チャオ チュール 子猫。 猫がちゅーるに夢中になる理由!その成分や与え方、注意点とは

チュールで猫が凶暴化!?CIAOちゅーるに含まれている成分を徹底解明|おすすめの与え方

チャオ チュール 子猫

いろいろな種類のキャットフードがありますが、なかでも「チャオチュール」は猫からの人気が高いようです。 飼い主のなかには、チャオチュールを与え続けている人もいます。 この記事では、チャオチュールの特徴や概要、1日あたりの摂取量の目安を紹介しつつ猫に人気な理由を説明します。 チャオチュールとは? チャオチュールとは、いなばフード株式会社が販売しているキャットフード「チャオシリーズ」の中の一種です。 液体状になっている餌で、小分けにした製品をメインに販売しています。 猫が舌で舐めながら餌を食べられる仕組みとなっているため、固形物を飲み込む能力が低下した高齢猫も飲み込みやすくなっています。 さらに猫は水をあまり飲まない生物といわれており、脱水症状を引き起こし腎臓の病気にかかる猫もいます。 しかし、チャオチュールは水分も多く含んでいるため、猫に水分を摂取させる餌としても役立つでしょう。 賞味期限が製造日より2年程度となっているため、長期保管にも適しています。 チャオチュールの成分や栄養 植物性油脂やミネラル、アミノ酸、ビタミンEなどを含んでいます。 猫の体に悪い着色料や防腐剤なども入っておらず栄養価も高いです。 発がん性物質も含まれておらず、口臭予防のための緑茶成分も配合されています。 材料に「国産品」を使用しているのも特徴です。 さらに医師が個別に塩分濃度を調べたところ0. 5前後となっていたようなので、適切な量を食べさせればチャオチュールのみで塩分過多になることはないという結果を出している人もいます。 小分けになっている製品(1袋14g)の場合、1包装あたり7キロカロリー前後となっています。 猫がチャオチュールを大好きな理由は食欲を誘う香りと味 チャオチュールには魚のエキスが含まれており海鮮物の香りがします。 猫は人間よりも嗅覚が発達している動物ですので、磯の香りによって食欲を注ぎやすいといえるでしょう。 さらに猫の好物である魚のエキスも含まれています。 猫が好む香りや味に仕上げてあるため、猫に好まれやすいキャットフードだといえるでしょう。 口コミにも、猫がチャオチュールを美味しく食べている旨や、猫が食欲不振に陥った場合もきれいに食べるといった感想が載っていました。 チャオチュールは種類が豊富 50種類以上のチャオチュール製品を販売しています。 味はまぐろやサーモン、ほたて貝柱、とりささみなどがあります。 なかには、2種類の味をミックスした製品や乳酸菌入りの製品も販売されています。 さらに製品の容量も1袋4本入りの他に、20本入りの製品、ボトル入りの製品も取り扱っているため、状況に合わせて買い分けられるのもチャオチュールの特徴です。 チャオチュールを猫にあげる頻度はどれぐらいが適切? 1日最大4本までの摂取量が良いです。 パッケージの裏側にも1日4本が目安だと記載されているため標準的な猫であれば4本程度与えて良いと思われます。 ただし、チャオチュール以外の餌で塩分を摂取している場合は3本程度に抑えた方が良いでしょう。 なお、チャオチュールが残った場合は別の容器に移し替えて冷蔵庫内に保管できますが、開封済みですので早めに与えてください。 チャオチュールで猫とコミュニケーション! チャオチュールは液体状になっている珍しいキャットフードで、愛用している飼い主もいるようです。 チャオチュールを使って猫とコミュニケーションをとっている飼い主もいます。 チャオチュールを見た瞬間興奮し出す猫や、表情が激変する猫、チャオチュールを猫じゃらしのように使っている飼い主の配信動画もあります。 猫とのコミュニケーションツールとして、チャオチュールを使ってみてはいかがでしょう。

次の

猫のおやつ「ちゃおちゅーる」は危険?成分分析&お客様センターに問い合わせた結果|ふわねこドットコム

チャオ チュール 子猫

なぜ猫はチャオちゅーるが好きなの? そもそも大人気の『CIAOちゅ~る(チャオちゅーる)』ですが、猫ちゃんはどうしてここまでちゅーるに夢中になるのでしょうか? 我が家のモモも正直、食にはあまり興味がないタイプですが「CIAOちゅ~る」だけは別!ちゅーるを与えると表情を変えて必死にむさぼります。 ちゅーるの値段は1袋4本入りで約150円とかなりお手頃です。 超高級食材を使ったりしているわけではなさそうですが、猫ちゃんからするとちゅーるは特別な存在のようです。 そんなちゅーるですが、 海外では猫用のドラッグと呼ばれ「ちゅーるを食べると猫が凶暴化してしまう」とまで言われていますね。 猫に対して何かやばい成分が入っているのでは…と思った方も多いはず。 ということで、今回は「CIAOちゅ~る」の成分、さらにちゅーるのおすすめの与え方についてまとめてみました。 ちゅーるで猫が凶暴化する? 猛獣に襲われました。 Twitterに投稿された動画では、ちゅーるを掴んで離さないばかりか、イカ耳になって爪も出して興奮しています。 これは確かに「ちゅーるにはやばいものでも入っているのか…」と疑いたくもなしますね。。 我が家のモモもちゅーるを与えると、表情が一変する(かなり怖い顔になる)ので、初めはかなり驚きました。 ちゅーるで猫ちゃんが凶暴化するというより、ちゅーるが美味しすぎて夢中になり過ぎている… という結果は先に見えているような気はしますが しかしCIAOちゅーるには「隠し味としてまたたびが入っている」「塩分がガンガン入っている」などなどの噂もあるので、その辺りも検証していきましょう! チャオちゅーるの成分 CIAOちゅーるの成分は、どの味・種類でも全てパッケージの裏面やHP上に記載されています。 まぐろ味(毛玉配慮)では、主な原材料や保証成分値は下記。 増粘剤(加工でん粉)• 増粘多糖類• 調味料(アミノ酸等)• 紅麹色素 増粘剤(加工でん粉) 増粘剤(ぞうねんざい)はチュールに粘り気やとろみを付けるために入れられている成分です。 穀物由来の加工デンプンが使用されているので、穀物アレルギーの猫には注意が必要です。 穀物アレルギーの猫はチュールを避けて「」のようなグレインフリーのおやつを与えるようにしましょう。 増粘多糖類(ぞうねんたとうるい) 増粘多糖類(ぞうねんたとうるい)も増粘剤と一緒で粘り気やとろみを付けるために使用されています。 ちゅーる販売元のいなば食品に直接確認しましたが、豆類の「グアーガム」とトウモロコシ由来の「キサンタンガム」を使用しているとのことでした。 植物性由来の天然添加物で体に悪いものではありませんが、トウモロコシを使用しているのでやはり穀物アレルギーの猫にはチュールは避けておいた方がいいでしょう。 調味料(アミノ酸等) 調味料はグルタミン酸ナトリウムというもので化学調味料(合成添加物)と呼ばれるものです。 この調味料の中に発行した鮭エキスなどが入っているのが「チュールのうま味」の秘密でもあります。 摂取のし過ぎは(美味しすぎて)中毒になったり、ナトリウムが入っているので塩分過多になる可能性も有るので注意が必要です。 紅麹色素(べにこうじしきそ) 紅麹色素(べにこうじしきそ)は麹菌というカビの一種で赤色を付ける天然の着色料として利用されています。 人間には安全性が高いと言われていますが、そもそも猫は赤色を識別することができないので、飼い主さん側の見映えのために使用されているものと考えられます。 食品添加物について思うこと ここも気を付けてほしい所ですが「食品添加物」が全て悪ではありません。 体に無害の植物性由来の天然添加物もあるので、実際の成分の中身まで理解することが大切だと感じました。 ちゅーるを与える容量を守たり、特別な時だけに食べさせる分にはあまり神経質になる必要はないと思います。 注意ただし、穀物アレルギーの猫や糖尿病などの病気を持っている猫には専用のご飯やおやつを与えるようにしましょう。 合成添加物不使用のグレインフリーのおやつなら「モンプチ ナチュラルキッス」が特におすすめです。 またたびが入っている? 結論から書くと CIAOちゅーるには「またたび」は入っていませんでした。 (メーカーにも確認済み!) またたびは適量を与える分には猫ちゃんのストレス発散や食欲増進につながりますが、与えすぎると刺激が強いので、中枢神経が異常麻痺を起こす可能性もあります。 そのような理由から、飼い主さんによっては、またたびは控えているという方も多いと思います。 CIAOちゅーるには「またたび」が入っているから猫ちゃんが変貌するというのはただの噂(デマ)でしたね。 塩分が多い? SNSなどでは 「CIAOちゅーるは塩分が大量に入っている」という投稿をよく見ます。 基本的に猫ちゃんは汗をかかないので、塩分はほとんど必要ありません。 塩分の摂り過ぎは肝臓に大きな負担をかけることになってしまいます。 「人間の食べ物は猫ちゃんにダメ」だというのは、みなさんもご存知だと思いますが、塩分が関係しているのが理由なんですね。 ただ、CIAOちゅーる公式サイトでも記載されていますが、 ちゅーるには原料由来のみの塩分のみで、食塩は配合されていません。 原料由来の塩分ってどれぐらい? 実際にはデジタル塩分計で計測したところ 0. 4~0. 6の範囲でした。 獣医師さんいわく、これはおやつとしてなら問題ない程度の塩分量のようですが、与え過ぎには注意とのことです。 水で薄める 水分補給として• ちゅーるアイス• ちゅーるスープ• 爪を切るとき• ひと手間加えるだけで、暑い夏や寒い冬にピッタリな特別なおやつになっているのでぜひ参考にしてみてください。 水で薄める 水分補給として ちゅーるの塩分は0. 4~0. 6と記載しましたが、水で薄めてあげてもOKです。 1本(14g)につき20mlの水で塩分濃度は約0. 1下がるというデータも出ているようです。 さらに水をあまり飲まない猫ちゃんも多いので、水分補給も兼ねて水で薄めるのもいいかもしれません。 ちゅーるアイス 暑い夏には「ちゅーるアイス」がおすすめです。 ちゅーるアイスとはちゅーるを凍らせて作る猫ちゃん専用の手作りアイスのことです。 このちゅーるアイスは簡単に作れるうえ、暑い日にはピッタリなおやつになっています。 夏バテしている猫ちゃんも「ちゅーるアイス」を作ってあげると元気になるかも!? チュールアイスの作り方は の記事で詳しく紹介しているので併せて参考にしてくださいね。 ちゅーるスープ そして暑い季節が過ぎ去ったらオリジナルアレンジレシピの「ちゅーるスープ」がおすすめです。 「ちゅーるスープ」は「ちゅーるアイス」の応用編です。 オリジナルと偉そうなことを言ってますが、ちゅーるアイスをチンするだけの超簡単レシピです。 さすがのちゅーる…スープにしても食いつきが半端ないです。 チュールスープの作り方は の記事で詳しく紹介しているので併せて参考にしてくださいね。 爪を切るとき 爪を切るのが嫌いな猫ちゃんはきっと多いと思います。 我が家のモモも爪切りは最も嫌いなイベントです。。 そんな爪切りが嫌いな猫ちゃんでも、 CIAOちゅーるを食べている時はちゅーるに夢中になるので、おとなしく爪を切らせてくれますよ。 さすがに一人でちゅーるをあげながら爪を切るのは大変なので、一人が猫ちゃんを抱っこして爪を切る、もう一人がちゅーるをあげる、というように二人で役割分担しましょう。 どうしても一人で爪を切るときは、お皿にちゅーるを出してあげるのがおすすめです。 お薬と混ぜてあげる CIAOちゅーるは公式サイトにも記載されていますが、猫ちゃんのお薬に混ぜてあげても全く問題ありません。 お薬の味が苦手な猫ちゃんも大好きなちゅーると一緒なら簡単に投薬することができますよ。 また、「投薬用ちゅーる」という通常のちゅーるより粘度が高くなっているものもありますが、動物病院専用のちゅーるになるので詳しくは動物病院や獣医さんに聞いてみてくださいね。 まとめ — 2019年 6月月1日午前4時14分PDT 今回の調査でCIAOちゅーるの成分や種類など様々なことが分かりました。 また猫の体に悪い成分やまたたびが入っていることもありませんでしたが、アレルギー持ちや病気の猫には注意したい成分がいくつか見つかりましたね。 ちゅーるで凶暴化するというのも、 ちゅーるに夢中になり過ぎて猫ちゃんが必死になってしまうということが分かりました。 公式サイトによるとちゅーるは、、 鮮度管理された原料をすばやく充填・殺菌を行っていますので、開封した際の風味を猫ちゃんが好んでくれていると考えております。 だそうですよ!鮮度を保ったまま味を落とし込むのが上手なんですね。 またちゅーるには水分が多く含まれており、食塩や保存料は使用していないということも判明しましたが、微量の塩分が気になるという方は、ちゅーるを水で薄めるのも良いですね。 我が家のモモもCIAOちゅーるは大好物のおやつです。 味の種類は80以上もあるので、これからもいろいろな味を試してみようと思っています。

次の

猫のおやつ「ちゅーる」!毎日は危険?

チャオ チュール 子猫

猫がちゅーるに夢中になるのは良い香りだから• ちゅーるは猫が好む味付けでバリエーションも豊富だから• ちゅーるの原材料はシンプルで飼い主も安心して与える事ができる• ちゅーるには毛玉ケアや乳酸菌入りの物などがあり健康をケアする事ができる• ちゅーるには塩分が入っているので腎臓が弱い猫に与える時は少量にする ちゅーるは猫の食欲を掻き立てるには最適のおやつです。 もちろん、ちゅーるの与えすぎには注意が必要ですが、適量を与えていれば猫とのコミュニケーションにも役立てることができます。 ちゅーるは食いつきの良い猫用おやつを探している方や、薬などを混ぜて与えられるフードを探している方は、ちゅーるを一度試してみてはいかがでしょうか。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の