カトリック と プロテスタント の 違い。 プロテスタントとは?カトリックとの違いや歴史など解説

カトリックとプロテスタントの違いとは?十字架や教会で簡単に見分ける方法

カトリック と プロテスタント の 違い

カトリックとプロテスタントは、同じ「キリスト教」であっても、その考え方に大きな違いがあります。 カトリックは、考え方の根本に「伝承と聖書を、共に神の啓示として考える」という姿勢があります。 映画などでもよく取り上げられるバチカンのローマ教皇の言葉を重んじるのは、彼の言葉が、この「神の啓示」と同じものだと考えられているからです。 一方、プロテスタントは、聖書を絶対的なものとして扱います。 カトリックは、ローマ教皇を文字通り「頂点」としますが、プロテスタントにはこのような考え方はありません。 このような考え方の違いは、葬儀の場においても現れます。 まず、カトリックの葬儀においては、宗教者は「神父」と呼ばれます。 対してプロテスタントの場合は「牧師」と呼ばれます。 さらに、カトリックの場合は、油を使った秘跡や聖体の拝領、臨終の祈りなどを必要としますが、プロテスタントの場合は油を使った秘跡は必ずしも必要なわけではありません。 亡くなられてから埋葬までの手順 ここでは、カトリックにおけるご臨終~葬儀の流れについて紹介いたします。 (1)終油の秘跡(塗油の秘跡)・聖体拝領・臨終の祈り 仏教の葬儀というのは、多くは「亡くなった後」に始まるものです。 しかし、カトリックの場合は異なります。 カトリックの場合、大切な家族が危篤の状態に陥った場合、その段階で神父を呼ぶことになります。 つまり、臨終前から宗教者に立ち会ってもらうことになるのです。 カトリックにおいて、罪の許しを乞う秘跡の一つとして「病人に対して行う塗油の行為」があります。 これはこの場においても行われます。 旅立ちが安らかであるようにと願い、額などに油を塗ります。 これによって、今までの人生の罪の許しを乞うことができると考えられています。 次に行われるのが、「聖体拝領」と呼ばれるもの。 これは、パンとワインを与える、という儀式です。 だれもがよく知るキリストの最後の晩餐が、この儀式の由来となっています。 その後に、神父による臨終の祈りがささげられます。 ご遺体を移動する段取りを行うのは、この後からです。 (2)納棺式 意外に思われるかもしれませんが、カトリックにおいて、「納棺の儀式」については、特にこれといったやり方が定められているわけではありません。 ただ、現在では慣習として、ご遺体に白い布をかけて棺にお入りいただくというやり方がとられています。 これは、プロテスタントと同じやり方です。 この後で、棺のなかを生花でいっぱいに埋め尽くします。 このように「花をもって大切な人を見送る」という考え方は、仏教とも似ています。 (3)通夜の集い これも、カトリックにおいては特に定めがありません。 現在では、神父とともに歌を歌い、聖書を朗読するかたちをとっているところが多いです。 このあたりは、仏教との大きな違いになりますが「故人の思い出を語り合う場でもある」「神父による説教が行われることもある」という点では共通しています。 (4)葬儀・告別式 カトリックにおける葬儀は、入堂聖歌・開式の辞・葬儀のミサの流れで行われます。 また、告別式は、入堂聖歌・聖歌斉唱・弔辞・弔電の紹介・献花・遺族の挨拶が行われます。 このなかでも特徴的なのは「葬儀のミサ」です。 このときには「言葉の典礼」と「感謝の典礼」が行われます。 前者は、神父が行う説教と聖書の朗読を指し、後者は聖体拝領の考えに基づくものです。 感謝の典礼のときは、ご遺族がパンとワインをささげ、それを神父が参列者に配ります。 (5)出棺式 白い布をめくり、最後の別れを告げます。 このときに献花をすることになりますが、その流れは以下の通りです。 両手で花を受け取る。 右手は手のひらを上にして、左手は下にする 2. 祭壇に一礼する 3. 花を回し、茎のほうを祭壇側に向けて献花台に置く 4. 黙とう(手を合わせる)、もしくは一礼して、さらに遺族へ一礼して席に戻る (6)火葬 キリスト教の基本は「土葬」ですが、日本では火葬が主流になります。 棺の中は花で満たされ、棺の蓋の上にも花(十字架を置くこともあります)を置き、参列者の最後の祈りと神父の祈りに見送られ、火葬が行われます。 骨壺に収骨するのは他の宗教と同じですが、桐箱の覆いは黒色で十字架のついたものを利用する場合が多くあります。 (7)葬儀後について 葬儀後は、「召天記念日(亡くなって1か月後)」にあわせて埋葬されるケースが多くなっています。 また、ご逝去後3日目・7日目・30日目に追悼ミサを行います。 その後の追悼ミサは、毎年命日に行われます。 カトリックの葬儀の注意点 葬儀料金の相場は、内容によって40万円ほど~となります。 自宅・教会・セレモニーホールなどの場所にもよりますが、一般的なお見送りでは総額で100万円ぐらいが目安となるでしょう。 人数や物品のグレードによって費用は調整がききますので、事前に公益社にご相談いただき、ご予算と折り合いを付けておくとご安心いただけます。 公益社のキリスト教葬儀では、お見積りの際に教会の使用料やお花代などまで、必要なものを明確にしながらご提案をしています。 そのため、過不足のない総額が算出されますので「こんなにかかるとは思っていなかった!」などのトラブルを避けることができます。 ぜひ一度、公益社にご相談ください。 葬儀のマナーをもっと見る.

次の

ピューリタンとプロテスタントの違いから考えるピューリタン革命(イギリス史)

カトリック と プロテスタント の 違い

ピューリタン革命とは、宗教的な対立によって起きたイギリスの内戦のこと。 ピューリタンはイギリスのカルヴァン派の流れをくみ、「ピューリタン=プロテスタント」は厳密には誤りである。 ピューリタン革命の概要(チャールズ1世とクロムウェル) イングランド王のジェームズ1世と次のチャールズ1世がピューリタンを弾圧したことをきっかけに、イギリスは王党派と議会派(ピューリタン派)に分かれた。 1625年にイングランド王になったチャールズ1世は、1642年に議会派と戦闘を始める。 いわゆるピューリタン革命は1642年に始まったと考えられる。 ピューリタン革命では、独自の戦闘部隊をもっていたが議会派の中で台頭し、チャールズ1世と王党派に勝利した。 ネイズビーの戦いでクロムウェルの支配が決定した。 ピューリタン革命の背景(イングランド国教会とピューリタン) イングランド王のヘンリ8世は離婚問題からローマ教皇と対立し、イギリス・キリスト教会を独立させた。 それまで教会から徴収する税の一部はローマ教皇に納めていたが、ローマ教皇との断絶によって税のすべてがイギリスに入ることになり、イギリス国王の財政は大幅に強化された。 さらにヘンリ8世は修道院を解散し、教会の首長になった。 ヘンリ8世の改革により、イギリスは純粋なカトリックからイギリス国教会になった。 イギリス国教会は、カトリックでもプロテスタントでもピューリタンでもない「イギリス国教会」というものである。 ヘンリ8世の宗教改革を受けついだエリザベス1世は、統一法を制定してイギリス国教会を強固にした。 イギリス王の変遷 ヘンリ8世(1491~1547、在位1509~1547) エドワード6世 メアリ1世 エリザベス1世(1533~1603、在位1558~1603) ジェームズ1世 エリザベス1世はフランスのアンリ4世(プロテスタント)を援助し、またカトリックを弾圧した。 エリザベス1世の長い治世において、イギリスの商工業者などはカルヴァンの思想から影響を受けて、イギリス国教会の改革派(ピューリタン)になった。 メモ イギリス国教会はそもそも古いローマ・カトリックとの断然によって生まれた。 この意味でイギリス国教会自体は、一種のの成果だった。 しかしイギリス国教会がカトリック的な伝統を残しすぎたために、イギリス国教会の中でさらに改革を望む者たちが出てきた。 その改革派がピューリタンである。 ピューリタンは反カトリック、イギリス国教会の改革、カルヴァン主義の3つの性質をもっている。

次の

キリスト教【プロテスタントとカトリックの違い】

カトリック と プロテスタント の 違い

キリスト教を大きく分けると? 西方教会と東方教会に分かれる キリスト教は大きく分ければ 西方教会と 東方教会に別れます。 古くからローマ帝国の国教であったキリスト教でしたが、ローマ帝国は東西に別れてしまいます。 イタリアを中心とした 西ローマと、そこから東にあるということでギリシャを中心にした 東ローマです。 キリスト教も イタリア風と ギリシャ風に分かれていき、11世紀に西方教会と東方教会に別れていきます。 西方教会はローマ・カトリックになり西ヨーロッパを中心に広まっていき、東方教会はギリシャや東ヨーロッパにギリシャ正教などの東方正教会として広まっていくことになります。 キリスト教の宗派別の人口 キリスト教の宗派で 最も多い宗派はカトリックになります。 世界全体では 12. 4億人であり、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジア全域などでカトリックの信者は多くなります。 プロテスタントの世界人口は 5. 5億人となり、アフリカやオセアニアで北アメリカなどでカトリックに迫るような割合で存在します。 8億人です。 なおアメリカでは無神論者に続きカトリック、プロテスタントの信徒が多くなりますが、カトリックやプロテスタントに分類されにくい新興のキリスト教の宗派も数多くあります。 現在のキリスト教の宗派ではカトリックが最も多く、プロテスタントがそれに次いで多いことになるわけです。 カトリックは信者を獲得するために宗教絵画や荘厳で巨大な教会を建てるようになります。 王族や貴族、石工の組合などとも結束することにより、精神的な世の中の支えであるだけでなく、社会の経済や政治力も支配するようになっていったのです。 カトリックは大きな発展を見せていましたが、それに反対する考え方を持つキリスト教徒が増えていきます。 16世紀にマルティン・ルターなどは、大きな組織となり過ぎた中世カトリックよりも、キリスト教の原典である聖書を中心にした形に、当時のカトリックを変えようと行動します。 その宗教的な動きには政治的な支配者である各国の王や有力諸侯なども追従する形になり、大きな宗教的・政治的な闘争を招くことになるのです。 「プロテスタント 抗議者 」の名称は、当時のドイツの支配者でありカトリック教徒でもある神聖ローマ帝国皇帝カール5世に 抗議文を送ったことでつけられました。 ちなみに、現在でも英語圏で反対運動のデモなどが起きると「protest」という英単語が用いられています。 プロテスタントの主張:福音主義 プロテスタントたちの宗教改革は、具体的には何を求めていたのでしょうか? 政治的な権力闘争などを除けば、彼らの主張は 「福音主義(ふくいんしゅぎ) 」というものが最大の目的となります。 福音主義とは「聖書」をキリスト教の行動方針の中心にしようとしたものです。 当時のカトリックには聖書に記述されていない様々な儀式や価値観が多くあったのです。 古代ローマの時代から続いているカトリックは、その長い歴史のあいだに聖書以外にも多くの要素を信仰に取り入れます。 聖母マリアや各国の聖人たちへの信仰や 聖書以降のキリスト教の殉教者たちへの信仰 、免罪符などの金で買える救済などは、プロテスタントからすると聖書に記述がない行いであり、批判の対象でした。 プロテスタントは聖書を中心にした宗教にキリスト教を改革したいと望み、カトリックの教会中心・聖職者中心であった宗教からの脱却を目指します。 プロテスタントの特徴は、カトリックや教会機構に反発し、聖書のみが最大の権威であることを強く主張していることなのです。 プロテスタントの教義 プロテスタントは世界規模の教会組織がないため、プロテスタントの全員を統括するような教義もありません。 それぞれのプロテスタントたちが、それぞれの信仰や主張をもって活動しています。 それもまたプロテスタントの特徴ですが、プロテスタントは聖書を中心にしていることが重要な定義のひとつです。 とくに聖書を絶対視するプロテスタントのグループを「 福音派(ふくいんは)」と呼び、 「聖書は誤りのない神の言葉そのもの」と信じる集団になります。 聖書の記述を現実のものとすることを目的として活動する人々です。 聖書にもとづいて行動し、信者を集め、広めていくことがプロテスタントになります。 プロテスタントには多くの宗派がある プロテスタントは宗教改革により発生し続けるため、古いプロテスタントからも新しいプロテスタントが次々と枝分かれしています。 「信者が比較的少数の宗派が無数にある」ことも、プロテスタントの実態を示す言葉なのです。 エキュメニズムという宗派を超えた対話や協調などを目指すプロテスタントもいるため カトリックや東方正教会も参加 、プロテスタントの多様性は広いことになります。 カトリックとは?プロテスタントとの違いは何か 伝統的なカトリック カトリックはローマ教皇を中心にした、巨大な宗教組織でもあります。 カトリックは巨大な教会や宗教芸術の充実が特徴です。 教会を大きくしたり飾り立てたことには、カトリックの布教のスタイルが影響しています。 中世やそれ以前のカトリックではラテン語の聖書を使うことと、宗教的な儀式は神父などの聖職者が行うことが定められています。 ラテン語の聖書を読める一般庶民は少なく、そもそも有効な印刷技術のない時代では聖書を大量に印刷することも不可能です。 大きな教会を建て、教会のなかに宗教画を配置することにより、一般庶民にキリスト教の偉大さや、聖書の内容を示していたのです。 ほとんど誰も読めない聖書を手書きで書き写すよりは、高度な建築技術で作られた巨大な教会に行き、聖書の場面を絵画で理解することの方が、布教には有効なことだからになります。 カトリックの教皇 カトリック組織のトップはローマ教皇であり、ローマ教皇は初代のペトロ キリストの十二使徒 から「使徒の権利」を受け継いで来た地位になります。 教皇はローマの最高神祇官からも伝統を引き継ぐ名前でもあり、カトリックはローマ教皇を中心にして作り上げられた巨大な組織になります。 教皇はプロテスタントからも尊敬されることはありますが、基本的にはカトリックのリーダーであり、プロテスタントとは直接的な関わりないのです。 【関連記事】 プロテスタントとカトリックの違い• カトリックの聖職者を 神父、プロテスタントでは 牧師である。 カトリックの神父は 結婚することができないが、プロテスタントの牧師は 結婚が可能。 カトリックは 教会中心な面があり、プロテスタントは 聖書中心。 カトリックはキリスト教の 伝統全般を重んじ、プロテスタントは 聖書を重んじる。 カトリックでは 洗礼 正式なキリスト教徒になる儀式 は赤ちゃんの時に行い、プロテスタントでは大人になって 自己の判断に基づき行う。 カトリックの教義では 信仰と行動が重んじられるが、プロテスタントでは 信仰のみが救済の条件。 カトリックではキリスト教は 社会的な活動、プロテスタントではキリスト教は 個人的な活動になる。 プロテスタントは、カトリックの教皇制度や儀式などについて 否定的なところもある。 両者には多くの違うところがありますが、それはカトリックが聖書のみならず伝統的な習慣として行っていたことも採用しており、プロテスタントが聖書に書いていないことはしないからになります。 マルティン・ルターによる宗教改革 カトリックの腐敗とマルティン・ルターの登場 16世紀、ドイツで 宗教改革が始まります。 きっかけは教皇レオ10世が許可した免罪符です。 サン・ピエトロ大聖堂の改修を計画した教皇でしたが、あまりにも莫大な費用がかかりました。 その費用をまかなうために、 レオ10世は「買えば罪が消えて天国に行ける」免罪符を高額で売りさばきます。 この免罪符が売れたのがドイツ 神聖ローマ帝国 でした。 ドイツは王であるローマ皇帝の力が弱く、またローマ皇帝はカトリックの守護者であるため、免罪符の販売を拒絶することが出来なかったのです。 免罪符の販売にルターは怒ります。 ルターはこの免罪符に対して、「聖書に書いていない」という理由を使い反対したのです。 ルターは「聖書に書いてある信仰のみを行えば救われるのだ」と説き、それが プロテスタントの考え方の源流になります。 ドイツの混乱 ルターに対して、ドイツの支配者であるローマ教皇は 破門、神聖ローマ皇帝カール5世は 追放を宣言します。 そんなルターを支援したのがザクセン選帝侯フリードリヒ3世であり、ルターは彼の城内に保護されることになるのです。 フリードリヒ3世がルターを保護した理由は、カール5世とライバルだったからになります。 ルターはフリードリヒ3世に保護された状況で、これまでラテン語でしか書かれていなかった 新訳聖書のドイツ語訳を完成させます。 新約聖書がドイツ語に訳されたことでドイツの内部で聖書が広く読まれるようになり、カトリックの行いが聖書に書かれてはいなかったことを多くの民衆が知ることになるのです。 ドイツの混乱は深まり、農民たちの反乱がルターの宗教改革を支持することもありました ドイツ農民戦争。 しかしルターはザクセン選帝侯の保護を受けていたこともあり、当初は農民たちを心配してはいましたが、最終的に路線変更をして農民たちの反乱を否定します。 農民たちを殺すことまで推奨する文章を残しているほどです。 宗教改革にも政治的・経済的な後ろ盾が必要であり、宗教改革そのものも政争の道具として使われてもいたのです。 ドイツの混乱は深まり、カトリックの教会の破壊も行われます。 さらにはオスマン帝国スレイマン1世がハンガリーを征服して、神聖ローマ帝国に迫ってきます。 国内の混乱に、フランスとオスマン帝国との戦争を同時に行うことに苦慮したカール5世は、ルター派とのあいだに妥協を結ぶようになるのです。 ドイツ国内のそれぞれの諸侯が支配する土地では、プロテスタントかカトリックであることを領主である諸侯が選べるようになります。 諸侯はこれまでとは異なり、教会からの介入を受けることなく 宗派を選択できるので諸侯に逆らいそうな教会なら好きなほうに変えられる 、自分の領地を完全に支配できるようになったのです。 その結果、諸侯たちが力を増していき、その反対に神聖ローマ帝国における皇帝の権威は低くなっていきます。 ルターは賛美歌を推奨した 初期のプロテスタントにも多くの考えがあり、教会を破壊したり聖遺物を否定したりもしています。 多くの宗教改革者がいたため、プロテスタントは初期の状況から意見集約が完璧だったわけではないのです。 教会や聖遺物という「偶像」を拒んでいたため、またカトリック教会の聖歌隊はカトリック教会が選んだ専門の歌い手たちで構成されていたこともあり、初期のプロテスタントの中には賛美歌をも否定した集団もいたのです。 しかし ルターは民衆が信仰に触れ合いやすいという理由から賛美歌を推奨していました。 ルターが自ら作曲した賛美歌もあるほどであり、彼の作品のなかには「神はわがやぐら」や「深き悩みの淵より」などがあるのです。 まとめ• プロテスタントはカトリックを宗教改革して出来た• プロテスタントはカトリックに次いで多いキリスト教の宗派• プロテスタントは聖書を重視し、カトリックは伝統も重視する• プロテスタント内部の宗派は無数にある• プロテスタントの聖職者は牧師、カトリックは神父• ローマ教皇はカトリックの最高権力者• プロテスタントは16世紀のドイツの宗教改革で生まれる• ルターは腐敗していた当時のカトリックを批判し、聖書重視の方針を示した• ルターはザクセン選帝侯に保護されて新約聖書のドイツ語訳を完成させた• ルターは賛美歌が好きだった プロテスタントはカトリックへの批判から生まれました。 キリスト教の伝統よりも、純粋に聖書の記述を守ることを重視した宗派になります。 しかし現在のプロテスタントは、あまりにも多くの宗派・集団に別れています。 プロテスタントはそれぞれの教会の数ほど種類があるとも言われるような状況なのです。

次の