インスリン 自己 免疫 症候群。 SH基を持つ薬は低血糖を起こす?

インスリン抗体

インスリン 自己 免疫 症候群

5月27日から岡山市で開催された第53回日本糖尿病学会で内潟氏が発表した。 自発性低血糖症は、 糖尿病治療薬の服用や インスリン治療とは関係がない 低血糖症で、突然の震えから意識障害までさまざまな低血糖症状が見られる。 1982年と1988年に東京女子医大が行った全国調査では、いずれでも、原因疾患の1位が インスリノーマで、2位が膵外腫瘍による低血糖症(NICTH)、3位が インスリン自己免疫症候群(IAS)だった。 しかし、近年、学会発表や学会雑誌において、これらとは異なる自発性低血糖の症例報告が目立つようになってきた。 症例の多くは、発症時にサプリメントや漢方薬を服用していた。 そこで、内潟氏らは、20年ぶりに自発性低血糖症の実態を調査し、時代による原因疾患の相違を検討することとした。 「病院便覧」から200床以上の病院(内科部長あて)と大学病院(内科および小児科教授あて)に、全2183通の調査依頼状を送付。 調査に協力できると返答があった施設に、過去3年間の自発性低血糖の患者登録を依頼した。 明らかに糖尿病治療薬やインスリン注射による低血糖症と分かる症例は除外した。 登録された症例が自発性低血糖症の定義に合致するかどうかの判定は、主任および分担研究者による判定会議で行った。 倫理委員会承認後の2009年8月末から2010年1月末までに207例が登録された。 その結果、原因疾患の1位はインスリノーマ54例(26. 0%)で前回の調査と順位が同じだったが、2位インスリン自己免疫症候群(IAS)38例(18. 6%)、3位インスリン拮抗ホルモン低下症が20例(9. 6%)と、インスリン自己免疫症候群(IAS)とインスリン拮抗ホルモン低下症が頻度が高まっていた。 前回は3番目に多かった膵外腫瘍による低血糖(NICTH)は今回は5位で8人(3. 8%)。 1疾患3例以下のものや診断不明例が合計29. 0%を占めていた。 1%を占めていた。 そのほか、コエンザイムQ2が2例、抗リウマチ薬のブシラミンやバセドウ病治療薬のメチマゾールなどが疑われた例も1例ずつ報告された。 また、インスリン拮抗ホルモン低下症20例の内訳は、ACTH単独欠損症8例、汎下垂体機能低下症7例、原発性副腎機能低下症3例、甲状腺機能低下症2例だった。 そのほか、今回登録された症例で、低血糖症と関連していると報告された薬物やサプリメントの使用例は、アルコール9例、コハク酸シベゾリン(不整脈薬)3例、コエンザイムQ2例、漢方薬の男根増進薬2例があった。 (日経メディカル別冊編集).

次の

インスリン自己免疫症候群

インスリン 自己 免疫 症候群

糖質を摂取すると、血糖値が急激に上昇• それに伴いインスリンが大量に分泌される• その結果、血糖値が急降下• 低血糖状態になり心身に様々な症状が現れる• 代表的な症状は疲労感、めまい、うつなど• 治療の基本は食事療法• 血糖値を急激に上げない食材が有効 発症の機序などは次の記事に詳しく書いてありますので、まずはこちらをお読みいただくのがいいかもしれません。 有効な治療法はまだ知られておらず、食事療法が主な対処法となります。 それについては、次の記事を参考になさってください。 実例や体験談はネット上にもあまり公表されていませんが、2016年のAKB48の選抜総選挙で14位に入った岡田奈々さんが、選抜入りのスピーチで自分が機能性低血糖症(反応性低血糖症と同じ)であることを告白し、話題になりました。 そのことに関連した記事がこちらです。 加えて僕の高校生の長女が最近、反応性低血糖症と診断された経緯についても記事にしています。 ここまでは最近注目を集め始めている反応性低血糖症についてですが、今回お伝えするのは、ちょっと特殊な原因、「抗インスリン抗体」によって低血糖症が引き起こされる「インスリン自己免疫症候群」についてです。 インスリン自己免疫症候群とは インスリン自己免疫症候群とは、 血糖値を下げる働きをするホルモン「インスリン」に対して、抗体が作られてしまう疾患です。 この抗体を 「抗インスリン抗体」と呼びます。 (上図は抗体の分子構造のイメージです) 「抗体」とは、体内に侵入してきた細菌やウイルス、微生物に感染した細胞を抗原として認識して結合する物質のことです。 異物と認識した対象を排除しようとする生体の防御機構を担っているのが抗体というわけです。 自己の身体の一部を、何らかの原因によって「非自己」と誤認してしまい、排除しようとしてしまう作用を 「自己免疫反応」といいます。 体内で重要な役割を担っているインスリンを排除すべき異物と誤認して、抗インスリン抗体が作られてしまうのが「インスリン自己免疫症候群」なのです。 抗インスリン抗体はなぜ作られるのか 抗インスリン抗体が誤って作られてしまう最もよく知られた引き金は、糖尿病の治療で行われるインスリン注射です。 体外から投与されたインスリンを異物と認識して抗体が作られてしまうわけです。 この場合、投与されたインスリンに抗インスリン抗体が結合して、インスリンの働きを阻害します。 その結果、注射をしているのに効かない、つまり血糖値が高いまま下がらないという事態が起こります。 ですが、今話題にしているのは、このような糖尿病患者の例ではありません。 インスリン注射を受けていない人の体内で、抗インスリン抗体が作られてしまうケースがあるのです。 この体質にある種の免疫刺激が加わると、インスリンに対する抗体が形成されると考えられています。 これらの物質の構造の一部がインスリンのSS結合と呼ばれる箇所を切断し、それが自己免疫反応を惹起するというメカニズムが推測されています。 なぜ抗インスリン抗体が低血糖を引き起こすのか 普通に考えると、インスリンの働きを阻害する抗インスリン抗体ができると、血糖値を下げることができなくなって、高血糖を招いてしまうはずですよね。 ではなぜ、抗インスリン抗体が低血圧を引き起こすのでしょうか。 その理由は、この抗体の性質によります。 抗インスリン抗体は、インスリンとすぐに結合してその働きをいったんは阻害するのですが、結合力は比較的弱く、何かのきっかけですぐにはずれてしまいます。 そのため、 結合していたはずのインスリンが大量に抗体から遊離すると、一気に血糖値を低下させてしまうのです。 血糖値が急降下すると、動悸や手足のふるえなど様々な身体症状、そしてうつや焦燥感などの精神症状が現れます。 インスリン自己免疫症候群の治療 基本的には反応性低血糖症の治療と同じです。 食事制限ですね。 食事の回数を増やしたり、炭水化物の摂取を減らして低GI値の食品を取り入れたりすることで、急激に血糖値が上がらないように食事を工夫することが基本になります。 臨床例では、このようにコントロールすることで、抗インスリン抗体は、おおむね 3ヶ月以内で身体から消失すると報告されています。

次の

ロキソプロフェンナトリウムによるインスリン自己免疫症候群

インスリン 自己 免疫 症候群

ロキソプロフェンナトリウムによるインスリン自己免疫症候群 2019年1月掲載 薬剤 ロキソプロフェンナトリウム 中枢神経用薬 副作用 インスリン自己免疫症候群 概要 82歳、女性。 以前から腰痛に対しロキソプロフェンナトリウムを内服していたが、運動時のふらつきと空腹時の手指振戦を主訴に受診し、IRI 945. 6%、Cペプチド4. 1%と高値であった。 HLA-DR4陽性で、75g OGTTではIGI型を呈し、IRIは前値44. ロキソプロフェンナトリウムによるリンパ球刺激試験は偽陽性であった。 インスリン自己免疫症候群 Insulin Autoimmune Syndrome:IAS と診断し、被疑薬のロキソプロフェンナトリウムを中止した。 その後、低血糖発作は消失し、血中IRIとインスリン抗体は徐々に低下した。 3年後にはIRI 3. 1%まで改善した。 薬剤名から探す• 日本商品分類から探す• 神経系および感覚器官用医薬品• 器官系用医薬品• 代謝性医薬品• 組織細胞機能用医薬品• 生薬・漢方薬• 病原生物に対する医薬品• 治療を目的としない医薬品• その他• 掲載年月から探す• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019• 2020•

次の