沖 ドキ 2 狙い 目。 打ち方/レア役の停止形:沖ドキ!

沖ドキのハイエナって引き戻し狙いのこと??

沖 ドキ 2 狙い 目

有利区間ランプ 有利区間ランプの位置 通常時 消灯 天国準備中、ボーナス後32G以内 点灯 ボーナス中 ボーナス中、天国準備中、ボーナス後32G以内は有利区間ランプは点灯していますが、通常時は有利区間ランプが消灯しています。 したがって、 ボーナス後33G以降で有利区間ランプが点灯していれば実践上天国準備確定です。 その際、 有利区間ランプが点灯している台 ボーナス中を除く は必ず下記の投入ランプも黄色でした。 リセット、電源ONOFF時の有利区間ランプ リセット、設定変更時 消灯 電源ONOFF 前日の状態を引き継ぐ 電源ONOFFでは前日の状態を引き継ぎます。 この台はボーナス中、ボーナス後32G以内、天国準備中は有利区間ランプが点灯していますが、通常時は消灯しています。 したがって、点灯中の台であれば変更判別が可能ですが、 消灯中の場合は有利区間ランプでの設定変更判別はできません。 ほとんどが通常時でやめられているので、基本的には消灯していると思った方が良いです。 逆に朝一点灯中であれば、天国準備かボーナス後32G以内が確定しますので、ぜひ打ちましょう。 リールサイドランプの示唆についてはを参照ください リールサイドランプの色毎の狙い目は下記です。 リールサイドランプ 狙い目ゲーム数 白 720G 青 650G 黄 550G or不問 リールサイドランプの色でモードB期待度が変わるため、非常に計算自体が難しい機種です。 個人的な狙い目としては上記ぐらいで考えていますが、もう少し情報が出れば変更する可能性があります。 天井に恩恵がなく、有利区間の影響で最大枚数が制限されることを加味すると、天井狙い自体は結構辛い印象を持っています。 打った感触としてもかなり辛い 実践を通した考察 思ったより浅いゲーム数でのリールサイドランプ青が落ちてました。 これが狙えたら面白いなって思ったんですが、これが狙えたら帳尻を合わせるためにリールサイドランプ白の機械割が鬼のように低くなるので、現実的に多分無理でしょう。 台枠黄色に関してはハマっている台 468、641、672、742)で確認して、打ちましたが全て天国にはいかず。 そもそもハマっていればランプ変化のチャンスが多いので、ハマり台は黄色の可能性が高いと思います。 それを加味して、600Gで考えた場合、白ならデフォルトより期待値がかなり下がる、青ならデフォルトより期待値が少し下がる、黄ならデフォルトより期待値が少し上がるぐらいの認識で良いのではないかと思っています。 青はそもそも狙えないとして、黄色の扱いが非常に微妙です。 浅いゲーム数での黄色の方がモードBの可能性も上がるため、狙える気がしますが、そこまで変化による差があるのかが微妙です。 解析待ち 一応狙い目を黄色の場合 不問 と書いていますが、現状結構厳しいような気もしています。 天国準備狙い 有利区間ランプ点灯と投入ランプが黄色は実践上対応しているので、どっちを見ても良いと思いますが、単純に33G以降の投入ランプが黄色かどうかを確認するのが一番簡単だと思います。 その後に確認として、有利区間ランプ点灯も確認する。 黄色でもメダルを入れると通常の色に変わる場合あり これが完全対応していなければ、有利区間ランプを見て思わぬお宝台を発見できる可能性がありますが現状は対応しているので、投入ランプ黄色はかなり目立って少し拾いにくい気がしています。 もし対応していない台があれば教えてください 情報提供者の方がかなりの台数を調べてくれましたが、有利区間ランプ点灯で投入ランプが黄色以外のものは見つかっていません。 天国準備の台の割合は低く、見つかればラッキーぐらいで思っておけば良いと思います。 チャンスモード狙い チャンスモードから天国準備に移行するのではないか? 天国準備は有利区間引き継ぎの時にいくと仮定すると、有利区間1500Gの縛りの影響で浅いゲーム数でしかいかないと予測できます。 チャンスモードから行く可能性が一番高いと考えればしっくりくるとのコメントをポコ活で有名なぽこちさんからいただきましたが、それが一番納得できます。 これはさすがにチャンスモードから天国準備に行く説が可能性として高くなったので、256ピンポイントで少しだけデータを集めました。 256で当たるのはチャンスモードの天井の場合とモードA、モードB、天国準備での通常当選の場合があります。 その後の天国準備らしき割合が44. サンプルをもっと増やせばはっきりしそう 256ピンポイントの当選率が高く、天国準備の可能性が高ければ、256ピンポイント狙いも少し考えてみても面白そうです。 現状は不明 きっちり評価したい人はしっかりデータを取ってみてください。 誰かこういう有料noteを書いてくれれば私は買います。 初代沖ドキと違って、チャンスモードらしき履歴の後の台は狙えない 問題は初代沖ドキのように前回の当選履歴を見て、チャンスモードの可能性が高い場合の当選の後を狙うという狙い方はできません。 なぜなら 天国準備かどうかは前回の履歴を見なくても有利区間ランプor投入ランプを見ればまるわかりだからです。 したがって、チャンスモードのカニ歩きぐらいしか現状は出来ないのではないかと考えています。 カニ歩きに正直そこまでの期待値があるとは思えないので、厳しい気がしますが、調べて見ると面白いかもです。 まとめ 現状は天井狙いと天国準備狙いだけで良いと思います。 天国準備に関しては拾えたらすごく美味しい狙い目ではあるのですが、拾える頻度は低いため、拾えればラッキー程度で考えておきましょう。 いろいろ考察できそうな面白い部分はまだ残しているので、今後の解析次第では大きく狙い目を変える可能性がありますし、誰かいろいろデータで検証していただきたいです。 私はやりませんw.

次の

沖ドキ2 スロット新台 天井解析|天井狙い目 恩恵 ゾーン モード 朝一設定変更判別 やめどき

沖 ドキ 2 狙い 目

有利区間ランプ 有利区間ランプの位置 通常時 消灯 天国準備中、ボーナス後32G以内 点灯 ボーナス中 ボーナス中、天国準備中、ボーナス後32G以内は有利区間ランプは点灯していますが、通常時は有利区間ランプが消灯しています。 したがって、 ボーナス後33G以降で有利区間ランプが点灯していれば実践上天国準備確定です。 その際、 有利区間ランプが点灯している台 ボーナス中を除く は必ず下記の投入ランプも黄色でした。 リセット、電源ONOFF時の有利区間ランプ リセット、設定変更時 消灯 電源ONOFF 前日の状態を引き継ぐ 電源ONOFFでは前日の状態を引き継ぎます。 この台はボーナス中、ボーナス後32G以内、天国準備中は有利区間ランプが点灯していますが、通常時は消灯しています。 したがって、点灯中の台であれば変更判別が可能ですが、 消灯中の場合は有利区間ランプでの設定変更判別はできません。 ほとんどが通常時でやめられているので、基本的には消灯していると思った方が良いです。 逆に朝一点灯中であれば、天国準備かボーナス後32G以内が確定しますので、ぜひ打ちましょう。 リールサイドランプの示唆についてはを参照ください リールサイドランプの色毎の狙い目は下記です。 リールサイドランプ 狙い目ゲーム数 白 720G 青 650G 黄 550G or不問 リールサイドランプの色でモードB期待度が変わるため、非常に計算自体が難しい機種です。 個人的な狙い目としては上記ぐらいで考えていますが、もう少し情報が出れば変更する可能性があります。 天井に恩恵がなく、有利区間の影響で最大枚数が制限されることを加味すると、天井狙い自体は結構辛い印象を持っています。 打った感触としてもかなり辛い 実践を通した考察 思ったより浅いゲーム数でのリールサイドランプ青が落ちてました。 これが狙えたら面白いなって思ったんですが、これが狙えたら帳尻を合わせるためにリールサイドランプ白の機械割が鬼のように低くなるので、現実的に多分無理でしょう。 台枠黄色に関してはハマっている台 468、641、672、742)で確認して、打ちましたが全て天国にはいかず。 そもそもハマっていればランプ変化のチャンスが多いので、ハマり台は黄色の可能性が高いと思います。 それを加味して、600Gで考えた場合、白ならデフォルトより期待値がかなり下がる、青ならデフォルトより期待値が少し下がる、黄ならデフォルトより期待値が少し上がるぐらいの認識で良いのではないかと思っています。 青はそもそも狙えないとして、黄色の扱いが非常に微妙です。 浅いゲーム数での黄色の方がモードBの可能性も上がるため、狙える気がしますが、そこまで変化による差があるのかが微妙です。 解析待ち 一応狙い目を黄色の場合 不問 と書いていますが、現状結構厳しいような気もしています。 天国準備狙い 有利区間ランプ点灯と投入ランプが黄色は実践上対応しているので、どっちを見ても良いと思いますが、単純に33G以降の投入ランプが黄色かどうかを確認するのが一番簡単だと思います。 その後に確認として、有利区間ランプ点灯も確認する。 黄色でもメダルを入れると通常の色に変わる場合あり これが完全対応していなければ、有利区間ランプを見て思わぬお宝台を発見できる可能性がありますが現状は対応しているので、投入ランプ黄色はかなり目立って少し拾いにくい気がしています。 もし対応していない台があれば教えてください 情報提供者の方がかなりの台数を調べてくれましたが、有利区間ランプ点灯で投入ランプが黄色以外のものは見つかっていません。 天国準備の台の割合は低く、見つかればラッキーぐらいで思っておけば良いと思います。 チャンスモード狙い チャンスモードから天国準備に移行するのではないか? 天国準備は有利区間引き継ぎの時にいくと仮定すると、有利区間1500Gの縛りの影響で浅いゲーム数でしかいかないと予測できます。 チャンスモードから行く可能性が一番高いと考えればしっくりくるとのコメントをポコ活で有名なぽこちさんからいただきましたが、それが一番納得できます。 これはさすがにチャンスモードから天国準備に行く説が可能性として高くなったので、256ピンポイントで少しだけデータを集めました。 256で当たるのはチャンスモードの天井の場合とモードA、モードB、天国準備での通常当選の場合があります。 その後の天国準備らしき割合が44. サンプルをもっと増やせばはっきりしそう 256ピンポイントの当選率が高く、天国準備の可能性が高ければ、256ピンポイント狙いも少し考えてみても面白そうです。 現状は不明 きっちり評価したい人はしっかりデータを取ってみてください。 誰かこういう有料noteを書いてくれれば私は買います。 初代沖ドキと違って、チャンスモードらしき履歴の後の台は狙えない 問題は初代沖ドキのように前回の当選履歴を見て、チャンスモードの可能性が高い場合の当選の後を狙うという狙い方はできません。 なぜなら 天国準備かどうかは前回の履歴を見なくても有利区間ランプor投入ランプを見ればまるわかりだからです。 したがって、チャンスモードのカニ歩きぐらいしか現状は出来ないのではないかと考えています。 カニ歩きに正直そこまでの期待値があるとは思えないので、厳しい気がしますが、調べて見ると面白いかもです。 まとめ 現状は天井狙いと天国準備狙いだけで良いと思います。 天国準備に関しては拾えたらすごく美味しい狙い目ではあるのですが、拾える頻度は低いため、拾えればラッキー程度で考えておきましょう。 いろいろ考察できそうな面白い部分はまだ残しているので、今後の解析次第では大きく狙い目を変える可能性がありますし、誰かいろいろデータで検証していただきたいです。 私はやりませんw.

次の

沖ドキ!夜からの打ち方・立ち回り!ハイエナ狙い目ポイントまとめ!|ヘタクのスロパチ通信

沖 ドキ 2 狙い 目

沖ドキのスルー狙いとは 沖ドキのスルー狙いとは 天国に上がっていない台を4スルーや5スルーから天国に上がるまで打ち続ける狙い方です。 この立ち回りの詳細を解説しますね。 1回の大当たりで移行する、モードの移行率を下の表にまとめてみました。 通常A滞在時のモード移行(通常当選) 設定 通常A 通常B 天国 ドキドキ 設定1 64. 1% 25. 0% 10. 2% 0. 8% 設定2 51. 6% 37. 5% 10. 2% 0. 8% 設定3 63. 3% 25. 0% 10. 9% 0. 8% 設定4 50. 8% 38. 3% 10. 2% 0. 8% 設定5 62. 5% 25. 0% 11. 7% 0. 8% 設定6 50. 0% 39. 1% 10. 2% 0. 8% スイカ当選、確定役での当選、ドキドキモードの昇格等細かい事はありますが、あくまで一番多い通常当たりと仮定しての解析になりますので、そこら辺は割愛させてもらいます。 仮に設定1の台をスルー狙いした時の場合。 設定1の1回の大当たり後の通常B昇格率は約25%。 なので、大体4スルーしていると平均で通常Bに滞在している可能性がある事から 4スルー、5スルー辺りから狙って行けるというのがスルー狙いの大まかな立ち回り方法です。 こちらの表はスルー毎の通常B移行率と天国移行期待度を記した表になります。 表から分かる通り、3スルー辺りから通常B期待度は50%を超え、天国に上がる確率が31%ほどあるのが分かります。 スルー回数が増えるのに連れて、通常B滞在が濃厚になるわけですね。 しかし、このスルー回数狙いはあまり信用し過ぎると痛い目に合います。 4スルーの台が放置されていると仮定した時、ほんとにその台が通常Bであるのか? というのは見た目からでは分からないですよね? 設定1の場合、勘違いしてはいけない事は1回、1回の昇格抽選が25%という事。 4スルーしたからと言って、25%+25%+25%+25%=100%と積み重なっていく訳ではないんですね。 その繰り返しです。 こう見ると、結構通常Bにいる信頼度ってあてにならない様に思えませんか? 先ほどの表を見てみると、 3スルーからの打ち出しで天国に上がる確率と20スルーの台を打ち出した時と天国に上がる確率はたったの4%ほどしか違いはないのです。 なので、実質言える事は3スルー以降からの天国期待度はあまり変わらないという事です。 前回の大当たりで通常B確定や示唆が出ているのを自分が確認しているのであれば別ですが、そうじゃない限りモードを推測する事は不可能です。 なので、最悪その台は 通常Aである可能性も否定できないという事です。 通常Aの期待値は、打ち始めが900Gとか天井まで後100G以内とかのおいしい台でも無い限り、ほぼマイナス。 沖ドキは通常A、B両方の 天井ゲーム数は999Gです。 4スルー32Gヤメがありました。 通常Bにいる可能性が高いから打ってみよう。 やってビックリ!! 天井を食らう。 なんて事も充分にありえるのです。 その時の投資金額は、約42863円と次回天国に上がらなければかなりキツイ投資金額になります。 そして天国に上がらずにまた天井なんて事になったら、もう目も当てられない状態・・・。 以上の事から、スルー回数天井はあまりおすすめしない理由になります。 安全なスルー狙いの立ち回り方法とは しかし、おすすめしないと言ってはみたもののスルー回数で沖ドキを狙って行くのは王道の立ち回り方法です。 とはいっても怖いのも事実です。 沖ドキの安全なスルー狙いというのはないのでしょうか? 情報を検索してまとめあげ、自分の今までの経験も考慮してみた結果、導き出した答えは 7スルー時 期待値1000円以上を狙っていきたいので 2スルーからは650G以上 3スルー以降からは600G以上 以上のような狙い方がいちばん安全な沖ドキのスルー狙いの立ち回りではないかと思います。 スルー狙いの注意点とは 基本的に沖ドキの立ち回りで言える事は、大当たり1回だけ当てるという立ち回り方法が適切です。 4スルーしていた台を打ち始めて、投資がいくら掛かったかはさておき、大当たり後32Gを抜けてしまった。 5スルーだから通常Bにいるだろうと、また大当たりを狙ってしまっては絶対にダメです。 これだと結局天国に当たるまで打つ、実質青天井みたいなものです。 次回が通常Bだと確定している以外はこの打ち方をしてはいけません。 Advertisement まとめ 今回は沖ドキの王道の狙い方である、スルー狙いのやり方と安全な立ち回り方法とその注意点の解説をさせていただきました。 4スルー、5スルーしている台を浅いG数から打ち出したい気持ちは僕も分かります。 自身もなんどもそれを狙っては失敗した事もあります。 なので、沖ドキの収支はいまだに安定してはいないというのが現状です。 沖ドキをもっと安全な狙い方で狙いたい。 打たない以上は負けもありませんし、仮にその台がハマってくれれば前任者さんがヤメる可能性もありますからね。 沖ドキの立ち回りの参考にしてもらえたらと思います。 ブログやSNSを通してパチスロの情報を発信していく事で、自分にも、読んでくれている人にも、お互いWIN-WINになるのが、このブログの運営方針です。 まだまだ半人前ですがよろしくお願いします。 年間6~7桁を稼ぎ出す、投資型パチスロを推奨する兼業プロとしての顔もある、三度の飯よりパチスロ好きのゴリラ顔です 笑 関連する記事• 2019. 27 沖ドキの通常B狙いというのは実際問題可能なのか?そんな疑問を考察し、独自の通常B狙いというものを解説しています。 […]• 2019. 05 沖ドキの立ち回り方法と狙い方の考察記事になります。 自分なりのリスクが少ない立ち回り方法を実践して、一応結果が出ている立ち回り方法なので、参考にしてくれ[…].

次の