アイシン 精機 アイシン aw。 アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュの経営統合に関して

アイシン精機の期間工について徹底解説!AWとどっちがおすすめ?

アイシン 精機 アイシン aw

アイシン精機は31日、2021年4月をめどに子会社のアイシン・エィ・ダブリュ(AW)と経営統合することで基本合意したと発表した。 AWはトヨタ自動車が保有する自社株式の全数を取得した上で、アイシン精機が吸収合併する。 アイシングループの中核2社が統合することで事業の効率化を加速。 電動化や自動運転といった新領域での競争力を高める。 アイシン精機を存続会社とし、21年4月をめどに新会社を設立する。 社名など詳細は今後詰める。 新会社はアイシングループ連結売上高の8割を占める事業体となる。 AWは自動変速機(AT)の世界最大手。 AWにはアイシングループが約60%、トヨタが約40%を出資している。 アイシン精機はAWがトヨタ保有の全株式を取得するにあたり、今期中に社債発行などによる3000億円程度の資金調達を実施する計画だ。 調達資金の一部を株式取得に充てる。 アイシングループの2大中核会社が統合することで、「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」関連の技術開発を加速する。 アイシン精機の伊勢清貴社長は同日の決算会見で「グループ全体の求心力と一体感を飛躍的に高め、経営資源を(新規事業に)最適配分する」と話した。 アイシンはこれまで事業を分社化することで競争力を維持してきたが、自動車産業の構造変化を受けて、分社体制が時流にそぐわなくなっていた。 日刊工業新聞2019年11月1日.

次の

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュの経営統合に関して

アイシン 精機 アイシン aw

アイシン精機は、4月30日開催の取締役会で、商号の変更および、定款の一部変更について6月16日開催の第97回定時株主総会に付議することを決議した。 1.商号の変更について (1)変更の理由 アイシン精機は、100年に一度と言われる自動車産業の大変革期を生き抜くため、更なる競争力の強化を目指して、子会社であるアイシン・エィ・ダブリュと経営統合し、グループの中核企業としてアイシングループを牽引するべく、両社共通する「アイシン」の名称へ現行定款第1条(商号)を変更する。 (2)新商号(英文表記) 株式会社アイシン(英文:AISIN CORPORATION) (3)変更予定日 2021年4月1日 2. 定款の一部変更 (1)定款変更の理由 「1. 商号の変更について(1)変更の理由」に記載のとおり、現行定款第1条(商号)の変更を行うとともに、アイシングループの事業の現状により即した目的事項とするため、現行定款第2条(事業の目的)の全22項目を、16項目に整理・統合する。 また今回、経営のスピードアップのために導入している執行役員制度を、執行役員異動時においても最適かつ機動的な経営体制の構築・変更を可能にするため、現行定款第24条第1項を変更し、取締役からのみならず執行役員からの社長選定もできるものとし、また、役員体制における意思決定と業務執行の役割の明確化のため、取締役副社長の役職を廃止する。 さらに、これに関連して、現行定款第14条を変更し、株主総会の議長についての定めを変更する。 また上記変更に伴い、変更案第26条のとおり執行役員の選任方法および役割を明確にするための規定を新設し、現行定款第27条以下の繰下げ等、所要の変更を行う。 (2)定款変更の内容 変更箇所について、現行定款と変更後の定款案の対照は、以下の通り(下線=変更部分)。 日程 ・定款変更のための株主総会開催日:2020年6月16日(予定) ・定款変更(第1条(商号)、第2条(事業の目的)以外の 変更および追加)の効力発生日:2020年6月16日(予定) ・定款変更(第1条(商号)、第2条(事業の目的))の効力発生日:2021年4月1日(予定) 関連キーワード ,•

次の

アイシン精機、社名を「アイシン」に変更へ 2021年4月1日

アイシン 精機 アイシン aw

アイシン精機 取締役社長 伊勢清貴 私が18年6月に社長になってから事業構造の変革を急いでいます。 (CASEの技術開発などのために)投資がかさむので、既存事業をスクラップして競争力がある製品にシフトしています。 リーンな(筋肉質な)会社にするために固定費の低減にも努めています。 AWの統合を進めたのもその一環です。 2020年は決めたことをやり切る一年です。 これまでは(実際に統合させるのではなく)「バーチャル・カンパニー制」(「パワートレイン」「走行安全」など5つのバーチャル・カンパニーとアイシングループ本社で構成し、組織横断で連携することで競争力を高める取り組み)をやってきましたが、会社が分かれているとどうしても「心」の壁ができてしまって改革のスピードが遅かった。 50年間も分社した状態で、かつそれぞれが「独立して事業を進める」気風がありましたから。 それでもアイシン精機とAWの経営統合を発表した。 いまも納得している人と納得していない人がいるかもしれませんが、決めたのだから、やるしかない。 そして、やるなら早いほうがいい。 正式統合は21年4月ですが、調達部門などできるところから前倒しで統合作業を進めています。

次の