ジンギスカン 起源。 【閉店】レストラン宮村

ジンギスカンの肉はなぜ丸い? 羊肉とジンギスカンの謎 : 人気メニューの秘密 食のうんちく

ジンギスカン 起源

ジンギスカン料理が、北海道の郷土料理になったのはなぜなのでしょうか。 ジンギスカンを漢字表記すると「成吉思汗」になります。 ジンギスカンは、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉を使った焼肉料理です。 焼く肉料理ではなくて鍋料理に分類されることもあります。 鍋料理と呼ばれていても、調理方法は鉄板を使った調理方法になります。 ジンギスカンは、北海道を代表する郷土料理だと一般的に思われていますが、岩手県や長野県などの一部地域でも盛んに食べられています。 北海道の郷土料理として有名なジンギスカンですが、発祥は東京・高円寺の店という説もあります。 現在では、日本各地にジンギスカン料理を出す飲食店があります。 また、家庭調理用の肉・タレも各種販売されています。 次に、ジンギスカンのこと・ジンギスカンの起源・ジンギスカンが北海道で食べられるようになったのはなぜか、などの紹介をします。 ジンギスカン ジンギスカンと呼ぶ焼肉料理(鍋料理)で使うのは羊肉です。 マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉を、中央部が凸型になっているジンギスカン鍋で料理します。 ジンギスカン鍋を熱して羊肉の薄切りと野菜を焼いて、羊肉から出る肉汁を用いて野菜を調理しながら食べる料理です。 北海道の地域によっては、中央部が凸型になっているジンギスカン鍋ではなく、中央が凹型のジンギスカン鍋(円板状)を使用する場合もあります。 ジンギスカンで使用する肉には、調味液漬け込み肉の「味付け肉」・冷蔵(チルド)の生肉・冷凍肉の「ロール肉」などがあります。 次に、ジンギスカンの起源・ジンギスカンが北海道で食べられるようになったのはなぜか、などの紹介をします。 ジンギスカンの起源 ジンギスカン料理が北海道でなぜ食べられるようになったかは、ジンギスカンの起源を知ることも大切です。 ジンギスカン料理の起源については諸説あります。 良く語られる俗説には、「かつてモンゴル帝国を率いたジンギスカン(チンギス・カン)が遠征の陣中で兵士のために作らせた」などがあります。 日本で食べられているジンギスカンは、実際にはモンゴルの料理とはかけ離れています。 羊肉を用いる中国料理が起源だとする説もありますが、中国の清真料理のカオヤンロウという羊肉料理は、日本のジンギスカンとは程遠い料理です。 只、ジンギスカン料理の起源は中国大陸にあると考えられています。 日本軍の旧満州(現中国東北部)への進出などを機に、清真料理のカオヤンロウから着想を得て日本人向けにアレンジされて、現在のようなジンギスカンの形式となったと考えられています。 次に、ジンギスカンが北海道でなぜ食べられるようになったのかを紹介します。 ジンギスカンと北海道 ジンギスカンが北海道でなぜ普及したのかは、滝川の「松尾ジンギスカン」が関係しているようです。 北海道で羊肉が食べられるようになったのは大正時代だとされています。 農家の副業として大正2年頃に、江部乙村で5頭の羊が飼育され始められました。 滝川町には大正4年(1915年)の羊の飼育記録があります。 羊を食べる習慣のない日本では「羊肉は臭くて食べられない」といわれていました。 現在では、ジンギスカンは北海道の郷土料理として人気があります。 ジンギスカンが、道民のソウルフードと呼ばれるほど道内各地に広まったのは、特有の臭みをタレで改善したからだと考えられます。 昭和31年(1956年)に「松尾ジンギスカン」がタレに漬け込んだ肉を焼く料理を提供しました。 滝川ではタレに漬け込んだ肉を焼くスタイルが定着したのは、「松尾ジンギスカン」の働きが大きいとされています。 松尾ジンギスカンの創業者・松尾政治氏は、滝川産のリンゴやタマネギをふんだんに使った独自のタレを開発しました。 当初は、羊肉専門店を開業してもなかなか売れなかったようです。 「松尾政治氏」は、七輪と炭を持って滝川公園へ出向き、5月の花見に集まった人々に食べさせてジンギスカンの普及をしました。 美味しいという評判から、タレに漬け込んだジンギスカンが飛ぶように売れるようになりました。 快くのれん分けをしたことから、昭和51年(1976年)には道内外各地に250店もの「松尾ジンギスカン」が存在したようです。

次の

チンギス・カン

ジンギスカン 起源

モンゴルの羊肉料理と日本のジンギスカン料理は全くの別物です。 また、ジンギスカン料理が生まれたのが北海道であるというのも誤りです。 ジンギスカン料理の発祥、歴史については下記を参照願います。 【ジンギスカン料理の歴史】 起源については俗説で「かつてモンゴル帝国を率いたジンギスカン(チンギス・カン)が遠征の陣中で兵士のために作らせた」と説明される場合もあるが、実際にはモンゴル国の料理とはかけ離れており、日本発祥の料理であると言われている。 日本では1918年(大正7年)に軍隊、警察、鉄道員用制服の素材となる羊毛自給をめざす「緬羊百万頭計画」が立案された。 その早期実現のために羊毛のみならず羊肉をも消費させることで、農家の収入増加と、飼育頭数増加が企図され、その流れの中からジンギスカンが出現したものと考えられている。 当時の日本人には羊肉を食べる習慣がほとんどなく、日本で受け入れられる羊肉料理を開発する必要に迫られ、農商務省は東京女子高等師範学校(お茶の水女子大学の前身)に料理研究を委託している。 一説には、ジンギスカンの起源は日本軍の旧満州(現中国)への進出に関係しているとされ、中国料理の「烤羊肉」(コウヤンロウ、カオヤンロー)に影響を受けたという説もある。 ジンギスカンという料理の名前の由来については、東北帝国大学農科大学(北海道大学の前身)出身で、満洲国建国に深くかかわった駒井徳三が、1912年(大正元年)から9年間の南満州鉄道社員時代に命名したものであるとする説があり、この説は駒井徳三の娘の満洲野(ますの)が1963年(昭和38年)に発表したエッセイ「父とジンギスカン鍋」が根拠となっている。 最初のジンギスカン専門店は1936年(昭和11年)に東京都杉並区に開かれた「成吉思(じんぎす)荘」とされる。 他にも、山形県蔵王温泉や岩手県遠野市等がそれぞれ、上記の東京や北海道のものとは発祥を異にする、独自のものとしてのジンギスカン鍋の起源を主張している。 北海道における本格的な普及は第二次世界大戦後のことであると言われている。

次の

ジンギスカンの発祥や意味とは?ジンギスカンとモンゴルの歴史

ジンギスカン 起源

羊肉は「マトン」と「ラム」を使いますが、「ラム」とは生後1年未満の子羊の肉で臭みもなく柔らかい一方で、「マトン」は生後2年以上ほどの大人の羊の肉で少しクセはあるものの脂が乗っていて味もしっかりしています。 羊肉は牛肉や豚肉と比べてカロリーも低く、野菜もふんだんに盛られるので、「ジンギスカン」はヘルシーな料理として人気があります。 ビールとの相性も良いので、北海道での宴会料理として又観光客向けの名物料理としても人気があります。 「ジンギスカン」の発祥・由来 「ジンギスカン」というと広大な草原が続くモンゴルを思い浮かべますが、実はモンゴル料理ではなく中国料理を元に日本で生まれた料理です。 モンゴルでは羊を放牧しているのでもちろん羊肉を食べるのですが、羊肉を缶に入れて蒸し焼きにしたり、塩味で煮たりする「シュウパウロウ」という料理が主流で「ジンギスカン」のような料理はありません。 「ジンギスカン」に似た料理は中国料理の「コウヤンロウ」という羊肉を焼く料理があり、これが日本人の口に合うように工夫されて「ジンギスカン(成吉思汗)」が生まれたのではないかと思われます。 もともと日本人には羊肉を食べる習慣がありませんでしたが、日本が戦時中に中国に満州国を建国する頃になると、北海道では軍用の制服として羊毛を自給するために各地で羊の飼育場が作られました。 大量の羊毛を調達するために羊を飼い始めたのですが、羊を食用とする習慣のない日本人は羊肉の活用に困り、日本人でも食べられる羊肉の料理の開発に迫られました。 そこで羊を焼く「コウヤンロウ」という中華料理を参考に玉ねぎやもやしなどの野菜を加えた「ジンギスカン」が誕生したというわけです。 「ジンギスカン」という名前の由来には諸説があります。 まずはモンゴル帝国を築いた初代皇帝チンギス・カンが野戦の陣中食として羊肉と野菜を食べていたとする説です。 又、かつて源氏の武将として名を馳せた源義経が北海道を渡って、モンゴルでジンギス・カンとなったという伝説にちなんで名づけられたとする説もあります。 他にも満州国初代総務長官の駒井徳三が中華料理の「コウヤンロウ」をモンゴル帝国の初代皇帝チンギス・カンをイメージして名付けたとする説があります。 いずれの説も確実だとされているわけではなく、実際にモンゴル料理にも日本のジンギスカンと同じ料理があるわけではないのですが、モンゴル帝国のチンギス・カンがイメージされている事は間違いないようです。 ジンギスカンの地域別特色• 内陸部は「味付け」、沿岸部・都市部は「後付け」が多い 北海道では元々は軍服用の羊毛生産として羊の飼育が始まりましたが、同様に羊肉の生産も盛んになりました。 羊の飼育をする種羊場が滝川、札幌、月寒などにできましたが、それらの地域を中心として羊肉を食べる料理や文化が広がっていきました。 内陸部の滝川ではあらかじめ羊肉をタレで味付けをして野菜と一緒に煮込む形式の「味付けジンギスカン」が主流となり、沿岸部や都市部の月寒や札幌では生の羊肉を野菜と一緒に焼いて別皿のタレにつけて食べる「後付けジンギスカン」が主流になりました。 「ジンギスカン」の店マップ ジンギスカンの通信販売【楽天市場】• 「ジンギスカン」の関連動画.

次の