モンスト アカウント。 モンストのアカウントデータ、査定・相場

モンストのアカウントデータの販売と買取|RMTマツブシ

モンスト アカウント

【もくじ】• メルカリでモンストを検索 メルカリアプリを起動します。 そんで出品検索で「モンスト アカウント」と入れて検索してみます。。 これが検索結果です。 ものの数件くらいしか出品されていないことがわかりました。 試しに「モンスト」だけで検索してみると、、 モンストのグッズ関係が沢山出品されていることがわかりました。 ちなみにパソコンで検索したときも同じ結果になりました。 ヤフオクで検索 試しにヤフオクで同様の検索をしてみたところ、 「モンスト アカウント」で数え切れないくらい多数の出品が確認できました。 ヤフオク、メルカリ共に大手の売買アプリなのにメルカリだけ極端に出品が少ないのでしょうか? メルカリで売買できないのはなぜ? 出品禁止に指定されている メルカリの初心者ガイドラインをちゃんと読み込むと、ゲームアカウントの売買行為は「禁止されている出品物」として記載されていることがわかりました。 画像真ん中にある「ゲームアカウントやゲーム内の通貨、アイテムなどの電子データ」が該当します。 ちゃんと規則として載っているんですね。 これならゲームアカウントを出品してもすぐ削除されているのが現状なのでしょうね。 ヤフオクで売買できるのはなぜ? 出品禁止に指定されていない では、なぜヤフオクで売買できているのでしょうか?答えは簡単、「出品禁止に指定されていない」からです。 ヤフオクのガイドライン細則を確認してみたのですが、「禁止行為」の中に「ゲームアカウントの売買は禁止」と書かれている項目はありませんでした。 モンスト利用規約ではゲームアカウント売買は禁止行為 そもそも、モンストの利用規約の中にはちゃんとこのような記載がありました。 「第11条 禁止事項」を下まで読み進めていきますと、、 第18項の中に 「本サービス内のアイテム・コンテンツ・仮想通貨などを現実の通貨での売買を目的としている一切の行為。 」 とあります。 思いっきりだめって書かれてる。 禁止行為を行うことはアカウントBAN対象になるため絶対禁止! このようにモンストの利用規約で禁止されている行為を行うことはアカウントBAN対象になるため疑われるような行為は絶対しないようにしましょうね!出品されているアカウント画像から運営は簡単に特定できると思いますので売るのも買うのもリスクがあります。 まとめ 今回はメルカリでふと検索したことがきっかけでモンストのアカウント売買行為禁止について学ぶことができました。 アカウント売買はリスクが高いので絶対にやめようね!.

次の

モンストのアカウント盗難問題から考えるセキュリティ

モンスト アカウント

『 App Cloner 』を使ってアプリを複製する 『 App Cloner 』は、その名の通りアプリのクローンを作成するためのツールです。 基本的にAndroid内にインストールされているものなら何でも複製でき(起動するかどうかはべつ)、しかも無料で利用できます。 そのためお手軽にLINEやソシャゲーなどのアカウントを複数所持できるようになるのです。 複製されたアプリは、通常のスマホアプリとまったく同じように扱えます。 アプリ一覧画面にも当然表示されますし、ホーム画面にアイコンを配置することも可能。 さらにはその他のさまざまなカスタマイズにも対応しており、かなり自由度の高いアプリと言えます。 通常はクローンを1つしか作れませんが、有料版であるプレミアムバージョンを購入すれば20個まで複製可能に。 値段は500円とさほど高くもないので、SNSでいくつものアカウントを使い分けたいという人はアップグレードを選択するのも手です。 使い方 まず最初にGoogle Playストアから『App Cloner』をインストールしてください。 『App Cloner』 開発元 : App Listo 無料 無事に導入できたら、アプリを起動してトップ画面を表示させます。 「インストールされたアプリケーション」のタブにスマホ内部のアプリが表示されているので、複製したいものを選択します。 今回はLINEアプリのクローンを作成してみましょう。 名前やアイコンの色、バッジの追加などのカスタマイズを行います。 とくに変更しなくても問題はありませんが、複製元と複製先の区別をつけたい方は必須です。 画面上の 🗸 をタップして、複製を行います。 「注意深くお読みください」というメッセージで OKを選択すると、クローニング(複製)が自動で開始。 作業終了まで数分ほどお待ちください。 「アプリケーションのクローン」というメッセージが表示されたら、 インストールアプリケーションを選択します。 クローンアプリのインストール画面が表示されるので インストールを実行してください。 しばらく待つとアプリのインストールが終了します。 起動してみると、とくに問題なくLINEアプリが立ち上がります。 あとは通常通りの設定を行ってください。 ATTENTION!! LINEのクローンを作成するさいには、登録する電話番号に注意してください。 別のアカウントで使用している番号を設定した場合、利用停止につながる可能性もあります。 新しいSIMカードを用意できないときは、Facebook登録を選択するのがオススメです。 起動しないアプリ LINEの複製は問題ありませんが、その他のアプリではクローン自体は作成できても起動しない場合があります。 公式のアナウンスでもすべてのアプリを完全にクローニングできるわけではないと表示されており、不具合報告も少なくありません。 実際に試してみて、もしクローンが起動しないようなら『App Cloner』での複製は素直に諦めましょう。 ちなみに今回はパズドラとモンストでも試してみましたが、どちらも起動しませんでした。 設定が悪いとかではなく、複製したアプリ自体にどうも問題がありそうです。 ソシャゲーに関しては、クローニングがかなり難しいと言えるではないでしょうか(もちろん複製できるものもあります)。 『 並行世界 』 を使って一つのアプリでアカウントを複数持つ 『App Cloner』で複製できなかったソシャゲーで複数アカウントを作成するには、『並行世界』がオススメです。 このアプリはクローンを作成するのではなく、仮想化ツールとしての機能を提供します。 端末内に別のAndroid OSを作り、その内部で新規アカウントを設定するというイメージです。 独自のランチャーからアプリを起動させるので、アプリ一覧画面やホーム画面にクローンが表示されることはありません。 あくまで『並行世界』の内部で新規アカウントのソシャゲーやLINEを動かします。 そのため動作が重くなったり電池の消費が早くなったりといったデメリットがないわけではありません。 ただ『App Cloner』で実現不可だったパズドラやモンストの複製が確実にできるのはやはり魅力的。 これらのゲームでは複数のアカウントを保有するメリットが大きいので、他の人より一歩先を行きたい向きにはかなりオススメできます。 使い方 まず最初にGoogle Playストアから『並行世界』をインストールしてください。 『並行世界』 開発元 : LBE Tech 無料 無事に導入できたら、アプリを起動して はじめにを選択します。 「サブ垢アプリ」画面が表示されるので、追加したいものにチェックを入れ Parallel Spaceに追加をタップします。 この時点では画像にあるアプリ以外を選ぶことはできません。 「Parallel Space」メイン画面の中から +を選択します。 「サブ垢アプリ」のタブにインストール済みアプリの一覧が表示されるので、追加したいものをチェックします。 今回はモンストのアカウントを新規作成してみましょう。 「Parallel Space」メイン画面にモンストが追加されているので、そのアイコンをタップします。 モンストのアプリが無事に起動するので、あとは通常通りアカウントの登録を行ってください。 これで作業は完了です。 モンストの多重起動も問題なく実行できます。 注意点 先述の通りこのアプリを起動するとメモリー消費量が増大します。 端末のRAMが3GB以下の場合はとくに注意が必要です。 もし動作が重くなったと感じたら、アプリの多重起動を控えてください。 その他にも画面ズレやアプリのデータが突然消えるといった不具合がいくつか報告されています。 このアプリを利用して何か問題が発生しても、スマホステーションは一切責任を負いません。 ご利用はあくまで自己責任でお願いいたします。 スマホ修理サービスへのサービス説明 スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。 スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。 スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。 スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。 Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。 運営者情報 ブログの運営会社のスマホステーションです。 主にスマートフォンに関する情報を発信を目的として ブログを運営しております。 連絡先: プライバシーポリシー このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーに応じた商品・サービスの広告表示のために「Cookie」を使用する事があります。 これはこちらのブログや他のサイトへのアクセスに関する情報で、名前や住所、電話番号といった個人情報は含まれません。 「Cookie」を広告配信事業者に使用されないようにするには、お使いのブラウザで設定する事が可能です。 使用しているブラウザの「ヘルプ」をご確認のうえ、設定してください。

次の

【2020年5月版】モンストのサブアカウント用おすすめスマホ【おすすめサブ機】|モンストチラ裏メモ

モンスト アカウント

お金にしろ時間にしろ、掛替えのないものを使った大切なアカウントです。 アカウント盗難には気をつけなくてはなりません。 前提として アカウントはそう簡単に盗めるものではありません。 基本的な防衛手段としてはスマホや情報の取り扱いと同じです。 各々のセキュリティ意識の問題です。 それでも、ここは気をつけたほうが良いという事をお伝えします。 絶対にIDやパスワードを伝えない、アカウントを渡さない 基本中の基本です。 親しい友人であっても絶対にXFLAG ID、パスワードを伝えてはなりません。 例えば 「明日映画見に行くから、IDとパスワード教えてくれたら特典受け取るよ?」とか「 近くに至宝+スポットあるから、アカウント渡してくれたらアンテナつけるよ?」とか。 情報を伝える相手が信頼できるかどうかに関わらず、これはアカウント盗難の危険性が増す行為なので絶対にやめましょう。 data10. binの受け渡しなどはもってのほかです。 分からない人はスルーで アカウント売買やオーブ購入代行、絆代行、特典受取代行などの利用も絶対に止めましょう。 その時はスムーズに取引が終わっても後々にアカウント盗難に遭うという事も十分にありえます。 また、スマホ自体にロックがかかっていない場合も落としたり、離席している間にアカウント情報を盗み見される可能性があるので気をつけましょう。 IDやパスワードをアプリのメモ帳や画像で保存しない スマホ内のメモ帳などにXLAG IDやパスワードを直接メモしていませんか?または、IDやパスワードが写ったスクショを保管していたりしていませんか? 別の認証が必要なクラウドや鍵付きメモなどに保存するならまだしも、端末内にそのままの情報を残しておくと案外危ないかもしれません。 誰かにメモ帳を覗かれたり、間違えて画像をどこかにアップロードしてしまうだけでも大惨事です。 端末内の画像やメモデータを盗まれただけでモンストのアカウントまで盗まれる可能性があります。 アカウント自体を盗む事より、画像やメモデータを盗む事の方がもちろん簡単ですし機会も多いです。 盗難をしようという人はこういうところからも狡猾に情報を得ようとします。 モンストのアカウントデータに限らず、アカウント情報をそのままメモとして残している場合は注意が必要です。 無料のWi-Fiを利用しない 最近、GIGAZINEでも記事にされていますが、無料のWi-Fiを安全だと思っている人がとても多いです。 ここからアカウント情報を抜き取るには専門的な知識が必要ですが、少しでも精通している人が悪意を持って仕掛けると簡単にデータを引き抜かれてしまします。 無料Wi-Fi利用時にXFLAGのIDやパスワードを入力しなければ問題ないという話ではありません。 モンストの場合、ログインをしたりクエストに行くだけでも知識があればその通信内容からアカウントを盗む事ができます。 ホテルや喫茶店で無料のWi-Fiを使う場合は常に安全か、接続先 SSID の「なりすまし」などにも気をつけなくてはなりません。 公衆型充電器に危険があるという意識は意外とないようで、2017年の記事ですが世界的に著名なセキュリティ会合 RSA Conference の参加者ですら8割の人が安全性を確認することなく公共の充電スタンドを利用したという実験結果もあります。 スマートフォンの特性上、充電ケーブルを接続してしまうと同時にデータ通信も可能になってしまいます。 悪意のある人が公衆型充電器内の充電ケーブルにデータを盗むためのケーブルを取り付ける もちろん充電もされる といった行為をすればほぼ確実に端末内のデータを抜くことができます。 知識のない人にはケーブルが付け替えられていてもほとんど気づく事はできないと思います。 あまり過敏になる必要はありませんが、使わないで済むなら公衆型充電器の利用は避けましょう。 これらを過去にやってしまった場合 もし過去にこれらの経験があり、モンストのアカウント乗っ取りが心配な場合はXFLAG IDのパスワードを変更して一度リストア バックアップから戻す行為 をしてください。 一度、公式の引き継ぎを行うとアカウントの内部情報が書き換わり、過去にアカウント情報が流出していたとしても安全な状態になります。 逆に盗難者側にこれをされてしまうとほぼ「詰み」です。 運営に相談しても取り戻すことは難しいでしょう。 今回の事件のように警察が捜査してくれるとも限りません。 心当たりがある場合は対応された方が良いと思います。 あくまで、モンストのアカウントを守るための施策でしかありません。 特に、3. の手法では他のデータや個人情報も流出している可能性があるのでご注意ください。 これら以外にのも様々な手法はありますが、個人レベルで気をつけられる事はこのくらいです。 暗号化解読やサーバークラッキングでアカウント情報を手に入られるような状況はユーザーには対策しようがありません。 そのような被害報告もないのでこの辺は安心して良いかと思います。 モンストのセキュリティは意外と緩い 最近のソーシャルゲームはアカウントの引き継ぎを厳格にしたり、root取得や脱獄 Jailbreak をした端末では起動できなくなったりしています。 厳しいものではUSBデバックが有効になっているだけで起動をさせないアプリもあります。 データ改ざん等の対策でもあるのですが、こういった設定があるだけでもアカウントを盗難しようとする側には少なからず効き目があります。 しかし、現状ではモンストにそういった制限はありません。 ある意味でモンストのセキュリティは緩いです。 データを動かしやすい分、アカウント情報が流出する危険性も高まっています。 繰り返しますが、アカウントはそう簡単に盗まれるものではありません。 ただ、他のアプリと比較するとモンストは意外とセキュリティが緩いです。 まだまだ人気があるためアカウント売買も頻繁にあります。 アカウント盗難については注意するに越したことはありません。 あとがき 「盗まれる方が悪い」なんてことはありません。 アカウントを盗難する人が絶対的に悪いです。 しかし、各々で気をつけられる範囲内では気をつけて行こうね!というお話でした。 なにやらセキュリティの講師みたいな記事を書いてしまいました…。 SSLにも対応していないサイトの管理者が何言ってんだ?とか、解析してるお前が言うな!と言われたら何も言い返せないのですが…。 拙いながらも解析しているからこそ「ここ危ないんじゃない?」というのは分かったりもするのです。 モンストユーザーでこれらをしている人を見かけたら「それって危ないよ」と伝えられる人が増えてくれると嬉しいです。 これら以外にも注意しなければならないことや、この情報は違うんじゃないか?というのがあればぜひ教えてください。 長々とお付き合いありがとうございました!モンスト関連ではありますが、セキュリティに関する記事でしたね…それではまた!.

次の