シンエヴァンゲリオン 冒頭。 『シン・エヴァ』“0706作戦”舞台裏レポートvol.1 〜聖地・新宿会場をめぐる攻防編

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』冒頭映像0706版を徹底分析!エヴァはどう完結へ向かうのか?

シンエヴァンゲリオン 冒頭

非、そして反。 」という言葉だけです。 つまり あらすじは公式にはありません。 しかし、続、そして終。 非、そして反という言葉に物語の内容が内包されているようにかんじます。 あくまで個人的な見解ですが、続とは劇場版全体を指し、終とは シンエヴァンゲリオン劇場版: そのものを指していると思います。 つまり非、そして反という言葉にこそ本作の内容を指す言葉ではないかと考察します。 結論だけいうと非とは拒絶、反とは決別を意味すると考察します。 拒絶とは破やQで行った覚醒に対するシンジの答えで決別とはシンジ自身の成長を促すものだと考えます。 つまり 最終章の内容はシンジの成長物語となるのです。 スポンサーリンク シンエヴァンゲリオン劇場版: 冒頭10分の内容ネタバレ! エヴァ〜? シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1 冒頭10 分40 秒00 コマ パリ生中継より — カヲル Jr. まず、冒頭10分の前にこれまでのストーリー、序、破、Qを大ジェクトで流し、エヴァンゲリオンの世界観にがっつり入り込むという憎い演出があります。 そして本編ですが、舞台は花の都パリ。 は無事ヴィレに合流。 パリ奪還作戦に参加します。 ここでリツコやマヤ、ミドリなどヴィレ職員がプラグスーツ姿となって作戦を開始。 マヤをリーダーとし、プログラムを必死に打ち込みパリのNERV施設を復旧しようと試みますが、勿論ゲンドウ達は黙ってそれをみている事なくエヴァを大量投入。 迎撃にはマリが腕の可動域がオカシクなった改造型エヴァンゲリオン8号機に乗り、空中戦を披露。 縦横無尽の活躍をし、武器を失ってもエッフェル塔をぶつけるなどエヴァこと使徒もどきを圧倒します。 そしてマリやマヤの活躍もあって無事パリを奪還。 その光景を見ながら「待ってろよワンコくん」とマリがシンジを探している描写を持って終了します。 スポンサーリンク シンエヴァンゲリオン劇場版: 冒頭10分から結末を考察 シンエヴァのデザイン! — pasin pasinpasin シンエヴァンゲリオン劇場版: 冒頭10分から結末を考察していきます。 まず、前提としてシンジはアスカ、レイと三人で、マリはヴィレと行動を共にしており、ゲンドウは具体的な目的は不明ですがヴィレに対し攻撃を行っています。 また、マリが相棒のアスカではなくシンジを探している事からシンジがキーマンである事を指しています。 しかし、マリの決意の秘めた表情や、パリで弐号機と8号機の武装のみ回収した事から、マリはシンジを殺すつもりなのではないかと考察します。 理由はニアサードインパクトを引き起こした当事者でありながら事情を全く知らず、災厄を振りまき続ける危険性がありからです。 勿論、シンジもいつまでも今のままではありません。 シンジ自身はあまり積極的なタイプではありませんが、黙っていても色々説明してくれるアスカが隣にいるので今の世界の事やエヴァのパイロットの事、自分たちの今の境遇など自慢気に語ってくれる姿は簡単に想像できます。 シンジはレイとアスカと共に今後の自分の行動やこれからの世界について考えている所でマリと再会、大した会話もしないまま戦闘に突入します。 マリとシンジの戦いは加熱しますが、当然これをゲンドウが見逃すはずもなく使徒もどきを大量に出撃、レイとアスカも迎撃の為参戦し乱戦状態となり、これをミサトが収め、シンジたちはヴィレに合流します。 そしてミサトやマリと和解したシンジはゲンドウに立ち向かいますが、今までのようにエヴァの覚醒に頼らず、自分の力だけで対峙すると考えます。 最終的にはシンジがエヴァの覚醒に頼らずゲンドウを打倒、多くの仲間たちと一緒に歩く未来を選びゲンドウを拒絶、荒廃した世界を少しずつ元に戻す為、尽力していくのではないかと考察します。 スポンサーリンク シンエヴァンゲリオン劇場版: の結末は旧とは異なる? 「新世紀エヴァンゲリオン」 最終話 :世界の中心でアイを叫んだけもの FINALE:Take care of yourself. そしてあえて今までの世界観をぶち壊す為にQでは14年後という時間すら動かしたことでゲンドウを完全な悪役として再配置し、ミサト達に武力を与えたことから最後の結末は大きく異ると考えます。 前述したゲンドウとの対峙やエヴァ との決別を経てシンジは一人の男として成長し、アスカやミサト、レイ、マリら多くの仲間たちと新しい世界で生きていく決意をするのではないかと思います。 スポンサーリンク シンエヴァンゲリオン劇場版: ネタバレと考察!冒頭10分から結末を予想!まとめ シンエヴァ早く見たい。 また、今まで以上に派手な戦闘シーンやシンジの葛藤などが描かれ、様々な苦悩の中で今までシンジが頑なに行ってこなかった決断をし、アスカらの支えを受けながらゲンドウに立ち向かうと思います。 あくまで推測の域を出ない話となってしまいましたが、この考察にわずかでも興味がある方はもう一度新劇場版シリーズを見ることをオススメいたします。 時間を置き、考え方が変わってから見ると作品の雰囲気や感じ方まで大きく変わるからです。

次の

『シン・エヴァ』“0706作戦”舞台裏レポートvol.1 〜聖地・新宿会場をめぐる攻防編

シンエヴァンゲリオン 冒頭

以下、このページに最新情報もまとめていきます。 1【新劇場版】シン・エヴァンゲリオン劇場版: 公開は2020年春に決定!マリと8号機が登場! 未来のミライでまさかの予告。 7月20日の朝いちばんで観たのですが、 新劇場版であり、その最後を飾るシン・エヴァンゲリオン劇場版: の公開が2020年春とはっきり示されました! 長かった・・・。 まさかの8年。 まだどうなるかは分かりませんが、 少なくとも2019年はない!2020年以降ということが確定しました。 2予告の内容考察 予告では、マリが登場。 マリが8号機を操作。 ガトリングガンを両手に着けた8号機が、それを撃ちながら降下していく、という数秒のものでした。 冒頭の配給クレジットが東映から東宝に。 カラークレジット。 F02 予告楽曲 でナレーション無し。 15秒?コックピットの中のマリから、重武装の8号機?が赤い海に降下しながら戦闘。 西暦2020年公開。 — になもり Khara4205 2020のシンエヴァ、「ヱヴァンゲリヲン」じゃなくて「エヴァンゲリオン」なのが本当にゾクゾクする シンジくんはやっぱり破滅的救済が似合う男 — zen🐊 FeelzenVr さらに 「ヱヴァンゲリヲン」から「エヴァンゲリオン」に代わっています。 たどり着いた場所が彼に希望を教える。 ついに発動する補完計画。 ファイナルインパクト阻止のため、最後の決戦を挑むヴィレ。 空を裂くヴンダー!赤い大地を疾走する、エヴァ8+2号機! 次回 エヴァンゲリオン新劇場版: さぁ~て最後まで、サービス、サービスぅ! おそらく、この最後の場面からの続きだと思います。 では、ラストはどんな物語になるのか?これまでのストーリーも含めながら考察してみたいと思います! 以下、ネタバレ注意です! スポンサーリンク 3シン・エヴァンゲリオン劇場版: ストーリー考察!(ネタバレ注意) これまでのシンエヴァの物語をまずはQまで振り返ってみます。 以下、ネタバレを含みますのでご注意ください! 1シン・エヴァンゲリオン序 ストーリー 序はTV版とそこまで違いはありませんでした。 (海が最初から赤い、など小さな違いはいくつかあります) 舞台は、 総人口の半分が失われたという地球規模の大災害「セカンドインパクト」から15年後の世界。 碇シンジくん(主人公)は、父ゲンドウに呼び出され第3新東京市にやって来ますが、その途中、 巨大な謎の生命体「使徒」(第4使徒)と国連軍との戦闘に巻き込まれます。 そしてNERVが開発した汎用ヒト型決戦兵器・人造人間「エヴァンゲリオン初号機」に半ば強制的に乗りこまされ、使徒と戦うことになります。 最終的に、序ではヤシマ作戦までが描かれます。 使徒と戦うことへの葛藤を見せるシンジに、ミサトはシンジにジオフロント深部の第2の使徒「リリス」を見せ、 リリスと使徒との接触による「サードインパクト」を防ぐために戦っていることを告げます。 そして覚悟を決めたシンジ。 綾波レイの乗る零号機の援助のもと、シンジくんは陽電子砲の2射目を発射して「ヤシマ作戦」を完遂。 これによって、第6使徒を殲滅し、終了です。 「笑えば、いいと思うよ」の名シーン。 本当に美麗でした。 一方、月面で渚カヲルが棺から目覚めます。 「はじめまして、お父さん」 2シンエヴァンゲリオン 破 ストーリー 旧北極のNERV基地「ベタニアベース」において、捕獲され実験に使われていた第3使徒が封印から目覚め、暴れだします。 これに対し真希波・マリ・イラストリアスが乗るエヴァンゲリオン仮設5号機が出撃。 新キャラクター、マリが登場しました。 一方、テレビシリーズとはかなり変わっています。 父碇ゲンドウとともに亡き母碇ユイの墓参りに訪れた碇シンジくん。 その帰りに第7使徒を目撃。 そこに、上空で輸送機から放たれたエヴァンゲリオン2号機(搭乗者:式波・アスカ・ラングレー)が現れます。 ここでアスカが初登場。 2号機とともに来日したアスカは、シンジと同じくミサトの家に同居し、同じ中学校に通うことになります。 そして、アスカやレイとの打ち解けが描かれていきます。 その後、 3号機の起動実験でアスカは自らテストパイロットに志願することに。 これもレイとゲンドウを気遣って、というアスカのやさしさゆえ。 かなり好きです。 しかし、3号機には使徒が侵入しており暴走。 それと戦うことを拒否したシンジでしたが、ダミープラグによって制御され、初号機は使徒のコアを、 アスカの乗った操縦席(エントリープラグ)ごと噛み砕きます。 これもテレビシリーズとは大きく違う点です。 いずれにせよ、アスカは精神をやられ、サンプルとして収容。 シンジ君は心の傷を負って戦いから去ります。 しかし、そこに第10使徒来襲。 マリがエヴァ2号機に乗ってジオフロント内にまで侵入した第10使徒を迎撃しますが、失敗。 (ここでビーストモードが初登場!) 次にレイが零号機でN2航空誘導弾を抱えて自爆攻撃を仕掛けますが、 使徒はレイの乗る零号機を一瞬で捕食・・・。 戦いを拒否して閉じこもっていたシンジ君ですが、マリによって救われ、 さらにシンジくんはレイの捕食を観て、初号機に再び乗り込み、戦いに挑みます。 「綾波を、返せ!!」 シンジの叫びと同時に再起動した初号機は「神に近いもの」(疑似シン化第1覚醒形態)へと変貌。 シンジは使徒を圧倒し、最後に吸収されていたレイを救い出します。 しかし、初号機の覚醒は止まらず、初号機は光の巨人(疑似シン化第2形態)となりサードインパクトが始まりかけますが、 月面から渚カヲルの乗るエヴァMark. 06が飛来し、槍で初号機のコアを貫いてサードインパクトを食い止めて終了します。 「今度こそ、君だけは幸せにしてみせるよ」 という最後に現れた渚カヲルくんのセリフ。 これによって、この世界は以前のテレビバージョン?の続きの世界、またはパラレルワールドまたは繰り返しの世界、またはカヲルくんのみループしていると判明。 レイとシンジを取り込んだまま凍結されるエヴァ初号機。 ここから物語はさらに変化しました。 スポンサーリンク 3シンエヴァンゲリオン Q ストーリー 時代は変わり、 エヴァンゲリオン初号機の覚醒により発生したニアサードインパクトから14年後の荒廃した世界。 最初からかなり驚いた展開でした。 そこでは フォースインパクトの発生を目論むネルフと生き残った人類との戦いが続いていたのです・・・。 14年の歳月を経て人類の新組織「ヴィレ」で目覚めた碇シンジ。 周囲は冷たい視線を送り、さらにミサトさえも雰囲気が冷淡になっています。 ちなみに登場人物は皆14歳経過しています。 シンジ君も外見はエヴァの呪いによって変わりませんが、実際28歳に。 葛城ミサトをはじめ旧NERV職員らは、反NERV組織「ヴィレ」を結成し、NERVのエヴァを殲滅すべく活動しています。 補完計画を阻止して、現人類を救いたいのが葛城ミサト率いる「ヴィレ」。 人類補完計画が達成されれば、旧劇場版と同じく、人類は溶けて一体化すると思われます。 ちなみにゼーレは既にゲンドウによって全滅しています。 ゼーレの正体はゲンドウによると人類とは別の、人類に文明を与えた生命体。 旧劇場版では、最悪の使徒は人類ということでゼーレによってNERVは壊滅し、ミサトも撃たれて絶命しましたが、この世界ではまだ抗う姿が描かれています。 前作で綾波を救ったと思っていたシンジ君。 しかし、 初号機から保護されたのは彼のみで、第10使徒から救出したはずの綾波レイは発見されなかったこと、そしてシンジが今後エヴァに乗ってそれを覚醒させた場合、装着された首輪「DSSチョーカー」が発動し爆破することを知らされます。 つまり、 シンジくんは、フォースインパクトのカギとみなされたんですね。 そこに、NERVのエヴァMark. 09がヴンダーを急襲し、シンジを連れ戻そうとします。 Mark. 09から呼びかけるレイの声を聞いたシンジは、ミサトたちの警告を無視してMark. 09とともにNERV本部へ向かうことに。 地表にあった第3新東京市が消滅し、荒廃したNERV本部へ戻ったシンジは、エヴァMark. 09から降りたレイ(複製)と会い、 碇ゲンドウから渚カヲルとともにエヴァ第13号機に乗るよう命じられます。 カヲルとの交流が描かれます。 カヲルくんとのピアノ連弾シーン。 そして、カヲルはシンジのDSSチョーカーを外して自分の首に移し13号機に乗るようにシンジを説得。 シンジは信用し、仲良くなったカヲルと一緒に第13号機へと乗り込むことを決めます。 しかし・・・。 シンジとカヲルを乗せたエヴァ第13号機は、アヤナミレイ(複製)の乗るMark. 09とともにサードインパクト爆心地であるセントラルドグマ最深部へ辿りつきますが 、 カヲルは第2使徒リリスとMark. 06に刺さる2本の槍を見て、そこにあるべき槍ではないと困惑し狼狽します。 カヲルくんがここまで動揺するのは、初。 イメージがこちらもTVとは変わりました。 シンジたちは、フォースインパクトを阻止しようとするアスカの改2号機とマリの8号機の妨害を受けますが、それを退けます。 さらにシンジはカヲルの制止も拒んで 遂にリリスとMARK06の2本の槍を抜きます。 これがフォースインパクトのキー。 槍を抜いたことで第2使徒リリスの骸が崩壊し、Mark. 06の体内に潜んでいた第12使徒が活動を再開。 一旦、第13号機を包み込みますが、今度は第13号機が覚醒して逆に12使徒を取り込みコアを砕きます。 実は13号機の正体は「アダムスの生き残り」とのこと。 そして第13号機は疑似シン化形態を越えて覚醒することになります。 覚醒した第13号機は上空へと浮上を開始。 遂に「フォースインパクト」が始まります。 実はゲンドウの罠によって第1使徒から第13使徒に堕とされたカヲルによってこれが引き起こされたとのこと。 この辺はまだはっきりと謎が解けていません。 ここでヴィレの仕掛けていた首輪が発動し、カヲルは首に十数発の弾丸を打ち込まれ死亡します。 2人搭乗ができた理由は、一人がこのようにシんでもいいようにだったのです。 またも友人を失うシンジ。。 今回は自分の手ではありませんが・・・。 カヲルの死によって覚醒状態を止めた第13号機は地上へ落下。 フォースインパクトの進行は、マリが8号機でシンジの乗るエントリープラグを強制射出させたことで一旦収束します。 地上に落ちたエントリープラグの中でシンジをアスカが助け出し、そこにアヤナミレイ(複製)も現れます。 アスカは反応しないシンジの手を引いて歩き出し、そしてレイも2人についていくのでした・・・。 ここから新劇場版、シン・エヴァンゲリオン劇場版: につながります。 4シン・エヴァンゲリオン劇場版: ストーリー 生きる気力を失ったまま放浪を続ける碇シンジ。 たどり着いた場所が彼に希望を教える。 ついに発動する補完計画。 ファイナルインパクト阻止のため、最後の決戦を挑むヴィレ。 空を裂くヴンダー!赤い大地を疾走する、エヴァ8+2号機! やはり最終的にNERVとヴィレの最終対決という構図は変わらないようです。 まだまだ予告が少ないため考察が難しいですが、追加され次第追記したいと思います。 おそらく旧とはちがって、シンジとアスカの二人だけが生き残る、という結末にはならないと思いますが・・・。 私の(女性の)転職体験も載せていけたらと思います。 その他PCやPS5など基本的に管理人の好みをメインに自由に投稿してます。 自由にコメントできますので、皆様の考察やご意見お待ちしております。 152• 258• 236• 1 スポンサーリンク.

次の

『シン・エヴァ』“0706作戦”舞台裏レポートvol.1 〜聖地・新宿会場をめぐる攻防編

シンエヴァンゲリオン 冒頭

・碇シンジや碇ゲンドウも出演 実際にこの実写版エヴァンゲリオンを観れば、単に実写化したというだけでなく、細部に対して作り込まれている事がわかる。 そして碇シンジや碇ゲンドウも出演し、もはや映画作品として成立できるほどのこだわりを感じる。 ・質感や重厚感を感じることができる表現 なかでもエヴァや重機等が素晴らしくリアルで、質感や重厚感を感じることができるものとなっている。 エヴァの機械的な部分と生物的な部分の双方をしっかり感じられるのもいい。 実写で再現された日本の街も精巧だ。 この街は第3新東京市だと思われるが、看板には意味が分からない日本語が書かれているため詳細は不明だ。 日本では放送や配信されていない実写版エヴァンゲリオンだが、ぜひとも日本でも公式に公開してほしいものである。 ・まさかエヴァが2020年に実写化されるとは この実写版エヴァンゲリオンだが、おそらくテレビ版「新世紀エヴァンゲリオン」をもとに作られていると考えられるため、劇場版の要素は映像から知ることはできなかった。 まさか数十年前の作品が2020年に実写化されるとは、誰も思わなかっただろう。 ・映画としての実写化は30年以内にはありえる? 短い映像とはいえ、実写版エヴァンゲリオンが誕生したことは嬉しいこと。 もしかすると、このレベルの映像美で実写版エヴァンゲリオンが公開される日がやってくるかもしれない。 きっと、10年後とか20年後、いや30年以内にはありえるかもしれない。 ちなみに、もうすぐ公開予定のシン・エヴァンゲリオン劇場版: だが、実は「との情報も出ている。 公式情報ではないので信じ切ることはできないが、今後もずっとエヴァの世界を楽しめることを願いたいものである。 また、が発生している事が判明しており、「Qのアスカとは別人の可能性」との声も出ている。 そのあたりのなぞも新作の公開で明らかになるのだろうか。 【続報】.

次の