千 と 千尋 の 神隠し ラスト シーン。 【千と千尋の神隠し】ラストシーンで豚の中に両親がいないと分かった理由【考察】|水銀くん|note

【都市伝説】知るとヤバい!「千と千尋の神隠し」の裏設定6つ

千 と 千尋 の 神隠し ラスト シーン

Contents• 千と千尋の神隠しラストは時間がどれくらい経っていた? 千と千尋の神隠しのラストって、車汚れていたよね。 あちらの世界と現実の世界の時間が違うと示している。 2001年7月に公開されたこの作品は、308億円もの興行収入を叩きだし、「タイタニック」や「アナと雪の女王」、「君の名は」などを抑え、今も 日本歴代興行収入堂々の第一位の記録をキープしています。 監督を務めた宮崎駿は「 もののけ姫」までにやりたいことをやり切り、この作品からかなり作風を変えたのだとか。 それまでの宮崎駿作品はメッセージ性のしっかりしたものばかりでしたが、確かに「千と千尋の神隠し」では明確なメッセージはないように感じます。 とはいえ、興行収入やテレビ放送時の視聴率などを診れば、世間からの評価は一目瞭然でしょう。 そんな「千と千尋の神隠し」について様々な考察を行っていますが、今回は 千と千尋の世界での時間の流れについて見ていきたいと思います。 トンネルに入ってから色々なことがあったものの、そこまで長い時間が経っているようには思えないのに、ラストシーンでは現実世界でかなりの時間が経っているような描写もされていますよね。 では、千尋たち家族がトンネルに入り、また出てくるまでに現実世界ではどれくらいの時間が経過していたのでしょうか? 宮崎駿監督へのあるインタビューによると、 現実世界で経過した時間は2か月だそうです。 冒頭のシーンとラストシーンでの車周辺の変化を見てみると• 木の生い茂り方が違う(成長している)• 車の上に葉っぱが積もっている• 車の中がホコリだらけになっている• トンネルの壁が朱色からただの石垣になっている(魔法が解けたという描写?) などがありました。 お父さんもビックリしていましたよね。 この変化から、たった数日の出来事ではないことがわかります。 ではなぜ2か月なのか・・・?• エンジンが問題なくかかる• 半袖でも寒くなさそう だからです。 まだ気候が激しく変化していない頃で、しかも車の中に埃が溜まるくらいの期間ということでだいたい2か月くらい経過している、ということで間違いなさそうです! ちなみに 車のバッテリーは一般的に、1年くらい放置すると上がってしまうため、数か月に1度はエンジンをかける必要があります。 ということは、戻ってきたのが1年後の夏ということは考えにくいですよね。 では、経過した月日は半年くらいでは?という意見もありましたが、そうすると季節は真冬。 とてもじゃないですが、半袖ではいられないでしょう。 やはり 現実世界で経過した時間は2か月くらいが妥当だと考えられます。 湯屋で千尋は何日過ごした? 千と千尋の神隠しで千尋は湯屋「油屋」にいったい何日過ごしたのだろ.. 帰ったとき、車に草やツタが被っていたけど、もし一年以上いたら相当苦労してたよね。 既に何日か経ってるのか?ってわけじゃないか — 米著功 yonecyoko 現実では2か月くらい経過していましたが、千尋は湯屋(トンネルの中)で何日くらい過ごしたのでしょうか? トンネルの中での出来事を時系列でまとめてみました。 トンネルを抜けてくる(昼)• 湯婆婆と契約する(夜)• 湯屋で働き始める・両親(豚)と対面する(昼)• 「お腐れ様」の接待をする(夜)• 瀕死のハクを救う• カオナシが暴れる(昼)• 電車で銭婆の所へ行く(夜)• ハクの名前を思い出す(昼)• 両親を助けて湯婆婆との契約を解除する。 現実世界へ(昼) これらの出来事がコンスタントに起こったと考えると、湯屋で過ごしたのは 約4日。 あっという間の滞在だったといえます。 しかし! 4日よりもっと長い間滞在していたのではないか?という意見もたくさんあり・・・ その理由の1つが一緒に働いているリンと千尋が「 今日から大湯番だ」と言われること。 また、この話では最初と最後で千尋の心の強さが全く違いますよね。 千尋は様々な出来事を通し、恐れていた湯婆婆にも「おばあちゃん」などと言ってしまうくらい、すごく芯のある強い人間に成長しています。 話し方や目つきも別人のようです。 子どもの成長はすごい!とはいえ、たった3,4日でここまで変われるものでしょうか? ある程度の間湯屋で過ごし色々な経験を積む中で、千尋は成長したと考える方が自然な気がします。 とはいえ現実世界とは時間の流れ方が異なるという前提があるので、湯屋にいたのは2か月よりも短い間。 総合すると、千尋が湯屋にいたのは短くて1週間ほど、長くて1か月くらいかな~と思うので、間を取って 約2週間だと予想しました! 2週間なら、これだけの出来事が起こっても自然ですし、千尋も親のいない特殊な環境の中で強く成長できるでしょう。 まとめ ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の 時間の経過について考察しました! 物語の中で経過した時間は、車周辺の環境の変化、湯屋での出来事、千尋の成長などから• 現実世界・・・約2か月• 湯屋の世界・・・約2週間 と予想しました! トンネルの中と外では時の流れ方が違うだろうと思うので、ハクも早く湯婆婆とケリをつけて現実世界に戻って来られるといいですね>< ぜひ細かい描写の中から千と千尋の世界の時間の流れを感じつつ、作品を楽しんでください!.

次の

【千と千尋の神隠し】ラストシーンで豚の中に両親がいないと分かった理由【考察】:水銀くんの隠れ家

千 と 千尋 の 神隠し ラスト シーン

皆さんは、「千と千尋の神隠し」のラストシーンを覚えてますか? 契約に従い、湯婆婆から出題された問題。 たくさんの豚の中に混じっているはずの、豚に変えられた自分の両親を見分けなくてはいけない場面で、見事にこの豚達の中に両親はいないと断言した千尋は本当の名前を取り戻し、ハク様に見送られながら元の世界に戻り、ほこりまみれの車に乗り込んで新生活へと出発するというものです。 最後にキラリと光る髪留めが印象的ですね。 しかし、本当は違うラストシーンがあったとしたら・・・? スポンサーリンク 「千と千尋の神隠し」のラストシーンと言えば、誰もが上記のラストシーンを思い浮かべると思われます。 しかし、そのシーンには若干の続きがあるという都市伝説があるんです。 しかもその続きのシーンは映像化、アフレコもされており、公開当時にはほんの短期間ですが映画館で実際に流されていたそうです。 現在において、何故その「本当のラストシーン」がまるでなかったシーンのように取り扱われている理由と言うのは謎なのだそうで・・・ めちゃくちゃ都市伝説っぽくないですか?(笑) さて、ではその「本当のラストシーン」。 一体どのようなシーンだったのかというと・・・まとめると以下のようになります。 千尋の髪留めは、冒頭とラストシーンでは別のものに変わっています。 ラストシーンでは銭婆からもらった髪留めを着用しています。 しかし、それを千尋は覚えておらず、何故髪留めが変わっているのかを不思議がる。 車は出発してきちんと新居にたどり着くのですが、辿り着く道中で引っ越し屋さんがすでに到着しているのが見えて、母親が父親に怒りだす。 そして、新居に到着した際には、引っ越し屋さんからも遅れるのは困ると怒られる。 千尋が新居の周囲を観察していると、橋のかかった小川があることを発見。 それを見つめている千尋は突然ハッとした表情になり、全てを思い出したかのような意味深な感じで終わる。 以上が「千と千尋の神隠し」の本来のラストシーンと言われているものです。 これが本当の話ならば面白いものですね。 このラストシーンではない通常の「千と千尋の神隠し」を見ると、千尋が湯屋という異世界での出来事を覚えているのか、覚えていないのか、ということはハッキリと分かる描写はありません。 ただ髪留めが光ったことで、視聴者にはあの世界は夢ではなかった、と分かるだけ。 それが、幻のラストシーンによると、どうやら千尋は元の世界に戻ってしまったことで異世界の出来事も忘れてしまっているようですね。 最後に登場する「小川」はおそらくハクの新しい住処であり、そのおかげで千尋は全てを思い出すのでしょう。 ハクは実は千尋と別れた後に八つ裂きにされてしまった、という説も存在します。 ハクと湯婆婆は何かの契約をしており、千尋と両親を助けようとしたことは契約違反に当たると思われます。 そのため湯婆婆に、 「それでおまえはどうなるんだい!?その後あたしに八つ裂きにされてもいいんかい!?」 という確認をされており、さらにジブリ公式HPで、その後のハクについての説明は、 「『すべてのことはルールに従わなければならない』という世界観により、 湯婆婆の言葉通り八つ裂きにされる運命をハクは受け入れている。」 という(不吉な)一文が・・。 千尋が琥珀川の名前を告げたことで、ハクが本名(ニギハヤミ コハクヌシ)を思い出したこともハクの残酷な運命を変えるきっかけになる伏線のように思えます。 そして、このラストが本当ならば! ハクは無事に元の世界に戻れて、さらに千尋が住む場所のすぐ近くで千尋を見守ることが出来るという最高のシチュエーションになるわけです。 スポンサーリンク そして、このラストがもしも本当にあったとしたら、個人的な疑問があります。 荻野家族は何日後に元の世界に戻ってきたのか・・・? ということ。 これはこの作品を見た方それぞれ、様々な意見を持っているようです。 私個人としては、車に木の葉がたくさん落ちていて、さらにホコリがたくさん積もっているという描写があったので、荻野家族自体は時間の経過は感じていませんが、現実世界ではけっこうな日にちが経過しているような印象を受けました。 スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」より引用 そうじゃないと、ホコリや木の葉の描写は必要ないと思うからです。 そして引っ越し業者さんはいくら待っても荻野家が現れないため一旦引き上げる羽目になり、荻野家は荻野家で新居に着いたら引っ越しのトラックは来ていないし、気付いたら数日過ぎてるし「!?」という状態に・・・ 異世界では千尋が何回か夜を過ごすシーンがあって、少なくとも数日は経過していそうです。 ただやはり見た人の数だけ捉え方があり、現実世界に戻ってみたらその異世界に入ったその日と同じ日・同じ時間だったと感じた方もいたようですね。 現実世界で何日も経過してしまっているということならば、上記のようなエンディングはきっぱり否定できるものですが、その日中に現実に戻ったということならば、否定はできません。 実は違うラストシーンが違うというのは、他のジブリ作品の中では「天空の城ラピュタ」にも同様の都市伝説が存在します。 まあ、ラピュタに関しては否定できる根拠があって、あくまでも都市伝説の域を出ないレベルのものですが。 ただ「天空の城ラピュタ」の幻のラストシーンは、ラストシーンを見た!という人の話の内容に少し食い違いがあったりするのに、 「千と千尋の神隠し」の幻のラストシーンに関しては証言が見事に一致しているのが気になる所。 もし幻のラストシーンが本当に存在したとしたら? そうなると疑問となるのは、何故あれほど車に木の葉やホコリがたまっていたのか?ということです。 木の葉はまあ突風が吹けば車に堆積するかもしれませんが、ホコリに関してはそんなにすぐ溜まるものではありませんよね。 山道を走行している間に積載したもの・・・とか? 荻野家の新居がある町は工業が盛んだったり、山を切り開いて新興住宅を建てている真っ最中であるため、土ぼこりや砂ぼこりが舞っているホコリっぽい町なのでしょうか・・? 他に考えられるのは、トンネルを抜けた時に異世界に行ったのではなく、厳密にはトンネルの手前の林道に入る道の前(舗装道路が終わっている所)に石のほこらから始まっていたか・・・。 千尋が石像を見た時から車ごと異世界に入りこんでしまっていたのかもしれません。 千尋の親父がスピード上げてまるで吸い込まれるように、引き寄せられるようにトンネルに向かってる時点で、もう既に異世界に入り込んでしまっていたのです。 そう考えた場合・・・。 湯屋があるあの世界は、昔話の浦島太郎の話(地上と竜宮城の時間の流れ)とは逆で、異世界で数日過ごしても現実世界では一瞬だったのかもしれません。 しかし、トンネルの向こうで千尋が両親を助けようと奮闘している時、車もまたトンネルの手前で同じく数日という時間を経ていたのではないでしょうか。 その間、木の葉もホコリも溜まり続けます。 そして再び千尋達がトンネルを通り戻ってきた時には、異世界での時間の流れからは抜け出していますが、千尋の髪留めがそのままであったように、車に堆積した木の葉もホコリもそのままだったのでは・・・。 色々考えられますが、私個人としては、上記のように現実世界では何日も経過している説だと思います。 つまり、千尋の両親は引っ越し業者に平謝り、追加の料金を請求され、父親は会社から無断欠勤を咎められる(笑) この都市伝説も十分否定できるものかと思います。 そして、宮崎監督の絵コンテでは最後のラストシーンは本来のものと変化はありません。 それだけは言っておきましょう。 誰が、どこで見たラストシーンなのか・・・。 それは本当に「千と千尋の神隠し」だったのか・・・。 似たような作品と勘違いしているのではないか・・・。 どっかの誰かの妄想ではないのか・・・。 しかし、ジブリ作品は本当に都市伝説にことかきませんね(笑) そのような「余白」が多く残され視聴者が考える部分が多くあるというのがジブリの魅力なのでしょうね! 信じるか信じないかはあなた次第! スポンサーリンク.

次の

【都市伝説】千と千尋の神隠しの幻のエンディング!ハクの八つ裂きシーンは存在する?|RealVoice

千 と 千尋 の 神隠し ラスト シーン

今日はネットロアらしい都市伝説の話を。 実は千と千尋の神隠しには、「幻のラストシーン」があり、それは映画館で数日しか公開されず、カットされたという都市伝説です。 その「幻のラストシーン」は以下の通り。 ・千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる 何故かは覚えていない ・新居に向かう途中、丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る ・新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー」と注意される ・千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く ・橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になりこの川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる まあ、普通に考えれば、ジブリ規模の全国公開する映画が、わずか数日で編集しなおす、なんていうことはないはずですし、もしそうだとしたら、もっと記録に残っていていいはずなので、これが都市伝説なのは間違いないです。 しかし、不思議なのは、私自身も、この「幻のラストシーン」のくだりを読んだときに、「あれ、なんか見たことあるな」という気分になったことです。 そして、この「なんか見たことある」現象は多くの人の間に広がり、一部では「これが真実だ!」となっているわけです。 というわけで本日は、この千と千尋の「幻のラストシーン」に関しての、ちょっとした妄想的考察を書きたいと思います。 このウワサの出所元は、日付検索をかけていくと、恐らく2014年11月21日の2chへの書き込みと思われます。 これ以前の日付で、、ハクが八つ裂きにされたんじゃないかという話しか出てこないので、ここがネタ元と見て間違いないでしょう。 2001年公開の作品なので、2014年に突然「幻のラストシーン」が見つかる、というのは非常に考えにくいです。 ところで、この 2014年11月21日という日付はとても大事なのですが、実はこの日、金曜ロードショーにて、「千と千尋の神隠し」がノーカットで放送されたんですね。 平均視聴率も19. 6%と、かなり高い数字だったことも記録に残っています。 なので、この頃のtwitterを眺めると、この千と千尋のラストシーンに関する言及が多く見られます。 千と千尋、ラストもうちょっと続きのシーンなかったっけ?引っ越し業者が先に着いちゃってるとことか。 車中のシーンとか。 つまり、「幻のラストシーン」に関するまとめが、 金曜ロードショーでの放映当日に流れることで急速に拡散されていき、ひとつの都市伝説として定着していった、という経緯なのだろうと予想できます。 しかし、この「幻のラストシーン」、どうして、こんなにも「なんか見たことある」気にさせられるのでしょうか。 これは私の妄想的考察になりますが、「なんか見たことある」気持ちになるのは、この「幻のラストシーン」の記述は、全て、 映画に実際に出てきた場面の寄せ集めだからではないでしょうか。 そのことがよくわかるのは、この「幻のラストシーン」について、twitterや書き込みでは、「全くその通りだ」というよりも、「 引越し業者のくだりはなんか覚えている」と言う方が多くいることです 「幻のラストシーン」の都市伝説は、こういう記述になっていますね。 ・新居に向かう途中、 丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が 「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る この「丘から~」という映像自体は、実は冒頭、タイトルの出る直前にあります。 母親が車の窓を開け、風が吹き込み、千尋が外を見やった後、カメラがあがっていき、まさに「丘」の絵が映ります。 そして、タイトルが出た後、千尋たちの車が丘をのぼっていきます。 また、別のシーンでは、トンネルの入り口まできた千尋のお父さんが、「ちょっと行ってみない?むこうへ抜けられるんだ」と言った言葉に対して、お母さんが不機嫌そうに答えます。 引越センターのトラックが来ちゃうわよ。 この2つのシーンが組み合わされば、上記の「丘から引っ越し業者が既に到着している」のを見た母親が「「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る」シーンは完成しないでしょうか。 だからこそ、この「引越し業者」というくだりは、「なんか見たことある」既視感を植えつけるのではないでしょうか。 他のものも検証していきましょう。 ・千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる 冒頭数分間は全て車中の出来事です。 そしてラストも車中から遠ざかるトンネルを眺める視点から、車が走り去っていくカットで終わります。 ラストは「車の中」は映し出されませんが、明らかに車に乗っている表現は記憶に残ります。 そこで冒頭とラストの記憶の混同が出てくるのではないでしょうか(不思議がるシーンは出てこないのですが、千尋はよく不思議がってはいます)。 ・千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く 小川のシーンは一つだけあります。 家族でトンネルを抜け、野原の先へ進むシーン。 お父さんが「川を作ろうとしたんだね」と発言しています。 そして、橋に関しては、湯屋へつながる赤い橋が印象的ですね。 「緑ある」小川、というのは、この川のシーン前後の、風に揺れる野原の様子から連想されるものではないでしょうか。 ・橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になりこの川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる 橋から川を眺めるシーンは正確にはありませんが、欄干(のような場所)から海を眺めるシーンは存在します。 川の神様を引き入れた後、リンと千尋が部屋で話すシーン。 ちょっと話は変わりますが、ジブリには「引越し」から始まる映画がもう一つあって、『となりのトトロ』も、引越しの車に家族全員が乗っている、というシーンから始まります。 で、実はトトロにも、小川を覗き込むシーンがあります。 これは、引越し先についたすぐ後に、サツキが「メイ、橋があるよ」といって、覗きこむシーンです。 『千と千尋』を見た人が『トトロ』を見ている確率は結構高いと思うので、このシーンが記憶に引っかかっている、ということもないでしょうか。 そして、「ハッと悟った」というところですが、結構千尋は「ハッと」していて、特に、ハクの背中にのっている時に千尋が自分の過去を思い出すシーンは有名じゃないでしょうか。 この絵も、「ハッと悟っ」ているようにも見えます。 というように、この「幻のラストシーン」の記述は、『千と千尋』で出てきた場面をつなぎあわせたようにも見えます。 特に、「引越し業者」のくだりは、何気ないセリフなので見過ごしがちですが、これは冒頭に出てくるセリフであり、千と千尋の物語構造において、冒頭とラストが対の関係になっていることを考えると、ラストと混同してしまう、ということはない話でもないような気がします。 私は心理学の専門家ではないので、今回の私の妄想がどこまで人間の心理的に有効なのかはわかりませんが、古来から言われている、「マコトらしきウソをつくなら真実をまぜろ」というような手法のようにも思えます。 もし仮に、この都市伝説を広めた人が意図して行ったとしたら、それはそれは、大成功を収めています。 これだけ考えても、それでもやっぱり、「なんか見たことある」気分が抜けないのですから。 人の記憶はまったく、あてにならないものですね。

次の