梅雨 メール 挨拶。 時候の挨拶 6月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶(例文付き)

梅雨 メール 挨拶

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶を例文付きで解説 ビジネスレターで注意すべき点はいくつかありますが、中でも神経を使うのが、時候の挨拶でしょう。 それぞれの時節に合わせた時候の挨拶は、ビジネスレターなどの手紙では欠かせないものながら、いざ書くとなるとそう簡単ではありません。 今回は6月の時候の挨拶について、例文付きで詳しく解説していきます。 また、結びの挨拶についても紹介していますので、ビジネスレターを書く際の参考にしてみてください。 6月の漢語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、まずは漢語調の挨拶について見ていきましょう。 初夏の候 使用時期:5月上旬~6月上旬 「初夏」とは、文字通り「夏のはじめ」の意味です。 暦の上では5月6日ごろの「立夏(二十四節気の1つ)」から夏に入りますが、そこから6月上旬の「芒種」までを、「初夏」と呼ぶようになっています(ちなみにこの後、「仲夏」「晩夏」と続きます)。 ですから「初夏の候」の挨拶は、「夏が始まったばかりの季節」といった意味であることになります。 それでは、「初夏の候」を使ったビジネスレターの例文について、以下でご紹介しましょう。 結びの挨拶も加えてあります。 <例文> 拝啓 初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。 (本文) 今後ともよろしくご用命のほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具 入梅の候 使用時期:6月上旬~6月中旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する漢語調の挨拶は、「入梅の候」です。 「入梅(にゅうばい)」とは、「梅雨入り」を意味しています。 「梅雨」はもちろん、本格的な夏が始まる前の、6月から7月ごろにかけて雨が多くなる時期を指します。 気象的には毎年大体6月中旬ごろから梅雨入りしますが、雑節(二十四節気以外の季節の節目)では6月11日ごろを「入梅」と呼ぶようになっています。 ですので、「入梅の候」は6月上旬から中旬にかけて使われる挨拶です。 「入梅の候」を使用したビジネスレターの例文を、以下に挙げてみましょう。 <例文> 謹啓 入梅の候、貴社いよいよご発展の由、何よりと存じます。 平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。 (本文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書面にてご案内申し上げます。 謹白 夏至の候 使用時期:6月下旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての漢語調の挨拶の例は、「夏至の候」です。 「夏至(げし)」とは二十四節気の1つで、太陽の黄経(黄道座標の経度)が90度に達する日を言います。 北半球においては、昼がもっとも長く、夜がもっとも短くなる日です。 太陽暦では、6月21日ごろを指すようになっています。 「夏にいたる」と書く通り、この日を過ぎれば本格的な夏の到来となる、区切りの一日でもあります。 では、「夏至の候」を使ったビジネスレターの例文を、以下にご紹介しましょう。 <例文> 拝啓 夏至の候、貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。 平素はひとかたならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 (本文) 今後とも末永くお引き回しのほどお願い申し上げます。 まことに略儀ではございますが、書中をもちましてご通知申し上げます。 敬具 6月の口語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、漢語調の挨拶について見た後は、口語調の挨拶についてご紹介しましょう。 通常の手紙でもそうですが、ビジネスレターでは特に相手への礼が重んじられます。 そのため形式的に漢語調の挨拶が多く使われますが、比較的親しい相手に対しては、ややくだけた口語調の時候の挨拶もよく使われます。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました 使用時期:5月上旬~6月上旬 こちらの挨拶は、「初夏」と「青空」という言葉を使っているのがポイントです。 夏の始まりは、特に爽やかな青空が印象的な時期ですから、そうした気持ちを折り込んだフレーズとなっています。 前述のように、「初夏」は5月はじめごろから始まり、6月上旬まで含まれますので、そのころに使うのが適切でしょう。 それでは、こちらの挨拶を使った例文を、以下でご紹介しましょう。 こちらも結びの挨拶付きです。 <例文> 拝啓 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 皆様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはひとかたならぬお心遣いを賜り、心からお礼申し上げます。 (本文) 今後とも変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 敬具 うっとうしい梅雨空が続きますが 使用時期:6月中旬~7月上旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する口語調の挨拶は、「梅雨」に関するものです。 梅雨に関してはすでに説明した通り、毎年6月から7月にかけて雨が多くなる時期を指しています。 季節の風物詩でもあり、夏の水源としては欠かせない現象ですが、長雨が続くのはやはり気分を滅入らせます。 こちらの挨拶は、そうした感情を折り込んだフレーズとなります。 それでは、こちらの挨拶を取り入れた例文を、以下に挙げてみましょう。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 (本文) 長雨が続きますが、風邪などお召しにならないようお気をつけください。 敬具 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりました 使用時期:6月全般 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての口語調の挨拶の例は、「水無月」という語を含んだものです。 「水無月」の読みは「みなづき」で、6月を指しています。 各月を数字で表すようになったのは、太陽暦が取り入れられた明治はじめごろからですが、それまでは和風の呼び方で月を表していました。 6月を「水が無い月」と呼ぶ理由には諸説あり、未だに定まってはいません。 この挨拶は、気温と湿度が上がって少々不快な様子を表しています。 では、こちらのフレーズを用いた例文をご紹介しましょう。 <例文> 拝啓 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりましたが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 日ごろは格別のご協力をいただき、感謝にたえません。 (本文) 梅雨冷えの厳しき折、どうぞご自愛ください。 まずは取り急ぎお知らせまで。 敬具 6月の結びの挨拶 ビジネスに使える6月の時候の挨拶について見たところで、ここからは結びの挨拶について見ていくことにしましょう。 梅雨に関する結びの挨拶 まずご紹介するのは、梅雨に関連した結びの挨拶の例です。 すでに何度が触れているように、日本の6月と言えば、梅雨の話題がつきものとなっています。 普段の挨拶もそうですが、ビジネスレターなどの手紙についても同様で、時候の挨拶と共に結びの挨拶にも、梅雨に関する文がよく使われます。 雨が降り続く鬱陶しさや、それに伴い相手を気遣う内容が主です。 では、梅雨に関連した6月の結びの挨拶の例文を、以下にいくつか挙げてみましょう。 梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 相手の健康を願う結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、相手の健康や活躍を願うものをご紹介していきましょう。 ビジネスレターなどの手紙においては、最後に相手の健康や活躍を願って締めるのが定型となっています。 ですので、6月に限らず、どの時期にも使うことができる話題です。 それでは、そうした形の結びの挨拶について、以下で例文をいくつか見てみましょう。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。 一層のご活躍を祈念いたしております。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 暑さに関する結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、暑さに関連したものについて見ていきましょう。 これも前述のように、6月は暦の上ではすでに夏です。 徐々に暑さも感じ始める季節ですから、そうした話題も結びの挨拶として使われるようになります。 それでは、ビジネスレターにおける暑さに関連した結びの挨拶の例文を、以下で挙げてみましょう。 日増しに暑くなってきますが、お互い元気に爽快な夏を迎えましょう。 蒸し暑い毎日ですが、どうかお体大切に。 蒸し暑い日が続いておりますが、お身体ご自愛下さい。 向暑のみぎり、末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 6月の時候の挨拶と結びの挨拶を使用する際の注意点 それでは最後に、6月の時候の挨拶と結びの挨拶を使う際の注意点について見ておきましょう。 6月に限ったことではありませんが、ビジネスレターなどの手紙を出す際には、相手の住む地域の気候に合わせて挨拶を書くことが大事になります。 例えば梅雨入りは、日本列島の各地域でそれぞれ時期が異なります。 九州ではすでに梅雨入りしていても、関東ではまだ先かもしれません。 ビジネスレターを書く際はこうした点に気をつけて、相手にとって違和感のない挨拶を心がけましょう。 時候の挨拶と結びの挨拶一覧.

次の

7月の季節の挨拶文例!手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文も!

梅雨 メール 挨拶

サクッと流し読み• はがきの基本構成は4つ。 まずはおさらいしてみましょう。 まず、はがきの基本的な書き方をおさらいしてみましょう。 はがきの構成は手紙と同じで、 『全文、主文、末文、後付け』という4つの部分から構成されます。 はじめに、 『前文』には、よく聞く 「拝啓」などの頭語や時候の挨拶を書きます。 そして、 『主文』には、その 手紙の本題を。 次に 『末文』は 結びの言葉と「敬具」などの結語を書きます。 最後に 『後付け』は、 日付や差出人の署名、宛て名などを書きますね。 一応、まとめておくと次のような流れになります。 はがきの構成• 前文・・・頭語や時候の挨拶• 主文・・・手紙の本題• 末文・・・結びの言葉と結語• 後付け・・・日付と差出人の署名、宛名など ここまではいいでしょうか?? では、次にお礼状を具体的に書くにはどのように書いたらいいかをご説明します。 お中元の時期に一番悩む時候の挨拶。 7月初旬とその後で使い分けるとよいでしょう。 お礼状を書こうと思ったときに一番悩むのは 時候の挨拶ではないですか? お中元を頂くのは、現代ではだいたい 7月1日から7月15日の間となっています。 その7月の時候の挨拶で一般的なものは 「盛夏の候」ですが、これは いよいよ暑さが本格的になる時期に使われる言葉ですよね。 でも、7月初めはまだ梅雨も明けきらず、じめじめと肌寒い日がありますから、「盛夏の候」では少し違和感を感じる年もあるでしょう。 そんな年はなんて書いたらいいのでしょうか。 これについては、 もし梅雨明け前の7月初旬(6日頃)までなら「向暑の候」を使い、その後だと「盛夏の候」を使うという風に時候の挨拶を使い分けるのがおすすめです。 では、最後に「向暑の候」(盛夏の候)を使って例文を作ってみましょう。 梅雨明け前の7月初旬にお礼状を書くときの文例 お礼状(ビジネス編)例文 『拝啓 向暑の候(盛夏の候)、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素よりご交誼を賜り深謝申し上げます。 さて、この度は結構なお中元のお品をいただき、誠にありがとうございました。 こちらから時節のご挨拶を申し上げるべきところ、お心遣いのお品を頂きましたこと厚く御礼申し上げます。 これより、いよいよ暑さが厳しくなってまいります。 皆様のご健康と貴社のいっそうのご繁栄をお祈り申し上げます。 敬具』 はがきでお礼状を書く場合には、「敬具」のあとに、日付や宛先の会社と宛名を左側、自分が所属する会社名と名前を右側に書きます。 もし、OA用紙に印刷する場合には、この敬具のあとに書いた日付や宛先の会社、宛名などは文書の先頭に来ることに注意しましょう。 梅雨がダラダラと続くときは?? もし、ちっとも夏になったような気がしない年であれば、「 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃いかがお過ごしでしょうか?」のように、口語調の時候の挨拶も使えますので覚えておくとよいでしょう。 まとめ:お礼状はお中元をいただいてから3日以内には出しましょう。 今回はお中元のお礼状を梅雨の時期にハガキで書く場合についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 忘れてはいけないのが、ビジネスの場合は、 お中元を頂いたら遅くとも 3日以内にはお礼状を出すようにすること。 また、その際、もしお中元をいただいた相手が取引先の方など、仕事上、日頃から付き合いがある場合などは、文面が会社内で決まっている場合もあるでしょうから、一旦は過去の例文がないかどうか上司の方に確認してみるとよいでしょう。 今後の関係もありますので、個人で判断する前に、まずは上司に扱いを確認することも大切ですね。 さらに、個人的にお中元をいただいた場合でも、ビジネスの場合とお礼状の基本的な書き方は変わりませんので、安心していただければと思います。 どんな時候の挨拶の言葉を使えばいいか、手紙を書く際には毎回悩まされますが、大事なことは 「その手紙で何を一番に伝えたいか」ということです。 たかが一枚の定型的なハガキと考えず、しっかり感謝の気持ちを込めるようにしたいですね。

次の

時候の挨拶 6月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

梅雨 メール 挨拶

・小暑の候、小暑の折、小暑のみぎり:7 月上旬 ・仲夏の候、仲夏の折、仲夏のみぎり:7 月上旬 ・梅雨明けの候、梅雨明けの折、梅雨明けのみぎり:7 月上旬 ・盛暑の候、盛暑の折、盛暑のみぎり:7 月上旬 ・星祭の候、星祭の折、星祭のみぎり:7 月上旬 ・盛夏の候、盛夏の折、盛夏のみぎり:7月 上旬 ・大暑の候、大暑の折、大暑のみぎり:7 月上旬~下旬 ・夕立の候、夕立の折、夕立のみぎり:7 月上旬~下旬 ・白雨の候、白雨の折、白雨のみぎり:7月上 旬~下旬 ・驟雨の候、驟雨の折、驟雨のみぎり:7月上 旬~下旬 ・炎暑の候、炎暑の 折、炎暑のみぎり:7 月上旬~下旬 ・炎昼の候、炎昼の折、炎昼のみぎり:7月 中旬~下旬 ・酷暑の候、酷暑の折、酷暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・極暑の候、極暑の折、極暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・三伏の候、三伏の折、三伏のみぎり:7 月中旬~下旬 ・厳暑の候、厳暑の折、厳暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・灼熱の候、灼熱の折、灼熱のみぎり:7月 中旬~下旬 ・炎熱の候、炎熱の折、炎熱のみぎり:7月 中旬~下旬 ・烈暑の候、烈暑の折、烈暑のみぎり:7月 中旬~下旬 ・甚暑の候、甚暑の折、甚暑のみぎり:7月 中旬~下旬 ・猛暑の候、猛暑の折、猛暑のみぎり:7月 下旬 ・薫暑の候、薫暑の折、薫暑のみぎり:7月 下旬 上記は 7月の季節の挨拶文に使える時候と 適した時期のまとめ一覧表です。 続ける文章は親しい方への挨拶文でも 公式の改まった挨拶文でも使えるものです。 ・ 初夏の候、お元気にご活躍のこととお喜び申し上げます。 ・ 大暑の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・ 暑中お伺い申し上げます。 ・ 小夏の候、暑さに負けずご活躍のことと拝察致します。 ・ 仲夏の折、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・晴天が続く 盛夏のみぎり、ご健勝で暑さを乗り切っていらっしゃることと存じます。 ・ 梅雨が開けいよいよ夏本番を迎えるこの頃、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ 炎暑の候、貴社一段とご繁盛の段大慶に存じます。 ・ 盛暑の折、貴殿には一段とご活躍とのことと拝察いたしております。 ・ 暑中お見舞い申し上げます。 ・ 酷暑の候、貴社におかれましては一層のご発展のこととお慶び申し上げます。 ・時折の 驟雨が涼をもたらす炎暑のみぎり、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ・ 夏木立の緑濃く、木漏れ日も輝くころとなりました。 ・青空に 入道雲がわき、夏真っ盛りとなりました。 ・色とりどりの 七夕飾りに、夏の訪れを感じる季節になりましたが、お変わりありませんか。 ・ 炎暑しのぎがたいこのごろですが、お元気でお過ごしのことと存じます。 ・ ほおずき市も近づき、夏祭りも盛んな季節となりました。 ・ 花火の音が聞こえる季節となりましたが、お変わりありませんか。 ・ 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いていますが、~。 ・ 土用の入りも近づき、蒸し暑い夜が続いていますが、~。 ・ 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえる今日この頃ですが、~。 上記は 7月の季節の挨拶文に使える 書き出し文例 のまとめ一覧表です。 7月から連想される植物や食べ物、 行事などの単語を自由に盛り込んで、 読み手に時節が頭に浮かぶような 書き出しにしても素敵です。 ・猛暑の折、どうかくれぐれもご自愛ください。 ・暑さ厳しき折ではございますが、どうかますますご壮健に。 ・夏風邪などお召しになりませんよう、どうかお体をおいといください。 ・心ばかりのお中元の品を別送いたしましたので、どうかご笑納ください。 ・夏休みの帰省を首を長くして待っています。 ・盛夏の折柄、皆様のますますのご健勝をお祈り申しあげます。 ・時節柄夏負けなどなさらないよう、ご自愛のほどお祈り申しあげます。 ・暑さはこれからが本番です。 体調管理には充分気をつけて下さいね。 ・まずは暑中のお見舞いまで申し上げました。 ・今年は梅雨明けが遅い分、暑さが長引くそうです。 おたがい体調管理に気を付けましょう。 ・ご健勝にて夏を乗り越えられますよう、お祈り申し上げます。 ・ことしは例年にない暑さだそうですから、お体にはくれぐれもお気をつけください。 ・本格的な夏を迎えました。 皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。 ・周りの樹木の緑も色濃くなってきました。 夏休みには一緒に出かけましょう。 ・熱帯夜がつづき寝苦しい日々、クーラーでお身体を冷やしすぎませんよう。 ・暑いさなかでございますので、外出の析にはなにかとご注意くださいますように。 ・食欲も減退する暑さがつづきますが、健康管理にはご注意下さいね。 上記は 7月の季節の挨拶文を使った 結びの例文のまとめ一覧です。 結句で季節の挨拶文を使う場合、 それに続く組み合わせでは 相手の方を思いやるような文章を 続けるようにしましょう。

次の