行政書士 解答。 一般財団法人 行政書士試験研究センター

平成30年度 行政書士試験問題の正解

行政書士 解答

行政書士試験の民法で勉強する内容 民法は私たちの私生活に非常に深く関わる重要な法律であり、 人の権利や義務を規定している法律だといえます。 行政書士試験では民法は全部で11問出題され、行政書士試験の問題の中では 行政法の次に出題数の多い科目となっています。 民法の出題のほとんどは「民法の規定および条文に照らし〜」という問いになっているのが特徴です。 そのため 民法の勉強ではまず条文を理解することが基本中の基本となります。 また出題パターンが決まっているので、様々な問題が出題されるものの 解答の基本や勉強法は一貫しています。 参考書は条文の解説である 民法の場合、参考書はあくまでも 条文の解説本と思って読み進めて下さい。 何故なら民法の学習においては それぞれの条文がどんな意味をしているのか、どんな権利や義務を規定・保護しているのかを理解することが重要だからです。 参考書は条文の示す意味を理解するために存在するので、参考書に書かれていることを丸暗記してもあまり意味はありません。 後ほど詳しく解説しますが、そもそもの前提として 民法は暗記科目ではないということは常に念頭においておきましょう。 条文の趣旨を理解する 民法の問題を解く際には、 その条文が何故必要なのかを理解することが必要になってきます。 条文を丸暗記したとしても、 条文の存在意義が理解できていなければほとんどの問題に対処できません。 何故なら丸暗記で事例をいくつか覚えてしまったとしても、少し表現を変えりシチュエーションが異なる問題が出たら対応できないといったことになってしまうからです。 やはり、何故この条文が必要なのかという、 その条文が作られるに至った「背景」を理解しておくことが大切です。 行政書士の民法の出題範囲と配点 民法の出題範囲 民法の条文数は1000を超えており、非常にボリュームのある法律となっていますが、行政書士試験において出題される内容は主に以下の5つに分類することができます。 債権総論• 債権各論• 親族相続 基本的にはこれらの出題数はほぼ一定であり、この中でどれが頻出ということはあまりありませんが、 親族相続だけは毎年出題数が少ない傾向にあります。 行政書士試験の民法の勉強をする際は、 これらの勉強の順番を自分でアレコレ工夫する必要はありません。 テキストや問題集で指定された通りに進めれば大丈夫です。 民法の配点 行政書士試験は法令科目で244点、一般知識で56点の合計300点満点の試験となっています。 法令科目は憲法や行政法などの5科目から構成されており、民法はそのうちの1科目になります。 民法の出題形式と配点は次のようになっています。 民法の勉強のポイント 勉強を進めていくと、民法で取り扱う内容は身近なケースも多いので馴染みやすいと感じてくるかもしれません。 勉強法のポイントは 登場人物の整理です。 誰が誰に対して権利行使をするのか、またそれぞれの人物はどんな関係なのかが重要になります。 その点を間違えなければ、 問題がどんな解答を求めているかが見えてくるはずです。 小手先のテクニックですが、登場人物を身近な人に置き換えて考えてみると、考えが整理しやすいかもしれません。 民法は長文の問題も多いですから、読解力や国語力が大事になります。 長文読解に苦手意識がある人は 登場人物間の関係図を描くことをおすすめします。 特に登場人物が3人以上になった際にはかなり有効な手法なので覚えておきましょう。 以下ではこうした勉強法のポイントについて、より具体的に見ていきましょう。 法律用語の意味を正確に覚える 行政書士試験の民法では、 用語の意味を問う問題は出題されません。 とは言え、用語が分からなければ解答することもできません。 そこで、民法の難しい専門書を買って、一から覚えようという人もいるでしょう。 しかし、これは勉強法としてはおすすめできません。 そこまでしては時間の無駄だからです。 基本的な用語は テキストか、 過去問題集に書かれていますので、そちらを参考にした方が効率的です。 それに、今では インターネットで情報も簡単に手に入りますので、大学の法学部で使うような難しい専門書は必要ないでしょう。 要件と効果を押さえる 過去問題集を進めていくと、例外的な問題も出てきます。 相対効が原則の場面なのか、例外の場面なのかを判断しなくては解けないような難しい問題です。 要件と効果は、原則条文にありますが、形式的にそれを当てはめればいいという訳ではありません。 その条文の 文言に隠された意味を、理解しなけてはいけないのです。 このように、条文の文言の隠された意味を確定していくことを、 「解釈」と言ったりします。 要件と効果は重要なポイントですので、理解を深めるためにも、普段から重点的に覚える癖をつけて下さい。 第三者を押さえる 民法においては「第三者」という考え方が177条で登場します。 民法177条で規定している第三者とは、「不動産物件変動」において誰が当事者で、誰が当事者でないのかを規定する考え方です。 「不動産物件変動」とは、物件を取得したり、喪失したり、変更したりする場合に、民法177条が適用させることです。 ここで言う「第三者」ですが、これは文字通り 当事者以外の人のことです。 全く関係ない人、例えば通りすがりの人が、土地の登記に巻き込まれることはありません。 このように民法でいう「第三者」とは、 一般的に使われるように全ての人を対象にするのではないので注意しましょう。 判例・通説では、「第三者」とは、当事者又は一般承継人以外の者ということで、登記の不存在を主張する正当な利益を有する者と定義されています。 第三者という言葉の意味を一般的な意味で捉えると、不動産物件変動に関わる問題で混乱することになります。 まずは過去問集などを使って、 第三者との関係性を掴む癖をつけましょう。 行政書士の民法の効率的な勉強法 初めて法律の勉強をされる方にとっては、民法の条文に書かれている意味がなかなか理解できずに、一つの問題に長い時間をかけてしまうこともあるかと思います。 そんな時は、 その部分は飛ばして次の問題に移りましょう。 一つの事にこだわりすぎず、一旦そこから離れてみることも大切です。 最初はあまり理解できなくても、今まで学習してきたことを思い出したり、別の形で同じ論点に繰り返し触れることで理解出来るようになっていきます。 以下では民法の効率な勉強法について、より踏み込んで見ていきましょう。 暗記では太刀打ちできない 民法の問題の多くは、 規定や判例に照らして正しいか誤っているかを選ばせる形式です。 しかし1,000項目以上と言われる民法の条文を試験までの1年弱で覚えることは不可能に近いです。 また、仮に覚えることが出来たとしても、 その条文の背景や目的を理解していなければ実際の問題には太刀打ちできません。 まずは民法は暗記科目ではなく 理解重視の科目であるというところを認識するところから民法の学習はスタートします。 以下では民法の条文を正しく理解するために、要点の押さえ方や意識してチェックするべきポイントを見ていきましょう。 原因と結果を押さえる 民法の条文を読む際の基本は 原因と結果を正しく押さえることです。 このうち結果の部分である「〜である」という部分は多くの人が無意識に覚えているのですが、 なぜそのようになったのかの原因もセットで覚えることが大切です。 前提条件である「なになにが・・・なので」という一文を見落とさないように注意しましょう。 なにを• どのように といった 論理的な考え方が大切です。 条文の中にある因果関係を正しく捉えることで、 単なる暗記から条文の理解へと知識の定着度合いをアップグレードすることができます。 テキスト選びには要注意 基本的にはどんなテキストも過去問題集も、試験に必要なことは全て網羅されているはずです。 一方でその内容をどのように解説しているのかはテキストによっても異なります。 条文の因果関係を理解して学習を進めていくためにも、 条文の結論しか書かれていないテキストは避けた方がいいでしょう。 今まで説明してきたように、「何故」「どうして」が書かれていないと、結果的に遠回りで非効率な勉強をする羽目になってしまいます。 また、 フルカラーで作成されたテキストもおすすめです。 論理関係や人物関係を色分けして整理してくれているので、理解しやすく、印象に残って覚えやすいからです。 過去問演習は10年分を目安に行う 民法は非常に範囲が広いので、まずは過去問を解きながら 問題文の登場人物や、原因などを整理する訓練をしましょう。 それには、おおよそ10年分くらいの過去問の演習が目安になります。 どうしても苦手意識がある人は、登場人物を整理することから始めて下さい。 10年分の過去問演習をすれば、大概の問題文のパターンが分かってくるはずです。 問題演習を通じて、そうだったのか、という「気づき」が出てくるはずです。 行政書士民法の解答作成のコツ 問題文の要点を捉える 民法の問題文は総じて長いので、メリハリをつけずに読むと要点をつかむことができず、結局何度も読み直すことになってしまいます。 短い時間で解答作成に取り組み始めるためには、まずは 最初の1読で要点となる部分を抽出することが大切です。 問題文を読みながら 解答に関係する部分には下線を引いたり書き込みをするのも効果的です。 こうすることで次に読むときは下線の部分だけを意識して読むことができるので、要点を整理することができるからです。 記述式問題の対策法は? 記述式の問題は、 全部で3問でそのうちの 2問が民法です。 民法の記述式は、 解答を40文字前後にまとめる問題ですので、知識を全部書きこまないように注意しましょう。 まず登場人物をAやBなどに分け、問われていることに対して、最低限で答えることが大切です。 更に、例外の場合も加えるとしたら、文字数を考えて書き足すか、問われていることに十分解答できているかを考えて下さい。 また知識に自信のある人は、書き過ぎに注意して下さい。 40字前後に納める必要がありますから、問われていることだけを簡潔にまとめましょう。 自信がない人も、「何が」「いつ」「どうした」といった基本的なことでいいので、問題文に書かれていることを整理して下さい。 その間を穴埋めしていけば、正解の解答に近づいていくはずです 事例の関係図を作成する 民法の問題文は長文なため、頭の中で考えていても整理できない時があります。 そんな時は、 構図を書くことで、問題文を素早く把握することができます。 解答を書き始める前に、まず登場人物や争点を図にしてみましょう。 ぼんやりしていたモノが、書いているうちにハッキリとしてくるはずです。 図を描き出す前にすることは、登場人物や争点、原因と結果などを、予め書き出しておくことです。 そうすることで、より ハッキリと問題文の中身が整理できてきますし、図への描き込みもれも防ぐことができます。 必要な情報だけを解答に入れる 上述したように、民法の記述式問題は、考えながら、書きながらではなく、登場人物を書き出したり、図に描きだしたりしましょう。 そうやって 考えを整理してから解答をまとめていくことが、 記述式問題のコツです。 考えが整理されていないまま解答作成を開始すると40文字前後を超過してしまい、ダラダラとした文章になってしまいます。 キーワードを書き出したモノを図にして、整理してから書くようにすれば、スッキリとまとまって書けるでしょう。

次の

行政書士の民法が得意になる勉強法のコツ|科目の特徴や解答のポイントまで解説!

行政書士 解答

こんにちは、トモです。 2019年11月10日は、今年 令和元年度 の行政書士試験の日。 みなさん、後悔しないように、ぜひ、全力を出し切ってくださいね。 さて、受験後、もっとも気になるのは試験の合否ですが、 合格発表は、令和2年1月29日(水)です。 当日の午前9時から行政書士試験実施機関である一般財団法人 行政書士試験研究センターのホームページに合格者受験番号、合否判定基準及び試験問題の正解番号が掲示されます。 <行政書士試験研究センターのホームページへリンク> しかし、合格発表はともかく、試験問題の正解(正解番号)の発表が1月29日というのは、ちょっと遅いですよね。 そこで、今回の記事では、行政書士の資格学校各社が公表する、2019年(令和元年)行政書士試験 解答速報・模範解答・解説・総評・速報会などのページをまとめてお知らせします。 受験が終わった方、ぜひチェックしてみてくださいね。 Contents• フォーサイトでは、11月10日(日)の本試験当日に解答速報および解答速報動画を公開します。 解答速報の動画公開に先立ち、事前登録を受け付けています。 事前登録をした方には、ライブ配信開始前にお知らせが送られてきます。 見逃したくない方は、登録してみてください。 またフォーサイトでは、自己採点機能や講評も公開予定です。 TACでは、解答速報や講評以外にも、 「本試験解答速報会」の無料動画配信や、 無料Web採点サービス「本試験データリサーチ」など、様々なサービスが用意されています。 TAC行政書士講座精鋭講師陣が、「今年の出題傾向」「各科目の所感」「記述式問題の予想解答・ポイント」などについて話します。 各校の実施スケジュールは以下のとおりです。 登録から結果の確認まで、すべてWebで完結します。 Webページで解答を入力(選択)するだけで、結果閲覧期間内に採点結果を閲覧することができます。 また定期的に再集計されますので、登録者数が増えるにつれ、日に日に精度の高い分析データが提供されます。 (何度でもログインして確認できます。 ) 気になる方は、ぜひ登録してみてください。 LECでは、その他にも、 「無料成績診断サービス」やリアルでの「解答速報会」を実施します。 解答速報会 解答速報会は、本試験当日2019年11月10日 日)19:00~20:30、渋谷駅前本校で実施されます。 登壇するのは、LEC専任の横溝講師。 LECのエース講師ですね。 この解答速報会の様子は、全国にある約20のLEC校舎および提携校でも同時中継する予定です。 【同時中継校】 池袋本校、新宿エルタワー本校、横浜本校、千葉本校、京都駅前本校、梅田駅前本校、難波駅前本校、神戸本校、札幌本校、仙台本校、富山本校、静岡本校、名古屋駅前本校、岡山本校、広島本校、福岡本校 [提携校] 金沢校、名張校、佐世保駅前校 各校の詳細については、を確認してください。 大原では、他にも、 「本試験採点サービス(無料)」やリアル&Webでの「本試験分析会」を実施します。 その他、 12月16日(月)より、「2019年度 行政書士試験 問題・解答解説 閲覧サービス(無料)」を実施予定です。 これは、2019年度行政書士試験の問題・解答解説をWeb上で閲覧できるサービスです。 あらかじめ予約入力したメールアドレスに、 問題・解答解説のURLがメールで送られてきます。 気になる方は、登録してみてください。 その他、クレアールでは、 市販の書籍「行政書士試験最短最速非常識合格法」のプレゼントも行っています。 一番効率的な行政書士試験の合格法がわかるノウハウ本です。 【無料】なので、ぜひゲットしてみてください。 こちらは無料で、以下の2つの特典がつきます。 【特典1】 民法「相続」3時間集中講義 6000円相当 を無料で提供 【特典2】 択一成績診断書を作成 本試験科目別振返り講義 2019年本試験をうけて 伊藤塾からの特別講義が配信されます。 参加費無料・予約不要です。 実施日は11月16日 土)~11月24日(日)の間であり、各地区の詳しい開催日は下記URLをご覧ください。 また、参加できない方のために、11月17日(日)18:00~より、Webストリーミングでも配信予定です。 スタディング 令和元年度 行政書士試験 解答速報 スタディングの解答速報の公開ページや公開時間が分かりましたら、こちらに記載します。 模範解答の公開に先立ち、当日18時より、行政書士試験本試験の講評を、豊村講師が解答速報の前に,生配信で解説します。 「本試験分析対談」動画 当日21時30分からは、「本試験分析対談」動画を配信します。 豊村慶太講師・林裕太講師が,今年の出題傾向や時事の情勢を踏まえて,令和元年度行政書士試験について対談します。 全問・解説講義の配信 11日(月)21時からは行政書士本試験の全問・解説講義の配信する予定です。 全問について詳細な解説をおこないます。 講義は,受験生が一番気になる記述式問題からスタートします。 再現記述の添削サービス(限定100通) 10日(日)11時より限定100通の再現記述の添削サービスを開始します。 講師が採点し,コメントをつけ返信します。 ユーキャン 令和元年度 行政書士試験 解答速報 ユーキャンの2019年(令和元年)行政書士試験の解答速報などのページは、以下となります。 ユーキャンでは、ユーキャン独自の「解答速報システム」を用い、解答速報を試験日当日(2019年11月10日)に公開します。 ユーキャンの解答速報は、すべての解答が揃うのを待たずに講師が解答していく順に公開していくため、刻々と更新されていくのが特長です。 また、受験生が自分の解答を入力すると、ユーキャン講師陣が作成した「模範解答」と突き合わせ、自動採点されるサービスも合わせて提供されます。 このサービスを利用すると、1度の入力で、刻々と変化する模範解答に合わせて自動的に採点されていくので、面倒な自己採点の手間が不要です。 資格スクエアでは、11月10日(日)22時より順次解答速報を公開。 加えて記述式試験の無料採点サービスも実施します。 記述式試験無料採点サービス 入力可能な期間は、11月10日(日)16時~11月17日(日)24時となります。 採点は、ご提出いただいた方から順に実施します。 結果は遅くとも12月6日(金)20時までに連絡する予定です。 画面の表示が変わらない場合はF2キーを押して更新してください。 また、「令和元年度行政書士試験講評と今後の合格戦略」の動画を、下記のURLで配信予定です。 上記ページにて、2019年度行政書士試験の当日夜より、解答速報の公開予定です。 また、藤井慎哉による「本試験検証会」は、11月25日16時から同じページで公開します。 上記のWebサイトにて模範解答を公開いたします。 本試験総評会はご予約が必要です。 事前にお電話にてお申し込みください。 1つ気を付けてほしいのは、各社とも急いで解答速報を作成するため、例年、「解答速報の一部が間違えていた!」なんてことが起こっています。 特にボーダーギリギリの受験生の方、1社だけの解答速報に一喜一憂するのではなく、各社の解答速報を見比べて、より正確な結果把握を行ってください。 <行政書士の通信講座 人気ランキング>• 第1位: ~安さNO. 1:45,900円 税別• 第2位: ~全国平均の3. 7倍!高い合格率• 第3位: ~価格は高めだが、全国平均の6. 32倍と合格率は最高• 第4位: ~AI予想などを活用する新進のオンラインスクール• 第5位: ~非常識合格法が人気 <その他の行政書士通信講座>• ~月額制で受け放題のサブスク講座• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~法律系資格に強い専門スクール• ~合格者50%返金の通信講座• ~55段階学習システム• ~法律雑誌を出版するスクール• ~クレアールの教材を利用20• ~テキストで学習したい方向け• ~テキストで学習したい方向け.

次の

2019年度(令和元年)行政書士試験 合格発表をうけて 伊藤塾からのお知らせ

行政書士 解答

こんにちは、トモです。 2019年11月10日は、今年 令和元年度 の行政書士試験の日。 みなさん、後悔しないように、ぜひ、全力を出し切ってくださいね。 さて、受験後、もっとも気になるのは試験の合否ですが、 合格発表は、令和2年1月29日(水)です。 当日の午前9時から行政書士試験実施機関である一般財団法人 行政書士試験研究センターのホームページに合格者受験番号、合否判定基準及び試験問題の正解番号が掲示されます。 <行政書士試験研究センターのホームページへリンク> しかし、合格発表はともかく、試験問題の正解(正解番号)の発表が1月29日というのは、ちょっと遅いですよね。 そこで、今回の記事では、行政書士の資格学校各社が公表する、2019年(令和元年)行政書士試験 解答速報・模範解答・解説・総評・速報会などのページをまとめてお知らせします。 受験が終わった方、ぜひチェックしてみてくださいね。 Contents• フォーサイトでは、11月10日(日)の本試験当日に解答速報および解答速報動画を公開します。 解答速報の動画公開に先立ち、事前登録を受け付けています。 事前登録をした方には、ライブ配信開始前にお知らせが送られてきます。 見逃したくない方は、登録してみてください。 またフォーサイトでは、自己採点機能や講評も公開予定です。 TACでは、解答速報や講評以外にも、 「本試験解答速報会」の無料動画配信や、 無料Web採点サービス「本試験データリサーチ」など、様々なサービスが用意されています。 TAC行政書士講座精鋭講師陣が、「今年の出題傾向」「各科目の所感」「記述式問題の予想解答・ポイント」などについて話します。 各校の実施スケジュールは以下のとおりです。 登録から結果の確認まで、すべてWebで完結します。 Webページで解答を入力(選択)するだけで、結果閲覧期間内に採点結果を閲覧することができます。 また定期的に再集計されますので、登録者数が増えるにつれ、日に日に精度の高い分析データが提供されます。 (何度でもログインして確認できます。 ) 気になる方は、ぜひ登録してみてください。 LECでは、その他にも、 「無料成績診断サービス」やリアルでの「解答速報会」を実施します。 解答速報会 解答速報会は、本試験当日2019年11月10日 日)19:00~20:30、渋谷駅前本校で実施されます。 登壇するのは、LEC専任の横溝講師。 LECのエース講師ですね。 この解答速報会の様子は、全国にある約20のLEC校舎および提携校でも同時中継する予定です。 【同時中継校】 池袋本校、新宿エルタワー本校、横浜本校、千葉本校、京都駅前本校、梅田駅前本校、難波駅前本校、神戸本校、札幌本校、仙台本校、富山本校、静岡本校、名古屋駅前本校、岡山本校、広島本校、福岡本校 [提携校] 金沢校、名張校、佐世保駅前校 各校の詳細については、を確認してください。 大原では、他にも、 「本試験採点サービス(無料)」やリアル&Webでの「本試験分析会」を実施します。 その他、 12月16日(月)より、「2019年度 行政書士試験 問題・解答解説 閲覧サービス(無料)」を実施予定です。 これは、2019年度行政書士試験の問題・解答解説をWeb上で閲覧できるサービスです。 あらかじめ予約入力したメールアドレスに、 問題・解答解説のURLがメールで送られてきます。 気になる方は、登録してみてください。 その他、クレアールでは、 市販の書籍「行政書士試験最短最速非常識合格法」のプレゼントも行っています。 一番効率的な行政書士試験の合格法がわかるノウハウ本です。 【無料】なので、ぜひゲットしてみてください。 こちらは無料で、以下の2つの特典がつきます。 【特典1】 民法「相続」3時間集中講義 6000円相当 を無料で提供 【特典2】 択一成績診断書を作成 本試験科目別振返り講義 2019年本試験をうけて 伊藤塾からの特別講義が配信されます。 参加費無料・予約不要です。 実施日は11月16日 土)~11月24日(日)の間であり、各地区の詳しい開催日は下記URLをご覧ください。 また、参加できない方のために、11月17日(日)18:00~より、Webストリーミングでも配信予定です。 スタディング 令和元年度 行政書士試験 解答速報 スタディングの解答速報の公開ページや公開時間が分かりましたら、こちらに記載します。 模範解答の公開に先立ち、当日18時より、行政書士試験本試験の講評を、豊村講師が解答速報の前に,生配信で解説します。 「本試験分析対談」動画 当日21時30分からは、「本試験分析対談」動画を配信します。 豊村慶太講師・林裕太講師が,今年の出題傾向や時事の情勢を踏まえて,令和元年度行政書士試験について対談します。 全問・解説講義の配信 11日(月)21時からは行政書士本試験の全問・解説講義の配信する予定です。 全問について詳細な解説をおこないます。 講義は,受験生が一番気になる記述式問題からスタートします。 再現記述の添削サービス(限定100通) 10日(日)11時より限定100通の再現記述の添削サービスを開始します。 講師が採点し,コメントをつけ返信します。 ユーキャン 令和元年度 行政書士試験 解答速報 ユーキャンの2019年(令和元年)行政書士試験の解答速報などのページは、以下となります。 ユーキャンでは、ユーキャン独自の「解答速報システム」を用い、解答速報を試験日当日(2019年11月10日)に公開します。 ユーキャンの解答速報は、すべての解答が揃うのを待たずに講師が解答していく順に公開していくため、刻々と更新されていくのが特長です。 また、受験生が自分の解答を入力すると、ユーキャン講師陣が作成した「模範解答」と突き合わせ、自動採点されるサービスも合わせて提供されます。 このサービスを利用すると、1度の入力で、刻々と変化する模範解答に合わせて自動的に採点されていくので、面倒な自己採点の手間が不要です。 資格スクエアでは、11月10日(日)22時より順次解答速報を公開。 加えて記述式試験の無料採点サービスも実施します。 記述式試験無料採点サービス 入力可能な期間は、11月10日(日)16時~11月17日(日)24時となります。 採点は、ご提出いただいた方から順に実施します。 結果は遅くとも12月6日(金)20時までに連絡する予定です。 画面の表示が変わらない場合はF2キーを押して更新してください。 また、「令和元年度行政書士試験講評と今後の合格戦略」の動画を、下記のURLで配信予定です。 上記ページにて、2019年度行政書士試験の当日夜より、解答速報の公開予定です。 また、藤井慎哉による「本試験検証会」は、11月25日16時から同じページで公開します。 上記のWebサイトにて模範解答を公開いたします。 本試験総評会はご予約が必要です。 事前にお電話にてお申し込みください。 1つ気を付けてほしいのは、各社とも急いで解答速報を作成するため、例年、「解答速報の一部が間違えていた!」なんてことが起こっています。 特にボーダーギリギリの受験生の方、1社だけの解答速報に一喜一憂するのではなく、各社の解答速報を見比べて、より正確な結果把握を行ってください。 <行政書士の通信講座 人気ランキング>• 第1位: ~安さNO. 1:45,900円 税別• 第2位: ~全国平均の3. 7倍!高い合格率• 第3位: ~価格は高めだが、全国平均の6. 32倍と合格率は最高• 第4位: ~AI予想などを活用する新進のオンラインスクール• 第5位: ~非常識合格法が人気 <その他の行政書士通信講座>• ~月額制で受け放題のサブスク講座• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~法律系資格に強い専門スクール• ~合格者50%返金の通信講座• ~55段階学習システム• ~法律雑誌を出版するスクール• ~クレアールの教材を利用20• ~テキストで学習したい方向け• ~テキストで学習したい方向け.

次の