平手友梨奈 ツイッター。 「平手友梨奈」のYahoo!検索(リアルタイム)

【欅坂46】『 平手友梨奈 』アンチによる理不尽な物言いツイートが物議

平手友梨奈 ツイッター

俳優の志尊淳が4日、ツイッターを更新し、10月30日公開の映画『さんかく窓の外側は夜』で共演する岡田将生と平手友梨奈との3ショットを公開。 1月23日に欅坂46を脱退した平手のファンからは「てち!!!可愛すぎる!!!!」「志尊さんありがとうございます」と驚きと感激の声が殺到した。 映画『さんかく窓の外側は夜』は漫画家ヤマシタトモコ原作の同名ミステリーホラーの実写映画化。 岡田が霊をはらえる除霊師・冷川理人役を、志尊が霊が視える特異体質に悩まされている書店員・三角康介役をダブル主演で演じる。 志尊は「冷川。 エリカ。 」「まーくん。 しそん。 」とつぶやき、自身と岡田、平手との3ショットをアップ。 欅坂46時代、パフォーマンスでは険しい表情を浮かべることの多かった平手だが、この写真ではリラックスした表情で、先輩俳優の2人の横で笑顔を見せている。 平手ファンからはこの3ショットに反響が殺到。 てち!」といった驚きの声が多数届いたほか、アップした志尊に対しても「志尊くんありがとうございます!!」「てちをよろしく頼みます」などの声が多数相次いでいた。

次の

平手友梨奈ソロ曲一覧まとめ!歴代のてちソロ曲を振り返り!【欅坂46】

平手友梨奈 ツイッター

1月にを電撃脱退した(19)が、男女5人組バンド・のベストアルバム『5』(8日発売)に収録される代表曲「WanteD! WanteD! 」(Side Story ver. )のミュージックビデオ(MV)に出演していることが明らかになった。 平手が音楽活動を行うのは脱退後初となる。 本作は、Mrs. GREEN APPLE が2017年に発表した「WanteD! WanteD! 」のアナザーストーリー。 オリジナルバージョンをリリース当時に野外フェスで平手と出会い、その直後にイベントでも共演し、親交を深めてきた。 アナザーストーリーMV制作にあたっては、リリース当時の思い出が色濃く残る平手に出演をオファー。 平手もミセスの中で1番好きな楽曲であり、親交を深めるきっかけともなった楽曲とあって快諾した。 MVは、奇抜な服装で何かから逃れるように渋谷をさまよう少女と、純白のワンピースをまとって砂浜でずぶ濡れになりながら踊る少女の2つの世界観で構成。 「てちお帰り」「やっぱりてちはすごい」「解放された平手友梨奈最強だな」「ミセスもてちも好きだから嬉しいー」と歓喜の声が続々とあがっている。

次の

平手友梨奈の“笑顔”にファン感激「てち可愛い」 志尊淳のツイッターに登場 /2020年3月6日 1ページ目

平手友梨奈 ツイッター

2016年にデビューした、坂道グループ第2弾の「欅坂46」。 デビューシングル「サイレントマジョリティー」から現在まで、全ての表題曲でセンターを務めているのは、1期生の最年少メンバー・平手友梨奈さんです。 楽曲を自らの身体に憑依させているかのような、全身全霊で表現するパフォーマンスで圧倒的な存在感を示し、その高いカリスマ性で唯一無二のアイドルとして様々な層から支持を集める彼女。 デビュー当初からセンターとして高い注目を集め、欅坂46のこれまでのシングルには彼女がソロで歌っている楽曲もいくつか収録されてきました。 サクッと読める目次• 「山手線」 平手友梨奈さん初のソロ曲は「山手線」です。 ミディアムテンポな昭和歌謡曲風の懐メロサウンドが印象的なナンバー。 思春期特有の将来への不安や、周囲と比較してしまう心情などが歌詞で表現されており、ミュージックビデオではまだデビュー当時ながらも、世界観たっぷりの憂いを帯びた表情でパフォーマンスする平手さんの姿を堪能できます。 「渋谷からPARCOが消えた日」 平手友梨奈さんのソロ曲、2曲目は「渋谷からPARCOが消えた日」です。 若者の街として代表される渋谷を訪れた少女期の思い出を歌う歌詞に、山手線に続く昭和歌謡曲を思わせるロックテイストの曲調がマッチしたクールなナンバー! タイトルにある通り、渋谷の有名ファッションビル「PARCO」がサビの中で繰り返しのフレーズとして使われており、とても耳に残ります。 ミュージックビデオでは赤のパンツスーツに身を包んだ平手友梨奈さんが力強く歌う姿が印象的。 こんな派手な衣装を着こなせし、こんな楽曲をソロでカッコよく歌えるアイドルは間違いなく平手さんくらいでしょう。 この「渋谷からPARCOが消えた日」は2016年8月10日に発売された欅坂46の2ndシングル「世界には愛しかない」のType-Aに収録されています。 「自分の棺」 平手友梨奈さんのソロ曲、3曲目は「自分の棺」です。 ちなみに平手さんは「棺」の字が読めなくて「自分の執事が死んでしまうの?」と勘違いしたとのこと。 (想像するとかわいい・・・キャロてち・・・!!) しかし、改めてタイトルの意味と歌詞を見た時には、「私っぽいな」と感じたと語っています。 作詞した秋元康さんも雑誌のインタビューで「平手はよくこの場からいなくなりたいと言っている」と発言。 「自分の棺」はそのような平手さんのイメージをもとに作った曲だと言われています。 また、この曲では「決別は再生である」というメッセージを伝えたかったとも語った秋元さん。 2017年の幕張メッセで行われた欅坂46の全国ツアー最終公演のダブルアンコールでこの楽曲を披露した時には、平手さんがギターを弾くパフォーマンスも行われました。 パフォーマンスへの思いはもちろん、炎が燃え盛るというステージ演出も相まって、なんと当時平手さんは意識が朦朧としていて、無心でパフォーマンスを行ったとのこと。 いろいろと衝撃的なソロ曲ですが、まるで平手さんそのものを歌にしたようで、彼女の歴史を語る上では絶対に外せないナンバーですね。 この「自分の棺」は欅坂46の1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」Type-Aに収録されています。 「夜明けの孤独」 平手友梨奈さんのソロ曲、4曲目は「夜明けの孤独」です。 これまでのソロ曲のイメージから一転し、アコースティックギターとオケサウンドが合体した柔らかく静かな曲調の一曲。 バックサウンドが抑えられた分、平手さんの透き通った歌声が協調され、平手さん自身の独白のようにも聞こえますよね。 曖昧で不安定な心情を歌った2曲のソロ曲と、決別と再生を説いた「自分の棺」を経た、新たな彼女の姿が詰まっているような、そんなイメージがこの「夜明けの孤独」にはあります。 この「夜明けの孤独」は2018年3月7日に発売された欅坂46の6thシングル「ガラスを割れ! 」Type-Aに収録されています。

次の