インスリン 低 カリウム。 低カリウム血症を認めたときに、鑑別すべきことはなんですか

高カリウム血症の対応で行うグルコース・インシュリン療法について知りたい|ハテナース

インスリン 低 カリウム

インスリン欠乏による高血糖は,浸透圧利尿を引き起こし,尿からの水分および電解質の著明な喪失につながる。 尿中へのケトン体排泄により,ナトリウムおよびカリウムがさらに喪失される。 血清ナトリウム値はナトリウム利尿によって低下するか,または大量の自由水の排泄によって上昇する。 カリウムも大量に失われ,ときに24時間で300mEqを上回る。 アシドーシスに反応して細胞外へとカリウムが移動するため,体内の総カリウム量が顕著に欠乏しているにもかかわらず初期の血清カリウム値は通常正常か上昇している。 インスリン療法はカリウムを細胞内に移動させるため,カリウム値は一般には治療中にさらに低下する。 血清カリウム値のモニタリングおよび必要に応じた補充が行われなければ,生命を脅かすが生じる恐れがある。 症状と徴候 急性脳浮腫はDKA患者の約1%に生じる合併症であり,主に小児にみられ,より頻度は低いが青年や若年成人でも認める。 一部の患者では急性脳浮腫の前兆として頭痛および意識レベルの変動を認めることもあるが,呼吸停止が初発症状である患者もいる。 原因は十分に解明されていないが,血清浸透圧のあまりに急速な低下または脳虚血と関連している可能性がある。 急性脳浮腫は,5歳未満の小児でDKAが糖尿病の初発症状であるときに起こる可能性が最も高い。 受診時にBUNが極めて高く,Pa co 2が極めて低い小児は最もリスクが高いと考えられる。 低ナトリウム血症の是正の遅れとDKA治療中の重炭酸の使用は,付加的な危険因子となる。 診断 その他の検査値異常には,低ナトリウム血症,血清クレアチニン高値,および血漿浸透圧高値などがある。 アシドーシスが是正されると,血清カリウム値も低下する。 初期カリウム値4. 血圧を上昇させ,糸球体の灌流を確保するため,血管内容量を速やかに回復させるべきである;血管内容量が一旦回復したら,残る体内総水分量の不足はより緩徐に,通常は約24時間かけて是正する。 糖尿病性ケトアシドーシスの成人では,通常初めの5時間で最低3Lの生理食塩水を必要とする。 血圧が安定し十分な尿量が確保されれば,生理食塩水を0. 45%食塩水に切り替える。 45%食塩水の静注に変更すべきである。 高血糖の補正には,レギュラーインスリン0. インスリンは血清カリウム値が3. 静注管に インスリンが吸収されることで作用にむらがでる恐れがあるが,これは静注管に インスリン液をあらかじめ流しておくことによって最小限に抑えられる。 8~4. 小児には,ボーラス投与を併用または非併用で0. 十分量の インスリンが投与されれば,ケトン体は数時間以内に消失し始める。 血清のpHおよび重炭酸濃度も迅速に改善するはずであるが,血清重炭酸濃度が正常値まで回復するには24時間かかる場合がある。 初期の急速輸液を開始後約1時間が経過してもpHが7を下回っている場合,重炭酸投与によるpHの急速な是正が考慮されることもあるが,重炭酸は(主に小児の)急性脳浮腫の発症と関連づけられており,ルーチンに使用すべきではない。 使用する場合は,50~100mEqを30~60分かけて投与することでpHのわずかな上昇を試みるべきであり(目標pHは約7. 1),投与後は動脈血pHおよび血清カリウムを繰り返し測定すべきである。 それから インスリンを0. 02~0. インスリン補充はその後レギュラー インスリン5~10単位,4~6時間毎の皮下投与に切り替える。 患者の状態が安定し食事ができるようになれば,典型的なsplit-mixed法またはbasal-bolus療法による インスリン投与レジメンを開始する。 初回の インスリン皮下投与後も インスリン静注を1~4時間継続すべきである。 小児では, インスリン皮下注射が開始されpHが7. 3を上回るまで0. , Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

低カリウム血症

インスリン 低 カリウム

糖尿病をきたす薬剤や、生体内代謝産物の暴露によって生じるインスリン分泌障害の機序を解明し、様々なミトコンドリアATP産生因子が、代謝-分泌連関の障害に関係していることを明らかにしてきました。 糖尿病の発症には、インスリン分泌障害とインスリン抵抗性が関与しています。 この経路のどれか1つに障害が起こると恒常的な血糖調節が損なわれ、糖尿病や低血糖症などの血糖調節異常が起こる可能性があります。 また、KATPチャネルには、糖尿病治療薬(スルホニル尿素薬およびグリニド薬)以外にも、抗菌薬(ニューキノロン系抗菌薬)および抗不整脈薬など様々な薬剤が結合します。 この結合により、糖尿病治療薬においては本来期待される作用であるインスリン分泌を促進する一方で、抗菌薬や抗不整脈薬においては副作用として低血糖を惹起する可能性があることを我々は報告してきました。 これらの経緯から、我々は、インスリン分泌経路で重要なイオンチャネルに焦点を絞り、電気生理学的手法を用いて、その遺伝子異常や活性を調節する因子の検討、 さらにはインスリン分泌促進薬を含めた様々な薬剤の作用および副作用の発現メカニズムについて研究しています。 これらイオンチャネルを中心とした研究知見の集積により、 インスリン分泌に係わる様々な病態および薬剤反応性メカニズムの解明に貢献できるものと考え研究を進めています。 そこで私たちは、IA-2およびSorting nexin 19(SNX19)1 に注目してインスリン分泌顆粒形成に関する研究を行っています。 IA-2は、インスリン分泌顆粒などの有芯小胞に存在する1型糖尿病の自己抗原の一つで、抗IA-2自己抗体は新規1型糖尿病患者の70-80%で陽性になります。 また同様に、神経内分泌細胞株においてIA-2を過剰発現させると、ドーパミンなどの神経伝達物質の分泌やその分泌顆粒数も増加することがわかっています(投稿中)。 これらの結果から現在私たちは、IA-2とSNX19の関係に注目してインスリン分泌顆粒の形成に関する研究を進めています。 Hu YF, Zhang HL, Cai T, Harashima S, Notkins AL: The IA-2 interactome. Diabetologia 48: 2576-2581, 2005 2. Harashima S, Clark A, Christie M, Notkins AL: The dense core transmembrane vesicle protein IA-2 is a regulator of vesicle number and insulin secretion. Proc Natl Acad Sci U S A 102: 8704-8709, 2005 3. Nishimura T, Harashima S, Hu Y, Notkins AL: IA-2 modulates dopamine secretion in PC12 cells on submission 4. Harashima S, Harashima C, Nishimura T, Hu Y, Notkins AL. Overexpression of the autoantigen IA-2 puts beta cells into a pre-apoptotic state: autoantigen-induced, but non-autoimmune-mediated, tissue destruction. Clin Exp Immunol. 150:49-60, 2007.

次の

インスリンとは?特徴・種類・注意点

インスリン 低 カリウム

膵臓は胃の下に位置して、消化酵素の分泌等大事な役割を担っている器官です。 インスリンの主要な役割は、脂質と炭水化物の代謝の調節です。 消化器官は、糖類やでんぷんなどの炭水化物を「 グルコース」と呼ばれる分子に分解します。 そのグルコースは、細胞がエネルギーを作る過程で使われます。 このグルコースが細胞で使われる過程でインスリンが活躍し、グルコースが細胞の中に吸収されるように助け、 血中のグルコース濃度を下げる(血糖値を下げる)役割を果たします。 グルコースが吸収されるのは、脂肪と肝臓、そして筋肉の細胞です。 インスリンは、肝臓と筋肉の繊維を刺激し、余分なグルコースを、「 グリコーゲン」と呼ばれる形で蓄えさせる働きをします。 この時に筋肉と肝臓の方では、「インスリン受容体」と呼ばれる、グルコースと結びついたインスリンを受け入れるタンパク質をしっかりと働かせないといけません。 ややこしいですね。 簡単に順番を並べると、• 食べ物を食べて血糖値が上昇する。 消化管で食べ物が分解され、血中にグルコースを放出する。 膵臓が反応してインスリンが血中に放出される。 グルコースと結合したインスリンが、 インスリン受容体の働いている筋肉や肝臓の細胞へ吸収される• 血中のグルコース濃度(血糖値)が下がる 血糖値が低い時には、• 筋肉・肝臓の細胞からグルコースが放出され、血糖値のコントロールが行われる 以上が基本的なインスリン体内で働くメカニズムです。 血糖値を上昇させたり、下降させたりすることで 血糖値を正常に保ってくれる大切な役割を担っている事が分かりますね。 「インスリン受容体の働いている肝臓や筋肉の細胞」のところを強調しましたが、これは次に説明するインスリン感受性・抵抗性に非常に重要な要素です。 インスリン感受性とインスリン抵抗性、二つの言葉がありますが、お互いが正反対のことを意味しています。 インスリン感受性…インスリンとインスリン受容体の働きの良さ• インスリンの分泌だけではなく、インスリンの受容体の働きもインスリンの全体の働きに関与しているのです。 両方が正常に働いて初めて、インスリン感受性が高い状態を作れます。 インスリン抵抗性と糖尿病 インスリンの感受性が高ければ勿論問題は無いのですが、インスリン抵抗性が高くなり、その状態が慢性的に続いてしまうと、 糖尿病の症状が体に見られてくるようになります。 実は、その名の通り、尿から糖(グルコース)が出て行ってしまう病気です。 結果、グルコースはエネルギーに変換されたり貯蓄されたりすることなく血中にとどまり、そのまま尿中に放出されて流れて行ってしまう事になります。 インスリン抵抗性が高くなる原因は沢山あります。 インスリン抵抗性が高くなる原因• 肥満や太りすぎ• 日常的な喫煙• 腰回りが90から100㎝以上• 心臓病を持っている• 運動をほとんどしない• 糖尿病の家系• 高血圧• 善玉コレステロール(HDL)の値が低い などなど、多くの原因が挙げられます。 特に多くの人に当てはまるのは、肥満・運動不足でしょう。 インスリン感受性を高めるには? 生活習慣の改善 インスリン感受性を高め、インスリン抵抗性を低くする効果的な方法というのは、特別な事ではありません。 生活習慣の改善をすれば良いのです。 例えば、ダイエットによって体脂肪を減らすことで、それぞれの器官(肝臓や筋肉、脂肪)の繊維が正常にインスリンに反応するように改善する効果が認めらています。 インスリンの分泌を抑えるためにも、炭水化物の摂取量を減らすのも効果的です。 よく言われる ケトジェニックダイエットは、インスリン抵抗性を下げることで知られていますが、それは炭水化物をほとんど摂らないからです。 血糖値を上下やすい炭水化物を摂らなければ、必然的にインスリンを分泌する必要もなくなりますからね。 ケトジェニックダイエットに関してはで詳しく解説しています。 サプリメント・食品の摂取 インスリン感受性を高めるには、栄養摂取でも可能です。 2. マルチビタミン、ミネラル ビタミンやミネラルは、健康的な内臓や体内組織を保つために必須です。 特にビタミンB群、ビタミンDやマグネシウム、亜鉛等は不足に繋がり、インスリンの分泌や血糖値の安定性に影響がでてきます。 積極的に摂るべきサプリメントの一つです。 3. クロミウム クロミウムも微量栄養素の一つですが、AMPKと呼ばれる酵素を活性化させることで、血糖値とインスリンの感受性をコントロールする役割を持っています。 また、血圧を改善する効果も見られているようです。 4. シナモン シナモンには、MHCP(methylhydroxychalcone polymer)と呼ばれる、細胞内でインスリン模倣体として働く物質を含んでいます。 その他の抗酸化物質の働きもあり、シナモンは血糖値とインスリン感受性に良い影響を与える事が研究で示されています。 メギの赤い果実 5. ベルベリン(バルベリンとも) 聞きなれない名前ですが、ベルベリンはメギという木の果実から抽出される植物成分の事です。 体内ではクロミウムと同じような作用をし、インスリンの感受性と血糖値のコントロールを改善する報告がされている成分です。 筋肉への影響 さて、インスリンと言えば筋肉の合成に欠かせない要素の一つだと言われていますが、何故なのでしょうか? 主な理由としては、インスリンがグルコースと結びついて筋肉の繊維に運ばれる際に、筋肉は血中のアミノ酸やクレアチンも同時に取り込むからです。 そのためインスリンには、 アミノ酸とともに筋繊維に受容される時に、筋合成を促す化学反応を引き起こしたり、筋分解を抑える作用があるのです。 間接的な影響として、インスリンには 血管拡張作用もあり、より多くの栄養素を血液を通して筋肉に運び込むことができるようになります。 ボディビルダーたちが大会の当日に単純炭水化物を食べるのは、筋肉の張りを維持するためでもあり、インスリンの放出によるヴァスキュラリティ(血管が皮膚に浮き上がって見える状態)の向上を狙うためでもあるのです。 血管が拡張され、血液の循環が良くなると、 運動のパフォーマンスの改善にもつながります。 血液を筋肉に運び込む作用が改善されると、運動に使われる酸素の運搬も促進されるからですね。 人間の体は常にエネルギーを蓄えようとするため、インスリンの放出によって栄養素が血液中を回ると、筋肉と同じように脂肪にも栄養を蓄えようとします。 インスリンの放出が多くなって、グルコース(糖質)と脂肪の吸収が多くなると、脂肪もどんどん蓄えられていきます。 脂肪が多く蓄えられるほど、脂肪は燃焼されなくなっていきます。 つまり、一日を通してインスリンを上げたままにすると、脂肪は増えていく一方だという事です。 また、単純炭水化物を摂り過ぎることで、インスリンの過剰分泌による 低血糖症を引き起こす可能性があるのです。 低血糖症になると、体のエネルギーが枯渇して、疲れを感じるようになります。 更に、エネルギーが無い状態ですから空腹を感じ易くなり、食べ過ぎ、そして肥満へと繋がってゆくのです。 今まで説明してきたように、インスリンは体の中で重要な働きをしている反面、不用意に分泌させると、太るきっかけになります。 そんなインスリンをコントロールする術を身につけましょう。 GI値(グリセミック指数)を知ろう GI値は、 グリセミック指数と呼ばれ、食べ物に含まれる炭水化物が、血中でどれだけ速くグルコースに変わるかを示した値です。 炭水化物は、• GI値が高い炭水化物• GI値が低い炭水化物 の二種類に分類することができます。 GI値が高い炭水化物は、消化器官を素早く通り抜けてゆき、すぐに血流に運ばれます。 血流に到達するのが早いため、 血糖値がすぐに上がり、インスリンもすぐに反応してグルコースをエネルギーとして細胞に運べるのです。 GI値が低い食べ物は、逆に消化器官をゆっくりと辿り、血流にも徐々に徐々に入る事で、 インスリンのレベルは一定に保たれます。 例えば、砂糖(スクロース)などの単純炭水化物はGI値がとても高いですが、さつまいもやオートミールなどの複合炭水化物と呼ばれる食べ物はGI値が低い傾向にあります。 しかし、単純に単純炭水化物と複合炭水化物で分類できるほど食べ物の世界は簡単ではありません。 例えば、果物には多くの場合、単純炭水化物である果糖が含まれているため、本来はGI値が高いはずなのですが、殆どの果物はGI値が低いのです。 多くの果物には食物繊維が含まれていて、 消化を遅らせる働きがあるから。 果糖は筋肉では使われず、 最初に肝臓でグルコースに変換されるから。 この二つの過程がある事によって吸収が遅れ、血糖値の上昇がゆっくりになるのです。 例外として、メロンやスイカ、デーツなどの果物は、他の果物よりも高GI値です。 逆に、じゃがいもは複合炭水化物なのに、すぐに消化され、血中ですぐにグルコースに変換されます。 同じように、白パンや白米も高GI値の複合炭水化物です。 低い状態を維持しよう もし炭水化物を食事に取り入れるなら、できるだけ低GI値のものを選ぶようにしましょう。 そうすることによってインスリンレベルを低く維持することによって、 エネルギーのレベルを一定に保ち、脂肪も継続的に燃焼させることができます。 特に、トレーニングの前は低GI値の食事にするべきです。 ひと昔前は、「トレーニング中に使えるエネルギーがすぐに必要だから」という理由で高GI値の炭水化物を摂っているボディビルダーが多かったようです。 しかし、 高GI値の食事では、トレーニングの最後まで強度を保つことができないのです。 加えて、 インスリンを増加させた状態では、トレーニング中の脂肪燃焼も阻害されてしまいます。 トレーニング前には、20~40gの低GI値の炭水化物を摂るようにすれば、トレーニング強度の維持も、脂肪燃焼効果も共に得られるでしょう。 カーボドリンクの活用 トレーニング中にエネルギーを補充するために、粉状の複合炭水化物(クラスターデキストリン、ワキシーメイズスターチ等)を水などに混ぜて飲むことで、確実にトレーニングの強度を保つ事ができます。 効果的な方法なので、試してみる価値はあるでしょう。 何時インスリンレベルを上げるべきか 一日の内で、インスリンレベルを上げて効果的だと言われている時は二つです:• 起床直後• トレーニング後 起きた後というのは、6時間から8時間ほどの飢餓状態を作った後の状態です。 そのため、 筋肉と肝臓内のグリコーゲンの量は少なくなり、筋肉繊維を燃料にしようとする信号が体に発せられてしまうのです。 起床直後に20~40gほどの、吸収の速い高G食品をホエイプロテインと一緒に摂ることで、筋肉・肝臓のグリコーゲンの補充と筋分解の抑制を効率的に行う事ができるでしょう。 グリコーゲンが失われることによって脂肪の燃焼も促進されているため、あえてグリコーゲンを補充しないのも手です。 トレーニング後も高GI値の炭水化物を摂る事ができる時です。 トレーニング後には筋合成を高めるためにも、インスリンレベルを上昇させ、筋肉にアミノ酸などの栄養素を送り出す必要があります。 そのために高GI食品を摂るわけです。 しかし、最近では プロテインに含まれるロイシンがインスリンレベルを上昇させる作用がある事が研究で分かっており、炭水化物を摂る必然性は薄まってきています(で詳しく解説しています)。 とはいえ、ホエイプロテインと高GI食品を合わせて摂取する事によって更なるインスリンレベルの上昇が期待されるため、全くの無駄でもないようです。 筋合成・筋肥大・脂肪燃焼、どれをとってもプロテインの方が重要であるため、トレーニング後の食事で高GI値の炭水化物を気持ち多めに摂る、位に考えていても問題は無いでしょう。 まとめ インスリンは血糖値のコントロールが主要な役割ですが、日常の食事や生活習慣によって抵抗性・感受性が変化しやすいホルモンです。 炭水化物のGI値に注意をしながら食事を用意し、健康的な生活を心がけましょう。 また、トレーニングやダイエットにおいては、筋肉へのポジティブな影響と脂肪へのネガティブな影響を意識しながら、インスリンと上手に付き合っていくことが大切になるでしょう。 といっても、簡単に全ての事を行う事は難しいため、まずは自分の食事を見直してみる事から始めてみる事をおススメします。 案外体の調子が変わるかもしれませんよ。 サイト管理者のShin Fujimotoです。 高校生の時にウェイトトレーニングを始めてから、大学に至るまで多くの知識をオンラインの文献から書籍まで読み漁り、独学で栄養・健康・フィットネスの知識を身につけてた筋トレをこよなく愛する健康オタクです。 このサイトを見てくださった方々がより良い人生をおくることができるように、少しでも多くの知見を提供できるように切磋琢磨しています。 現在はより多くの方の個人的なダイエット・トレーニングに関する悩みやご相談などに答えるためにメールを通じたアドバイスを行なっております。 商売目的で行なっているわけではないので、お気軽にsfujimot1182 gmail. comまで連絡ください。 その他ご質問・ご意見・ご要望等がありましたら、お問い合わせフォームをご利用なさるか、上記のメールアドレスまでご連絡下さい。

次の