アマゾン ギフト 設定。 【Amazonで内祝い】ギフト設定ができない?Amazonで内祝いを贈るには?

【Amazonで内祝い】ギフト設定ができない?Amazonで内祝いを贈るには?

アマゾン ギフト 設定

Amazonギフトオプションとは? Amazonギフトオプションは、 ギフトラッピングと ギフトメッセージから成ります。 ギフトラッピングは、プレゼント用などの商品に、特別な包装をするというサービスです。 これを設定しておくことで、購入者はギフト梱包のサービスを受けることができます。 記念日などにギフトラッピングのサービスを利用する人は多く、私も利用したことがあります。 ギフトメッセージは、購入者が任意でメッセージを入れたギフトカードを商品と一緒にお届けする、というサービスです。 「お誕生日おめでとう」などのメッセージを入れたギフトカードを貰うと嬉しいので、このサービスを使用したいと考えている人も一定数います。 これらを設定しておくことで購入者はギフトオプションを選ぶことができ、 多少売り上げを底上げすることができます。 Amazonギフトオプションのデメリット FBA出品の場合は、全くデメリットはありません。 FBA出品の商品の場合、出品者は余分な料金や作業が必要ではなく、Amazonが代行してくれるので、設定しておいて損はありません。 自社出品の場合は、自分でラッピングの種類などを設定する必要があり、発送の際にもひと手間かかるというデメリットはあります。 しかしむしろ小さな手間で売上を底上げすることができますし、商品ごとに設定でき、ギフトラッピングしないという選択をとることもできるので、大したデメリットではありません。 FBA出品の場合は必ず、自社出品の場合もラッピングサービスを提供できる場合には設定しておくといいでしょう。 右上の「詳細表示」をアクティブにし、「出品情報」から「ギフトメッセージ」、「ギフト包装」にチェックを入れ、「保存して終了」ボタンを押します。 以上がFBA出品の場合のギフトオプション設定方法です。 「ギフトメッセージの設定」と「ギフトラップの設定」を「使用可能」に変更します。 「ギフトメッセージの設定」の「設定の変更」より、「ギフトメッセージ最大文字数」と「ギフトメッセージ最大行数」を設定し、「保存」ボタンを押します。 「ギフトラップの設定」の「ギフトラップを追加する」より、「ギフトラップ名」、「ギフトラップ型番」、「ギフトラップ価格」、「画像」などを設定し、「保存」ボタンを押します。 「ギフトメッセージオプションの内容」と「ギフト梱包オプションの内容」を入力し、「保存」ボタンを押します。 右上の「詳細表示」をアクティブにし、「出品情報」から「ギフトメッセージ」、「ギフト包装」にチェックを入れ、「保存して終了」ボタンを押します。 以上が自社出品の場合のギフトオプション設定方法です。 まとめ 以上、ギフトオプションの設定方法について説明しました。 劇的な効果がある類の情報ではありませんが、このようなことの積み重ねが大事です。 少なくともFBA出品の場合は全くデメリットがないので、必ず設定しておきましょう。

次の

Amazonギフトラッピングおよびギフトメッセージの設定方法

アマゾン ギフト 設定

注文の手順を間違えた(送り先、送り主の設定ミス)• ギフト設定をできない商品を直接送ってしまった おそらくこのどちらかによるものです。 今回はこの手順をミスしないようにわかりやすく説明いたします。 その前に、Amazonで販売されている商品は• Amazonの倉庫から出荷• 出品者が独自に出荷 この2種類の出荷方法があります。 出品者が独自に出荷する商品は出品者ごとにサービスや対応の差があり、• ギフト設定の有無• 包装、ラッピングの品質• どんな状態で届くのか不明 と少し不安が残るのと、出品者ごとに包装や熨斗紙の仕様が違うので一言では説明できません。 ですので、 今回はAmazonの倉庫から出荷する商品のギフト設定について説明させていただきます。 amazonでギフト設定のやり方を図解で紹介! 最初に注意点としまして、これから説明する手順は「ログイン状態」や「直送先の登録状況」などで画面の遷移が違う場合があります。 でも、大きな流れは変わらないので迷わず進んでください。 商品を選ぶ 絞り込み検索 今回は例としてお菓子のギフトを注文してみました。 Amazonの商品数は「億」の単位であるのでまず、商品を絞り込んだほうがいいと思います。 検索窓に「ギフト お菓子」と入力して検索しました。 そして、「Amazonの倉庫から出荷」の商品を絞り込むため Primeにチェックを入れて商品を絞り込みます。 ギフトラッピング対象商品か確認 そうすると Primeの商品だけになりますので1つ商品を選択したら下記の商品ページに移動します。 ギフトの設定 にチェックを入れます。 このチェックを入れ忘れると次の「ギフトラッピング」の画面に行かないので必ずチェックしてください。 チェックした同じ画面の右端に レジに進む のボタンがあるので押して次に進んでください。 お届け先住所の選択 次に「お届け先住所の選択」の画面に移ります。 あらかじめお届け先を登録している場合は「目的のお届け先を選択」• 初めての送り先の場合は「新しい住所を追加」 どちらかを選んでください。 ギフトラッピングの設定 ギフトラッピングの設定画面に移動します。 ギフトラッピングのタイプは下記の種類がありますので目的のラッピングを選択して ギフトの設定を保存 のボタンを押して次に進んでください。 ギフト設定にNGの支払い方法 代金引換は受け取った人が支払うので直送の場合は当然NGです。 コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い・アマゾンギフト券での支払いはNGです。 理由はクレジットカード以外の支払い方法では「送り状や直送納品書」に送り主(あなた)の名前は入らずに受け取った人には送り主がまったくわからない荷物になってしまいます。 ただし、Amazonポイントは使っても大丈夫です。 お支払方法を選択したら 次に進む を押します。 請求先とお届け先の確認 そして最後の画面です。 「請求先住所=送り主」になりますので間違いがないか最終確認してください。 「お届け先住所」も間違ってないか念を押して確認してください。 問題がなければ 注文を確定する で無事注文完了です。 amazonのギフト包装はこんなラッピングで届く! 今回は勤め先から自宅にギフト形式で送ってみました。 おなじみのアマゾンのダンボール箱で梱包されています。 今回のテーマ、気になる送り主の名前ですが「贈り主 〇〇〇〇 様」と注文したとおりに記載されていました。 贈り主の住所は書いていませんでしたが、これでも誰から届いたのかはっきりわかりますね。 箱を開けると「御礼」の短冊のしがフィルムの中に貼られていました。 納品明細書もフィルムの中に入っています。 気になる納品明細書に書いている内容ですが• 贈り主の郵便番号• 送り主の住所• 贈り主の氏名 が書いています。 電話番号は書いていません。 商品名だけで当然金額は記載されていません。 今回の商品については包装状態は良好でした。 のしシールは「御中元または御歳暮・御祝・御礼」の4種類しかなく、名入れも指定できません。 熨斗紙に名入れしたい人• 熨斗紙に名入れして完全包装してもらいたい人 ギフト包装にこだわりがある場合はamazonの直送は基本的に簡易な包装なので気を付けましょう。 最後に気を付けたいのが• 腕時計• 財布 など、商品によって値札が付いたままになると注意書きに書いています。 おそらく、腕時計やブランドの財布などのように値札がメーカー出荷時に付けられているような商品はアマゾンでは外さないので値札が付いたまま出荷されるのだと思います。 値札が付いて行ってしまうのはギフトとして致命的なのでこれだけは注意した方が良いですね。

次の

【Amazonで内祝い】ギフト設定ができない?Amazonで内祝いを贈るには?

アマゾン ギフト 設定

ども!あき山です。 「お祝い」や「内祝い・お返し」をするとき、皆さんはどこで買ってどうやって贈っていますか? 今から20年以上ほど昔、ネット通販自体が存在しなかった頃は、百貨店などで贈り物を購入し、サービスカウンターで配送の手続きを取ることが多かったと思います。 だけど、ネット通販がこれだけ普及すると、家のパソコンから商品を選んで配送までやりたいですよね。 ネット通販は色々ありますが、「お祝い」や「内祝い・お返し」をする際には百貨店の通販サイトを利用する人が多いと思います。 しかし、私のようにAmazonプライムに加入し普段からバリバリAmazonを利用している人は、 「お祝い」や「内祝い・お返し」もAmazonで購入したいのではないでしょうか? ところが、ここで問題があります。 Amazonのギフト設定は、色のついた袋のギフトラッピングか、「御礼」、「御祝」、「御歳暮」の3種類の「のしシール」ありません。 つまり、「お祝い」や「お返し」は設定できますが、 「内祝い」の設定ができないのです。 そこで今回は、 実際に私がやってみた「Amazonで購入した商品を内祝いとして贈る方法」を紹介します。 内祝いについて 内祝いとは? 「内祝い」とは、辞書によると「自分の家の祝い事の記念として、交際のある人々に贈り物をすること。 また、その贈り物。 」とのことです。 元々、内祝いには「お返し」の意味はなかったそうですが、現在では、 出産、結婚、新築、引越し、快気、昇進、退職、長寿などのお祝いに対してする「お返し」と考えるのが一般的です。 ただ、「内祝い」のことを「お返し」と明言してしまうのは、あまりよくないとされています。 なぜなら、「お返し」と言ってしまうと、感謝の気持ちもなく「もらったから返すだけ」と思われてしまうからです。 日本語って難しいですね。。。 内祝いでは何を贈る? 「お祝い」はお金や商品券で贈られることも多いですが、「内祝い」ではお金や商品券ではなく 商品を贈るのが基本です。 商品の金額としては、いただいたお金や商品券の「 半額~3分の1」ぐらいが基本です。 ただ、いただいた金額があまりにも高額な場合は、その金額にもよりますが、5,000円~1万円ぐらいで十分だと思います。 内祝いで贈る商品は、特に決まりはありません。 形のあるものだと収納に困るので、個人的には消費できるものがいいと思います。 Amazonで「御礼」、「御祝」、「御歳暮」の設定の仕方 「内祝い」の前に、Amazonで「御礼」、「御祝」、「御歳暮」の設定の仕方について簡単に説明します。 カートに商品を入れ、レジに進みます。 ここまでいつもの買い物と同じです。 次に「お届け予定日」の項目で、「ギフトの設定」ボタンを押します。 のし(シールタイプ)の中から、「御礼」、「御祝」、「御歳暮」のいずれかを選択します。 それぞれ154円が追加で必要です。 3つ並べてみると、こんな感じです。 ちなみに、「のしシール」を選択した場合、「ギフトメッセージ」にはメッセージを入力することができません。 あとは、「ギフトの設定を保存」ボタンを押して、いつもと同じように「注文を確定する」のボタンを押すと終了です。 Amazonで「内祝い」の設定の仕方(メッセージまで) 上で見てもらったようにAmazonには、「御礼」、「御祝」、「御歳暮」の「のしシール」しか用意されていないので、「内祝い」の「のし」を付けることはできません。 そこで私は、 無料で入れられるギフトメッセージを使って「内祝い」を贈ることにしました。 このやり方を以下に説明します。 まず、カートに商品を入れレジに進みます。 今回私は2つの商品をレジに入れました。 そして、「お届け予定日」の項目で、1つ目の商品の「ギフトの設定」ボタンを押します。 ギフトオプションで「なし」を選択し、「ギフトメッセージを入れる(無料)」と「納品書に金額を表示しない」にチェックを入れます。 そして、メッセージを入力します。 メッセージ欄は「50文字, 5行(実質6行)」以内という制約があるので、簡潔に内祝いのメッセージを入力します。 ちなみに、ギフトメッセージの中には例文として自分の名前が入っていますが、特に自分の名前を入れる必要はありません。 なぜかというと、後で実際に送られたメッセージを写真で紹介しますが、ギフトを受け取った人は贈り主の名前を他の部分で確認できるからです。 それよりは文字数の制限(50文字以内)が厳しいので、メッセージ本文を優先させた方がいいでしょう。 (もちろん、余裕があれば名前を入れても構いません) 例文あれこれ ここで、内祝いのシーンごとに例文を挙げてみます。 以下に、出産、結婚、新築、引越し、快気、昇進、退職、長寿の例文を順に紹介しますが、太字の部分だけが内祝いの種類によって変わっている以外は基本的に同じ文章です。 この文字数の制限でも簡潔に書けば、贈り主の気持ちは伝わるので十分だと思います。 出産内祝い(出産祝いのお返し) この度は 長寿のお祝いをありがとうございました。 心ばかりのお品をお贈りさせていただきます。 本文が入力できたら、右下にある「ギフト設定の保存」ボタンを押します。 すると、以下の画面のように、今入力したギフト設定の内容が表示されます。 (もう一度設定をしたい場合は「変更」ボタンを押します) 商品が複数ある場合は、他の商品に対しても「ギフトの設定」ボタンを押して設定します。 2つの商品のギフト設定が完了するとこんな感じになります。 次に、配送オプションを選択します。 私はAmazonプライムに加入しているので「お急ぎ便」や「時間指定」も可能でしたが、別に急ぐ必要もないので「通常配送」にしました。 また、2つの商品を同時に届けたかったので「できる限り商品をまとめて発送」を選択しました。 これでギフトメッセージに「内祝い」であることが明記された状態で相手先に商品が届くはずです。 次に、実際にどんな感じで相手先に届くのかを見てみましょう。 実際に配送された状態 では、先ほどの内祝いのメッセージを付けた商品は、どのように配送先に届くのでしょうか? 商品の様子を見るために配送先のお宅にお邪魔しました。 …といっても私の実家なんですけどねw Amazonの箱を開けてみた 届いた箱はこんな感じです。 商品2つなので少し大きめのダンボールですね。 ダンボールの表面に貼られていたシールです。 「このお届けものはギフト(贈物)です」と「贈り主」がはっきり記載されています。 相手先の「お届け先」にも特に失礼な部分は無いです。 ダンボールを開けてみると、2つの商品が緩衝材とともに入っています。 梱包はいつものAmazonと同じですね。 商品を取り出してみました。 左の焼き菓子の箱は特別にラッピングされているように見えますが、おそらく最初からそのような商品の箱になっているのだと思います。 右側の商品の外箱を開けてみました。 紅茶とコーヒーのセットです。 箱も綺麗だし、これなら誰にでも喜ばれそうですね。 左側の商品の外箱を開けてみました。 焼き菓子がいくつか入っています。 外箱は綺麗な木製で、中には美味しそうな焼き菓子が入っています。 Amazonの伝票を確認 Amazonの箱の中に梱包材と一緒に入っていた伝票です。 今回、商品を2つ贈ったので、2つの商品分の伝票が繋がっています。 また、 注文時のギフトメッセージの設定で「納品書に金額を表示しない」にチェックを入れていたので、この伝票には商品の金額は表示されていません。 伝票のメッセージ部分を拡大してみました。 ここでお気づきのように、贈り主の名前はメッセージの上に自動的に入っています。 このことから、 本文には自分の名前を入れる必要はなかったということがわかりますね。 まとめ Amazonの「のしシール」を使って、「御礼」、「御祝」、「御歳暮」を使ってギフトを贈る手順と、ギフトメッセージを設定して「内祝い」のギフトを贈る手順を紹介しました。 内祝いに関しては、Amazonでもっと細かいギフト設定ができれば問題ないんですが、現状でも上で紹介したようにギフトメッセージを使えば「内祝い」を贈ることはできます。 Amazonなら、ある程度安いものがすぐに見つかるし、何よりいつもの買い物の延長でさっと注文できるのがメリットですね。 ちなみに、今回私が内祝いで贈った商品はこちらです。 両方合わせてちょうど5,000円ぐらいなので、内祝いにはピッタリだと思います。 皆さんも、ギフトメッセージを使って内祝いの贈り物をしてみてください。 その他のギフトの例 上で紹介したようなAmazonで内祝いを贈るのではなく、内祝いの「のし」をきちんと作れるようなサービスもあります。 たとえば、下の画像リンクにある「ゼクシィ」内祝いを利用すると、ギフトサービスから、 「包装紙」、「のし」、「ギフトカード」などを設定できます。 また、ギフトモール(GiftMall)の場合、各種の祝い事(母の日、父の日、入学祝い、卒業祝いなど)ごとに、オススメの商品をランキング表示してくれます。 ギフトを贈る相手が年配の方の場合は、体験型のギフトも良さそうです。 体験型ギフトというのは、形のある贈り物ではなく、温泉や旅行のギフトなどのことです。 たとえば、以下の画像リンクのような温泉ギフトがあります。 私(40代)なんかもそうですが、形のあるものを貰うと家の中が片付かなくて困ってしまうので、こういう「形はないけど楽しめるギフト」は有り難いですね。 ではまた!.

次の