川尻 蓮 誕生 日。 川尻蓮(プデュ日本版)インスタやダンス経歴!性格やプロフィールは?

【JO1】川尻蓮の誕生祭がヤバすぎ…人気の【3つの理由】経歴や性格公開

川尻 蓮 誕生 日

名前 川尻蓮(かわしりれん) 生年月日 1997年3月2日(現在23歳) 出身地 福岡県福岡市 血液型 O型 身長 173cm 体重 60kg 職業 アイドル・歌手 事務所 LAPONEエンタテイメント 川尻蓮の家族構成は、 母親と兄と弟が2人の5人家族です。 お母さんはシングルマザーで、男の子4人育ててくれました。 兄の名前は川尻滉(こう)、弟は仁(じん)、来鳳(らお)と、蓮も含めみんなカッコイイ名前です。 趣味は体を動かすこと・マジックとお笑いを見ること。 特技はフリースタイルのダンスです。 好きな食べ物はチョコレートとフルーツで、好きなマンガは「ワンピース」「とハイキュー!! お化け屋敷と絶叫マシーンはわりと得意。 川尻蓮の座右の銘は「 楽しむためには実力が必要」。 うん、なんだか刺さります。。 そして「PRODUCE 101 JAPAN」の番組内で付いたキャッチコピーは「あなたという池に咲かせてください蓮の花」。 「PRODUCE 101 JAPAN」の中から選ばれた11人のボーイズユニット「JO1」での川尻蓮のポジションは パフォーマンス(ダンス)担当になってます。 川尻蓮の主なバックダンサー歴• 2014年 SMAP 「Mr. S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-」• 2015年 DREAMS COME TRUE 「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」• 2017年 Wanna One 「MAMA2017」• 2018年 Wanna One 『ONE: THE WORLD IN TOKYO「 kangaroo」』• 2018年 山下智久 「TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED -FEEL THE LOVE-」• 2019年 PENTAGON 「THE first Japan Zepp tour -Dear COSMO-」 上記以外にもバックダンサーとして出演しているものは多数あります。 また博多出身のSHOW GOというラッパーのミュージックビデオにも出演しました。

次の

川尻蓮(プデュ日本版)インスタやダンス経歴!性格やプロフィールは?

川尻 蓮 誕生 日

11人組グローバルボーイズグループ・JO1 ジェイオーワン が27日、インターネットテレビ・ABEMAで生配信された史上初のバーチャルファッションショー&ライブイベント「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」に出演し、圧巻のパフォーマンスを披露した。 「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」に出演したJO1 オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から誕生したJO1 豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨。 同イベントの大トリとして、「無限大 INFINITY 」、「La Pa Pa Pam」、「Running」の3曲をパフォーマンスした。 途中のMCで、川尻は「科学ってすごいです。 モニター見るときれいにステージが映っているけど、実はグリーンバック」と明かし、技術に驚いた様子。 そして、一人ひとり自己紹介し、リーダーの與那城は「まだまだ思い切り歌って踊ってかっこいい姿を見せますので、せひ楽しみにしていてください」と呼びかけた。 また、メンバーがお気に入りのファッションアイテムを紹介する場面も。 鶴房を浮き輪を身に着けて登場した。 最後に、白岩は「僕たちJO1は今日でちょうど結成200日ということで、本当にいつもみなさんありがとうございます」とファンに感謝し、「記念すべき日にこんな素晴らしいステージに立たせていただいて、僕たちいつも感謝しかないんですけど、これからも11人頑張って日々どんどん成長していくので、見守ってしていただけるとうれしいです」とメッセージを送った。 同イベントは、史上初の3DCGとリアルを掛け合わせたフルバーチャル空間でのファッションショー&ライブイベントで、ABEMAの新機能「PayPerView(ペイパービュー)」にて独占生配信。 ファッションショーやライブパフォーマンスを展開した。 C Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward C AbemaTV, Inc. 予めご了承ください。 関連記事•

次の

#川尻蓮 X 蓮くんお誕生日

川尻 蓮 誕生 日

趣味はゲーム、体を動かすこと、マジックとお笑いを見ること。 特技はフリースタイルダンス。 指先まで繊細でしなやかかつ力強いダンスが特徴的である。 座右の銘は、「楽しむためには実力が必要だ」。 『何かの漫画であった言葉で、すごい好きだったのでこれにしました』と語る。 キャッチフレーズは、「あなたという池に咲かせてください蓮の花」• 好きな食べ物はチョコレートとフルーツ。 好きな漫画はワンピースとハイキュー!!。 目標としている人は山下智久、SEVENTEEN。 お化け屋敷と絶叫マシーンは得意。 お化け屋敷では、「人がオドオドしているのが面白い」という。 誰かが自分を驚かそうとしても、驚かしにきている過程を感じ取ることができるため、驚くことはないという。 ダンサーになるために上京し、バックダンサーとしてアーティストの後ろで踊っている内に自分を見てほしいという気持ちが強くなり、アーティストを本格的に目指し始めた。 ボイススクールにも通い、熱心にボイストレーニングに励んでいた。 『PRODUCE 101 JAPAN』への参加のきっかけは、川尻が昔から教えていたダンスの女子生徒からの勧めであった。 韓国の番組であったため、外見で韓国人に間違われることがあった川尻は縁を感じ、この番組への挑戦を決めた。 デビューが決まった後、その女子生徒に『教えてくれなかったら、僕はここにいないよ。 本当に感謝してる』というメッセージを送った。 事務所に所属しダンスや歌の練習を重ねた練習生が参加する韓国の『PRODUCE 101』シリーズと、無所属者のみが参加する日本版の『PRODUCE 101 JAPAN』の参加者のパフォーマンスのレベルが比較され、日本版の参加者には期待できないという声が上がっていることを知った川尻は、日本版の参加者全体のパフォーマンスレベルを底上げするため、オーディション期間中、ダンスが苦手な他の参加者一人一人にダンスを教えて回った。 JO1のメンバーの川西からは「チームとして信頼できる存在」、大平からは「いなければならない存在」、河野からは「人の心を読むのがすごい上手い」、豆原からは「とても色々なことを考えていて気を配る」、與那城からは「お菓子大好き」、佐藤からは「色々教えてくれるお兄さんみたいな感じの存在」、鶴房からは「白髪のダンサー」と評されている。 金城からは「申し分ないくらい全てがパーフェクト」と評されている。 白岩からは「パフォーマンスしてる時、めちゃくちゃカッコいい」 、木全からは「イラズラとゲームが好きで負けず嫌い。 笑った時の目が可愛らしい」 と評されている。 JO1のメンバーからゲームの強さ、頭の回転の早さ、記憶力の高さを評価され、JO1で一番頭が良い人に選ばれた。 高い表現力と隙のないダンススキル、メンバーを温かく見守る器の大きさを兼ね備えたグループの大黒柱的存在である。 デビュー前出演歴 ライブ・コンサート ・ (2014年11月、ヤフオクドーム)サポートダンサー ・ (2015年8月、ヤンマースタジアム)アクトダンサー ・ 『』(2015年12月、ヤンマースタジアム)九州黒ドリ ・ ファンミーティング「名探偵FT」(2017年2月、国際フォーラム、大阪グランキューブ、名古屋センチュリーホール)バックアップ ・ from 1st Solo Fanmeeting in Japan ~フニの声、舞、描~(2017年8月、中野サンプラザ)バックアップ ・「MYNAME LIVE 2017『MYNAME』~さよならからはじまるSTORY~ 」(2017年8月、国際フォーラム)バックアップ ・ 「2017」(2017年11月、横浜アリーナ)バックアップ ・『WORLD WIDE』(2018年1月、2019年1月) バックアップ、 バックアップ ・ 「Bumblebee」(2018年4月、サンシャイン池袋)バックアップ ・「vazride」(2018年6月、豊洲pit)ダンスパフォーマンス出演 ・『ONE:THE WORLD IN TOKYO「kangaroo」』(2018年7月、幕張メッセ)バックアップ ・「LBH tour 2018」(2018年8月、大阪フェスティバルホール、中野サンプラザホール)バックアップ ・ 「」(2018年9月〜12月)ツアーダンサー ・ 「Dream Stage Welcome in SkyPeaceisen Party Time」(2018年12月)ツアーダンサー ・「The first Japan Zepp tour -Dear COSMO-」(2019年1月〜2月、東京公演、大阪公演)バックアップ 映画 ・「」(2017年5月)ダンサーエキストラ PV ・『WE ARE! 』(2017年7月)サポートダンサー ・『Right moves』(2018年11月) テレビ番組 ・(2018年11月23日、)バックダンサー ・(2018年12月2日、2019年6月15日、)バックダンサー ・(2019年6月21日、)バックダンサー ・(2019年9月〜12月、TBS系列、)• JO1 OFFICIAL FANCLUB 「MESSAGE Vol. 6 JO1履歴書」より• PRODUCE101JAPAN公式「PICK MEフォト」より• 別冊マーガレット 2020年5月号「JO1スペシャルインタビュー 兄Line編」より• JO1 OFFICIAL FANCLUB「JO1 WEBラジオ 『Jamming with JO1 vol. 17』」より• LOVE FM 「Departure Lounge」2020年2月25日]より• JO1 Official YouTube Channel [JO1 スペシャルインタビュー映像]より• JO1 Official YouTube Channel [JO1 リーダーを決めよう!]より• ViVi 2020年5月号 「ハウス・オブ・ハイビスカス」より• 日本語 , 2019年12月30日閲覧。 日本語 , 2019年12月30日閲覧。

次の