晩秋 の 候。 晩秋の候はいつ使う?意味や文例も紹介

晩春の候の意味や読み方は?時期はいつ使えるか、例文や結び、同じ時期の季語や挨拶も

晩秋 の 候

もくじ• 二十四節気では、四季がそれぞれ「初」「仲」「晩」の三区分に分かれています。 「初春」・・・ 立春(2月4日頃)~啓蟄の前日(3月4日頃)• 「仲春」・・・ 啓蟄(3月5日頃)~清明の前日(4月3日頃)• 「晩春」・・・ 清明(4月4日頃)~立夏の前日(5月4日頃) となっています。 「卯月の候」は 「うづきのこう」と読み、陰暦の4月の異称です。 4月いっぱい使うことができます。 「皐月の候」は 「さつきのこう」と読み、陰暦の5月の異称です。 5月いっぱい使うことができます。 「清明の候」は 「せいめいのこう」と読み、草木が芽吹く時期を表す言葉です。 4月4日頃(清明)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 「春暖の候」は 「しゅんだんのこう」と読み、春のポカポカとした暖かさを表す言葉です。 3月中旬頃~4月いっぱい使うことができます。 「春風の候」は 「しゅんぷうのこう」と読み、春に吹くさわやかな風を表す言葉です。 3月中旬頃~4月いっぱい使うことができます。 「惜春の候」は 「せきしゅんのこう」と読み、過ぎて行く春を惜しむ意味で使われます。 4月4日頃(清明)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 「残春の候」は 「ざんしゅんのこう」と読み、春の終わりを表す言葉です。 4月4日頃(清明)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 「暮春の候」は 「ぼしゅんのこう」と読み、春の末を表す言葉です。 4月4日頃(清明)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 「穀雨の候」は 「こくうのこう」と読み、穀物を育てる雨を指す言葉です。 4月20日頃(穀雨)~5月4日頃(立夏の前日)まで使うことができます。 寒暖の差の大きい時期です。 体調を崩さないようにお気をつけてお過ごしください。 季節の変わり目です。 くれぐれもご自愛ください。 暖かく過ごしやすい季節となりました。 お元気でお過ごしください。 夏の訪れが待ち遠しいですね。 再開を楽しみにしています。 「拝啓」で始めたら「謹言」「敬白」で終わる、がセットになっています。 女性は「かしこ」や、友達なら「では、また。 」などフランクな言葉でもいいですね。 ただしビジネス文章では時候の挨拶を省いたり、季節に関係なく「時下」 この頃はの意味 とすることもあります。 かしこまった相手に出す手紙の場合、「ご発展」「ご健勝」「ご清栄」「ご盛栄」「ご清祥」「ご隆昌」といった表現を使うのですが、 「ご健勝」「ご清祥」は個人に使うもの、「ご発展」「ご清栄」「ご盛栄」「ご隆昌」は、企業・団体に使うものなので、注意が必要です。 親しい相手に出す手紙であれば、「拝啓 晩春の候~」で書き始めるのは、少々かしこまりすぎている印象があるので、春の終わりを表す言葉や、くだけた言葉にして、「お元気ですか。

次の

晩秋の候とはいつからいつまで使える言葉なの?

晩秋 の 候

初秋の時期や言葉の意味、時候の挨拶について まずは 初秋の時期や、言葉の意味を考えてみましょう。 初秋とは、二十四節気 にじゅうしせっき と呼ばれる季節の変わり目を表すために用いられる区分法において用いられている、 立秋から白露と呼ばれる時期の前日までの期間を指します。 この 立秋 りっしゅう ですが、旧暦で言う6月後半から7月前半の時期を指し、現在の暦では8月7日ごろの時期を表しています。 もう一方の 白露 はくろ とは、旧暦で言う8月前半の事で、現在でいうところの9月6日ないし8日、あるいはそこから秋分の日の前日までの期間を指して言う事もあります。 つまり初秋とは、8月7日ごろから9月7日、あるいは秋分の日前までの時期という意味を持っている言葉という事になりますね。 なお、 初秋に適した時候の挨拶は、夏の暑さがまだ感じられることを表したものが多いのが特徴で、一例として「残暑の候」「秋暑の候」「晩夏の候」などがあります。 スポンサードリンク 仲秋の時期や言葉の意味、時候の挨拶について 仲秋の時期ですが、初秋の次の日からです。 すなわち、 白露から寒露という時期の前日までの期間を指して呼びます。 寒露 かんろ とは、旧暦の8月後半から9月前半の事で、今の暦では10月7日もしくは8日の時期を指す言葉です。 すなわち仲秋の時期は、早ければ8月7日に始まり、10月6日ないし7日までの期間を表す事になりますね。 なお、 仲秋の時候の挨拶としては、ようやく秋らしい気候になったことを示す「秋色の候」をはじめ、「新涼の候」「秋涼の候」などがよく使われています。 晩秋の時期や言葉の意味、時候の挨拶について 最後に 晩秋です。 この時期は仲秋の次の日から始まり、 寒露から立冬と呼ばれる時期の前日までを意味する言葉です。 立冬 りっとう とは、旧暦の9月後半から10月前半の時期のことで、現在の暦では11月6日か翌7日の事を指しています。 つまり晩秋は早ければ10月7日から始まり、終わりは遅くとも11月6日というわけですね。 また、 晩秋に使える時候の挨拶としては、まだまだ秋の盛りを示す言葉が多いのが特徴で、一例としては「紅葉の候」「秋容の候」「秋冷の候」といったものが用いられています。 この記事のまとめ 初秋、仲秋、晩秋の違いやその時期、時候の挨拶などについてご紹介しました。 驚いたのはそれぞれの言葉が秋の月と呼ばれる9月、10月、11月とぴったり一致しないという事です。 てっきり初秋は9月、仲秋は10月、晩秋は11月だと思っていたのですが、これらの言葉は24節気をもとに区切られているので、必ずしも一致しないんですね。 新暦であっても8月から秋に入っていたり、11月が始まったばかりなのにもう秋が終わるという摂理は面白いです。 まだまだ暑さが続きますが8月21日現在は既に「初秋」です。 どこかに秋の気配を探してみるのも良いかもしれませんね。 スポンサードリンク.

次の

晩秋の候はいつ使う?10月も11月も使っていい?

晩秋 の 候

Contents• 晩秋とは何時の時期を言う? 今の時代で晩秋といえば 「11月~12月初旬」 といったイメージではないでしょうか? 確かに秋が深まって、紅葉も終わって、落葉樹の枯れ葉も落ちて、いよいよ冬! そんな時期をイメージするかと。 然し、この言葉自体が決められた、時代は旧暦の時代。 その時代の晩秋の意図は? 旧暦の晩秋は「二十四節気の晩秋」です。 二十四節気とは? 太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。 二十四気(にじゅうしき)ともいう。 (wikipediaより引用 とこんな意味のようです。 一年の重要な「節気」は立春・立夏・立秋・立冬を四立(しりゅう)というようです。 重要な「春分、夏至、秋分、冬至」もここからきています。 さてこの24節気では、秋の定義は 「7~9月」 を言います。 7月:初秋 8月:中秋 9月:晩秋 となります。 有名な 「中秋の名月」 は8月の名月のことで、上記の8月15日の月のことを、「中秋の名月」といいます。 ちなみに2017年は「10月4日」でした。 晩秋とは、何時から何時のこと? 旧暦の24節気の 「寒露~立冬の前日」のことを言うようです。 具体的には旧暦の 寒露:9月4日 立冬の前日:10月4日 今の新暦では 2017年の例 寒露:10月23日 立冬の前日:11月21日 となるようです。 この時期には、晩秋という言葉を用いていい・・ということになるんですね・・・多分。 晩秋だから、旧暦の9月1日~ということではなく、必ず旧暦の場合は 「24節気」 といううのがあって、それで季節を分割する・・そんな考えのようです。 何とも、難しいというか、風流というか・・よくわかりませんが古人の方は、すごかったんですな~~ ・・・・・・・・ 秋雨対策の長靴の特集! 関連記事 人間万事塞翁が馬は好きな言葉です。 詳しくはこちらです。 さてどんな意味?? ・・・・・・・・・・・ 晩秋の名月 13夜 とはいつの月のことを言う? ちなみに満月でおなじみの「中秋の名月」にちなんで 「晩秋の名月」 というのもあります。 中秋の名月を見たら、この晩秋の名月も見ないと、「片月見」と言われて、縁起が悪いといわれるようです。 この「晩秋の名月」は別名 「13夜」 と言います。 これは晩秋 旧暦9月 の13日の、月のことを言います。 今年は「11月1日」ですね。 お~~1が三つ並んだ!! この時の月は少し欠けています。 でも名月には変わりがないです。 「晩秋の候」の言葉使いについて 晩秋の候という、言葉使いがありますが、この言葉はこの頃から使って、いい言葉なのでは? 特に11月に入りますから、季節的にもいいかと。 10月では、まだ紅葉も南の方では、まだまだですから。 そこから、立冬までの11月20日前まで・・ でもその頃には、北の方では雪の便りが・・ 対象の地域を、間違えないようにしないと、いけないような気がします。 ・・・・・・・・・・・ 関連記事 言葉の意味や成り立ちや由来についての 本ブログ内の記事をまとめてみました。 ・・・・・・・・・・・ スポンサーリンク 晩秋とはいつの時期を言う?のまとめ 皆さん秋って、好きですか? 私はちょっと、苦手な季節です。 これから、寒い冬に向かっていく時期で、一年のサイクルで、仕事も切り替わる時期で、気持ち的に自分は沈む季節でもあります。 でも風景は、好きです。 秋の紅葉は、すごくいい風景です。 「晩秋」 というう言葉は、何気なしに使っていますが、やはりそれぞれに定義というのがあるもなんですね。 自分でこれを調べていたら、結構むずかったです。 自分が、知らないことは調べて、ついでにこうやって書くようにしているのですが、知識がないものが、調べるのですから、色々出てくるんですよね~~ 中秋の名月は、もちろん知ってますが、 「13夜」 とはね~~ 私は、縁起の悪い人間だったんですね 笑 毎年「片月見」でしたから・・ハハ では・・今年の「13夜」はすぐそこです。 11月1日 2017年 中秋の名月見た方は、ぜひ見てくださいね!! ・・・・・・・・・・ 秋雨対策の長靴の特集! 関連記事 秋雨前線というのは秋特有の前線です。 さていつからの季節の雨だ?? 物事好きでないと大成しません。 なんで?? 詳しくはこちらです。 大体が成功者の方は、そのことが好きで寝食を忘れて打ち込んだ結果! でも本人は、サービス残業のの意識もなければ、寝不足の感覚なんざ~~そんなものはないんだな! スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の