お盆 きゅうり なす。 お盆に見かける、なすときゅうりの置物は何ですか?

お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味って何?いつ飾るもの?地方などで違う?

お盆 きゅうり なす

初盆に用意する「なす」と「きゅうり」の意味は? ナスに割りばしが刺さって動物に見立てられたものを 精霊牛(しょうりょううし)。 キュウリに割りばしが刺さって動物に見立てられたものを 精霊馬(しょうりょううま)と呼びます。 日本では、お盆の時期にはご先祖様が家に帰ってくると言われています。 その際に ご先祖様が安心して安全に帰ってこられる交通手段として、この牛と馬をご提供しているのです。 なす「精霊牛(しょうりょううし)」・きゅうり「精霊馬(しょうりょううま)」 ナスが牛、キュウリが馬に見立てられていますが、 ご先祖様をお迎えするために精霊馬、帰りは迷わず帰ってもらうために精霊牛を飾ると言われています。 ご先祖様がゆっくりと休めるよう、早く家に帰ってこられるために馬でお出迎えし、名残り惜しくはありつつも、いろんなもの(お供え物など)を持ち帰ってゆっくりと安全に帰路についてもらうために牛でお帰りいただくのです。 なぜ「なす」と「きゅうり」が使われるようになったのか ナスもキュウリも夏野菜として お盆の時期に入手しやすいもので、かつその時期に 旬を迎えるためお供え物としても適しているという理由だそうです。 しかし藁で精霊馬を作ることもあるようで、これは時代や宗派や地域によって伝統に違いがあるので、すべてがそうだとは言い難いようです。 スポンサードリンク お盆に用意する「なす」と「きゅうり」の作り方と必要な材料 それでは、精霊馬と精霊牛の作り方を見ていきましょう。 なす、きゅうり、割りばしもしくはつまようじ 材料は以下のとおりです。 ・ナスとキュウリ ・割りばし(小さいものだとつまようじ) ・割りばしを切れる大きめのはさみ ナスは牛らしい力強さを感じさせられるように、 どっしりと大きめで、少し曲がったものを選びましょう。 真っ直ぐのものよりも動物らしさが出ます。 キュウリは馬のように早く走れるよう、 スラっとしたものを選ぶとよいでしょう。 ナス同様、少し曲がったものを選ぶと動物らしさがでます。 作り方 作り方は簡単です。 同じ長さの割りばし4本を2セット作ります。 精霊牛(ナス)の場合は牛らしく見せるため、1本の割りばしを4等分した 短めサイズがおススメです。 ヘタを頭側にして、割りばしを4本刺します。 きちんと立つように割りばしの位置は調節して刺しましょう。 精霊馬(キュウリ)の場合は馬らしく見せるため、1本の割りばしを2等分して(2本の割りばしで4脚分) 長めのサイズがおススメです。 曲がった部分を頭にして、割りばしを4本刺します。 ナス同様、きちんと立つように割りばしの位置は調節して刺しましょう。 スポンサードリンク 「精霊馬」と「精霊牛」の置き方は? 地域や宗派によって、精霊馬や精霊牛の置き方は異なります。 玄関に飾る場合は、家の中から外を向く方向に飾ります。 精霊棚に飾る場合は、2つ飾り方があります。 精霊棚の2つの飾り方 1つ目は、 お迎えの日には外から家の中を向く方向に飾り、お送りのときには家の中から外を向く方向に飾る方法。 そしてもう一つは、 精霊馬は外から家の中を向く方向、精霊牛は家の中から外を向く方向に飾る方法です。 1つ目の場合はお盆期間中に飾り方を変える必要があるので注意しましょう。 精霊馬や精霊牛を処分する場合はどうする? お盆を終えてご先祖様をお見送りしたら、精霊馬と精霊牛を処分しなければなりません。 もちろん食べるのはご法度です。 処分の仕方にも地域差がありますが、主な処分方法としては以下のようなものが挙げられます。 ・お飾りやお供え物と一緒に燃やす ・土に埋める ・川や海に流す(自治体によって禁止されている場合もあります) ・白い紙にくるみ塩で清めた後、可燃ごみとしてゴミに出す ・お寺で処分してもらう 地域によっては自治体が禁止しているものがあったり、家によっては埋めるところがない場合もありますので、地域や家の慣習に従うとよいでしょう。 まとめ 今回は精霊牛と精霊馬についてまとめてみました。 ご先祖様をお迎えし安全にお帰りいただくという日本の伝統的な風習ですが、地域や時代によっても詳細は変化しています。 実際に飾る時期や処分方法なども異なっていたり、そもそも精霊馬などは作らないという宗派もあるようなので、きちんと確認してから行うとよいでしょう。 スポンサードリンク なすびの人気コンテンツをチェック レタスで人気のある記事を4つ紹介します。

次の

お盆になすときゅうりの精霊場を飾る地域は?作り方から処分の仕方まで

お盆 きゅうり なす

お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味って何? お盆になすときゅうりで作る馬と牛は 精霊馬・精霊牛と呼ばれ、 お盆に、ご先祖様が行き来する乗り物として作られました。 なすときゅうりで作った精霊馬の意味は なすやきゅうりは夏野菜ということもあり、 きゅうりは足の速い馬として見立てられ、 あの世から早く家に戻って来れるように。 ナスは歩くのが遅い牛として見立てられ、 少しでもこの世から帰るのを遅らせようとしたとされています。 お盆にご先祖様を供養するお供物などを持ち帰ってもらう為に 牛にしたとも言われています。 お盆になすときゅうりの精霊馬はいつ飾るもの? 一般的には7月12日がお盆入りとなります。 13日を迎え盆とされている事が多く、 15日・16日のどちらかを送り盆とされています。 地方によって旧暦の7月や ひと月遅い8月13日から16日までのところもあります。 精霊馬をいつ飾るのかといいますと、 13日の朝に精霊棚を作り、この棚の上になすやきゅうりで作った 精霊馬を置いて飾ります。 そして13日のこの日に、ご先祖様が迷われないように 家の門口や庭先で 迎え火を炊きます。 お盆に飾るなすときゅうりは地方で違う? 精霊馬は北海道から中部日本の地方では、 16日の送り盆に精霊馬を作り、供え物と一緒に川や海へ流していました。 関東地方では、13日の迎え盆に精霊馬を作り、送り盆に流すという風習です。 また、地域によって考え方が2通りありました。 ご先祖様を丁寧に迎えるために 迎え盆に牛を作り、 早く帰ってもらうために 送り盆に馬を作るという地域と、 一般的な、早く来て貰うための馬、ゆっくり帰ってもらう為の牛、と 全く逆の考え方があるようです。 送り盆が済んだ後の精霊馬は、 現在は川や海に流すことは出来ませんので 土に埋めたり、塩などで清めて捨てると良いと言われているそうです。 まとめ 精霊馬は全国でお盆の行事の1つとして行われています。 ただ、各家で精霊馬を飾る飾らないがありますので 必ずしなくてはいけないということはありません。 また信仰している仏教にもするしないや、飾り方も違うようなので 調べてみるのもいいかもしれませんね。

次の

お盆にお供え物をする意味 きゅうり・なす 下げた後

お盆 きゅうり なす

お盆のなすときゅうり「精霊馬」の名前と役割について お盆のなすときゅうり、お供えされているのは 可愛く見えてしまいますが実はしっかりとした 役割があるのです! では一体どんな意味があるのかみていきましょう。 まず、なすは 牛に例えられておりきゅうりは 馬に例えられいます。 それぞれ精霊牛、精霊馬と呼ばれており夏の 時期に収穫しやすいため使われるように なったとされています。 きゅうりで作られた 精霊馬は足が速いと 言われており、 御先祖様があの世から早く 帰ってこれるように乗る乗り物とされて います。 なすで作られた精霊牛は足が遅いことから 御先祖様に少しでも長くこの世に残って もらえるようにとされている乗り物と されています。 ですので、なすときゅうりは御先祖様が少し でも楽に あの世とこの世を行き来できる 乗り物なのです。 ちなみに少しでも家族と一緒に過ごす時間を 長くするためにという思いも込められています。 お供えな仕方はなすやきゅうりに短く切った 割り箸を 4本ずつさして仏壇にお供えします。 お盆の最終日には川や海に流しにいくのが 昔からの風習になっています。 川や海が近くにない場合はお寺や自治会が やっている 焚き上げを利用するのも おすすめです。 焚き上げも出来ない場合は半紙などに丁寧に 包み塩でお清めしてからゴミ箱に捨てる スポンサードリンク ようにしましょう。 そうめんに馬と牛を乗せる?!お盆にまつわる地域差あれこれ お盆にそうめん?って思う方もいると思いますが お供えは地域によって違う場合があります。 まず、何故そうめんにがお供えされるのかと いいますと、 縁起物とされており 長く細く いい事が続きますようにという思いが 込められいます。 そうめんの上に馬となるきゅうり、牛となる ナスを乗せるのは御先祖様があの世とこの世を 精霊馬、精霊牛に乗って帰ってくるときの 手綱になると言われています。 そのほかにも、あの世へ帰るときに御先祖様は 荷物を沢山持って帰るため背負う時の紐の 役割があるとも言われています。 お供え方については素麺のまま供える方法と 茹でた麺を供える 2通りがあります。 盆棚にお供えする場合は素麺のままでお供え するのが一般的で、御先祖に食べてもらう ために行事食としてお供えする場合は茹でた 麺を使うのが 一般的になっています。 ちなみに盆棚に飾る素麺は飾り付け用のものが スーパーなどにも売っているのでそちらを 買うのが おすすめです。 地域によっては手綱のそうめんの代わりに うどんを使用する地域もあります。 お供えするものは一緒でも踊りを踊ったりする 地域など 花火大会をする地域など様々あります。 まとめ いかがでしたか? なすときゅうりには御先祖様があの世とこの世を 行き来する為に 必要な乗り物になります。 なんとなく飾られているだけと思っていても 実は重要な役割をしていたんですね! 地域によってお供えや御先祖様の迎え方が 違うのは驚きでしたね。 多少地域によってお供えの仕方はかわって 来ることがあるので自分の地域はどのように 精霊馬、精霊牛を飾るのか事前に理解して おく事が おすすめです。 これを機にお盆のシーズンは御先祖様や家族 みんなが楽しく過ごせるようにお盆の準備を するといいと思いますよ!.

次の