鳴沢 コロナ 渡辺。 検査結果出る前にバスで東京へ 山梨に帰省の女性が感染★10 [さかい★]│エンがちょブログ

【コロナ山梨帰省】鳴沢村太田和の大工の娘=渡辺と特定?顔写真やTwitterは?

鳴沢 コロナ 渡辺

アルファベットはクラスター分類です。 番号は伝搬数です。 クラスターの分岐を警戒する為、()内に居住地を書いています。 職場、居住地の動線に注意してください。 (一定期間後はぼかします) このスレでは氏名・住所など個人情報の記載はご遠慮願います。 東京在中で、実家のある山梨県へ高速バスを利用して帰省されたとのことです。 現段階で分かっている山梨県での行動範囲は、富士吉田市、鳴沢村、富士河口湖町です。 職業は、会社員です。 コロナウイルス感染発症前の14日間の海外渡航歴はありません。 富士急ハイランドバス停からは、家族の運転する自家用車にて帰宅したそうです。 高速バスの日時が間違っていたと情報が入りました。 修正後の日時は以下の通りです。 その他の詳細については、現在調査中とのことです。 濃厚接触者は11人いるそうです。 その内の1人のみPCR検査の結果が陽性と確認されています。 立ち寄ったショッピングモールやコンビニなどもすでに消毒作業に入っており、鳴沢村という人口が少ない地域のためネットリンチについて県から注意のツイートが出る事態に。 当初この女性は、PCR検査の結果が出る前に、自宅がある東京に帰宅したと発言。 これもこれで問題だとは思いますが、その後この女性が嘘をついていたことが発覚しました。 当初この女性は陽性反応が出る前の5月1日の金曜日に、夜行バスに乗り、帰京したと発言。 しかし、実際は帰京する為にバスに乗ったのは5月2日 陽性反応が出た後 だったことが発覚。 「最初は風邪だと思った」という。 男性には、呼吸器疾患の持病があった。 20日にかかりつけの病院でコンピューター断層撮影法(CT)検査を受けると、肺の画像に淡く白い影が見つかり、肺炎と診断された。 たんなどの検体を採取し、新型ウイルスの検査を受けると、22日に感染が判明。 すぐに、市内にある感染症指定医療機関の市立旭川病院に入院した。 新型ウイルスに対して効果と安全性が確認されている薬は今のところない。 治療に当たった同病院の柿木(かきのき)康孝・血液内科診療部長は当初、せきを抑える薬や抗生物質の点滴薬などを使った。 鼻から酸素吸入をする処置も施したが、眠れないほど、せきはひどくなり、38度台の熱も続いた。 院内の感染対策チームは、同様の患者の治療経験がある東京や札幌の病院に電話をかけ、治療法を尋ねた。 その中で、エイズ治療薬「カレトラ」を使っている医療機関があることがわかった。 柿木医師は、この薬は新型ウイルスに対する有効性が証明されておらず、必ずしも効くわけではないことを知っていた。 だが、「このまま黙って見ているよりは、投与した方が良いのではないか」と考えた。 男性の同意を得て、28日に使い始めた。 すると翌日には熱が36度台まで下がった。 男性も「あの日に一気に楽になった」と話す。 男性の60歳代の妻も感染し、同じ病室に入っていた。 柿木医師は、妻にもカレトラを投与した。 すると、症状が改善。 2人はその後、2度のウイルス検査で陰性が確認され、今月11日に退院した。 男性のカルテには、「死ぬ覚悟をした」という言葉が記されている。 柿木医師は「治療薬がない中、考え抜いた決断だった。 幸運なケースだったと思う」と話す。 保育園男児が感染、20代母親も 山梨 山梨県は19日、県内在住の保育園男児の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。 同居家族の20代パート女性が18日に感染が確認されていた。 県は2人の関係を明らかにしていないが、母子とみられる。 県によると、女性は5日からのどの痛みを覚え、7日からせきも加わった。 18日に医療機関を受診。 PCR検査で陽性が判明し、19日に別の医療機関に入院した。 女性は4、6、16日に家族や友人と会食しており、同居家族6人と友人とその家族の7人を濃厚接触者としてPCR検査を実施。 男児のみが陽性が確認された。 症状はないという。 2人の生活圏はいずれも甲府市、山梨市、笛吹市、中央市としている。 男児は18日に保育園に通園しており、他の園児や保育士に濃厚接触者がいるかどうか調べている。 一方、甲府市は19日、市内の30代女性の感染が確認されたと発表した。 県内の感染者は60人になった。 ・彼女の人生が大きく狂う この女性の行動はモラル的に感心できるものではないし、批判されて当然の部分もあるが、 批判と誹謗中傷の境界線が崩壊しており、もはやリンチともいえる猛烈な誹謗中傷とプライバシー侵害の嵐となっている。 顔や本名は容易に変えられるものではなく、個人情報の内容が事実であれば、 彼女の人生が大きく狂うことになる。 たとえ個人情報が事実でなくとも、そのメンタルダメージは計り知れない。 ・警察がネットでの中傷書き込みなど調査開始 そんな中、山梨県警がこの女性に対するインターネット上での中傷書き込みなどを調査している事が判明。 すでに山梨県の長崎幸太郎知事はこの女性に関連する誹謗中傷などの書き込みを「重大な人権侵害」として、保護対策を開始している。 また、その書き込みに犯罪性があると判断されれば、警察に対して情報提供するとともに弁護士と人権救済のため支援する展開をするとしている。 ・「軽い気持ちでやった」「正義感でやった」と言い訳 そんな中、ついに警察がインターネット上の女性に対する誹謗中傷書き込みに関して立件を視野に動き出しており、 それは最悪の場合、逮捕される展開になり得ることを意味している。 軽い気持ちで誹謗中傷や個人情報を書いた人もいるかもしれないし、正義感から書き込みしてしまった人もいるかもしれないが、 同様の事件で逮捕された人たちは、「軽い気持ちでやった」「正義感でやった」と言い訳するのが常のようだ。 この件に関して、同様にネットで誹謗中傷された過去を持つお笑い芸人「スマイリーキクチ」さんも言及し、注意喚起している。

次の

【コロナ山梨帰省】鳴沢村太田和の大工の娘=渡辺と特定?顔写真やTwitterは?

鳴沢 コロナ 渡辺

コロナ山梨帰省の女性は鳴沢村太田和の大工の娘で渡辺と特定? 山梨帰省20代女性の行動履歴。 — あれあれれあらま 2areareearama2 検査結果が出る前に帰省し、その上で虚偽の証言までしたということで、ネットではこの女性の 特定活動がさかんに行われています。 Twitterや一部SNSでは、 『鳴沢村』や 『大工の娘』といった情報が拡散されていますが、この情報源はどこなのでしょうか? 実際に調べていくと、情報源はとある掲示板であることがわかりました。 その掲示板というのが 『爆サイ』の以下のスレッド。 『新型コロナ感染した富士北麓の低能女を特定して追い込もう!』 この掲示板を見ていくと、以下のような情報が書き込まれています。 このほかにも、複数の投稿者から同じような情報が書き込まれたことによって、SNSでも拡散されたようです。 ただ、この投稿内容が正しい情報かどうかは不明。 Twitterなどでは『信憑性の高い情報』として一部扱われていますが、いずれも根拠があるわけではないという点に注意が必要です。 【追記】山梨帰省20代女性は犬が心配だったと話してる模様 ネット上でも大きな波紋を呼んでるこの女性に関して、続報が入ってきました。 毎日新聞などが報じたところによると、この女性は飼っている犬が心配だったと話してるようです。 帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 出典:毎日新聞より つまり、飼い犬が心配で東京への帰京を遅らせることは出来なかったということ。 こらが保健所への虚偽報告の言い訳には到底なり得ません。 このあまりにも身勝手な言い分に、多くの国民から驚きと衝撃の声が聞かれます。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 あまりにも、20代!若い!といえど、常識が無さすぎる。 知ってて動いたのは、犯罪に等しいよ。 移動中に、リスクのある人に接触していたら? 移動中に2m内に入った人に対する過失致傷だよ こういう人がいるから自粛延長とかになるんだよ もう自粛延長でかかった費用はこういう虚偽申告してたり、この時期に旅行してたりする人に払ってもらいたいわ どっちにしろ周りの迷惑を考えない自分勝手な行動は許されない。 今は罰則はないけど、顔と名前を晒していいと思う。 どこかに立ち寄ってる可能性もあるので。 長引くと言われているし、重い罰則を設けないと同じようなことは繰り返される。

次の

検査結果出る前にバスで東京へ 山梨に帰省の女性が感染★10 [さかい★]│エンがちょブログ

鳴沢 コロナ 渡辺

今まで報じられた内容をおさらい この山梨帰省の20代女性については、連日ニュースでも大々的に報じられています。 報道が過熱するなかで、情報が錯綜しているところも多く、ここで今までの経緯を簡単に振り返っておきます。 行き帰りとも高速バスを使った。 2日21時配信の産経新聞によれば以下のように報じられていました。 山梨県は2日、東京都に住む20代会社員女性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。 女性は県内の実家に帰省中にPCR検査を受け、結果が出る前に帰京。 行き帰りとも高速バスを使った。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は4月26日に味覚や嗅覚の異常を覚えたが、28日まで都内の勤務先に出勤。 29日午後3時15分新宿発の京王バスの高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)で下車、親族の車で帰省した。 このほか、友人とバーベキューを行ったことなども報じられ、山梨県内で訪れた場所などについても大きな話題になりました。 5月3日夕方に『保健所への虚偽報告』が報じられる 帰京は陽性判明後 山梨帰省の20代女性 女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前、高速バスに乗って帰京したと説明。 ところが、報道を受けて知人から情報提供が。 女性は陽性を知りながらバスに乗った。 当初、1日富士急ハイランドバス停(富士吉田市)発の高速バスで東京に帰ったと報告していたものの、 実際はPCR検査で陽性と分かった2日に帰京していたことがわかりました。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、 陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 報道直後、富士急ハイランドバス停を1日の午後8時25分頃に出発の高速バスに乗車していたと説明していたため、当該バスに乗り合わせた乗客なども戦々恐々。 しかし、これが虚偽だとわかり、ネットでは非難の嵐となりました。 ちなみに帰京のために乗ったバスは2日 午前10時20分富士急ハイランドバス停発です。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日夜、女性が1日に会った県内の20代男性の感染が確認されたと発表した。 女性はこの日、PCR検査を受けていた。 女性は4月30日に友人宅で4人とバーベキューをしたが、この男性は別の知人という。 県の新型コロナ対策特別チームは他の濃厚接触者や女性の行動履歴についてさらに調べている。 検査当日に人と接触していたことが判明し、さらに炎上。 1日に会った男性が感染していたということは、30日に会った友人たちも感染している可能性が高く、さらには高速バスに乗り合わせた乗客も感染が濃厚とみられるようになりました。 【爆サイ】コロナ山梨帰省の20代女性特定情報 ここまでの内容は、新聞社など公式報道機関が報じた内容。 一方、ここからはネット掲示板によるリーク情報であり、信憑性は保証されていません。 まず 爆サイに投稿された内容からまとめていきます。 鳴沢村の名前が出始める 報道直後から、 鳴沢村の名前が出始めました。 さらに、 大工の娘という情報も投稿され、SNSでも大きな話題に。 友人に関する情報も投稿される その後、ある投稿者によって具体的な情報と友人に関する情報が投稿されました。 この情報の信ぴょう性については疑問を持つ声も多く、特に人名部分については今のところ何の確認もとれていません。 Twitterアカウントや家族に関する情報 さらに時間が経つと、 Twitterアカウントや 家族に関する詳細情報がつぎつぎに書き込まれました。 Twitterアカウントに関しては報道直後、プロフ写真を変更したということも確認されており、信憑性は高いようです。 ちなみに、この一連の情報は以下のスレッドが出典となっています。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 二重、三重にひどい。 感染の可能性がありながら、公共交通機関で帰省し、 帰省先で人に会い、またPCR検査を受けて、感染判明後に公共交通機関を利用する…。 しかも、隠ぺい、嘘をつくとは。 ネット上でこの方の行動は非難されていますが、ここで罰則を設けないとこの先の収束はあり得ません。 我慢して自粛されている方が大半であるからこそ、自粛せず感染拡大の原因を作られる方には厳しい罰則を与えるべきだと思います。 傷害罪とかで訴えられてもいい流れですよね。 、 知っていてフィリピンパブに行って従業員へ感染させた男性と同じか、それ以上に悪質です。

次の