになれるお店と出会えなかったんです。 そのお客さんたちに、辞めると決めたけど働きたいお店が見つからない、ということを話したら、「自分でお店したら?」と勧められて。 全力で「私には無理です!」と言ったのですが、「じゃあ、いきなりお店をガッツリやるんじゃなくて、別の仕事をしてお金を稼ぎながら、夕方だけとか、時間や曜日を限定して営業してみるとか」と、『兼業から始めること』を勧められて…。 初めて、「それならいけるかも?」と感じたんです。 独立するならもの凄くお金をかけて完璧に準備をしなきゃ、ガチガチに経営戦略を練らなくちゃと、独立することに対して『こうであるべき』という考えが型にはまりすぎていたのかもしれません。 このカフェスペースのソファやお店のライトも、実は貰い物。 お店の内装なんかも、知り合いの木工さんが少し安くして請け負ってくれたんです。 全部ひとりでやっていたら、時間もお金ももっとかかっていたと思います。 そんな感じで、私は小さな小さなお店を立ち上げ、手元にあった資金はゼロになりました。 これからは、私が協力してくれた人たちや町の人たちにお菓子で恩返しをしていくぞ、と意気込んでスタートしたんですけど、まずお客さんに来てもらうことがどれだけ大変なのかを思い知りましたね…。 お金もないので広告も打てないし、営業に出かける時間もない。 口コミにも限界があるし、当初言っていた通り、ダブルワークでないとやっていけませんでした。 早朝からパン屋で働いて、午後はお店でお菓子を作って、ちょっとパンも作って出して…ということをしていました。 この規模のお店なので、売り上げは卸しが中心だったんです。 あるとき、自分の生産性の限界レベルのパンの卸しを受注できて。 一日に大量のパンを焼くことになって、一ヶ月はそれだけで生計を立てられる規模だったので、ひたすら準備に明け暮れてたんです。 そしたら、その卸しを発注してくれた企業さんに「やっぱやめるわあ」って言われてしまいまして…。 来月から私、どうすればいいんだろうって。 営業も、他のものが作れるような準備も何もしてない。 人を見極める力がなかったんですね。 どうやって乗り越えられたんですか?」 泣き寝入りするしかありませんでした。 たまたま連絡してくれた知人にその話をしたら、「知識もつくし、起業に関する講習会に行ってみたら?」と勧められまして…。 せっかく勧めてもらったので、行ってみることにしたんです。 ショックな出来事があった後だったので、社長さんたちのいいお話を「何を綺麗事を」と思って聞いていた私は、グループディスカッションのときに一緒になったひとりの社長さんにつっかかってしまったんです。 もし今後他のところから同じことを頼まれたら、すぐに受けることができる。 武器を手に入れられた、それは素晴らしいことだよね、と。 人前で(笑)ずっと気持ちが張り詰めてたんですよね。 不安に押し潰されそうだった気持ちはそこで救われて吹っ切れました。 気を取り直して、とにかく『私』と『私のケーキ』を知ってもらうために、シフォンケーキや焼き菓子を持って、自分の足で知り合いのバーや飲食店に宣伝しに出かけました。 それからは少しずつ少しずつお客さんが増えて、このお店のことを好きになってくれる人も増えて、また心から楽しく働けるようになったんです。 パン屋を辞めて、お店の経営だけに集中できるようになるまでは、それなりに時間はかかりましたけどね。 何歳の誕生日のとき、自分でケーキ作ったことは思い出にも残ると思うので。 このときにウフさんのこんなケーキ食べたなあっていう風に、思い出して欲しいですね。 『人生の一ページに最高の彩りを』というのが、うちの理念なんです。 イートインスペースだけでなく奥の和室も解放して、自由に使ってもらっています。 地域のボランティアの方に、絵本の読み聞かせイベントをしてもらうこともありますよ。 私自身は、この地域の経営者コミュニティである『やおんど』でイベント出店をしたり、お手伝いをしたり、子供食堂にお菓子を寄付したりしています。 八尾コレクションにも選ばれたそう。 8月にはチャリティでこどもたちと一緒にレモネードの販売をされたそうですが、どんな目的があったのでしょうか?」 そのイベントの目的は、こどもたちに『働く楽しさ』を知ってもらうことでした。 「いらっしゃいませ」と、おおきい声で言わないとお客さんは立ち止まってくれないこと。 ありがとうございましたを言う理由。 商品を買ったお客さんがありがとう、おいしいと言ってくれたときの喜び。 学校の授業では習えない、生きていく上で大切なことを、こどもたちに伝えていきたい。 そんなイベントを、これからもどんどんやりたいですね。 私はこの町に育ててもらった。 今度は私がこの街を、『アトリエウフ』として作っていきたいです。 周りにはお店の規模を広げることを勧められますが、今はまだその時期じゃない、その器じゃないと思っています。 時間はかかるけれど、誰かのために、好きなこと・やりたいことをやってたらちゃんとお金もちゃんとついてくるし、実際私はお店だけで生活できるようになりました。 お金がついてこないならそれはボランティアだし、『お菓子を作って売る』ということに関しては、プロとしてしっかりやっていきますよ! いま、すっごく楽しいんです。 お店よし、お客さんよし、地域よし。 三方よしです。 Win-Winじゃだめ。 Win-Win-Winじゃないと! 取材後記 お話を聞いていく中で、「実は結婚資金が開業資金になりました!」と大暴露してくださった多葉さん。 女性としての自分の人生の道も、まだまだ考えている最中だそう。 人としての生き方、パティシエとしての生き方にルールなんてありません。

次の

四街道 体にやさしい 街の小さな菓子屋さん カシOイシ(カシオイシ)

小さな お 菓子 屋 さん

大阪八尾、駅から歩いて15分。 平屋が並ぶ住宅地の中、空が広ける久宝寺の町角に、『atelier Oeuf(アトリエウフ)』の黄色い看板があります。 今回は、『アトリエウフ』のオーナーの多葉さんにインタビュー。 引き戸を開けて入った店内にはショーケースがなく、小さな販売スペースに十数種類の焼き菓子が並べてありました。 そして売り場横にはなんと、靴を脱いで上がる板の間と畳のカフェスペースが。 一般のパティスリーとは違う、ちょっと変わったスタイルのお店です。 3年前の独立当時は、お店の収入だけでは経営がままならずに別の仕事と兼業していたそうですが、「今はうまくいっているし、とても楽しくて幸せ」だと語る多葉さん。 今に至るまでに、いったいどんなことがあったのでしょうか?お話を伺いました。 多葉 早希(たば さき)さん 1983年生まれ、大阪府八尾市出身。 大学で児童福祉を学んだ後、一転して製菓の専門学校へ。 街のパティスリーで3軒計5年、レストランパティシエとして3年ほど勤務したのち、2015年7月、33歳のときに『アトリエウフ』をオープン。 生菓子は置かれていないのですか?」 店頭に置いているのは焼き菓子だけですが、ホールケーキを予約制で作っています。 なので、ショーケースは置いてないんです。 特にイートインスペースは、まるで実家にいるような安心感があります」 実は、10歳くらいまでこの物件で暮らしていたんです。 どこでお店をするか決められずにふらふらと物件を探していたら、偶然ここが貸家で出ていて。 地元だし、資金に余裕がなかったこともあり、「ここならいけるかも!」と思い立って即決。 大家さんにもリフォームの許可をもらって、晴れて開業することができました。 開業資金は300万円程度。 そのうち50万円はお兄さんに借りていたそう。 普段はケーキを作るのも接客も自分一人でやっているのですが、クリスマスやものすごく忙しい時期には、箱詰めやお渡しは短期バイトさんにお願いしています。 専門学校の先生や知り合いから、開業するのがどんなに大変なことか…金銭面から精神面まで、リアルな話をたくさん聞いていたんです。 別にお店を出さなくても、働く時間が長くて給与水準が低くても、好きなケーキの仕事に携われれば私は幸せだと思っていました。 敢えて怖い先輩とかに冗談言ったりして話しかけたり、みんなを笑わせたり…それでもいろんなことが積み重なった最後のお店では、笑顔で働けなくなってしまって…。 このままじゃだめだと思って、同じことを繰り返さないように、かなり慎重に次のお店探しをしました。 でも、ネガティブな気持ちを持ったままだったからでしょうか…会社訪問や面接でいい話を聞いても、「ここで働きたい」というポジティブな気持ちになれるお店と出会えなかったんです。 そのお客さんたちに、辞めると決めたけど働きたいお店が見つからない、ということを話したら、「自分でお店したら?」と勧められて。 全力で「私には無理です!」と言ったのですが、「じゃあ、いきなりお店をガッツリやるんじゃなくて、別の仕事をしてお金を稼ぎながら、夕方だけとか、時間や曜日を限定して営業してみるとか」と、『兼業から始めること』を勧められて…。 初めて、「それならいけるかも?」と感じたんです。 独立するならもの凄くお金をかけて完璧に準備をしなきゃ、ガチガチに経営戦略を練らなくちゃと、独立することに対して『こうであるべき』という考えが型にはまりすぎていたのかもしれません。 このカフェスペースのソファやお店のライトも、実は貰い物。 お店の内装なんかも、知り合いの木工さんが少し安くして請け負ってくれたんです。 全部ひとりでやっていたら、時間もお金ももっとかかっていたと思います。 そんな感じで、私は小さな小さなお店を立ち上げ、手元にあった資金はゼロになりました。 これからは、私が協力してくれた人たちや町の人たちにお菓子で恩返しをしていくぞ、と意気込んでスタートしたんですけど、まずお客さんに来てもらうことがどれだけ大変なのかを思い知りましたね…。 お金もないので広告も打てないし、営業に出かける時間もない。 口コミにも限界があるし、当初言っていた通り、ダブルワークでないとやっていけませんでした。 早朝からパン屋で働いて、午後はお店でお菓子を作って、ちょっとパンも作って出して…ということをしていました。 この規模のお店なので、売り上げは卸しが中心だったんです。 あるとき、自分の生産性の限界レベルのパンの卸しを受注できて。 一日に大量のパンを焼くことになって、一ヶ月はそれだけで生計を立てられる規模だったので、ひたすら準備に明け暮れてたんです。 そしたら、その卸しを発注してくれた企業さんに「やっぱやめるわあ」って言われてしまいまして…。 来月から私、どうすればいいんだろうって。 営業も、他のものが作れるような準備も何もしてない。 人を見極める力がなかったんですね。 どうやって乗り越えられたんですか?」 泣き寝入りするしかありませんでした。 たまたま連絡してくれた知人にその話をしたら、「知識もつくし、起業に関する講習会に行ってみたら?」と勧められまして…。 せっかく勧めてもらったので、行ってみることにしたんです。 ショックな出来事があった後だったので、社長さんたちのいいお話を「何を綺麗事を」と思って聞いていた私は、グループディスカッションのときに一緒になったひとりの社長さんにつっかかってしまったんです。 もし今後他のところから同じことを頼まれたら、すぐに受けることができる。 武器を手に入れられた、それは素晴らしいことだよね、と。 人前で(笑)ずっと気持ちが張り詰めてたんですよね。 不安に押し潰されそうだった気持ちはそこで救われて吹っ切れました。 気を取り直して、とにかく『私』と『私のケーキ』を知ってもらうために、シフォンケーキや焼き菓子を持って、自分の足で知り合いのバーや飲食店に宣伝しに出かけました。 それからは少しずつ少しずつお客さんが増えて、このお店のことを好きになってくれる人も増えて、また心から楽しく働けるようになったんです。 パン屋を辞めて、お店の経営だけに集中できるようになるまでは、それなりに時間はかかりましたけどね。 何歳の誕生日のとき、自分でケーキ作ったことは思い出にも残ると思うので。 このときにウフさんのこんなケーキ食べたなあっていう風に、思い出して欲しいですね。 『人生の一ページに最高の彩りを』というのが、うちの理念なんです。 イートインスペースだけでなく奥の和室も解放して、自由に使ってもらっています。 地域のボランティアの方に、絵本の読み聞かせイベントをしてもらうこともありますよ。 私自身は、この地域の経営者コミュニティである『やおんど』でイベント出店をしたり、お手伝いをしたり、子供食堂にお菓子を寄付したりしています。 八尾コレクションにも選ばれたそう。 8月にはチャリティでこどもたちと一緒にレモネードの販売をされたそうですが、どんな目的があったのでしょうか?」 そのイベントの目的は、こどもたちに『働く楽しさ』を知ってもらうことでした。 「いらっしゃいませ」と、おおきい声で言わないとお客さんは立ち止まってくれないこと。 ありがとうございましたを言う理由。 商品を買ったお客さんがありがとう、おいしいと言ってくれたときの喜び。 学校の授業では習えない、生きていく上で大切なことを、こどもたちに伝えていきたい。 そんなイベントを、これからもどんどんやりたいですね。 私はこの町に育ててもらった。 今度は私がこの街を、『アトリエウフ』として作っていきたいです。 周りにはお店の規模を広げることを勧められますが、今はまだその時期じゃない、その器じゃないと思っています。 時間はかかるけれど、誰かのために、好きなこと・やりたいことをやってたらちゃんとお金もちゃんとついてくるし、実際私はお店だけで生活できるようになりました。 お金がついてこないならそれはボランティアだし、『お菓子を作って売る』ということに関しては、プロとしてしっかりやっていきますよ! いま、すっごく楽しいんです。 お店よし、お客さんよし、地域よし。 三方よしです。 Win-Winじゃだめ。 Win-Win-Winじゃないと! 取材後記 お話を聞いていく中で、「実は結婚資金が開業資金になりました!」と大暴露してくださった多葉さん。 女性としての自分の人生の道も、まだまだ考えている最中だそう。 人としての生き方、パティシエとしての生き方にルールなんてありません。

次の

隠れ家的な小さなケーキ屋さん、菓子屋gris(グリ)に行ってきたよ。

小さな お 菓子 屋 さん

四街道駅の北口から少し歩いた場所にある小さな菓子店。 お店の名前は「カシOイシ」。 女性の店主がひとりで製造販売をしているお店は、お客さんが 3 ~ 4 人入るといっぱいになってしまう小さなお店。 しかし店内には生洋菓子 10 種類、焼き菓子 20 種類以上がところ狭しに並んでいます。 古道具 Jinze-m(じんぜーむ)で手に入れたという可愛らしい椅子。 娘が座っていました。 ガラスの組み合わせが素敵な古いドアのノブをガチャリと開けると、まず白いショーケースにある生菓子が目に飛び込み、そして奥には焼き菓子のショーケースがあります。 たくさんのお菓子を見ただけでワクワクしてしまいます。 sutari 旧 cohako・みどり台のパン屋dodoの内装も手掛けています さんに内装をお願いしたという暖かみのある店内は、シンプルで天井が高く、あまり狭さを感じません。 商品札には全てアレルギー原材料が明記されており、アレルギー持ちの方も確認できますね。 生菓子はショートケーキ、タルト、シフォンケーキ、チョコレートケーキ、プリンとスタンダードなメニューが揃っています。 焼き菓子はケイク、マドレーヌ、クッキー、メレンゲ、ラスクと、こちらもスタンダードなメニュー。 どれもおいしそうで迷ってしまいます。 いくつかのお菓子屋さんで働いていた店主まよさんが、レシピアレンジしたお菓子が並んでいます。 焼き菓子は低い位置に商品が並んでいるので、娘が楽しそうにお菓子を選んでいました。 焼き菓子 左から あまからラスク 380円 あまから…どんな味だろう、と思い購入しました。 うん!これはおいしい!! お醤油と水あめとはちみつが入っており、みたらしの味!娘たちが好んで食べ、一歳の娘は自ら袋を私に渡し、お菓子をねだります 笑 メレンゲ(木苺)200円 きれいなピンクで可愛らしいメレンゲは、サクッとした食感と口溶けなめらか。 木苺の甘酸っぱさがクセになります。 他にカラメル、コーヒー味があります。 黒こしょうクッキー 130円 ワインに合うとお伺いしましたが、確かに塩系クッキー。 こしょうが効いていておいしい!甘い物が苦手な方もこのクッキーなら食べられます! 米粉クッキー 380円 こちらも人気商品。 粉糖を使用したスノーボールのようなこちらのクッキー。 ほろほろした食感がほんのり甘い粉糖とミックスされ、本当においしい!また食べたい、と思わせるクッキーです。 中央 たのしいクッキー 150円 お店の大人気商品!娘が最初に指名したお菓子です。 くまさんと魚の組み合わせが可愛らしいですよね!粉、バター、てんさい糖、卵、塩、とシンプルな材料だからこそ、本来のクッキーのおいしさが味わえます。 ケイク等の半生菓子の賞味期限は約7日です。 生菓子 シフォンケーキ(ほうじ茶・生クリーム 130円・120円 ふわっふわでもっちもちな生地は弾力もあり、小ぶりながらも満足感があります。 生地とクリームが絶妙な甘さ。 一口食べた主人は、うまい!と一言。 その後 無言で味わって食べていました(笑) 左側のほうじ茶シフォンケーキは日曜限定でクリームの上にあんこが…こちらは甘さ控え目。 他に日替わりでよもぎ、キャラメル味があります。 季節のショートケーキ 380円 こちらはメロンのショートケーキ。 大きくカットされたメロンをふんだんに使った贅沢なケーキ。 メロンの横にある小さなお花がかわいいですね。 甘過ぎない生クリームとふわふわのスポンジが絶妙。 とーってもおいしいです!! 11月後半から12月に出回るイチゴのおいしい季節には、イチゴのショートケーキが登場です! モンブラン 550円(期間限定) 予約必須!大人気のモンブラン。 地元 四街道の渋皮栗を使用。 マロンクリーム・生クリーム・渋皮栗煮1個分・チョコがけメレンゲの構造になっています。 上の小さな飾りは最初チョコレートかと思いましたが、実は小豆。 マロンクリームは洋酒が効いていて、生クリームと共に甘くてクリーミー。 その分、渋皮栗は甘さ控め。 メレンゲはサクサクで、すごくおいしー!! こんなモンブランを食べるのは初めて!私のベスト・オブ・モンブラン「アンジェリーナ」を凌ぐおいしさです!! 数量限定の人気につき期間中に栗がなくなってしまう可能性があるそうですが、知り合いの栗農家さんから栗を分けてもらえそうなら、期間中にモンブランを提供できるそう。 確実に手に入れたい場合は取り置きをお勧めします! ブランマンジェ 300円 ベリー系とキャラメル系2種類あります。 ブランマンジェが苦手なまよさんが自分がおいしいと思える味を提供。 スプーンですくうとふるっとゆるい感じで、口当たりがとてもなめらか。 ベリーの酸味がアクセントになっています。 私自身数回しか口にしたことがなく、これからカシOイシのブランマンジェが味の基準になりそうです。 大きなお菓子屋さんに働いていたまよさんは、大量生産の現場で添加物を当たり前のように使用していたそう。 お店から離れ、添加物の使用についてふと思ったまよさん。 大量生産が為に必要となる添加物。 しかし添加物を使用することによりお菓子の味は鈍り、体の影響も考えるようになり、今のスタイルになったそう。 材料の米油は、他の素材の味より主張しないので使用しているそうで、お菓子への拘り、想いを感じました。 できる限り産地が確認できるものを材料に使用しているので、小さなお子さん連れの方や、食品への関心がある方も手に取りやすいですよね。 アレルギーなどの心配がある場合は、気軽にたずねてください、とのことです。 ショップカードは何と活版印刷!東京 鵜ノ木にあるオールライト工房でお願いしたそう。 活版のショップカードを久しぶりに見かけたので大興奮!紙好きにはたまりません!! お店は金土日のみの営業ですが、それでも知ってる人は多く、遅い時間には殆どのお菓子屋が完売してしまうそう。 只今ご家庭の都合で、臨時休業や変則時間での営業になる日もあるとのこと。 その場合は、TwitterやInstagramでのSNS、お店に貼り紙等、事前にお知らせしてくれるそうです! お菓子のラッピングも可能で無料(手提げ袋)と有料(クラフトの箱)があります! お客さまの心の糧になれるようなお菓子を作りたいというまよさん。 私も育児や家事のイライラや疲れを、カシOイシのお菓子で気持ちのリセットができました。 素朴な味わいで気持ちが温かくなる、まよさんの愛情たっぷりのお菓子たち。 いちごのショートケーキが販売される時期にまた行きますよ!いや、その前にまたモンブランを買いに行きます!! 特派員No. 特派員No. 669 旅行とカフェ巡りが大好きです• 特派員No. 673 多趣味すぎて週末は大忙し!• 特派員No. 671 千葉の海や自然を感じれるところ、今日もお散歩中~!• 特派員No. 734 生涯現役…歌丸さんをリスペクト• 特派員No. 736 素敵なお店発掘します!• 特派員No. 733 いつも季節の花を…• 特派員No. 特派員No. 530 可愛くておいしいお菓子が大好き• 特派員No. 531 街角ウォッチャー• 特派員No. 448 さあ今日も彷徨うぞー!• 特派員No. 057 お得が大好き!うどいかつよ。 特派員No. 058 自転車で津田沼エリアを毎日疾走中• 特派員No. 230 日々 ディスカバリー千葉• 特派員No. 特派員No. 300 お出かけには必ずカメラ持参します!• 特派員No. 特派員No. 302 カメラ持って犬連れてGO!• 特派員No. 特派員No. 360 おゆみ野&犬スポットはおまかせ• 特派員No. 361 京成線沿線エリアはお任せを!• 特派員No. 362 幕張の美味しい情報はおまかせ!.

次の