げーむだらだら。 当時ハマった!懐かしのアーケードゲーム「ベルトスクロール型アクションゲーム」

当時ハマった!懐かしのアーケードゲーム「ベルトスクロール型アクションゲーム」

げーむだらだら

ソニーは、年末商戦期に投入する次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の生産数を倍増し、年末までに1000万台とすることを決めた。 新型コロナウイルス拡大に伴う需要増が理由。 複数の関係者が明らかにした。 関係者によれば、ソニーはゲーム機の組み立て業者や部品を供給する複数のサプライヤーに意向を伝えた。 ただ年末商戦のゲーム機の販売には、物流が障害となる可能性もある。 情報が公になっていていないため、関係者は匿名で取材に応じた。 ブルームバーグは4月、ソニーの2021年3月末までの生産見通しを500万から600万台と報じていた。 生産上積みは日本経済新聞電子版が先に報道した。 ソニーの広報担当者からの回答は得られていない。 タグ : 発売間もない、もうすぐ発売、新作ゲームクロスレビュー 40点満点タイトルキターー!!! ファミ通最新号より ゴーストオブツシマ 10101010 ツシマがひさびさ(デスストランディング以来?)の満点 ・ハイレベルな完成度 ・リッチなグラフィックの和の世界に感動 ・難しすぎないアクションも絶妙な出来 ・感情移入できる主人公や登場人物の生きざまに感動 ・アニミズム的表現に心が揺さぶられる ・探索、戦闘ともにスムーズでゲームプレイが見事 ・一大エンターテインメント ・大小さまざまなイベントにいちいち痺れる。 ・テンポやナビには古めかしさが ・間口の広いバランスでいてプレイヤーに武士の矜持を意識させる描き方が絶妙 ・女性キャラに美形が少ない ・対馬を守るために立ち上がる価値がある ・幅の広い表現の可能性にあらためて驚いた ・目的地への誘導がしゃれていて没入感が削がれない ・この世界にずっとい続けたい タグ : Noisy Pixel 80 ロード時間やアシストポップインの点で、まだいくつかのクオリティーオブライフの作業が必要ですが、前作のSAOゲームのファンとしては、この作品は私を吹き飛ばしてくれました。 SpazioGames 70 ソードアート・オンライン。 アリシゼーション・リコリス』は特に印象に残る作品ではありませんが、SAOファンなら誰でも楽しめるアクションJRPGでもあります。 Gamers Heroes 70 ソードアート・オンライン。 アリシゼーション・リコリス』は、多くの人が好きになるゲームだが、そうでない人も多いだろう。 原作に興味があり、JRPGの世界に情熱を持っている人であれば、熱心なプレイヤーには100時間分のコンテンツがあるだろう。 残念なことに、明らかな技術的な問題があるため、素晴らしいソードアート・オンラインゲームになるはずだったのだが、それが妨げになっている。 Attack of the Fanboy 50 ソードアート・オンラインが本当に良いゲームだと思われるものを手に入れるために何年も待たされてきましたが、開発者のアクリアにとって4度目の挑戦は魅力的なものではありませんでした。 ソードアート・オンライン:アリシゼーション・リコリス』の可能性を無駄にしてしまったために、おそらく今までで最も残念な試みとなっている。 タグ : スクウェア・エニックスは、プラチナゲームズと開発を進めているPS4、PC(Steam)用ソフト 『バビロンズフォール』(BABYLON'S FALL)について、新情報の発表タイミングを今夏から延期することを発表した。 『バビロンズフォール』は、スクウェア・エニックスとプラチナゲームズが開発する完全新規タイトル。 同じく2019年12月10日に、当初の発売予定だった2019年から発売の延期を発表し(新たな発売時期は未公開)、 合わせて、新情報を2020年夏に公開する予定と発表していた。 タグ :.

次の

当時ハマった!懐かしのアーケードゲーム「ベルトスクロール型アクションゲーム」

げーむだらだら

プレイヤー :けい & 友人 クリアタイム :9時間30分 今回はファミコンのゲーム。 「カイの冒険」を攻略してみました。 私と友人は二人ともほぼ初プレイです。 まず内容ですが、自分的にはアクションゲームの中でも結構 面白い方だと思いました。 操作は単純でAボタンでジャンプ。 Bボタンでダッシュのみなのですが、ジャンプの仕方が面白い。 斬新です。 一般のアウションゲームだとジャンプをしたらある一定の高さまでジャンプするのですが、このゲームはAボタンを押している限りジャンプをし続けます。 また、Aボタンを離すと降下し始め、地に足がつくまでジャンプはできません。 この操作が面白いんです。 やってみればわかります。 次に難易度ですが、わりと簡単な方だと思いました。 "詰まる"といった感覚に包まれることはほとんどなく、終始楽しんでプレイできる位の難易度だと思いましたね。 前にクリアした「高橋名人の冒険島」なんかはゲーム自体は面白いのですが、あまりの難易度の高さに次第に退屈になるものです そのあたりを考慮して、難易度は大体5段階で3ほどでしょうか。 アクションデームが苦手な方でもクリア出来るとは思いました。 まあ、そんな感じで終わりにします。 ではでは。

次の

当時ハマった!懐かしのアーケードゲーム「ベルトスクロール型アクションゲーム」

げーむだらだら

プレイヤー :けい & 友人 クリアタイム :9時間30分 今回はファミコンのゲーム。 「カイの冒険」を攻略してみました。 私と友人は二人ともほぼ初プレイです。 まず内容ですが、自分的にはアクションゲームの中でも結構 面白い方だと思いました。 操作は単純でAボタンでジャンプ。 Bボタンでダッシュのみなのですが、ジャンプの仕方が面白い。 斬新です。 一般のアウションゲームだとジャンプをしたらある一定の高さまでジャンプするのですが、このゲームはAボタンを押している限りジャンプをし続けます。 また、Aボタンを離すと降下し始め、地に足がつくまでジャンプはできません。 この操作が面白いんです。 やってみればわかります。 次に難易度ですが、わりと簡単な方だと思いました。 "詰まる"といった感覚に包まれることはほとんどなく、終始楽しんでプレイできる位の難易度だと思いましたね。 前にクリアした「高橋名人の冒険島」なんかはゲーム自体は面白いのですが、あまりの難易度の高さに次第に退屈になるものです そのあたりを考慮して、難易度は大体5段階で3ほどでしょうか。 アクションデームが苦手な方でもクリア出来るとは思いました。 まあ、そんな感じで終わりにします。 ではでは。

次の