ハローワーク 求人。 年齢不問のハローワーク求人・転職情報 |Hello!(転職)

ハローワークでの求人票と実際の労働条件が異なる場合の対策を強化します |報道発表資料|厚生労働省

ハローワーク 求人

嘘の内容の求人票が横行している現状 ハローワークの求人票の内容を元に求人に応募しても、面接のときに口頭で求人票の内容が嘘であることを聞かされたり、契約の際に提示される雇用契約書もしくは労働条件通知書で求人票よりも低い雇用条件を提示されたり、いざ働いてみると労働内容が求人票の内容と違うことがあります。 求人票の記載内容と実際の労働条件が異なる場合に申し出できるハローワーク求人ホットラインには、平成27年度は10,937件、平成28年度は9,299件、平成29年度は8,507件が寄せられています。 電話番号が有料でかつ03で始まる東京圏なので固定電話だと地方からは高すぎて利用できないこと、わざわざ報告してくれる人がどれだけいるのかということを合わせて考えると実際はもっと多くの嘘の求人が存在していると考えられます。 そもそも求人票の内容が正しいかどうか調査をしていない ハローワークの職員が求人を窓口で受け付ける際に行っているのは、提出された求人票の雇用条件などに記入漏れがないかの確認と、記入されている内容に間違いがないかを質問するだけです。 その後に内容が正しいかどうかの調査は全く行われませんので、会社側はいくらでも嘘の雇用条件を記入して求人を出すことができます。 寄せられる求人数に対してそれに関わる職員が圧倒的に少ないため物理的に何かするのは難しいという側面もあります。 【スポンサーリンク】 ハローワーク側から会社に求人をお願いしている ハローワークは厚生労働省の求人数を増やすという方針に従い、会社を訪問して採用が決まっていない求人の募集期間の延長や新規の求人をお願いしています。 これにより割に合わない雇用条件のため誰も応募しない求人がいつまでも残って仕事を探す邪魔となったり、会社が本来採用する気がないのにも関わらず今後のハローワークとのつきあいを考えて求人を出し、応募して来た人を面接で全て落とすと言ったことが起こってしまいます。 さらにハローワークが会社に求人を出すことをお願いしている立場なので、求人票の内容を厳しく精査することが出来なくなってしまっています。 求人票の内容がデタラメでも、その会社に罰則がない 職業紹介や労働者供給の規則を定めた職業安定法の第六十五条および第八項において 第六十五条 次の各号のいずれかに該当する者は、これを六月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。 八 虚偽の広告をなし、又は虚偽の条件を呈示して、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者 と罰則が定められていますが、これは嘘の雇用条件の仕事を斡旋した紹介会社に対する罰則であって、嘘の雇用条件を提示した会社自体に罰則はありません。 また、労働条件の最低基準を定めた労働基準法では 第十五条第一項 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。 第百二十条 次の各号の一に該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。 一 第十四条、第十五条第一項若しくは第三項、(途中省略)の規定に違反した者 と定められているのですが、この第十五条第一項で「労働契約の締結に際し」とされているのが非常に厄介で「募集段階」のハローワークの求人票に、この法律を適用するのが難しくなってしまっています。 虚偽の求人を出す会社に対する罰則化の動き そのような中、平成28年6月3日に行われた厚生労働省の職業安定局の「雇用仲介事業等の在り方に関する検討会」で虚偽の労働条件で求人を出した会社に罰則を科すことが適当とするなどの報告書が取りまとめられました。 この報告書を基に国会や厚生労働省の職業安定分科会での審議を経て、平成29年3月31日に「雇用保険法等の一部を改正する法律」が成立しました。 施行されるのは、平成30年1月1日からとなります。 これにより求人票に記載された労働条件と、実際の労働条件が異なる場合には契約前に明示する義務が付け加えられ、さらに虚偽の内容でハローワークに求人の申し込みを行った会社が罰則の対象となります。 懸念される問題点 ただしこの法律だと実際の労働条件が求人票と異なっていても契約前に明示さえすれば良いとも受けとれるので契約前に労働条件が異なることを明示していないにも関わらず、嘘の求人を出した会社が明示したと言い張って水掛け論になった場合、虚偽の内容でハローワークに求人の申し込みを行ったとして罪を問うことができるだろうかという懸念は残ります。 全てをハローワークがやってくれるのならまだいいのですが、求職活動中の失業者がしなければならないとなった場合、大きな負担とならないか心配です。 参考資料• 【スポンサーリンク】.

次の

ハローワークの求人掲載料っていくら?【知らなきゃ損の採用基礎】

ハローワーク 求人

知っている人も知らない人も、そもそも『ハローワーク』とは? 厚生労働省が運営する職業紹介機関です。 正式には「公共職業安定所(職安)」と言います。 転職支援サイト、あるいは転職エージェントなどの民間企業と事業趣旨は同じで、求人紹介をしてくれる意味ではハローワークも転職支援サイトのひとつになります。 しかし、ハローワークの求人にはその他の民間の転職エージェントとは異なる特徴があります。 利用する前にしっかり、把握しておきましょう。 ハローワーク求人の特徴 ハローワークの求人には主に3つの特徴があります。 利用する前にチェックしておきましょう 企業の求人登録が無料 ハローワーク求人の特徴は、企業が求人登録する時にまったく費用がかからないというところにあります。 もともと国の政策として、働きたい人と働いてくれる人を求めている企業の仲介をし、国全体の雇用情勢を安定させることを目的に設置された機関です。 したがって、求職者、求人事業所双方から一切手数料を取らないという特徴があります。 ちなみに、転職支援サイトや転職エージェントは有料職業紹介事業と言われていますが、これは求人している事業者からマッチング時に仲介手数料を取る意味で有料の名前が付いています。 その意味で、仲介手数料のいらないハローワークに求人登録をする企業は、結果的に幅広くなります。 実質的に広域的である ハローワークの事業拠点は、出張所を含め約500か所あります。 それに比べ有料職業紹介事業所は2万か所です。 圧倒的に有料職業紹介事業が多いのですが、ハローワークの特徴は国の機関だけあって、都市部、地方を問わず全国に万遍なく設置されています。 一方、民間紹介事業はビジネス効率が上がるように都市部を中心に展開されているので、企業および求職者のカバー率という点では、実質的にハローワーク求人の方がカバー率は広域的です。 公的機関ならではの平等性 述べてきたようにハローワークは公的機関なので、求人する企業にも求職者に対してもサービスに偏りがなく平等です。 企業規模や資金力に関係なく求人登録ができるのは無料だからこそです。 また、求職者の立場に立てば、一般求職者はもとより、高齢者、子育てマザー、障害者など、どの層にも手厚く独自の求人機関やコーナーを設置しています。 一方、民間事業はビジネス上の効率(仲介手数料の収入)を求めるので、マッチングしやすい求人や、専門性が高くて年収の高くなる求人登録へシフトする傾向にならざるを得ないところがあります。 ハローワーク求人が合う人合わない人 ハローワークにはいくつかの特徴あるとお話しましたが、中には求人の合う人、合わない人がいます。 それぞれに当てはまっていないか照らし合わせてみましょう。 ハローワーク求人が合う人 広い求人選択肢から選びたい人 ハローワーク求人登録の平等性と無料に起因しますが、求人登録者数が民間の倍以上になります。 もちろん、求人登録が多いということは、求職者にとっては大きな魅力なので、いろいろな業種や仕事から探したい人には好都合です。 地元で働きたい人 都市部に集中せず、全国区で事業拠点を持っているので、限られた地域での就職や地方での就活希望をする人には向いています。 また、都市部からUターン、Jターンなど地元での就職を希望する人もハローワークの全国ネットワークで仕事探しができます。 中小・中堅企業で働きたい人 求人登録事業所の内訳として、多いのはやはり中小企業です。 求人から採用決定まで無料であることが影響しており、気軽に求人登録ができるのが原因でしょう。 したがって、企業規模を気にせずに仕事を探している人や、あえて家族的雰囲気のある中小企業を望んでいる人には向いている求人が多くあります。 ハローワーク求人が合わない人 大企業を狙っている人 ハローワーク求人登録の平等性と無料に起因しますが、求人登録者数が民間の倍以上になります。 もちろん、求人登録が多いということは、求職者にとっては大きな魅力なので、いろいろな業種や仕事から探したい人には好都合です。 高い専門性や資格の保有者 高い専門性や高資格の保有者を探している企業は、ハローワークへの求人登録ではなかなか集まらないと踏んでおり、もともと求人登録が多くありません。 そのため、高い専門性の保有者にはあまり向いていません。 ハローワークのメリット・デメリット ハローワークが合うと感じられた方でも、さらに気をつけなくてはならないポイントがあります。 ハローワークのメリット、デメリットにわけてご紹介します。 ハローワークのメリット 地元密着で紹介してくれる 国の事業とは言え、地域ごとのハローワークは各地域の労働局の管轄となり、求人内容は地域ごとに密着しています。 したがって、意外と知られていない地元優良企業や、求人内容に書かれている以上の生企業情報を教えてくれるメリットがあります。 アフターが信頼できる アフターというのは、求人内容と実際の労働条件が異なるような、いわゆる労働法に違反するブラック企業に出会った場合、ハローワーク紹介なら法的対処や是正に対し、責任を持って対処してくれます。 強く転職を勧められることが少ない 公益性、平等性のスタンスなので、カウンセラーが強く求人企業を勧めることが少ないです。 もっと言えば、転職しない方がいいよというアドバイスもあり、あくまで求職者の意志を尊重してくれます。 ハローワークのデメリット ベテランの弊害 カウンセラーは企業で人事などを経験したOBなど、ベテランがいることはメリットです。 しかし、弊害として事務的に仕事をこなす人いるがまれにいるので、注意が必要です。 企業レベルにバラツキがある 企業レベルに非常にバラツキがあり、中小企業以下の零細企業や従業員が10人に満たない会社もあります。 零細企業では会社の体をなさないところもあり要注意です。 本人の意志尊重の逆効果 押し売りがない反面、アドバイスを求め「どうすればいいの?」と尋ねているのに、「自分で決めることだ」と突き放されることがあるので注意しましょう。 ハローワークや就職支援会社を上手に活用しよう ハローワークの特徴、メリット・デメリットを中心に述べましたが、民間の転職紹介サイトにももちろん、おススメできる特徴やメリット・デメリットがあります。 ひとつ言えることは、片方しか利用してはいけないというルールはまったくありません。 ハローワークは公的機関だからサービスが行き届かないのではとか、民間は利益一辺倒だから安心できないというのは間違った見方です。 大切な就職を目指す人のお手伝いをするという意味では、いずれも頼れる存在です。 両方の求人の良い部分を知った上で、両方に求職登録しうまく使い分けることが大切です。 それぞれのカウンセラーは最適のマッチングを目指して努力しているので、1社が決まる、あるいは決まりかけた場合は速やかに申し出るなど礼儀をわきまえ利用しましょう。

次の

年齢不問のハローワーク求人・転職情報 |Hello!(転職)

ハローワーク 求人

嘘の内容の求人票が横行している現状 ハローワークの求人票の内容を元に求人に応募しても、面接のときに口頭で求人票の内容が嘘であることを聞かされたり、契約の際に提示される雇用契約書もしくは労働条件通知書で求人票よりも低い雇用条件を提示されたり、いざ働いてみると労働内容が求人票の内容と違うことがあります。 求人票の記載内容と実際の労働条件が異なる場合に申し出できるハローワーク求人ホットラインには、平成27年度は10,937件、平成28年度は9,299件、平成29年度は8,507件が寄せられています。 電話番号が有料でかつ03で始まる東京圏なので固定電話だと地方からは高すぎて利用できないこと、わざわざ報告してくれる人がどれだけいるのかということを合わせて考えると実際はもっと多くの嘘の求人が存在していると考えられます。 そもそも求人票の内容が正しいかどうか調査をしていない ハローワークの職員が求人を窓口で受け付ける際に行っているのは、提出された求人票の雇用条件などに記入漏れがないかの確認と、記入されている内容に間違いがないかを質問するだけです。 その後に内容が正しいかどうかの調査は全く行われませんので、会社側はいくらでも嘘の雇用条件を記入して求人を出すことができます。 寄せられる求人数に対してそれに関わる職員が圧倒的に少ないため物理的に何かするのは難しいという側面もあります。 【スポンサーリンク】 ハローワーク側から会社に求人をお願いしている ハローワークは厚生労働省の求人数を増やすという方針に従い、会社を訪問して採用が決まっていない求人の募集期間の延長や新規の求人をお願いしています。 これにより割に合わない雇用条件のため誰も応募しない求人がいつまでも残って仕事を探す邪魔となったり、会社が本来採用する気がないのにも関わらず今後のハローワークとのつきあいを考えて求人を出し、応募して来た人を面接で全て落とすと言ったことが起こってしまいます。 さらにハローワークが会社に求人を出すことをお願いしている立場なので、求人票の内容を厳しく精査することが出来なくなってしまっています。 求人票の内容がデタラメでも、その会社に罰則がない 職業紹介や労働者供給の規則を定めた職業安定法の第六十五条および第八項において 第六十五条 次の各号のいずれかに該当する者は、これを六月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。 八 虚偽の広告をなし、又は虚偽の条件を呈示して、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者 と罰則が定められていますが、これは嘘の雇用条件の仕事を斡旋した紹介会社に対する罰則であって、嘘の雇用条件を提示した会社自体に罰則はありません。 また、労働条件の最低基準を定めた労働基準法では 第十五条第一項 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。 第百二十条 次の各号の一に該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。 一 第十四条、第十五条第一項若しくは第三項、(途中省略)の規定に違反した者 と定められているのですが、この第十五条第一項で「労働契約の締結に際し」とされているのが非常に厄介で「募集段階」のハローワークの求人票に、この法律を適用するのが難しくなってしまっています。 虚偽の求人を出す会社に対する罰則化の動き そのような中、平成28年6月3日に行われた厚生労働省の職業安定局の「雇用仲介事業等の在り方に関する検討会」で虚偽の労働条件で求人を出した会社に罰則を科すことが適当とするなどの報告書が取りまとめられました。 この報告書を基に国会や厚生労働省の職業安定分科会での審議を経て、平成29年3月31日に「雇用保険法等の一部を改正する法律」が成立しました。 施行されるのは、平成30年1月1日からとなります。 これにより求人票に記載された労働条件と、実際の労働条件が異なる場合には契約前に明示する義務が付け加えられ、さらに虚偽の内容でハローワークに求人の申し込みを行った会社が罰則の対象となります。 懸念される問題点 ただしこの法律だと実際の労働条件が求人票と異なっていても契約前に明示さえすれば良いとも受けとれるので契約前に労働条件が異なることを明示していないにも関わらず、嘘の求人を出した会社が明示したと言い張って水掛け論になった場合、虚偽の内容でハローワークに求人の申し込みを行ったとして罪を問うことができるだろうかという懸念は残ります。 全てをハローワークがやってくれるのならまだいいのですが、求職活動中の失業者がしなければならないとなった場合、大きな負担とならないか心配です。 参考資料• 【スポンサーリンク】.

次の