ドラえもん 引っ越し。 「ドラえもん」「クレしん」夜7時台から週末夕方に

ドラえもんの放送枠はなぜ土曜日に?テレ朝改悪の理由と金曜日の番組構成は?|sugar news

ドラえもん 引っ越し

テレビ朝日「ドラえもん」公式サイトより 11月23日にTVアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)が放送された。 放送日が金曜から土曜日に変わり、約2カ月が経つがネット上では「土曜日に引っ越したの完全に失敗だよな」「土曜に引っ越してから再放送が増えたの何で?これからもずっと?」と、不満の声が上がりはじめている。 その理由は一体なぜなのか、ネットの声とともに紹介していこう。 今回放送されたのは、「ウルトラリング」と「いろいろソーダセット」の2本。 しかし、このうち「いろいろソーダセット」は18年11月2日に放送されたものの再放送だ。 さらに、その前の週は「ヴェルサイユのママ」「動物型にげだし錠」の2本が放送されたが、このうち「動物型逃げ出し錠」は17年4月7日に放送されたことがあり、こちらも2本のうち1本が再放送だ。 また、その前の週には「ドラドラスパイ大作戦」が放送され、スパイの女性の声を声優の能登麻美子が担当していると声優ファンの間で話題になっていたが、これも実は18年の1月26日に放送されている再放送だったのだ。 今までも再放送がなかったわけではないが、土曜の放送に変わってから「1本の新作+1本の再放送」という組み合わせが続いているため、ネット上では「放送時間変えられるだけじゃなくて、半分再放送になるとは……。 この先ずっとこういう構成で放送するのかなぁ。 」「ドラえもんも再放送やるとかやめてほしいな~。 BSじゃないんだからさ。 土曜なっても伝統は崩さないでほしい」「もう後半パートは再放送って感じが定着しつつありそうだな~」と、不満の声が続出している。 しかし、今までも再放送がまったくなかったわけではない。 放送からある程度の時間が経っていることが多かったため、再放送に対しては「久しぶりに見れて嬉しい」「もう一度見たかったやつだ!」と、喜びの声の方が多くあがっていたものだ。 しかし、今回は初出から再放送の間の期間が短いため、話を覚えている人もかなり多い様子。 今のところネット上では「1年前にやった回の再放送じゃん」「アニメドラえもん、ここ最近、過去回の再放送が続いてるな……番組前半は普通に新作だけど大丈夫かな」という声が多く、「ゴールデンタイムから夕方への引っ越しで、制作費に影響がないわけがないと覚悟はしていたけど、やっぱり2本中1本が再放送になると、寂しさは隠せない」「毎週の様に再放送流しまくったり、視聴率もゴールデン時代とくらべてガクッと下がっちゃったり……これじゃテレ朝のイメージ低下に繫がりかねない」と不評の声が多い状態だ。 中には「最近のドラえもんは再放送が多いな。 テレビ朝日からの制作費が減らされてるからかもな。 今後の視聴率や打ちきりになってしまわないか、大丈夫だろうか……」と、今後の視聴率次第では打ち切りの可能性もあるのでは? と心配する声まであがっている。 土曜に引っ越してから突然再放送が多くなった理由は何なのか。 「やっぱり金曜日が良かった」と言われないように、今まで通りの放送を続けてほしいものだが……。 (アーヤ・凛/ライター).

次の

「ドラえもん」「クレしん」夜7時台から週末夕方に

ドラえもん 引っ越し

国民的アニメとして子供から大人まで多くの人からの人気を集めている『 』と『 』。 金曜日の夜といえば、19時から『ドラえもん』を見始めて、その流れで19時30分からの『クレヨンしんちゃん』、さらにはその後の20時から放送される『ミュージックステーション』に出演する話題のアーティストを眺めながら過ごすという定番の視聴コースがある。 テレビ朝日による10月からの番組改編の一部が発表され、『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』の放送時間の" 引っ越し"が決定。 新しい放送曜日は毎週土曜日で、『クレヨンしんちゃん』が16時30分から、その後17時から『ドラえもん』が放送されることになり、土曜の夕方に新たな「アニメタイム」が登場することになる。 どちらも長年親しまれている時間帯での放送であったが、金曜の夜19時(いわゆるゴールデンタイム)は、他局との視聴率の競争も激しいはずだ。 新たな放送枠である土曜日の夕方は従来の「金曜のゴールデン」と比べると子供がより視聴しやすい時間帯になっており、多くの人に視聴してもらえる可能性もある。 また、今回の改編を受けて『ドラえもん』は引っ越し後の10月から新オープニングと新コーナーの登場を予告。 『クレヨンしんちゃん』は10月14日(月)から野原家の愛犬・シロがスーパーヒーローとなって世界を救う、壮大なスピンオフアニメ『 SUPER SHIRO』をAbemaTV、ビデオパスで独占配信することを発表した()。 スピンオフの総監督をつとめているのは『四畳半神話大系』や『DEVILMAN crybaby』などを手がけてきた さん。 こちらも楽しみだ。

次の

ゆうれい城へひっこし|ドラえもん|テレ朝動画

ドラえもん 引っ越し

いやぁ…ついにこの時が来てしまいましたね。 皆さんこんにちは。 今回は世間を騒がせている 「」「」放送時間変更の話題です。 数ヶ月前から、当ブログでは・の放送回数が少なすぎじゃないかということについて、話題にしてきました。 数年前は、合体3時間SPとかやると数%UPしていたのですが、最近は全くもって変化なし。 放送休止回数のカウントも過去最速ペースで、度々各種特番に放送が潰されてきました。 テレ東以外の民放で19時、20時にアニメやってるのって、テレ朝のドラとだけなんですよね。 じゃあ動かしてもいいでしょ! ってテレ朝の編成も考えそうですが、この二つはそういうものじゃない気が。 立てられた一つの仮説とは。 2019年7月19日 (ホラ吹き)雑誌『週刊大衆』のオフィシャルサイト、「日刊大衆」が 「」「」移動を報じます。 ある意味では、あることもないことも色々と記事に書くような大衆ですが、 日刊大衆は記事公開当日に、その記事(が「金曜夜7時から消える!? この行為に、では「ある意味公開したらヤバい内容で削除したのでは」という考え方が浮上しました。 この記事を書いた、雑誌「週刊大衆」は出版社「」の発行。 金曜19時枠で放送されてきた、 「」の原作は「」であることから、 「」の担当をする部署から、噂が流れてきて記事にしたのではという、仮説が立てられました。 つまり、普通のメディアは「間違いだったら」消しますが、 今回の記事は 「あまりに正確でヤバすぎたから」消した、 という考え方がされたのです。 やはりこの報道が事実なのではないか…という考え方もなされる中で、飛び込んできた第二報は、 この「ヤバすぎた」記事に対する仮説がほぼ正解だったことを証明します。 も2番組移動の報道、現実味の増す秋改編での移動。 2019年8月17日 「日刊大衆」の報道から約1ヶ月後。 「()」も、「日刊大衆」に近い内容の報道を行いました。 「」の報道は「日刊大衆」以上に信頼度は高いことから、移動が現実味を増し、「移動はほぼ確実では…」という考えが大勢を占め出しました。 2つのアニメが放送されていた金曜19~20時の枠には、、が出演する「ザワつく!金曜日」(金曜20時57分)を昇格させ、これまで20時台だった「」は21時からスタート。 その空いた20時の枠にはとの「かりそめ天国」(水曜23時20分)をブチ込む。 が両番組移動を正式に発表。 土曜夕方に左遷。 これにより両番組の移動は確定事項となりました。 ・放送時間の歴史 両番組は長い歴史の中で何度か放送時間の変更をしてきました。 「」のちょこっと放送史 「」がで放送されるようになったワケ 「」は系で2クール放送された後、色々あって現在も「」を製作する が放映権を持つ状態に。 はじめ、にアニメ化の話を持ちかけるも、失敗。 その時の企画書とに、広告代理店の(・・ディ・ケイ)が加わり、各局へのセールスに乗り出しました。 1978年。 の株主であった がアニメ化を目指し、根回しを開始。 そんな中。 の編成部で19時〜23時のプライムタイムの時間帯を担当する、高橋浩が上司にのアニメ化を提案するも、却下されてしまいます。 そこで、高橋は低視聴率の時間帯があったらそこを狙う作戦に切り替えます。 プライムタイムの視聴率の低さを問題視した、の編成局長と編成部長は高橋に責任を問います。 高橋が、 18:50〜の番組が視聴率2%のローカル放送「ANN首都圏ニュース」では、プライムタイムが上がるわけがない。 18:50〜19:00の番組が視聴率が取れる番組でなくては、というと 編成部長が 現在の 18:50〜19:00 ANN首都圏ニュースを 18:00〜18:30を全国ネットニュース 18:30〜18:50をローカルニュースにして、報道局に納得してもらった上で 新番組のための18:50〜19:00の10分をあけようという案を出します。 プライムタイムの視聴率アップを目指し、10分の企画案を募集したところ、社内外から88本にも及ぶ企画が集まります。 そこに「」も加えながら、企画内容を検討していると、アニメ化セールス中だったが 新番組のための18:50〜19:00の10分の状況はどうかを聞いてきます。 高橋がを薦めると、はアニメ「」のット版を持参。 ット版は編成部長にも好評でした。 なんとも色々ありましたが、最終的に1979年4月からにおける、アニメ「」の放送がスタート。 ・(・・ディ・ケイ)・という現在まで続く、タッグでの放送がスタートしました。 放送初期のちょっと変わった放送形態から、38年間つづいた金曜7時の放送。 という特殊編成で放送されました。 特殊編成で放送を続ける中、「」は放送開始の翌年1980年から劇場版が上映され、大ヒットを記録するなど高い人気に。 1981年10月 その人気を受けて、は「」をゴールデンタイムに昇格。 全国ネットの金曜19:00〜19:30に放送される30分間アニメとなりました。 のとして、大には毎年再放送作品等を織り交ぜた数時間の年末特番が放送。 特番はゴールデン昇格の1981年から放送が開始されことになりました。 一時期10分程度放送時間をずらしたこともありましたが、基本の放送は金曜7時。 1981年10月〜2019年9月までの38年間にもわたり、 金曜7時というおなじみの放送時間での放送が続けられてきたわけです。 こうやって記録しとかないと、いつか忘れてしまいそうなので意外と大事だったりしますね。 この秋からは土曜16:30〜「」 17:00〜「」の放送に放送時間が移動。 ここで気になるのは、 ・各種映画のテレビ放送時間はどうなるのか? ・視聴率はどう変わる? ・ゴールデンSPとかやってくれるのか? という点ですが、果たしてどうなるのでしょうかね。 これからの動きに注目です。 はい!ということで本日もご覧いただきありがとうございました! 以下の過去記事もぜひご覧くださいね! のフォローもよろしくおねがいします!.

次の