宅建 過去問 解説。 宅建試験ドットコム - 試験制度&過去問題を徹底解説

解説付き年度別試験問題集

宅建 過去問 解説

インデックス 宅建(宅地建物取引士)の過去問に解説を付与しました。 「不幸にして落ちたが、新たに過去問を買い換えたくない人」向けです。 リベンジにご利用ください。 そのほか、通勤・通学時のおさらいに、ご利用ください。 なお、勉強法や各種情報については、「」や「」、「」を参考願います。 なお、当時の過去問に、当時の解説です。 法改正には対応していないので、参考程度にご活用ください。 令和元年度 平成30年度 平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 独学向け教材 宅建の独学向け教材には、「2系統」あります。 はじめて法律を学ぶ方は「」を、参考にしてください。 んで、法学部卒等で、ある程度の素養のある人は、「」を、参考にしてください。 PDF過去問に一言 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。 PDF過去問の演習には、「タブレット」が最も勝手がよくて、ストレスも少ないです。 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「 」を推薦します。 他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。 受験が終わっても、他の試験で使え、サブ機としても使えます。 受験を機に「 」を検討するのは、損はないです。 宅建のこまごましたもの 試験勉強については、「」を、参考にしてください。 「宅建」という資格を、より知りたい方は、「」を、一読願います。 ブログに試験勉強に関する記事を投稿しています。 興味のある方は、「」を、お目汚しください。

次の

解説付き年度別試験問題集

宅建 過去問 解説

資格スクエアの過去問の研究は特にスゴイ 宅建資格試験において過去問の話をするなら、は外せません。 合計100時間の勉強で宅建試験の合格を目指す宅建合格パックは6万4800円で申し込むことができますが、この内容が非常におすすめです。 通信講座では学校に比べて、校舎の維持費や教員の人件費などを削ることができるため、その学費のすべてを講座内容の質に当てることができます。 資格スクエアでは、 よく出る問題を全ての過去問から分析しており、講義動画や練習問題、解説などは過去問をベースに作成されているため、ひたすら過去問を全て解く勉強法よりも早く効率よく色々な問題を解くための知識を会得できる設計になっています。 宅建士の試験では過去問が特に重要! 宅建士の試験勉強では、過去問が非常に重要です。 最初の方は、法律系資格独特の専門用語や意味の難しい言葉が多くて読みづらいテキストですが、難解な日本語や用語に慣れてきて、テキストに書かれている内容を理解できるようになってきたら、 なるべく早い段階から過去問に手を出していく勉強方法が良いとされています。 ひたすら過去問を解いて合格した人も居る 過去問をとりあえず一度解答してみることで、その問題を解くのに必要な知識がどんなものだったのかを確認できます。 そして 解説を読んだり、その知識について書かれているテキストに戻って読み直したりする、問題と解答・解説の行き来で勉強を進めていくのです。 ひたすらテキストを読み進めていく勉強の仕方に比べて、実際の問題を数多く解き、なるべく多くの解答や解説をチェックすることによって、ひっかけ問題に対しても強くなることができます。 宅建士の試験を独学で合格した!という人の中には、10年分もの過去問を解き、解答や解説を見るという勉強方法で突破した人も居ます。 最後に紹介するのは過去問ナビというサイトです。 登録不要・無料で利用できます。 こちらのサイトも、宅建士以外の様々な資格試験の過去問があります。 年度別に集められた過去問の他、様々な年度の問題をごちゃまぜにしてランダムに出題してくれる方式もあります。 4択問題の選択肢を選ぶと即、正解か不正解が分かり、誤答だった場合は正しい選択肢が表示されて次の問題へ進めるようになっています。 その場で解答解説がないのは上記2サイトと少し違っている点ですが、その分次の問題へサクサク進めます。 答えが知りたい、解説が見たい段階ではなくどんどん問題を解いていけるぐらいのレベルになった頃なら、 電車での移動中や何かの空き時間に効率よく勉強できるサイトでしょう。 通信講座の過去問のほうがおすすめな理由 無料で利用できる過去問サイトをいくつか紹介しましたが、 通信講座のような有料の勉強方法とは何が違うのでしょう?それはズバリ精度です。 通信講座やスクールの用意している過去問は、頻出問題に絞られていたり、注意すべきひっかけ問題を重点的に学べるなど、勉強効率がよく、短期で合格できる仕組みをたくさん取り入れています。 無料のサイトでも過去問を解いたり、解説や解答を見ることは出来ますが、手当たり次第にすべての過去問が出題されるのと比べれば、講座で使用している過去問題集などの方が、やはりお金を払っている分もありますが質が良いというのは間違いないことでしょう。 講座ならではの予想問題というのもある 各種資格試験のためのスクールや通信講座を運営している会社では、「例年の流れからすると今年の問題はこんな感じになるだろう」という予想を立てた予想問題を上手く使って生徒や受講者の合格率をアップさせています。 毎年の資格試験を見てきている講師なら、その年の試験対策だけをしている受験者と比べてどんな問題が良く出るのかや、大切なポイント、新しく出てきそうな問題なども分かっています。 その分この点に関しては独学でがむしゃらに全ての過去問を潰すのよりも、講座が用意した模擬試験の問題を解いたりしている方がやっぱり有利になってきます。 資格スクエアのAI技術『未来問』 そんな通信講座の中でも特に注目したいのが、です。 宅建士試験の合格ラインは7割半とも言われている中で、この的中率は非常に恐ろしいもので、 未来問をマスターしておけばほぼ合格と言っても過言ではない得点ラインに食い込むことができます。 資格スクエアの合格パックでは基本的な各科目の勉強も過去問の頻出問題をチェックし、重要度の高い知識を中心にマスターできる内容となっているので、無料過去問サイトでの勉強と比べれば何倍も効率の良いものとなっています。 宅建士試験の過去問解答・解説が無料なおすすめサイトまとめ 宅建士試験の過去問が無料で利用できるおすすめサイトについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか? 探してみると意外と登録不要の無料で解答や解説込みで過去問がチェックできるサイトはありました。 しかし、無料で利用する分にはどのサイトも十分なクオリティーで実用性もあると言えますが、 さらにがしたいとなると、やはり有料の通信講座やスクールにはかなわないようです。 やはり毎年の資格試験サポートをし続けているからこそのノウハウが詰まったやり方のおかげで、要点がまとめられており学習時間や量を格段に減らしつつも、合格点はしっかりと見据える勉強の仕方ができるのは大きいです。 そうでなければお金を払ってまで利用する価値がないので当然と言えば当然の事ですね。

次の

令和元年(2019年)宅建本試験 解答と解説

宅建 過去問 解説

正解は3です。 選択肢については以下のとおりです。 保証協会に加入しようとする宅建業者は、保証協会に加入しようとする日までに弁済業務保証金分担金を納付しなければなりません。 宅建業者は、保証協会の社員なったときは、供託した営業保証金を取り戻すことができます。 この場合の公告は不要です。 保証協会の社員である宅建業者が事務所を設置したときは、その日から2週間以内に、弁済業務保証金分担金を保証協会に納付しなければなりません。 弁済業務保証金分担金を納付しない場合は、社員としての地位を失います。 保証協会の社員の地位を失った宅地建物取引業者は、その地位を失った日から1週間以内に営業保証金を供託しなければなりません。 本文の「2週間以内に弁済業務保証金を供託」の部分が誤りです。 弁済業務保証金を供託することはできません。

次の