天皇 年収。 天皇陛下のご公務を年収に換算するとどのくらいなのか?考察させていただきました

天皇陛下のかつらはいつから?羽田空港でカツラのピンが取れる画像も!|RealVoice

天皇 年収

【スポンサードリンク】 天皇・皇族・料理番の給料はどのくらい? まず、天皇・皇族・料理番の給料がどのくらいなのかチェックしてみましょう。 実はこの天皇陛下、皇族の方々が生活していくためのお金は、給料ではなく、皇室経済法といわれる法律に基づき、国家予算で賄われているのです。 この皇室の費用には、宮内庁費、皇室費の2種類が設けられています。 このうち、天皇や皇族が日常の生活の費用に充てるのが皇室費のうちの「内延費」と言われるものになります。 この金額は法律によって定められており、2016年は3億2400万円となっています。 それから儀式や公賓などの接遇、外国の訪問の際など公的な活動の際に用いられる経費は、「宮廷費」として予算が組まれています。 さらに、皇族としての品位を保持するために支払われる「皇族費」というものもあり、これは各宮家の皇族に対して年額が支払われており、その金額は、平成26年には3050万円でした。 このように、天皇や皇族の収入は国家予算により定められているので、会社員のように給料という感覚とは、少し違っているのですね。 天皇の収入は、内延費という予算だけを見ると3億円以上もあるように思われてしまいますが、実際にはここから人件費や衣類、食費、交際費、災害見舞金、旅行、研究費、皇族の神事関係、医療費など、様々な費用が賄われています。 特に人件費は大きな割合を締め、33%もの割合で支払わなければなりません。 その結果、実際に収入となり得るのは1億円にも満たない金額であると言われています。 ちなみに料理人についてですが、宮内庁が職員として採用しているため、天皇や皇族とは違い、給料という形で収入を得ていることになりますね。 現在の収入は明らかではありませんが、天皇の料理番として有名な谷部金次郎さんがいた時代には年収は600万円程度だったのではないかと考えられています。 ドラマでも話題になった料理番ですが、天皇や皇族の生活を陰で支える、縁の下の力持ちとして、一般的な会社員と大きな違いはないお給料を受け取りながら、職務を遂行しているのですね。 天皇・皇族の給料は税金? 天皇や皇族の給料にあたる収入はどこから支払われているのかと言うと、これは国家予算から捻出されています。 ということはつまり、国民が納めた税金から支払われているということになりますね。 3億円以上もの税金が天皇や皇族に支払われているのかと考えると、ショックを受ける方もいるかもしれません。 ですが天皇や皇族はスケジュールが大変多忙で、休日数は年間、たったの80日前後しかないと言われています。 しかも3億円の中から様々な費用を賄っていかなければならないのですから、ほとんど給料として残ることはありません。 税金が支払われていても、単なる象徴としてだけではなく、日本のために様々な仕事をこなしてくれているのですから、十分に納得できるでしょう。 【スポンサードリンク】 佳子様や紀子様の給料は? 天皇や皇族がどのような形で収入を得ているのかが分かったところで、具体的にテレビによく登場する人物が、どのくらいの収入を得ているのか、興味が湧いてしまいますよね。 例えば紀子様や佳子様は、秋篠宮家の皇族になります。 秋篠宮家には皇族費と言われる費用が支払われており、この金額は、紀子様は1,525万円、眞子様や佳子様は915万円となっています。 このような金額を見ると、かなり良い企業で働いていなければここまでの年収は稼げない!と感じてしまう方もいるでしょう。 ですが、テレビにも登場し、数々の公務をこなしている姿を見ていると、少なすぎる金額とも考えられますね。 天皇や皇族の給料は謎めいているように感じられますが、実際にはその国家予算の内訳や使い道など、きちんと公開されています。 税金から捻出されてはいるものの、きちんとした用途で使用されていることが理解できますね。

次の

皇宮護衛官の年収給料や職員の年齢別【20代30代40代】年収推移・役職別年収

天皇 年収

天皇陛下のお仕事 国民が知ってる仕事 我々が思い浮かべる天皇陛下の仕事って何でしょうか? 現在決められている天皇の公務にはこのようなものがあります。 国事行為 ・総理大臣、大臣、最高裁判所長官の任命。 ・国会の招集、衆議院の解散、法律の公布、栄典(勲章や名誉な儀式)の授与 ・外国の要人の接受(合ってもてなすこと) 公的行為 ・国会開会式の出席。 ・国内外への訪問。 ・一般参賀、歌会始め、園遊会など 一般に知られているのはこのくらいでしょうか。 天皇陛下の公務回数 では実際にどのくらい公務を行ってるのか。 宮内庁発表の資料から見ていきましょう。 国内訪問は平成28年(2016年)、国際親善は28年のデータが公開されていないので平成27年のデータです。 天皇陛下が行った国事行為は次のようになります。 この数字に皇后陛下単独や他の皇族の行事は含まれません。 国内訪問(平成28年) 戦没者慰霊 被災地御見舞・復興視察 福祉施設訪問 1回(5日間) 3回(9日間) 1回(1日) 国会開会式出席 日本国際賞授賞式 日本学士院授賞式 日本芸術院授賞式 国際生物学賞授賞式 その他式典 3回 1回 1回 1回 1回 3回 全国植樹祭 国民体育大会 全国豊かな海づくり大会 1回(3日間) 1回(5日間) 1回(3日間) 国際親善(平成27年) 国賓・公賓への対応 41回 外国大使の信任状奉呈式 34回 外国元首との会見 23回 外国大使との引見 105回 ご親書・ご親電 446回 大使ご接見(お茶会) 14回 外国訪問 1回(2日間) 信任状奉呈式=外国大使が任命されて来たときに信任状(この人を大使にしますという書類)を受け取る儀式。 同時に前大使の解任状奉呈式も行います。 会見・引見=会ってお話をすること ご親書・ご親電=外国から来た書簡(手紙)・電報への返事を出した回数。 大使ご接見(お茶会)=赴任してきた大使と会って話をすること。 を見れば誰でも知ることができますよ。 公務は最近は減ってきたといわれますがこれだけでもかなり多いと思います。 数年前までは企業訪問とか天皇がやる仕事じゃないだろう?と思うようなものまでやってました。 戦後は公的行為が増えているといわれます。 戦前は恐れ多くて呼べなかったんでしょうね。 でもこれだけではありません。 国民の知らない仕事もあるんです。 天皇の仕事は祈ること 現代人の殆どが知らない事実。 それは天皇陛下や皇室は祈ることが仕事なんですね。 「祈り」って聞くとどう思いますか? 「科学の発達した21世紀に祈りなんて意味がない」 もちろん祈りだけが仕事ではありません。 でも一番大切な仕事が祈ることなんです。 宮中の行事は年間20以上あるといわれます。 によると目的は2つあります。 「作物の豊作を祈ることと」 「国と国民の平和と安定を祈ること」だそうです。 宮中の祭祀はこんなにある 宮内庁のHPにはこれだけの行事が載っています。 月日 祭儀 1月1日 四方拝、歳旦祭 1月3日 元始祭 1月4日 奏事始 1月7日 昭和天皇祭 1月30日 孝明天皇例祭 2月17日 祈年祭、春季皇霊祭、春季神殿祭 4月3日 神武天皇祭、皇霊殿御神楽 6月16日 香淳皇后例祭 6月30日 節折、大祓 7月30日 明治天皇例祭、秋季皇霊祭、秋季神殿祭 10月17日 神嘗祭 11月23日 新嘗祭 12月中旬 賢所御神楽 12月23日 天長祭 12月25日 大正天皇例祭 12月31日 節折、大祓 より抜粋 これらの儀式は江戸時代以前の大昔から行われていたもの。 武士の時代(主に応仁の乱)になって中断していたものを明治時代に復活させたもの。 明治になって作ったものがあります。 昭和22年にこの法律は廃止されました。 でも儀式そのものは当時のまま現在も続いています。 法律的な根拠よりも伝統を重視しているからでしょう。 そのため政府や学者は「皇室が私的に行ってる」としています。 天皇陛下も熱心に行っているそうです。 宮中の行事はわからない部分が多いのですが、代表的なものにはこんな行事があります。 新年の祭祀 四方拝(しほうはい)=元旦の行事 1月1日の未明に起床。 桶でお湯をかけて身を清めます。 束帯の装束(平安貴族が儀式のときに着るような服)に着替えます。 宮中三殿と同じ敷地に神嘉殿と呼ばれる場所があります。 神嘉殿の庭に作られた御拝座で行います。 御拝座とは畳を屏風で囲っただけのもの。 伊勢神宮のある南西の方角が開いてるそうです。 最初に伊勢神宮の方角にお祈りをして、東南西北の順で他の神々にも拝礼(お祈り)します。 庭ということは屋外になりますよね。 元旦の未明から屋外でやってたら倒れそうです。 さすがに現在の天皇陛下は高齢のために御所で行ってるそうです。 平安時代の初期・嵯峨天皇 在位期間:809~823年 の時代に始まったそうです。 道教的な思想ではじまったともいわれます。 明治以降は北斗七星への拝礼と呪文は行われなくなりました。 三殿というくらいですからお祈りする場所は三つあります。 賢所:天照大御神を祀る場所。 宮中三殿で一番重要な場所。 皇霊殿:初代神武天皇から昭和天皇とその皇后、皇族が祀られている場所。 神殿:八百万の神が祀られている場所。 賢所、皇霊殿、神殿の順に拝礼します。 神々、歴代の天皇、皇族の御霊に五穀豊穣と国民の加護をお祈りするそうです。 天皇陛下が行ったあとは皇太子殿下も同じことをするそうです。 宮中三殿は板張り、冷暖房、照明はありません。 伊勢神宮など神社でも似たような儀式をやってるところはあるようです。 新嘗祭(にいなめさい)=勤労感謝の日 数多くある宮中行事でももっとも重要だとされる行事です。 飛鳥時代の皇極天皇 在位期間:642~645年 の時代に始まったとされます。 応仁の乱で一時中断しましたが江戸時代に復活しました。 神嘉殿に神々を招き、その年の収穫に感謝する儀式です。 その年取れた作物や酒で天皇が神々をもてなします。 灯火の薄明かりの中、夜6時からと夜11の2回行います。 それぞれ2時間かかると言われます。 その間、天皇は正座です。 夜にするのは夜は神様が活動する時間だと考えられているためです。 長時間正座が続くため、天皇陛下は新嘗祭の1ヶ月前から正座の練習をするそうです。 深夜まで天皇が神々とともにお供え物を食べるという神秘的な儀式とされます。 お供え物を食べるということは神の力をいただくという意味もあります。 皇太子ですら見ることのできない秘技といわれます。 祈年祭(きねんさい) 新嘗祭と対になる大切な行事とされています。 豊作祈願のための儀式です。 新嘗祭が収穫のあとに行うのに対して、祈年祭は田植えの前の時期に行います。 作物が実るようにとの願いが込められているようです。 奈良時代の天武天皇(873~886年)には行っているという記録があります。 応仁の乱で中断しましたが明治になって復活しました。 神社でも行われるようです。 以上紹介したのは代表的なものだけです。 それにしても、正月は朝から重要な儀式をやってるんですね。 奈良時代や平安時代のやり方を今でも行ってるようですからなかなか大変な儀式のようです。 想像以上に大変みたいです 以上、天皇陛下の公務と宮中の行事を紹介しました。 これだけの役目をこなすのは大変だと思います。 国事行為の数では今上天皇(現在の天皇)は歴代の天皇よりも多いそうです。 親しみやすいのはいいことですが、呼ぶ側も気安く呼ぶようになってるんでしょうね。 天皇陛下が出席しなければいけないのか?と思うような公務もありますし。 公務の負担を減らすことは大切だと思います。 それでも務められなくなったら交代というのも仕方ないかもしれませんね。

次の

天皇の知られざる膨大な仕事量、元旦5時半から続く「激務」の中身

天皇 年収

天皇陛下の時の年収はいくらなのか? まず天皇陛下が譲位される前に、どれくらいの給料だったのか確認しておきましょう。 天皇陛下の年収に関係しているのは、「内廷費」と呼ばれるもので、金額は「 3億 2,400万円」と 2018年は計上されています。 しかし「 3億 2,400万円」の内廷費は、天皇陛下のみの費用ではなく、天皇陛下、皇后陛下、皇太子殿下、皇太子妃雅子さま、愛子内親王殿下の 5人分になります。 単純計算をすると 5人なので、お一人約 6,450万円ということになるでしょう。 ただし、内廷費については、内訳がどのようになっているのか発表されることはないので、具体的な分配については不明です。 しかし過去に一度だけ内訳が以下のように発表された事があります。 (あくまで過去の内訳です) 内廷費の内訳• 人件費:33%• 衣類など:18%• 食費:13%• 交際費や災害見舞金:10%• プライベート旅行や研究費用:7%• 神事関係費用:7%• 医療費その他:10% しかし、忘れてはならない点として、給料として支払われているわけではなく、天皇陛下と内廷皇族の使う日常の費用などの支払のために使用される金額ということです。 ですから貯金という概念は必要ありません。 使用する分を支給され、使い切るというイメージの方が合っているかもしれません。 あくまで完全に平均した金額であれば、天皇陛下が1年に使用される費用は 「6,450万円」という事になるわけです。 (あくまで単純計算) この金額の中で、上記で紹介したような費用が使われていくことになるでしょう。 天皇陛下が譲位され、上皇となられたあとに、この金額がどのように変化するのか、引き続き解説していきます。 上皇(今上天皇)になられた後に年収は変わるのか? 上皇陛下になられた後は、 現在の天皇陛下はどのような立場になるのかという点がポイントになります。 内廷費を使う内廷皇族になるのか、それとも宮家のような扱いになるのかという点です。 この点については、すでに発表がされており、 天皇陛下は譲位され上皇となられた後も、内廷費によって生活の費用が賄われるとなっています。 2019年度の予算案によると、内廷費は 3億 2,400万円であり、天皇・皇族(上皇、上皇后、天皇、皇后、愛子内親王)のために使われるとなっています。 現在は、内廷費は「天皇・皇后、皇太子、皇太子妃、愛子内親王」のために使用されるとなっているので、名称が変わっただけと言えるでしょう。 つまり 上皇になられた後も、これまで通りの年収という事になるでしょう。 これまで日本のために全てを犠牲にしてきた天皇陛下なので、変化がないという点は国民のだれもが納得されるでしょう。 つまり、単純に内廷費を分配するのであれば、「上皇陛下の年収は6,450万円」「上皇后の年収も6,450万円」という事になります。 詳しい天皇陛下や皇族の年収については、こちらを参照してください。 上皇と上皇后の住居はどこになるのか?皇居から引っ越す? 天皇陛下と皇后陛下は、皇居にお住まいになるのが通例です。 そのため、天皇陛下が譲位され上皇となられた場合、現在の皇太子殿下が天皇陛下として皇居にお住まいになります。 そのため、上皇と上皇后は皇居から移る必要が出てきます。 引っ越しとはいえ、上皇と上皇后が外部で生活することはありえません。 すでに譲位の後は、旧高松宮邸である「高輪皇族邸」へと移動されると発表されています。 しかし「旧高松宮邸」への移動は、あくまで一時的なものであるようです。 現在の皇太子さまご家族が、皇居に移動されるまでの間、あくまで仮住まいとして「高輪皇族邸」を利用されるということです。 皇太子殿下が天皇陛下として、皇居に引っ越しされた後に、上皇と上皇后は皇太子殿下が住んでいた「赤坂御用地内にある東宮御所」へと移動されることが決まっています。 ですから上皇と上皇后が、今後お住まいになる場所は「東宮御所」となります。 皇位を継承すべき皇子であり、東宮。 ポイントは【皇子】という呼称で、 皇子とは「天皇の子」という意味です。 現在の天皇陛下が譲位し、皇太子殿下が天皇となった後、第一皇位継承の立場になるのは「秋篠宮さま」となります。 しかし5月1日に即位する天皇陛下にとっては、【弟】であるため、第一皇位継承権があるものの、「皇太子」という表現はふさわしくないという事になるでしょう。 そのため、 現在の法律の元で「東宮御所」が復活するのは、秋篠宮殿下が天皇として即位し、悠仁親王が皇太子殿下となった時となります。 それまでの間は、「東宮御所」は存在しなくなります。 そのため、現在の皇太子殿下が天皇陛下となり皇居御所へと移動された後、上皇(今上天皇)と上皇后がお住まいになる段階で、「東宮御所」は「仙洞御所」という名前に変更されることになります。 そのため、2019年以降、上皇と上皇后がお住まいになる住居は 「仙洞御所」という呼び方が正しいと言えるでしょう。 海外で家族と一緒に生活をしています。 目標は2年単位くらいで、様々な国に移住して生活をすること。 中国・南ア・タンザニア・ザンビア・フィリピン・ニューカレドニア滞在歴あり。 海外で生活すると「日本のドラマ」が見られない。 でも動画配信サービス(VOD)なら、VPNを使って動画が視聴できるので、癒しのためにドラマや映画を見ています。 自分で見て良いと感じたドラマや映画・見たいと思ったドラマや映画を趣味のレベルで紹介しているので、参考にしてもらえたら嬉しいです。 同じように海外生活をしている方からのコンタクトも大歓迎です。 修正依頼など記事内容についての問い合わせは、こちらからご連絡頂ければ幸いです。 対応させていただきます。

次の