オーバードライブ ストリンダー。 ストリンダーとは (ストリンダーとは) [単語記事]

【ポケモン剣盾】オーバードライブの効果と覚えるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

オーバードライブ ストリンダー

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策【みがわり貫通!電撃爆殺トゲキッス】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はポケモン剣盾から登場したパンクなポケモンストリンダーについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 今作のモチーフとなったイギリスといえばパンクの神様セックス・ピストルズがロンドンで誕生してパンクムーブメントが起こった国なので、まさに今作を象徴するポケモンの一体といえるでしょう。 ストリンダーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ストリンダーの特徴1】2種類のフォルム(ハイなすがた&ローなすがた) ストリンダーはエレズンから進化しますが、性格によって「ハイなすがた」と「ローなすがた」に分かれる珍しいポケモンです。 ハイなすがたに進化する性格:「いじっぱり」「やんちゃ」「ゆうかん」「わんぱく」「のうてんき」「うっかりや」「なまいき」「せっかち」「ようき」「むじゃき」「がんばりや」「すなお」「きまぐれ」• ローなすがたに進化する性格:「さみしがり」「ずぶとい」「のんき」「ひかえめ」「おっとり」「れいせい」「おだやか」「おとなしい」「しんちょう」「おくびょう」「てれや」「まじめ」 ストリンダーのハイなすがたとローなすがたの違いは、見た目が違うだけで種族値・特性など基本すべて同じです。 ハイなすがたはベノムショックとギアチェンジ、ローなすがたはベノムトラップとじばそうさを覚えます。 ただし特攻の上がるがひかえめ・おっとり・うっかりや・れいせいの4種類あるんですが、このうちうっかりや以外はすべてローなすがたに進化します。 特殊アタッカーのストリンダーに最適な性格は「ひかえめ」なので、普通に育てるとローなすがたになります。 ハイなすがたの見た目が好きでひかえめの性格補正が欲しい場合は、エレズンからレベル30で進化するときにはハイなすがたに進化する性格にしておいて、バトルで使うときにはひかえめミントをキメてひかえめの性格補正(特攻UP攻撃DOWN)を得ましょう。 珍しいハイ&ローストリンダー対面の動画があったのではっておきますね。 【ストリンダーの特徴2】音技のエキスパート(みがわり貫通) ストリンダーはパンクポケモンというだけあって音技のエキスパートです。 ばくおんぱ• オーバードライブ という強力な音わざを覚えます。 音技は相手のみがわりを貫通するので、ストリンダー対面では実質的にみがわりをうつことはできなくなりますね。 【ストリンダーの特徴3】超火力の音無双 ストリンダーの特性は• パンクロック:音技の威力が1. 3倍になる。 また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。 プラス・マイナス:ダブルバトル用• テクニシャン(夢特性):威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合は修正後の威力で判定する。 の3種類あります。 ばくおんぱはただでさえ威力140のぶっ壊れわざですが、さらに1. 3倍されているので威力182の技ですし、オーバードライブもタイプ一致の1. 5倍補正ものるため威力156の技になりますね。 さらに相手の音技を半減することから、みがわりを貼った味方に相手がニンフィアやラプラスなど音技をうってくる相手を出してきたときに、受けとして出すことができます。 ニンフィアもラプラスもすばやさ60族で、ストリンダーは75族なので切り返して高火力の音技をぶっ放すことができます。 また、ほっぺすりすりというダメージを与えつつ確定で相手を麻痺にするわざも覚えるので、ミミッキュ・ドラパルトといった 【ストリンダーの特徴4】毒・電気の複合タイプ ストリンダーは毒・電気の複合タイプなので、非常に多くのメジャーな技を半減で受けることができます。 ただし致命的なのは、採用率の高いじめんタイプが4倍弱点となっており非常にじめんタイプに弱い点です。 ストリンダーを使う場合はじめん対策が必ず必要になってきます。 逆にじめん対策が十分にできていれば、非常に強く感じるでしょう。 【ストリンダーの特徴5】紙耐久の上級者向けポケモン ストリンダーは超火力ではあるものの、そのかわりにHPも防御も特防も種族値70台と超紙耐久なうえに素早さも75族ととりわけ速いポケモンではないので、取り扱いがそこそこ難しい上級者向けのポケモンと言えるでしょう。 そのままではせっかくの超火力を活かせる場面が少ないので、• とつげきチョッキをもたせて特防をカバー• ふうせんをもたせて4倍弱点をカバー• こだわりスカーフをもたせたりほっぺすりすりで麻痺させて素早さをカバー• デンチュラのねばねばネットなどで素早さをカバー• 最遅にしてトリックルーム下でのどスプレーと合わせて高速超火力の実現• 壁貼り役と組んで低耐久をカバー• etc… といった一工夫が必要なポケモンです。 ストリンダーの育成論と戦い方 ストリンダーは中速超火力紙耐久のポケモンなので、前述の通り大きく分けると基本形は3種類ほどあります。 各パーティで必要な枠の型で育てるのがいいでしょう。 耐久をカバーする型• 素早さをカバーする型• 火力をさらに伸ばす型 【ストリンダーの育成論1】とつげきチョッキ型ストリンダー• 性格:ひかえめ• 特性:パンクロック• 個体値:A抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:ばくおんぱ・オーバードライブ・ほっぺすりすり・たたりめ 性格・個体値: 一般的なストリンダーの型です。 特殊アタッカーなので特攻を伸ばしましょう。 努力値: 強力な特殊アタッカーの1体としてトゲキッスが存在します。 トゲキッスを完全にメタるための型といっても過言ではありません。 よくいる臆病最速トゲキッスのダイフェアリーを確定で2耐えするHD振りと、麻痺した素早さ1段階上昇のトゲキッスを抜く調整の素早さ108振りです。 わざ: 対面からトゲキッスを麻痺させて倒す前提なのでほっぺすりすりは確定です。 トゲキッスをダイサンダー確定2発で落とすのでオーバードライブも確定です。 ばくおんぱも強力なわざなので覚えておいたほうがいいでしょう。 たたりめはゴーストに強くなります。 他には下記のような技がいいでしょう。 ・バークアウト:特攻を下げるので特殊対面にさらに強くなる ・ヘドロウェーブ:フェアリー打点として ・ボルトチェンジ:サイクルを回したいときに 戦い方: 特殊ドラパルトやトゲキッスには強めに出ることができるでしょう。 ほっぺすりすりで素早さを下げてから高火力で倒していきましょう。 トゲキッス対面をイメージしてみると下記のようになります。 先手トゲキッスダイジェット:ストリンダーほっぺすりすり(ダイジェットで最大24. トゲキッス弱点保険発動。 先手ストリンダーダイサンダー(トゲキッスを倒す) 2手目のダイバーンがストリンダーへの最大火力になります。 初手でダイバーンをうたれてしまうと、ダイマックスしていないストリンダーは最大50. トゲキッスのダイマックスが切れてからまた出てきて倒しましょう。 とつげきチョッキ型ストリンダーを紹介しているトレーナーの動画があったので参考にどうぞ。 【ストリンダーの育成論2】ドリュウズを倒したいストリンダー• 特性:パンクロック• 個体値:6V(両刀にしない場合はC抜け5V)• もちもの:ふうせん・きあいのタスキ• わざ:ギアチェンジ・ドレインパンチ・オーバードライブ・ダストシュート ストリンダーが好きすぎてどうしても超苦手対面のドリュウズに勝ちたい人向けの型です。 対面で勝つ場合は運が絡みます。 全抜き体制に入っていれば勝てます。 性格・個体値・努力値: まず、大前提として攻撃補正ありの性格でA252振りのドレインパンチ+攻撃1段階上昇状態でやっと一般的なH4振りドリュウズを62. (ダイナックルなら確定1発) また、素早さを下げるわけにもいかずストリンダーはとつげきチョッキ型が多いことから特防はブラフで賄うとしてやんちゃです。 努力値のSは性格補正なしのときギアチェンジによる素早さ2段階上昇状態で最速スカーフドリュウズをギリギリ抜けるラインのS164で、Cはあまりです。 特殊技を採用しない場合はHに振りましょう。 もちもの: ドリュウズ対面ではじしんを避けたいのでふうせん、もしくはもっと汎用的に戦いたい場合はきあいのタスキがいいでしょう。 (ただし砂嵐で潰れるので風船がおすすめです。 ) わざ: 初手ギアチェンジをしない限り、ドリュウズに勝ち筋を見出すことは不可能なのでギアチェンジは確定です。 ふうせんを割るときにアイアンヘッドやいわなだれなどでダメージを受けているのでドリュウズを叩く枠にはドレインパンチで回復(+ダイナックルで攻撃UP)できるようにするか、ほのおのパンチでナットレイなどもみれるようにするかは選択です。 ちなみにドレインパンチなら非ダイマックスバンギラスはギアチェンジしたあと確定1発です。 あとの2枠はなんでもいいんですが、みがわりを使うポケモンはたびたび見かけるのでオーバードライブはあってもいいでしょう。 (ギアチェンジ後なのでみがわりを打たれることはないとすれば物理技でいいでしょう。 最速ドラパルトも抜いています。 ) 特殊技を採用しない場合はCに努力値を振って両刀にする必要がないのでHにふって耐久を上げるのがいいでしょう。 ダストシュートは強力なタイプ一致技なので採用していますが、命中不安なのでダイマックス前提でうつこと推奨です。 他には下記の選択肢があります。 ・どくづき:命中安定タイプ一致ですが毒は環境に刺さりません。 ・じごくづき:ドラパルトなどvsゴーストに。 ・じたばた・がむしゃら(タマゴ遺伝):きあいのタスキと合わせて。 ・ワイルドボルト:物理電気タイプ一致。 ・かみなりパンチ:ワイルドボルトの自傷ダメージを受けたくないときに。 ・ちょうはつ:vs受けポケモンに。 ・ほっぺすりすり:安定の麻痺技。 ミミッキュやドラパルトに。 ・たたりめ:ほっぺすりすりと合わせて両刀にするときに。 ・ボルトチェンジ:コンセプトとは合わないが削りつつギアチェンジのタイミングを見計らうときに。 戦い方: ドリュウズと戦いたい人向けなので絶対にドリュウズと戦える死に出しからのドリュウズ対面で出します。 ストリンダーがパーティにいるとほぼ確実に相手はドリュウズを選出してきます。 むしろミミッキュなどドリュウズが得意とするポケモンも一緒に組み込んで、相手のドリュウズ選出誘導をしましょう。 ダイナックルではなくドレインパンチで回復してもいいですが、中乱数で負けます。 注意点: 襷ドリュウズは無理です。 先発でステルスロックをまけるカバルドンやバンギラス、ナットレイ、ステルスロックドリュウズなどを採用しましょう。 ギアチェンジ後にドリュウズが察知してダイマックスを切ってきても無理です。 ドレインパンチダイナックルでもほのおのパンチダイバーンでも確定2発なので、じしんダイアースで返り討ちにあいます。 先にダイマックスを切らせる立ち回りをする(難しすぎる)か、ドリュウズ対面の前に全抜き体制に移行しておくか(ギアチェンジダイナックルをうって攻撃2段階上昇状態なら倒せる。 ドリュウズ対面前にギアチェンジをうってる前提なら風船じゃなくていいです。 )しかありません。 試合としてはドリュウズがダイマックスを切ってきても負けないように、勝てるポケモン(ドリュウズが苦手とするローブシンやボディプレスアーマーガアなど)と一緒に選出しましょう。 詳細な調整は不明ですが、両刀ストリンダーを紹介している動画があったのではっておきますね。 ストリンダーの対策 基本的にドリュウズには絶対勝てませんからドリュウズを選出すればOKです。 他にはじめんタイプの• ヌオー• マンムー• カバルドン といったポケモンや、じしんを覚えたバンギラスがおすすめです。 といってもここにあげたポケモンはどのパーティにも1体はいると思うので、相手にストリンダーがいたらとりあえず選出しておくと恐れることがなくなりますね。 まとめ:【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策【みがわり貫通!電撃爆殺トゲキッス】 いかがでしたでしょうか。 そのまま使うと微妙に活躍できないポケモンなので、ストリンダーを使いこなすにはそれなりのトレーナースキルが必要だと思いますが、うまく使えば強いポケモンなので育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

耐久調整とつげきチョッキストリンダー【第八世代】

オーバードライブ ストリンダー

今回の解説はストリンダーです。 基本データ No. 6m 重さ 40. シールド ケンカ腰で気が短い。 よどんだ水をがぶ飲みして水中の毒素を取り込む。 特性プラス・マイナスのほか、習得技にも小さな差異がある。 ミントで後天的に性格補正を変えられるようになったからこそ可能になった条件だと言えるだろう。 なお、ミントでは性格自体は変わらないので進化先のフォルムは変化しない。 ベノムショックとベノムトラップは・わざレコードが存在するが、自力習得できない方の技の・わざレコードは使うことができない。 ハイなすがた ようき、いじっぱりといった、俗に言う寄りの性格をしたエレズンが進化。 体色は紫と黄色で、トサカから背中にかけてモヒカン状に黄色の電気が発せられている。 ケンカ腰で気が短く、発電と共に発せられるのはのような音。 エレズンの時にであれば、特性はプラスになり、わざはベノムショック、ギンジを習得。 ローなすがた おくびょう、ひかえめといった、俗に言う寄りの性格のエレズンが進化。 体色は水色と紫で、背中に青い電撃が2列、背びれのように発せられている。 15000ボルトの電気を作り出すと共にベースのような音を響かせる。 いかなる相手もナメきった態度をとる、肝の据わった性格。 ハイなすがたとは対照的に、エレズンの時にであった場合、特性はマイナスに、ベノムトラップ、じばそうさといった耐久寄りの補助技を覚える。 概要 『剣盾』から初登場したエレズンの進化形。 爬虫類ののような姿となった。 毒素の化学反応で生まれる電気エネルギーは比べものにならない程強くなっており、よどんだ水を好んでがぶ飲みする事で水中にある毒素を取り込む。 胸についている紫の突起状の発電器官があり、これを掻きむしるように操作することで発電と共に音を鳴らす。 デザインや特性名などから鑑みるに、モチーフはパンクロッカーとの複合と思われる。 ガラル地方のモデルのイギリスは、とともにロック及びパンクロックの発祥・発展の中心地であることからだろう。 対戦のストリンダー 能力 今までになかった電気・毒タイプの組み合わせで、能力としては中速の両刀アタッカー寄り。 弱点が地面4倍とパー2倍のみ、耐性が草・電気・格闘・飛行・毒・虫・フェアリー・鋼の8つと非常に優秀。 ふしょく持ちを除く どく・まひ状態にならないなど、状態異常の耐性もある。 特性 「パンクロック」は自分の音系の技『いびき』『』『エコーボイス』『さわぐ』『』『チャームボイス』『バークアウト』『』『ばくおんぱ』『』『りんしょう』『ソウルビート』『オーバードライブ』の威力が上がる。 また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。 「プラス」or「マイナス」は特性『プラス』か『マイナス』のが戦闘にいると『とくこう』が1. 5倍になる。 は「テクニシャン」。 威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合も影響する。 オススメ技 特殊技 ばくおんぱ タイプ ノーマル 威力 140 命中 100 備考 全体攻撃。 雨下で必中 オーバードライブ タイプ でんき 威力 80 120 命中 100 備考 2体攻撃。 専用技。 音技 タイプ でんき 威力 70 105 命中 100 備考 攻撃後自分交代 タイプ どく 威力 95 142 命中 100 備考 相手毒10%。 このを倒すまで、「みがわり」をアテにする戦術は控えるべき。 タイプの特性上どくとまひが効かず、あちらは「アシッドボム」などを備えているので、それらを用いる耐久型にも強い。 対策方法 地面技が使えれば楽。 じめん・はがねタイプならば両方の一致技を無効にできなお良い。 耐性は多いが素の耐久値は低いので、等倍を取れば倒すのは難しくない。 また、「じごくづき」があれば主要火力の音技を封じる事ができる。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】ストリンダー(ハイな姿)の育成論と弱点・対策まとめ【のどスプレー音技型】

オーバードライブ ストリンダー

ストリンダーとは そもそもストリンダーとは、剣盾初出であり、 初の 電気・毒タイプ複合の。 何より環境に多い ダイジェットを半減できるのは優秀。 気になるは 75-98-70-114-70-75と、やや両刀気味な。 特殊攻撃力は後述する特性と相性がいいが、攻撃力はアタッカーとしてはあまり期待できず、高くもない耐久、高くもない素早さとやや微妙なライン。 が足りないと言っている人もちやほや。 まあ使うかは別として。 新特性のパンクロックは自分の使用する音技の威力を1. 3倍にする効果と相手の音技の威力を半分にするという2つの効果がある。 前者はストリンダーがそもそもオーバードライブや爆音波などの音技をメインに戦うので相性が良く、後者は環境上位で言うと のを耐性も合わせて0. 25倍にできる。 覚える技も比較的優秀で、メインウェポンとなりえる オーバードライブや爆音波は特性により高ダメージが期待でき、 ほっぺすりすりによる麻痺撒きとS逆転による対面性能、 すりすりと相性のいい 祟り目まで覚える。 他にも特性の補正が乗るCダウンが狙えるバークアウト等も。 音技は身代わりを貫通する上にストリンダーは音技がメインのなので 相手のに身代わりをさせづらい点も優秀。 そこにほっぺすりすりを刺す事ができる。 また、このは性格によって姿が変わり、 寄りの性格だとハイのすがた 、 寄りの性格だとローのすがた になる。 ハイとローで覚える技も多少変わり、 中でもハイはギンジを覚えるので物理型もありえなくはないと言ったところ。 性格を控え目にすると必然的にローのすがたになるが、敢えてハイのすがたで育ててミントを使って特殊ATにするやり方も。 なので余ったDをCやSに振ってもいいが、Dの数値はの上昇倍率も考慮して偶数にするのが推奨。 例をあげると、4振り 91 と12振り 92 でチョッキ込の数値で136と138と2の差ができる。 役割対象 有利 ほぼ対面限定 条件次第で有利 やや怪しいが仕事できる範囲 詳しい役割対象はこちらの記事に掲載させて頂きました。 にックスを切らず対抗できる。 弱保の場合は耐えないがその場合は相手が麻痺しているので有利になる。 には身代わりを貼られようが音技で突破できる。 前者はHBコットン型なら完封。 後者はめっちゃ寝てたり積まれ過ぎなきゃOK。 にはばくおんぱで確2を取れる。 2回耐えてくるチョッキやオボンの場合は火力が低いのでまず対面で負けることはない。 にも比較的有利。 但し地面技を持っている場合は負けてしまう。 体力が減っている場合も厳しいので注意。 等の受けにも弱点を付ける為、受け回しにも比較的強い。 ヌオーもを切っているケースが多く、ばくおんぱで確2を余裕で取れるので受け出しを許さない。 にはほっぺすりすりから入ることで分がいい勝負ができる。 ブレード状態に2倍祟り目を決めれば余裕でワンパンできる。 しかし持ち物が分からない上では弱保の発動なども怖いため、相性は五分五分と言ったところか。 はストリンダーに変身されるとばくおんぱで確3を取れ、此方はチョッキを持っているのでとの撃ち合いは有利となる。 麻痺撒きによる壁ターンの時間稼ぎもできなくはない。 は特に初手に出やすく、壁も貼ってくる可能性があるので頭に入れておくといいかも。 弱点・それらの対抗策 等倍以上の殴り合いに強いストリンダーでも には完全に不利で初手に投げると何もできずにやられてしまう事が多いので注意。 そう言った相手にはあまり初手に出さないように。 また、ストリンダーを知っている人は が対面した時もちゃんと に下げてきます。 そういう動きをされる のはマジでやめてほしいのとステロ撒かれたり岩石封じで起点作られたりつのドリルの圧力、すなかきダイロック等もあって一気に不利になることもあった。 それをーできるは構築に組んでおきたい。 そしてストリンダーの 致命的な弱点として、 ックス適正がないということ。 通常の場合はオーバードライブ、ばくおんぱが特性により強化されており、祟り目は相手が状態異常の時に高火力を出せているのだが、ックスすると 特性の効果が 全く乗らなくなる。 一応ックス時のダイサンダーの方がばくおんぱより火力は出るが、それも195 一致補正込ダイサンダー と182 特性補正込ばくおんぱ の13の違い。 ダイアタックによるSダウンは優秀だが、その場合は特性補正が乗らないので普段のばくおんぱより威力が落ちる。 祟り目をダイホロウにすると威力はックス技としてはたったの120。 当然、一致補正は乗らないしこの火力だと実は 皮が剥がれたですら確定では落とせず、追加効果によるBダウンもストリンダーにとっては全くの意味をなさない。 120と130 状態異常祟り目 …10の差は偉大である。 これなら当然、別のにックスを切るのが得策。 勿論、絶対にックスをさせない訳ではなく、詰めれると判断した際はックスさせてもいいかもしれない。 あと、このストリンダーは耐久を調整してあるので大体は保証は利きますがその保証は1回限り…と言っても過言ではなく、例えば VS 対面で後投げするとダイバーン撃たれてめっちゃ消耗します。 それが控えめだと乱数、珠だったら確定で何もできずストリンダーが逝きます。 ックスターンを2ターン枯らせる利点もありますが…他にも負担をかけられるとなかなか活躍できないことも。 サイクル負けしないように釣り交換等で読みを上手く決めたり、サイクルを回せるのは多く見積っても1〜3サイクルのみってことも頭に入れておいてた。 まとめ 火力にあまり振ってないのは「役割対象にはこの火力で十分」「火力を振ってもワンパンできる相手は少ない」という理由があり、今回は耐久をメインに調整しました。 ストリンダーはメインで戦うよりかは裏にメインのを添えて、その上で削りや苦手なを倒したりする枠だと思っている。 対面性能が高い他にも、地面や特殊受けが相手の構築にいないと受け出しが厳しいなど、制圧力が高い。 なので基本は初手に出す事が多い。 この記事の調整では耐久もかなり調整したのでックスを切らずして相手のックスのターンを枯らしたり、対等に相手できたりする。 有利不利がはっきりしており、多く勝てる可能性があるがいる反面、地面技持ちにはまずなんもできません。 そういった相手には一発攻撃して削る、もしくは引かざるをえません。 そういう点ではよりかは使いづらいのかなーという考えもあります。 が、逆にそれらをケアできればストリンダーは前線級に活躍できるのではないでしょうか。 初めに言った通り、剣盾で一番好きななので調整は必死に考えました。 ストリンダーはイラスト等も結構あがっているで結構人気あると思うのですが使用者が少なく、「調整が分からない」という理由で使ってない人もちやほや。 この記事を見て参考にする人が増えたり、少しでもストリンダーの強さを教えられたらいいなーって思っています。 ここまで見てくださり、ありがとうございました!! darkvillagerian.

次の