水 酸化 ナトリウム 化学 反応 式。 高校入試の理科に出やすい問題 化学式編

水酸化ナトリウム

水 酸化 ナトリウム 化学 反応 式

化学反応式の暗記用問題 次の化学変化の化学反応式を書け。 (1)炭酸水素ナトリウムを加熱したときの化学反応式。 (2)酸化銀を加熱したときの化学反応式。 (3)水に水酸化ナトリウムを溶かし、電流を流したときの化学反応式。 (4)塩化銅溶液に電流を流したときの化学反応式。 (5)鉄粉と硫黄を混ぜ、加熱したときの化学反応式。 (6)炭素を空気中で燃焼させたときの化学反応式。 (7)水素を空気中で燃焼させたときに化学反応式。 (8)銅粉を空気中で加熱したときの化学反応式。 (9)マグネシウムリボンを空気中で加熱したときの化学反応式。 (10)酸化銅に炭素の粉末を混ぜ、加熱したときの化学反応式。 (11)酸化銅に水素を吹きかけながら加熱したときの化学反応式。 (12)メタンを空気中で燃焼させたときの化学反応式。 (13)エタノールを空気中で燃焼させたときの化学反応式。 (14)塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜたときの化学反応式。 (15)硫酸と水酸化バリウム水溶液を混ぜたときの化学反応式。 (16)炭酸水素ナトリウムにうすい塩酸を入れたときの化学反応式。 (17)うすい塩酸にマグネシウムを入れたときの化学反応式。 (18)石灰石(炭酸カルシウム)にうすい塩酸を入れたときの化学反応式。 【解答】化学反応式の暗記用問題 (1)炭酸水素ナトリウムを加熱したときの化学反応式。

次の

水酸化ナトリウムの化学式とイオン式の書き方

水 酸化 ナトリウム 化学 反応 式

この記事では、 中2理科で学習する「 化学変化」の 炭酸水素ナトリウムの分解と 水の電気分解解説しています。 ぜひ、あなたの勉強にご活用下さい。 化学変化のパターンとして以下のものがあります。 このように、1つの物質が複数の物質に分かれる化学変化を「 分解」といいます。 「分解」の具体例として、 酸化銀の熱分解があります。 このように複数の物質が結びつき、別の物質になる化学変化を「 化合」といいます。 「化合」の具体例として、 鉄 スチールウール の燃焼があります。 「状態変化」とは、物質が熱されたり冷やされたりすることで、 固体・液体・気体の3つの状態に変化すること 化学変化と異なり、状態変化では 物質そのものが別の物質に変化するわけではありません。 水を例にすると、 水が状態変化して氷や水蒸気になっても、違う物質になってしまうわけではありませんよね。 化学変化と状態変化を間違えないよう、注意しましょう! 以前アップした、 状態変化についての解説記事「」もぜひご覧下さい。 酸化銀を加熱すると、銀と酸素に分解します。 そのことを確かめるために行うのが、以下のような実験です。 上の図のように 酸化銀を加熱することで、 ・加熱されている 酸化銀は 銀になる ・水槽の試験管内には 酸素が集まる という変化がおこります。 では、 生じた物質が 銀と酸素であることを確かめる方法を見ていきましょう。 酸化銀が銀に変化したことは、 金属の性質があるかどうかで確かめられます。 調べると、 酸化銀には金属の性質がありませんが、 加熱後にできた物質には金属の性質があります。 よって、 酸化銀が銀に変化したと考えられます。 つづいて、 酸素が生じたことは「 火のついた線香」を試験管に入れることで確かめることができます。 このとき、 線香は炎をあげて燃えるので、試験管内に酸素が集まっていたことが確認できます。 さらに、この 実験において注意が必要なことがあります それは…、 水が逆流しないように、火を消す前に水槽からガラス管を出しておく ということです。 では 炭酸水素ナトリウムの熱分解を行う実験について、詳しく見ていきましょう。 上記のように 炭酸水素ナトリウムを加熱することで、 ・加熱している 試験管の内側に 水が発生 ・水槽の試験管内に 二酸化炭素が集まる ・加熱した 炭酸水素ナトリウムは 炭酸ナトリウムに変化 という変化がおこります。 では、 生じた物質が 水と 二酸化炭素と 炭酸ナトリウムであることを確かめる方法を見ていきましょう。 生じた液体が 水であるかどうかを確認する場合に用いられるのが 塩化コバルト紙 です。 液体が水だったとき、 青色である塩化コバルト紙は赤色に変化します。 試験管内に 生じた液体を塩化コバルト紙につけると、青から赤色に変化するので、水が生じていることが確認できます。 つづいて、水槽の試験管に集まった気体が 二酸化炭素であるかどうかを確認したい場合には、 石灰水 に通してみます。 気体が二酸化炭素だったとき、 石灰水は白くにごります。 集まった 気体を石灰水に通すと白くにごるので、二酸化炭素が生じていることが確認できます。 炭酸水素ナトリウムが 炭酸ナトリウムに変化したことを確認する方法は、2つあります。 加熱後の物質の水溶液にフェノールフタレイン溶液を加えると、 炭酸水素ナトリウム水溶液より 濃い赤色になります。 フェノールフタレイン溶液は アルカリ性の場合赤色を示すため、水溶液が濃い赤色を示す 加熱後の物質は 炭酸ナトリウムと考えられます。 また 炭酸水素ナトリウムより、炭酸ナトリウムの方が 水に溶けやすい性質があります。 加熱後の物質の方が水に溶けやすいので、 加熱後の物質は 炭酸ナトリウムだと考えられます。 この 実験においても注意が必要なことが2つあります 1つ目は、先ほどの実験と同様に 「水が逆流しないように、火を消す前に水槽からガラス管を出しておく」ということです。 もう1つは、 生じた液体 水 が加熱部に流れていかないように、試験管の口を少し下に下げておく ということです。 タンスがなくなったと思ったら、2、3個の棚になっていた状況をイメージしてもらえるといいでしょう。 ぜひチャレンジしてみて下さい! 上の問題の解答は、以下の画像に載っています! どうでしたか?すべて正解することができましたか? 炭酸水素ナトリウムの熱分解は、学校の定期テストだけでなく、高校入試にもよく出題されます。 電気分解とは、 電気による物質の分解です。 水の電気分解を行うと、 水素と酸素が発生します。 水の電気分解の手順は以下の通りです。 これからも、中学生のみなさんに役立つ記事をアップしていきますので、何卒よろしくお願いします。

次の

水酸化ナトリウム

水 酸化 ナトリウム 化学 反応 式

この記事では、 中2理科で学習する「 化学変化」の 炭酸水素ナトリウムの分解と 水の電気分解解説しています。 ぜひ、あなたの勉強にご活用下さい。 化学変化のパターンとして以下のものがあります。 このように、1つの物質が複数の物質に分かれる化学変化を「 分解」といいます。 「分解」の具体例として、 酸化銀の熱分解があります。 このように複数の物質が結びつき、別の物質になる化学変化を「 化合」といいます。 「化合」の具体例として、 鉄 スチールウール の燃焼があります。 「状態変化」とは、物質が熱されたり冷やされたりすることで、 固体・液体・気体の3つの状態に変化すること 化学変化と異なり、状態変化では 物質そのものが別の物質に変化するわけではありません。 水を例にすると、 水が状態変化して氷や水蒸気になっても、違う物質になってしまうわけではありませんよね。 化学変化と状態変化を間違えないよう、注意しましょう! 以前アップした、 状態変化についての解説記事「」もぜひご覧下さい。 酸化銀を加熱すると、銀と酸素に分解します。 そのことを確かめるために行うのが、以下のような実験です。 上の図のように 酸化銀を加熱することで、 ・加熱されている 酸化銀は 銀になる ・水槽の試験管内には 酸素が集まる という変化がおこります。 では、 生じた物質が 銀と酸素であることを確かめる方法を見ていきましょう。 酸化銀が銀に変化したことは、 金属の性質があるかどうかで確かめられます。 調べると、 酸化銀には金属の性質がありませんが、 加熱後にできた物質には金属の性質があります。 よって、 酸化銀が銀に変化したと考えられます。 つづいて、 酸素が生じたことは「 火のついた線香」を試験管に入れることで確かめることができます。 このとき、 線香は炎をあげて燃えるので、試験管内に酸素が集まっていたことが確認できます。 さらに、この 実験において注意が必要なことがあります それは…、 水が逆流しないように、火を消す前に水槽からガラス管を出しておく ということです。 では 炭酸水素ナトリウムの熱分解を行う実験について、詳しく見ていきましょう。 上記のように 炭酸水素ナトリウムを加熱することで、 ・加熱している 試験管の内側に 水が発生 ・水槽の試験管内に 二酸化炭素が集まる ・加熱した 炭酸水素ナトリウムは 炭酸ナトリウムに変化 という変化がおこります。 では、 生じた物質が 水と 二酸化炭素と 炭酸ナトリウムであることを確かめる方法を見ていきましょう。 生じた液体が 水であるかどうかを確認する場合に用いられるのが 塩化コバルト紙 です。 液体が水だったとき、 青色である塩化コバルト紙は赤色に変化します。 試験管内に 生じた液体を塩化コバルト紙につけると、青から赤色に変化するので、水が生じていることが確認できます。 つづいて、水槽の試験管に集まった気体が 二酸化炭素であるかどうかを確認したい場合には、 石灰水 に通してみます。 気体が二酸化炭素だったとき、 石灰水は白くにごります。 集まった 気体を石灰水に通すと白くにごるので、二酸化炭素が生じていることが確認できます。 炭酸水素ナトリウムが 炭酸ナトリウムに変化したことを確認する方法は、2つあります。 加熱後の物質の水溶液にフェノールフタレイン溶液を加えると、 炭酸水素ナトリウム水溶液より 濃い赤色になります。 フェノールフタレイン溶液は アルカリ性の場合赤色を示すため、水溶液が濃い赤色を示す 加熱後の物質は 炭酸ナトリウムと考えられます。 また 炭酸水素ナトリウムより、炭酸ナトリウムの方が 水に溶けやすい性質があります。 加熱後の物質の方が水に溶けやすいので、 加熱後の物質は 炭酸ナトリウムだと考えられます。 この 実験においても注意が必要なことが2つあります 1つ目は、先ほどの実験と同様に 「水が逆流しないように、火を消す前に水槽からガラス管を出しておく」ということです。 もう1つは、 生じた液体 水 が加熱部に流れていかないように、試験管の口を少し下に下げておく ということです。 タンスがなくなったと思ったら、2、3個の棚になっていた状況をイメージしてもらえるといいでしょう。 ぜひチャレンジしてみて下さい! 上の問題の解答は、以下の画像に載っています! どうでしたか?すべて正解することができましたか? 炭酸水素ナトリウムの熱分解は、学校の定期テストだけでなく、高校入試にもよく出題されます。 電気分解とは、 電気による物質の分解です。 水の電気分解を行うと、 水素と酸素が発生します。 水の電気分解の手順は以下の通りです。 これからも、中学生のみなさんに役立つ記事をアップしていきますので、何卒よろしくお願いします。

次の