アップルミュージック。 Apple Music(アップルミュージック)には無料トライアルがある!登録方法・注意点を解説

アップルミュージック解約できない

アップルミュージック

初回の無料期間 Apple Musicの無料期間は3ヶ月間の設定がされています。 むしろ体験期間終了に気づかずにいた場合は、自動的に当初設定したプランの月額金額が請求される形になりますので、注意が必要ですね。 料金についての感想 Apple Musicとよく比較されるその他の音楽サービスとしては、SpotifyやLINE MUSICなどがありますが、いずれもやはり「1,000円弱」の設定に申し合わせたかのように統一されています。 その中でも学生プラン・ファミリープランはサービスによって有りなしがありますが、Apple Musicは用意されていますので、状況や年齢によってお得なプランに登録できるのは有り難いかも。 特にApple Musicのファミリープランにて、「家族」とする定義が他サービスと比較すると緩く、 「家族である証拠」の提出がほとんど必要ありません。 逆に言うと、 「友達でもファミリーとして招待できる」というメリットにもデメリットにもなる点があります。 以下が当サイトが独自に行なった通信量チェックで、かかった通信量からビットレート(音質を左右する数値)を算出した結果、• WiFi接続時:256kbps• キャリア通信時:129kbps~192kpbs となりました! ちなみにSpotifyと比較した通信量の比較は「 」に詳細を記載しておりますので確認してみてくださいね。 Apple Musicの画面の見方 ここからはApple Musicのアプリにおける各画面でどのようなことができるか、それぞれのページごとで解説してまいりたいと思います! ライブラリ ライブラリは今まで自分がダウンロードした楽曲、 CDなどから iTunes を経由して iPhone に転送した曲などがまとめられています。 使い方としては、過去に自分が保存や聴取を行った楽曲を毎日のルーティンとして聞きたい場合は、このライブラリを最も訪れることになるでしょう。 For You For Youで表示される楽曲は今まで自分が聞いてきたアーティストや楽曲から推測される最も自分に最適化されたプレイリストを表示してくれます。 いわゆる 「パーソナライズ」(個人最適化)という機能ですが、個人的にはこの 「For You」で提案される楽曲があまりハマってこないというのが正直な感想です。。 今日はJ-POPが聞きたいなと思っている時にも、次から次へと洋楽が再生されたり、その逆もあったりします。 このFor Youの精度については使えば使うほど上がっていくものとのことで、 Apple Musicからするとまだ勉強したりないということでしょうか。。 見つける 「見つける」タブでできることは、現在の再生ランキングや新着のミュージック、 Apple Music 運営側が独自にセレクトしたとされる「トゥデイズ ヒッツ」などを確認することができます。 ただしこちらも、個人的には「For You」との区別や見つけるというタグ名からくる印象とだいぶ中身が違っており、 普段使いでこの見つけるというタブを開くことはあまりないように思います。。 Radio このRadioというページも、「For You」「見つける」 と並んで若干趣旨が分かりにくいページになっています。 想像もできません。 唯一このRadioというページでよく使うかもしれない機能とされるのが、「作成したステーションをもう一度聞く」という機能です。 詳細はこの記事のにて詳細を記述しています。 こちらは非常にシンプルで使いやすく、迷いなく検索を行うことができます。 まとめ 「見つける」「Radio」についてはややAppleの主張が強いように感じられ、ユーザーが思う「音楽」という範囲からは逸脱しているように思います。 その他「ステーション」もその言葉だけでは機能の意味が理解できないので、この辺りはもう少しユーザー目線での使い勝手になってくれると良いですね! Apple Musicで歌詞を表示する方法 Apple Musicでも楽曲の歌詞表示を行う方法があります。 また、iOS13がリリースされApple Musicに加えられた変更点で、カラオケのように歌詞が楽曲の進行に合わせて進む、という機能も実装されました。 今現在は音楽サービスもやや乱立状態ですが、iPhone 購入時から元々入っている「ミュージック」というアプリのおかげで、まずはインストールしなくちゃいけない他のサービスと比較するとかなり有利な状況かと思います。 また iPhone 自体が元々 iPod という音楽プレイヤーから成り立っているものなので最初から機能的な休日があるのも嬉しいポイントですよね。 ただし聴き放題サービスとしてみた時に、 Spotifyが無料でフル尺聴き放題、 Amazon Music Unlimited が年払いで最安値を更新とある中で、聴き放題に提供しているアーティストがすべて同じなことを考えると、今後どのように差別化していくか、期待したいところですね!.

次の

アップルミュージックの特徴とは?料金プランや使い方から評判・解約方法まで徹底調査!

アップルミュージック

『iCloudミュージックライブラリ』利用すれば、ひとつのライブラリを共有できる。 『iCloudミュージックライブラリ』を簡単にいうと、上画像のような感じになります。 『iCloudミュージックライブラリ』を利用すれば、 iTunesライブラリのデータ(楽曲やプレイリストなど)が、iCloud上にアップロードされます。 この音楽データは、CDからリッピングしたデータもiTunes Storeで購入したものも含みます。 このiCloud上にアップロードされたデータは、『Apple Music』のカタログを参照(マッチング)して、Apple Music上にある楽曲ならそれに置換し、ない楽曲はそのままストリーミング再生します。 iTunes Match の2つがあるんだよー! Appleは『Apple Music』の他に、『iTunes Match』というサービスを行っています。 非常にややこしいですね…。 簡単に比較表にすると上図のような感じ。 これについては後述。 それこそが… 『DRM(デジタル著作権管理)』です! iTunesライブラリをiCloud上にアップロードするときに、Apple Musicのカタログを参照します。 そのときに、同カタログ上に同じ楽曲がある場合、アップロードした楽曲に『DRM』が付きます。 DRM付きの楽曲は、同じApple IDを持つデバイスでしか再生できません。 これこそ注意点です。

次の

Apple Music(アップルミュージック)の評判と口コミ!無料で使う方法はある?

アップルミュージック

「スマホやPCでいろいろな音楽を気軽に聴きたい!」 そんな方におすすめなのが、アップルミュージック。 定額制で聴き放題の音楽配信サービスです。 今回は、アップルミュージックについて徹底調査しました。 アップルミュージックの使い方や機能はもちろんのこと、 実際の使用感やクチコミ、気になる料金や3ケ月無料のトライアルについても説明します。 アップルミュージックを使おうか迷われている方はぜひ参考にしてみてくださいね。 アップルミュージック( Apple Music)とは? アップルミュージックとは、iPhoneで有名のAppleが提供する音楽ストリーミングサービスです。 月々一定の料金を支払うことで、音楽を何曲でも聞き放題になるサービスなので、音楽をよく聴く方にはおすすめのサービスです。 以下詳しく紹介していきます。 定額制の音楽聴き放題サービス アップルミュージックは 月々一定の料金を支払うことでアップルが提供する楽曲が聞き放題になります。 また、ストリーミング以外にも本体に保存してオフラインの状態でも音楽を聴くことができます。 月々の料金は3種類あり、それぞれ通常プラン、ファミリープラン、学生プランです。 こちらの料金は後ほど紹介しますが、家族で利用できるファミリープラン、音楽を聴くことの多い学生に向けたプランなど様々なプランを提供していますので、お得に利用することができますよ。 月額料金 内容 個人向けプラン 980円 1契約1アカウント (3ケ月無料) ファミリープラン 1,480円 1契約6アカウント 学生プラン 480円 1契約1アカウント (在学証明が必要) 楽曲数はトップクラス!約6,000万曲 提供している楽曲数は約6,000万曲と様々な音楽ストリーミングサービスの中でトップクラスの楽曲提供数です。 提供されたばかりのアップルミュージックは楽曲提供数が少なく、日本の曲が少なかったのですが、 最近では楽曲数も多くなり日本の曲も増えてきたため、日本人にもフィットした人気サービスとして成長しました。 ファミリープランなら1人あたり250円~ ファミリープランはとてもお得です。 月額1,480円で6アカウントまで利用することができます。 自分を含め、6アカウントも利用できますので、大人数家族でも全員が利用することができます。 また、こちらのプランはファミリーという家族向けのプランの名前ですが、家族以外でも利用することが可能です。 友人などとシェアして6人で利用すれば、1人当たり約250円という低価格で利用することが可能です。 便利な機能を搭載している アップルミュージックは様々な使いやすい機能を搭載しています。 お気に入りの曲を選択してプレイリストを作れる「プレイリスト機能」、プレイリストを友人や同じ趣味を持つ人と共有できる「共有機能」、おすすめの曲を提案してくれる「ForYou機能」など独自の機能が豊富です。 機能の詳細は後程紹介します。 さまざまな端末で利用可能 アップルミュージックは様々な端末に対応しています。 アップルミュージックを提供するアップルのiPhone、iPad、Macなどはもちろん、android アップル製品はもともとインストールされているミュージックアプリ、iTunesで利用することができますし、androidスマートフォンはアップルミュージックアプリ、WindowsパソコンはiTunesをインストールすることで利用することができますよ。 提供当時はアップル製品でしか利用することができませんでしたが、 最近では様々な端末で利用することができるようになりましたので、とても便利になりましたね。 もちろん、端末間の共有もできますのでそれぞれの機器で作成したプレイリストをほかの端末で共有することもできますよ。 ファミリープランなら、家族以外の友人とも利用できるので利用料がお得になる。 アップル製品の連携が簡単でiPhoneで追加した曲をMacで聴くことができる。 標準のミュージックアプリで利用できるので別途アプリのインストールも必要がない。 Apple Music最強過ぎていろんな人におすすめの曲聞いてたくさんダウンロードしまくってる — ひろかど hr1222pypy 遅ればせながらApple Musicに加入した。 こういう新しいサービスを利用するのってよくわからなくて抵抗あるんだけど、いずれダウンロード販売なくなるし今欲しいアルバムがあって恐る恐る加入。 ノートPCでも聞けるし。 — もぐお mogutarou このような口コミがありました。 アップルミュージックは 同じアップルIDでログインしている場合、どの端末でも楽曲の再生が可能となっています。 また、iPhoneで作成したプレイリストをMacやiPadで聴くなど連携ができますので、複数の機器で音楽を聴く場合にとても便利ですね。 その他、アップルミュージックを利用したい人同士でアカウント共有すれば、ファミリープランをシェアすることで最安250円ほどで利用することができる点も評価されていました。 悪い口コミ・評判 続いて悪い口コミを紹介します。 悪い口コミのポイント• acドメインのメールアドレスを取得しないと、学生プランを利用することができない。 他社サービスのように割引プランがない• 曲が突然聞けなくなることがある このような口コミがありました。 アップルミュージックには学割がありますが、 特定の学生しか学割を利用することができません。 (大学生などで. acドメインのメールアドレスを取得している方でないと利用することができません) 高校生や専門学生などはアップルミュージックを学生料金で利用することができませんので、注意しましょう。 その他、アップルミュージックは今日が突然聞けなくなるという口コミもありました。 こちらはアップルと曲提供者の問題なので、詳しいことはわかりませんが、つい昨日まで聞けた曲が聞けなくなる可能性がありますので、注意してください。 曲が聞けなくなった場合は同じ曲名で再度検索することで同様の曲がある可能性もありますので、曲が聞けなくなった場合はこちらを試してみてください。 アップルミュージックの料金プラン詳細!どのプランがおすすめ? アップルミュージックの料金プランを改めて詳しく紹介します。 アップルミュージックはプランが3つに分かれていて、どれを選んだらよいかわからないと思いますので、そんな方は参考にしてみてください。 1人で利用するなら個人向けプラン 個人向けプランはアップルミュージックを通常利用するプランで、月額料金は980円です。 一人で利用するという方が利用するプランですね。 こちらのプランの特徴は1契約で1アカウントまで利用することができます。 同一アカウントでログインしている端末ではすべての端末で利用することが可能です。 一人で利用する場合はこちらのプランがおすすめですね。 同一アカウントでしか利用することができませんので、家族とシェアしたりすることができませんので、このような用途で利用したい場合は、ファミリープランをおすすめします。 おすすめはファミリープラン ファミリープランは家族向けのプランで、月額料金は1,480円となっています。 2人以上でアップルミュージックを利用する場合はこちらのプランが個人向けプランよりもお得になりますので、2人以上の場合はこちらのプランを利用しましょう。 条件に合う学生は、学生プラン 学生プランは学生に向けたプランで月々の料金が480円と個人向けプランに比べ、お得に利用することができます。 ですが、こちらの学生プラン、在学証明が必要になります。 大学などで配布される. acドメインのメールアドレスを登録する必要があるので、注意しましょう。 (UNiDAYS という学生証明のためのサービスを通じて、学位を授与する総合大学または単科大学1に実際に在学しているかどうかが確認されます。 ) ですので、メールアドレスの配布がない大学や専門学校、中学校高校などではアップルミュージックの学割プランを利用することができません。 LINEミュージックなどは学生認証はとても簡単で、生年月日の入力などで済みますので、専門学校などに通っていて、「. acドメイン」のメールアドレスを持っていない方はLINEミュージックを利用するか、友人間でシェアしてファミリープランを利用することをおすすめします。 アップルミュージック契約の注意点は? アップルミュージックの注意点を紹介します。 アップルミュージックは定額制のサービスですので、注意点がいくつかあります。 こちらの注意点を確認することで安心して利用することができるかと思いますので、確認してみてくださいね。 契約時はクレジットカード、キャリア決済の登録が必要 アップルミュージックを契約する場合は、 支払い方法としてクレジットカードやキャリア決算を登録する必要があります。 支払い方法を登録しないと利用できませんので、利用前に支払い方法の登録を済ませておきましょう。 無料トライアル終了前に一度確認 無料トライアル終了前にアップルからメールが来ます、こちらのメールが来るということは無料トライアルの終了が近づいていますので、継続利用するか解約するか検討しましょう。 無料トライアル終了後は通常通り料金が請求されますので、確認してください。 アップルミュージックの機能 ここからは、アップルミュージックのおすすめ機能について詳しく紹介します。 プレイリスト機能 プレイリスト機能はその名の通り、自分のお気に入りの曲を選択してプレイリストを作る機能です。 こちらの機能を利用することで自分だけのプレイリストを作成することができますし、気分で聴く音楽を分けることもできますよ。 このプレイリストですが、アップルが各ジャンルでオリジナルのプレイリストを作成したものもありますので、自分で作成したプレイリスト以外にも アップルがおすすめするプレイリストも利用することができます。 普段聞いているジャンルのほかの楽曲も聞いてみることで、新たな出会いがあるかもしれませんよ。 共有機能 共有機能は自身で作成した、プレイリストを友人などと共有したり、自身が持っているほかの機器と共有できる機能です。 同じ趣味を持つ友人などと音楽を共有できるので、お気に入りの曲をシェアすることができますよ。 また、自身の作成したプレイリストを世界中の人に発信できる機能もありますので、多くの人におすすめの曲を紹介することもできます。 ほかの機器との共有ですが、プレイリストはその端末でしか利用できないサービスも多く、 そもそも一つの端末でサービスを利用しているとほかの端末でサービスを利用できなくなってしまいます。 ですが、アップルミュージックはプレイリストを同一アカウントでログインしている端末間でプレイリストの共有、同時再生が可能ですので、パソコンとスマートフォンで別々の音楽を利用することができますよ。 ForYou機能 ForYou機能はアップルミュージックを利用する際の初期設定で自身が好きなアーティストの曲のおすすめを紹介してくれたり、似たような曲を紹介してくれる機能です。 いつも聞いている曲以外に新しい出会いがあり、好きな曲やアーティストを発見できる楽しい機能です。 BGMで流す場合は次々に曲が再生されますので、このような用途におすすめですね。 アップルミュージックの使い方は? アップルミュージックの使い方を紹介します。 利用を始めたいと思っている方もいるかと思いますが、いまいち利用方法がわからないという方もいるかと思います。 こちらではそのようなかたのために利用方法を簡単に紹介します。 アップルミュージックに登録 はじめのアップルミュージックに登録しましょう。 登録はお手持ちのスマートフォン、パソコンなどで行なうことができますので、手順通りにすすめ登録を行いましょう。 初期設定 アップルミュージックを初めて利用する場合は初期設定が必要となります。 こちらの設定は興味のあるアーティストなどを登録すれば、簡単にできます。 曲を検索 z検索方法は検索タブから行います。 アーティスト、曲名などから検索を行うことができます。 検索後は曲順、アルバム順、アーティスト順などカテゴリ別に分けられていますので、この中から曲を検索してください。 曲をダウンロードする 曲のダウンロード方法は曲の再生画面や検索画面でダウンロードボタンをクリックすることで、ダウンロードすることができます。 ダウンロードされた曲はライブラリに保存されますので、オフラインでも聴くことができます。 これなら通信量がオーバーする心配もありません。 まずは3ケ月無料のトライアルから始めてみよう 聞きたい音楽があるかもわからないのに、月980円も支払うのは少々気が引けますよね。 ですが、アップルミュージックには、 初めてアップルミュージックを利用する方が3ヶ月無料で利用できるお試しトライアルがあります。 1ヶ月はもちろん、3ヶ月まで無料で利用することができますので、アップルミュージックを思う存分利用することができますよ。 トライアルのみの利用も可能! アップルミュージックのトライアル期間は3ヶ月ですが、この期間内に解約すると料金がかかりません。 3ヶ月使ってみて自分には合わないなと感じたら解約することで完全無料でトライアルを終えることができますよ。 トライアル期間内に解約を忘れてしまうと通常プランへの移行となり、月980円の料金が発生してしまいますので注意しましょう。 トライアル期間終了前にアップルからトライアル期間が終了するというメールが送信されますので、このメールを受信してまだ解約していないという方はメールを見た時点で解約することをおすすめします。 解約方法は後ほど紹介しますので、そちらを参考にしてください。 3ケ月無料トライアルの使い方 無料トライアルの利用方法について紹介します。 申し込みはとても簡単で、解約も簡単なので、気軽に利用することができますよ。 よくある無料トライアルだと解約が面倒であったり、トライアル終了が近づいていてもメールなどの通知がなく、課金されてしまったなどといったことがありますが、アップルミュージックはそんなことはありませんので、安心して利用することができますよ。 申込方法 アップルミュージックの申し込み方法は、とても簡単です。 アップルミュージックのアプリから会員登録や支払い方法の設定などすべての設定を行うことができますので、数分で利用することができますよ。 トライアルを利用するには、クレジットカードなど支払方法を登録する必要がありますので、クレジットカードをお手元に用意して登録を進めましょう。 トライアル終了後、継続利用する方法 継続利用する場合は、無料トライアル終了後も特に手続きをせずに継続して利用することができます。 4ヶ月目以降は月々980円の料金が発生しますが、 こちらから解約を申し込まない限り、継続して課金されますので、解約したい場合は解約の手続きを行いましょう。 acドメインをお持ちの学生の方はトライアル中に学生プランへ申し込まないと、通常料金が発生してしまいますので、学生プランを申し込んでくださいね。 トライアル解約方法 解約方法はiPhone(もしくはアップル製品)とAndroid(もしくはその他の端末)で少々異なります。 iPhone(もしくはアップル製品)の場合 アップル製品で解約する場合は、自身のアップルIDから登録というボタンをクリックすると現在利用している課金サービスを表示することができます。 この中からアップルミュージックを選択し、解約の項目がありますので、こちらで手続きすることができます。 Android(もしくはその他の端末) Android(もしくはその他の端末)での解約方法は ウェブでアップルIDにログインすることで解約の手続きを行うことができます。 また、アップルミュージックのアプリから行なうこともできますので、お好きな方法で解約しましょう。 ちなみに解約後も、当月の月末までは利用することが可能です。 アップルミュージックを解約方法!解約するとどうなる? アップルミュージックを解約すると現在保存している曲はどうなってしまうのでしょうか。 また、保存したプレイリストなども気になりますよね。 こちらではアップルミュージックを解約した場合どの機能が利用できなくなるのか紹介します。 解約後はすべての機能が使えなくなる アップルミュージックを解約すると、すべての機能を利用することができなくなってしまいます。 保存した曲を聴くことはもちろん、プレイリスト機能、ForYou機能など利用することができなくなってしまいます。 解約の際は、お気に入りの曲をメモしておけば、再度アップルミュージックなどの音楽定額サービスを利用し始めた時に探しやすくなりますよ。 解約後もダウンロードした曲を聴く方法はある? 解約後もダウンロードした曲を聴く方法はあるの?と気になっている人もいるかもしれません。 MP3やAACなどの形式に保存しようと考える人もいるかもしれませんが、 著作権法違反となる可能性が高いため、絶対にやめましょう。 解約後も音楽を聴きたいなら、必ず正式に契約してくださいね。 解約から30日以内なら再登録可能 解約から30日以内に再登録することで、今まで保存していた曲やプレイリストを再度利用することができます。 30日を経過すると保存していた曲やプレイリストが削除されてしまいますので、再登録の予定がある方は30日以内に再登録することをおすすめします。

次の