ピーマン 収穫 量 ランキング。 ピーマンの収穫量が多い市町村ベスト20

ピーマンの出荷量の都道府県ランキング

ピーマン 収穫 量 ランキング

37都道府県を対象とする「ピーマンの出荷量」についての都道府県ランキングです。 出荷量は、野菜を生食用または加工用として販売したものの量となっています。 種子用または飼料用として販売されたものは含まれません。 出荷量の調査対象(出荷組織)が3件未満の都道府県については、情報源の都合により秘密保護の観点から情報が秘匿されているため、ランキングの対象外となっています。 最上位から、1位は茨城県の23,900トン、 2位は宮崎県の22,200トン、 3位は高知県の11,700トンです。 最下位から、37位は埼玉県の5トン、 36位は神奈川県の6トン、 35位は富山県の8トンです。 により、「ピーマンの出荷量」の偏差値を地理的に確認できます。 ピーマンの出荷量ランキング 順位 都道府県 ピーマンの出荷量 偏差値 格付 【出典】ピーマンの出荷量:2008年 1 23,900 トン 88. 7 - 2 22,200 トン 85. 6 - 3 11,700 トン 66. 5 - 4 8,330 トン 60. 4 - 5 6,840 トン 57. 7 - 6 3,930 トン 52. 4 - 7 3,390 トン 51. 4 - 8 3,000 トン 50. 7 - 全国平均 2,634 トン - 50. 0 - 9 2,090 トン 49. 0 - 10 2,080 トン 49. 0 - 11 1,970 トン 48. 8 - 12 1,380 トン 47. 7 - 13 1,230 トン 47. 4 - 14 1,070 トン 47. 2 - 15 772 トン 46. 6 - 16 761 トン 46. 6 - 17 564 トン 46. 2 - 18 527 トン 46. 2 - 19 262 トン 45. 7 - 20 250 トン 45. 7 - 21 227 トン 45. 6 - 22 197 トン 45. 6 - 23 186 トン 45. 5 - 24 98 トン 45. 4 - 25 93 トン 45. 4 - 26 80 トン 45. 3 - 27 63 トン 45. 3 - 27 63 トン 45. 3 - 29 46 トン 45. 3 - 30 32 トン 45. 3 - 31 31 トン 45. 3 - 32 30 トン 45. 3 - 33 28 トン 45. 3 - 34 14 トン 45. 2 - 35 8 トン 45. 2 - 36 6 トン 45. 2 - 37 5 トン 45. 2 -.

次の

ピーマンの生産量の都道府県ランキング(平成29年)

ピーマン 収穫 量 ランキング

もくじ(タッチすると移動します)• 長く収穫できるコツ 1、若取り 「若取り」ってなに?って思ったあなた。 文字通り実が若いうちに収穫することです。 もともと私たちが一般的に思い浮かべるピーマンは熟す前に収穫しているから緑色をしているのですが(放っておけば赤くなります。 ) ピーマンは次から次へと実をつけるため 養分とエネルギーをたくさん 使います。 そのため 株も疲れるんですよ。 なのでなるべく 若いうちに収穫 してしまい株を疲れさせないよう にすれば株も長生きするのです。 スポンサーリンク 2、リン酸成分を含んだ追肥 1で若取りについてお話ししましたがピーマンに限らず野菜は実を付けるのに養分とエネルギーを使います。 そのため 追肥といって成長に従い 肥料を与え続ける必要があります。 私たちに当てはめれば「食事」車に当てはめれば「ガソリン」と同じ役目をします。 ピーマン栽培に 必要な肥料の種類 や分量についてはこちらの記事で再確認しておくことをおすすめします。 蒸れや病気発生を防ぐ効果があります。 そのため葉数も増えるのでもっさりしてしまいます。 一番花の下のわき芽はすべて摘み取りまた株の上部も混みあっている枝葉を切って整枝しましょう。 ピーマンは暑い気候は平気ですが 株の内部が密になってしまうと風通し が悪くなり、病気の発生原因にも なりかねません。 したがって整枝作業は欠かせないのです。 以上の要点がピーマンを6月から10月まで 長期栽培できるコツです。 めんどくさい作業もありますがたくさん収穫するために必要なので頑張って栽培してみてくださいね! スポンサーリンク カテゴリー• 189•

次の

ピーマン1株の収穫量を100個以上に!背丈・整枝は

ピーマン 収穫 量 ランキング

このシリーズを連載していて「野菜の旬とはいったい?」という気持ちが強くわいています。 本来、ピーマンは夏野菜に分類されるのですが、今や冬から春のほうが収穫量が多くなっています。 かつては、ピーマンの栽培といえば宮崎県でした。 現在の都道府県別1位は茨城県で、宮崎県は2位になっています。 ピーマンの収穫量が多い市町村(2017年) 順位 都道府県 市町村 季節 収穫量 t 1 茨城県 神栖市 年中 29,300 2 宮崎県 西都市 冬春 10,300 3 宮崎県 宮崎市 冬春 4,640 4 高知県 土佐市 冬春 4,240 5 鹿児島県 東串良町 冬春 4,060 6 鹿児島県 志布志市 冬春 3,970 7 宮崎県 新富町 冬春 3,150 8 高知県 芸西村 冬春 2,420 9 岩手県 奥州市 夏秋 2,040 10 大分県 豊後大野市 夏秋 1,980 11 鹿児島県 鹿屋市 冬春 1,860 12 大分県 臼杵市 夏秋 1,820 13 高知県 南国市 冬春 1,740 14 宮崎県 国富町 冬春 1,630 15 沖縄県 八重瀬町 冬春 1,500 16 宮崎県 日南市 冬春 1,360 17 熊本県 山都町 夏秋 1,270 18 岩手県 一関市 夏秋 1,140 19 宮崎県 小林市 年中 1,100 20 福島県 田村市 夏秋 1,050 ランキングを見てびっくり。 茨城県が1位というより、神栖市が1位なんですね。 ランキングを探しても茨城県の他の街はでてきません。 まさに、 神栖市の独壇場です。 神栖市といえば鹿島臨海工業地域の工業都市として石油化学工業がさかんというのが、まず出てきますが、ピーマンも(個人的には)忘れないようにしたいです。 2~8位にはいかにも促成栽培といった風情の宮崎・高知・鹿児島の市町村が並んでいます。 ちょっと、意表を突くのが9位奥州市。 水田からの転作地としてピーマンの栽培が盛んになったそうです。

次の