爪 ボコボコ 理由。 爪のでこぼこを改善する4つの方法と気をつけたい生活習慣を徹底解説

爪のでこぼこを改善する4つの方法と気をつけたい生活習慣を徹底解説

爪 ボコボコ 理由

もくじ• 爪が割れたりでこぼこする原因 おもな原因は刺激や栄養不足 爪が割れる原因は、 外的な刺激や 栄養不足等多岐にわたります。 爪が割れる原因としては、ビタミンA不足、紫外線による日焼け、洗剤や除光液等によるダメージ、爪の病気等が挙げられます。 最近では、ネイルアートや除光液等の使い過ぎにより爪にダメージが与えられるケースも増えています。 爪を見れば健康状態が分かるというほど、爪は敏感に健康状態を反映します。 そのためご自分の爪の状態を確認し、何が原因なのかをしっかり見極めることが必要です。 縦割れ・横割れ・でこぼこそれぞれの原因 縦に割れる場合、乾燥や、圧力やマニュキアなどによる刺激などが原因で、爪が先端から根元に向かって縦に割れることがあります。 また、後述する「爪甲縦裂症」という病気の可能性もあります。 また、横に割れる場合、 栄養不足や爪の成長が妨げられ、横に割れることがあります。 そして、爪がでこぼこになるのはカンジダや細菌が爪に入り込んで生じるカンジダ性慢性爪郭炎や慢性爪郭炎が原因のこともあります。 爪が縦に割れる病気「爪甲縦裂症」 爪甲縦裂症とは、 爪甲が縦に割れる状態や爪先に縦にでこぼこ状態になります。 縦の割れ目が入るほどの状態になり、その割れ目は深く爪がふたつに分かれてしまう場合もあります。 爪甲縦裂症の原因• ネイルによる水分不足、除光液、溶剤の使用過多• 栄養不足• 湿疹や乾癬等の皮膚疾患• 爪根部分の末梢循環障害• ホルモンバランスの乱れ 爪甲縦裂症により爪が割れてしまうと、その割れ目から細菌が侵入してしまい感染症を引き起こす恐れもあるため注意が必要です。 自分で治療できる? 爪甲縦裂症が疑われる症状が現れた場合は、その原因を突き止めてすぐに止めてください。 栄養不足が考えられる場合には、 タンパク質、カルシウム、ビタミンB類、マグネシウム等をバランスよく摂るように心掛けてください。 爪の健康を維持するためには、表面に油性のクリーム等を丁寧に塗り込むだけでも効果があると考えられています。 手の皮膚と同じように、爪にクリーム(尿素配合の保湿クリーム等)を塗ると症状が改善するケースもあります。 また深爪は、爪周辺の皮膚が腫れて爪が皮膚にダメージを与えることがあるため、爪の長さにも注意が必要です。 皮膚科での治療方法 皮膚科で行われる主な治療法は、爪の角質に浸透しやすい 保湿剤やステロイド剤(副腎皮質ホルモン)の処方、ビタミンE内服薬の処方等が挙げられます。 ステロイド剤使用後、2~3か月経つと爪甲根元部から症状が改善してくるケースが多いです。 しかし、2~3か月間ステロイド剤を使用しても症状の改善がみられないときは、腫瘍の可能性があるため詳しい検査が必要になります。 爪を作っている爪母が損傷し、爪甲縦裂症を起こしている場合は、現状の医療では治すのが困難とされています。 割れたりでこぼこしている爪のケア 爪にはたんぱく質をメインに、ビタミンB2、B6、Eといったビタミンや亜鉛、鉄といったミネラルなどを含んだ偏らない栄養分が必要です。 また、 保湿クリームや 保湿オイルなどを使うのも良いですね。 割れた爪に、自己判断で接着剤を使うのは、やめましょう。 爪や皮膚に刺激となることもあります。 ネイルアートやマニキュアはOK? 割れた爪に ネイルアートやマニキュアは避けましょう。 割れた箇所から奥の皮膚に成分が流れ込んでしまうこともあります。 爪の役割と構造 爪の働きって? 爪は表皮角質が変化してできた皮膚の付属器官です。 手、足の 指先を保護する働きを担っています。 指の先端部では、爪の中央あたりまでしか骨がありません。 そのため、骨がない部分は爪が支えています。 見た目は小さい爪ですが、爪がないと物をつかむのも困難になります。 足の爪の役割は、足に力を入れて歩く、体を安定した状態になるように支えることです。 このように爪は、手、足の機能に必須の重要な部分です。 爪の成分と構造 爪の主成分は、繊維タンパク質である ケラチン(硬ケラチン)です。 通常「爪」と呼ばれる部分は爪甲と呼ばれ、爪は爪母で作られています。 爪は、爪甲と皮膚の下にある周辺組織、爪根、爪母、爪床、爪皮下から成り立っています。 爪を囲む皮膚を爪廓といい、爪根を覆う皮膚を後爪廓、後爪廓から爪甲を覆う薄い皮を爪上皮といい、爪甲を保護しています。 注意!病気で爪が変形することも 爪が割れる恐れがある病気には、 糖尿病、卵巣機能障害、甲状腺機能低下症、貧血、神経疾患、高尿酸血症、肝臓病等が考えられます。 爪自体に腫瘍ができていたり、爪の下に腫瘍ができることで爪が持ち上がり、割れたりでこぼこしたりする場合もあります。 まとめ ネイルアート等美容のためのケアに力を入れるだけではなく、爪自体の健康を維持するよう関心を持つことが大切です。 爪はとてもデリケートな部分です。 そのため万が一、爪甲縦裂症が疑われるような症状が現れた場合には、自己流でケアするのではなく、 皮膚科等の 専門医療機関で適切な診断や治療を受けましょう。 爪甲縦裂症-日本皮膚科学会 福島県医師会.

次の

爪で親指だけでこぼこの場合の原因と対処法について

爪 ボコボコ 理由

縦線でこぼこの原因と対策 【原因】 縦線でこぼこの原因は、主に「」があげられます。 肌と同じように、爪も乾燥に弱いと言われています。 オイルをハケで塗りこむことで、爪周りをピンポイントで潤わせることができます。 爪の周りの皮膚に揉み込むように塗布してください。 ハンドは手がベタベタするから何回も塗りたくない、という方にもおすすめです。 ネイルオイルはさまざまなタイプがありますが、自分の使いやすいものを選んでみてください。 その後でハンドクリームを塗って、手と指先の乾燥を防ぎ、保護しましょう。 さらに、食器洗いやの洗剤は、肌や爪の負担になることがあるとされています。 手が荒れやすい方はゴム手袋をするようにしましょう。 また、水回りの家事をした後はその都度、ハンドクリーム+ネイルオイルを塗って爪のをすることを心がけてください。 ハンドドライヤーで乾かしたり手を振って自然乾燥させたりすると、手に残った水分が蒸発する際に爪も乾燥しやすくなると言われています。 なるべくハンカチを持ち歩いて、使うようにしましょう。 横線でこぼこの原因と対策 【原因】 横線のでこぼこは、爪の根元にダメージを与えたか、栄養不足が原因で健康的な爪が作られなかった場合に起こると言われています。 一度できた爪に横線が入るのではなく、最初から横線の入った爪が生えるようです。 爪には、爪母(そうぼ)という爪を作る「工場」があります。 この爪母で作られた爪が、徐々に伸びていくのですが、この工場の役割がうまくいっていないときに、横線が入った爪ができあがると言われています。 そのため、爪に直接何かしらの負担を与えたか、体内のリズムの乱れや栄養状態などにより、爪母の役割が十分に果たせなくなってしまった場合などが考えられます。 具体的な例として、下記の4つなどが考えられます。 甘皮を処理すると爪の形が整って見えて印象が良くなるというメリットがありますが、適当にやってしまうと爪を傷つけてしまう恐れがあります。 甘皮は本来、爪を保護するためにあるものなので、無理矢理はがすのではなく、あくまではみ出た余分なものだけを取るように心がけましょう。 具体的には、プッシャーで押しすぎないようにすることと、ガーゼで拭き取る際に力を入れすぎないようにすることです。 甘皮処理を含めたネイルケアメニューは、サロンによって価格は異なりますが、3,000円前後でできるようです。 食生活の乱れに心当たりのある方は、まず主食・主菜・副菜を意識して、そこに健康的な爪のために不足したくない栄養素を含む食材を加えてみると良いでしょう。 健康的な爪のためには、特にたんぱく質とビタミン類を意識して摂るようにしましょう。 睡眠は長さよりも質が大事なので、長時間寝ればいいというものでもないのですが、短すぎるのもよくありません。 しっかりと睡眠時間を取るように心がけてください。 また、毎日きちんと睡眠を取り、生活のリズムを整えることが大切なので、「寝だめ」をするよりも、同じような時間帯に、同じくらいの時間寝るように心がけましょう 4. でこぼこ爪のお手入れ方法 やすりで磨くことで、気になるでこぼこを目立ちにくくすることができます。 最後に紹介した湾曲爪の場合は、爪の状況によっては控えた方が良いこともあります。 4-1. 使用する道具 バッファーとシャイナーの2つを用意します。 バッファーは爪の表面を削って凹凸をなめらかにし、シャイナーは仕上げに磨くことで爪をピカピカに見せてくれる道具です。 スポンジ状で厚くなっていて、削りすぎを防ぎやすいとされています。 また、商品名に数字が書いてある場合は、グリッド数といって、「数字が低い=目が粗い」です。 爪のでこぼこ具合が大きく、目につくという方は100~180程度、細かいでこぼこが気になるという方はそれ以上の数字を目安にしましょう。 様々な商品がありますので、お好みで選んでください。 4-2. ピースをしてからはさんであげると分かりやすいです。 親指と人差し指で挟むと、力が入り過ぎて爪が薄くなってしまいがちなので注意しましょう。 ほとんどの商品には2つのグリッド数が書いてあり、表面・裏面によって粗さが異なります。 触ってみると粗さの違いが分かるかと思いますので、最初に粗い方で削り、その後細かい面で削ると、だんだん平らになりやすくなります。 スポンジバッファーの段階で爪の表面が粗くなっている場合は、シャイナーを使ってもなめらかにはなりませんので、その場合は数字の大きい細かいスポンジバッファーでなめらかになるまでこすってください。 また、爪を整えた後には、爪を保護する役割を持つネイルを塗っておくのもよいでしょう。 最後に 再度お伝えしますが、爪は「健康のバロメーター」とも呼ばれるパーツとされています。 身体は自分の食べたものと行動から作られますので、自分の日常を一度思い返してみましょう。

次の

爪で親指だけでこぼこの場合の原因と対処法について

爪 ボコボコ 理由

もくじ• 爪が割れたりでこぼこする原因 おもな原因は刺激や栄養不足 爪が割れる原因は、 外的な刺激や 栄養不足等多岐にわたります。 爪が割れる原因としては、ビタミンA不足、紫外線による日焼け、洗剤や除光液等によるダメージ、爪の病気等が挙げられます。 最近では、ネイルアートや除光液等の使い過ぎにより爪にダメージが与えられるケースも増えています。 爪を見れば健康状態が分かるというほど、爪は敏感に健康状態を反映します。 そのためご自分の爪の状態を確認し、何が原因なのかをしっかり見極めることが必要です。 縦割れ・横割れ・でこぼこそれぞれの原因 縦に割れる場合、乾燥や、圧力やマニュキアなどによる刺激などが原因で、爪が先端から根元に向かって縦に割れることがあります。 また、後述する「爪甲縦裂症」という病気の可能性もあります。 また、横に割れる場合、 栄養不足や爪の成長が妨げられ、横に割れることがあります。 そして、爪がでこぼこになるのはカンジダや細菌が爪に入り込んで生じるカンジダ性慢性爪郭炎や慢性爪郭炎が原因のこともあります。 爪が縦に割れる病気「爪甲縦裂症」 爪甲縦裂症とは、 爪甲が縦に割れる状態や爪先に縦にでこぼこ状態になります。 縦の割れ目が入るほどの状態になり、その割れ目は深く爪がふたつに分かれてしまう場合もあります。 爪甲縦裂症の原因• ネイルによる水分不足、除光液、溶剤の使用過多• 栄養不足• 湿疹や乾癬等の皮膚疾患• 爪根部分の末梢循環障害• ホルモンバランスの乱れ 爪甲縦裂症により爪が割れてしまうと、その割れ目から細菌が侵入してしまい感染症を引き起こす恐れもあるため注意が必要です。 自分で治療できる? 爪甲縦裂症が疑われる症状が現れた場合は、その原因を突き止めてすぐに止めてください。 栄養不足が考えられる場合には、 タンパク質、カルシウム、ビタミンB類、マグネシウム等をバランスよく摂るように心掛けてください。 爪の健康を維持するためには、表面に油性のクリーム等を丁寧に塗り込むだけでも効果があると考えられています。 手の皮膚と同じように、爪にクリーム(尿素配合の保湿クリーム等)を塗ると症状が改善するケースもあります。 また深爪は、爪周辺の皮膚が腫れて爪が皮膚にダメージを与えることがあるため、爪の長さにも注意が必要です。 皮膚科での治療方法 皮膚科で行われる主な治療法は、爪の角質に浸透しやすい 保湿剤やステロイド剤(副腎皮質ホルモン)の処方、ビタミンE内服薬の処方等が挙げられます。 ステロイド剤使用後、2~3か月経つと爪甲根元部から症状が改善してくるケースが多いです。 しかし、2~3か月間ステロイド剤を使用しても症状の改善がみられないときは、腫瘍の可能性があるため詳しい検査が必要になります。 爪を作っている爪母が損傷し、爪甲縦裂症を起こしている場合は、現状の医療では治すのが困難とされています。 割れたりでこぼこしている爪のケア 爪にはたんぱく質をメインに、ビタミンB2、B6、Eといったビタミンや亜鉛、鉄といったミネラルなどを含んだ偏らない栄養分が必要です。 また、 保湿クリームや 保湿オイルなどを使うのも良いですね。 割れた爪に、自己判断で接着剤を使うのは、やめましょう。 爪や皮膚に刺激となることもあります。 ネイルアートやマニキュアはOK? 割れた爪に ネイルアートやマニキュアは避けましょう。 割れた箇所から奥の皮膚に成分が流れ込んでしまうこともあります。 爪の役割と構造 爪の働きって? 爪は表皮角質が変化してできた皮膚の付属器官です。 手、足の 指先を保護する働きを担っています。 指の先端部では、爪の中央あたりまでしか骨がありません。 そのため、骨がない部分は爪が支えています。 見た目は小さい爪ですが、爪がないと物をつかむのも困難になります。 足の爪の役割は、足に力を入れて歩く、体を安定した状態になるように支えることです。 このように爪は、手、足の機能に必須の重要な部分です。 爪の成分と構造 爪の主成分は、繊維タンパク質である ケラチン(硬ケラチン)です。 通常「爪」と呼ばれる部分は爪甲と呼ばれ、爪は爪母で作られています。 爪は、爪甲と皮膚の下にある周辺組織、爪根、爪母、爪床、爪皮下から成り立っています。 爪を囲む皮膚を爪廓といい、爪根を覆う皮膚を後爪廓、後爪廓から爪甲を覆う薄い皮を爪上皮といい、爪甲を保護しています。 注意!病気で爪が変形することも 爪が割れる恐れがある病気には、 糖尿病、卵巣機能障害、甲状腺機能低下症、貧血、神経疾患、高尿酸血症、肝臓病等が考えられます。 爪自体に腫瘍ができていたり、爪の下に腫瘍ができることで爪が持ち上がり、割れたりでこぼこしたりする場合もあります。 まとめ ネイルアート等美容のためのケアに力を入れるだけではなく、爪自体の健康を維持するよう関心を持つことが大切です。 爪はとてもデリケートな部分です。 そのため万が一、爪甲縦裂症が疑われるような症状が現れた場合には、自己流でケアするのではなく、 皮膚科等の 専門医療機関で適切な診断や治療を受けましょう。 爪甲縦裂症-日本皮膚科学会 福島県医師会.

次の