ダイキン 除湿 機。 壁掛け除湿機 水捨て不要で連続除湿ができる除湿機ダイキン「カライエ」

プレミアム冷房の秘密

ダイキン 除湿 機

ダイキン工業株式会社は、本データ等の著作権を全て有します。 当社は、本データ等の全部または一部を無断で複製または改変し、第三者に提供または販売することを禁じます。 当サイトに掲載された製品は日本国内用です。 当サイトに掲載された製品価格については、配管・据付工事費等については含まれていません。 当社は、本データ等の正確性には万全を期しておりますが、本データ等のご利用によって生じたいかなる損害または損失について責任を負いかねます。 また、本データ等を利用できなかったことによって生じた損害または損失についても、同様とします。 当サイトを通じた情報提供サービスは、予告なく中止する場合がございます。 また、当サイトに掲載されている情報は、予告なしに追加、変更または削除することがございます。 生産中止などの理由により、製品に関するデータをご提供できない場合や製品をご購入いただけない場合がございます。 当サイトで、ご希望の製品のデータが見つからない場合または当サイトに掲載されている製品に関する問合わせは、当社のお客様相談窓口であるダイキンコンタクトセンターに直接お問合せ頂きますようお願い致します。 この遵守事項の内容は、予告なく変更する場合がございますが、あらかじめご了承ください。

次の

プレミアム冷房の秘密

ダイキン 除湿 機

梅雨の湿気は、人に影響を与えるだけでなく、 実は住宅にも影響を与えることがあります。 湿度が建物に与える影響は、最近では「湿害」と呼ばれています。 建築に使う木材の乾燥度は規定されており、全く水分を含まない木材は「絶乾状態」、空気中の湿度とのバランスが取れている木材は「気乾状態」、水分を多く含むものは「湿潤状態」と呼ばれており、建築材料学的には、「湿潤状態」になった建材は使わず、「気乾状態」以下のものを使うことになっています。 しかし、建築物の木材が湿度を含んでしまうと、木材の中に入り込んだ木材腐朽菌が繁殖し、結果的に木材強度が低下することがあります。 建物の土台や柱などに使われている木材の強度低下が起これば、耐震強度の低下につながります。 阪神大震災のときに倒壊した住宅が、実はそういう住宅が多かったという調査報告もあります。 梅雨時期のように湿度が高くなる時期には、居住者のためだけでなく住宅のためにも、除湿機などを使用して室内の湿度が高くなり過ぎないようにすることが重要です。 エアコンの場合は、気流で体感温度が少し下がるため、設定湿度は少し高めでも良いでしょう。 共働きなど、昼間不在になるご家庭では、留守中の除湿がおすすめです。 気密性の高い家なら、部屋のドアを開けておけば、ワンフロアまるごと除湿が可能です。 除湿機を置くのは、温度が低くなる北側の部屋がおすすめ。 日差しが入りやすい南側の部屋に比べ、北側の部屋の室温は低くなります。 閉め切った空間では、湿気はどの部屋でも均一の量になろうとしますが、温度が低いほど空気中に含むことのできる水分量が少なくなるため、相対的に湿度が高くなるのです。 気密性の高い家では、留守中に各部屋のドアを開放して除湿機を使用すれば、ワンフロアまるごと除湿が可能です。 エアコンのお手入れ 冷房運転中は、室内機の中に水滴が発生します。 運転中はエアコン内が冷えているので、カビなどの繁殖の心配はありませんが、停止すると内部の温度が上がり、カビなどにとって都合のよい温湿度環境になってしまいます。 そのため、エアコン停止後は、この湿気を逃がす必要があります。 具体的には、エアコン停止後、タイマーで1~2時間送風運転するのが効果的です。 最近では、運転終了後、自動的に送風運転するエアコンも増えてきました。 ただし、湿気が室内に放出されるので、換気扇をまわすなど工夫するとよいでしょう。 カビはホコリを栄養源にして育つので、エアコン内にホコリが溜まりにくくすることも大切。 エアフィルターはこまめに手入れして、エアコン内部のホコリの量を減らしましょう。 最近は、フィルターのホコリを自動で掃除してくれるエアコンも出ていますので、そんな商品を選ぶと便利です。

次の

業務用除湿機|設備用・工場用エアコン|ダイキン工業株式会社

ダイキン 除湿 機

冷房と除湿どう違うの? 冷房運転は、部屋の空気の 「温度」を下げることを一番に考えた機能。 除湿運転は、部屋の空気の 「湿度」を下げることを一番に考えた機能。 そこに空気を送ると、冷たい風ができて部屋の温度が下がります。 そうすると、空気が冷えて含むことのできる水分量が減り、空気中にいられなくなった水分が水滴としてアルミの熱交換器に現れます。 その水滴を集めてホースを通じて部屋の外に出すことで、部屋の水分量が減り、乾燥した空気を再び部屋に戻します。 これを繰り返すことで、部屋の水分をどんどん外に出して、湿度が下がります。 外に水分を追い出す仕組みは同じですが、部屋に戻す空気の温度が違います。 弱冷房除湿は、水分を集めるために温度を下げた空気をそのまま部屋に戻します。 弱冷房をかけているのと同じようなため、肌寒く感じることもあります。 再熱除湿は、水分を集めるために温度を下げた空気を、ちょうどいい温度に 暖めなおしてから部屋に戻します。 部屋の温度を下げずに、湿度だけを下げることができます。 しかし、部屋に戻す空気を暖めなおしているので冷房より少し多くの電気を使います。 ハイブリッド除湿は、従来の除湿とは全く異なるしくみで、水分を集めるために温度を下げた空気を、 室内の空気とまぜ室温に近づけて送風するため、寒くなりにくく消費電力は控えめです。 湿度を下げたい場合は除湿(ドライ)運転、温度を下げたい場合は冷房運転と使い分けていただくと効果的です。 冷房と除湿どう使い分けるといいの? 真夏など 温度が高くなるときは 「冷房」を使いましょう。 梅雨など 湿度が高くなるときは 「除湿」を使いましょう。 湿度が 60%以上:汗が乾きづらく、結露ができカビが繁殖しやすくなります。 湿度は 50%以下がおすすめです。 (湿度50%:汗をかいてもさらっと乾く湿度) また気流を利用することにより、涼感をアップさせることができます。 心地よい組み合わせは 夏は 高温・低湿、 冬は 低温・多湿とされています。 冷房時には、設定温度を高めにした省エネ運転でも、湿度を低くすれば設定温度が低めのときと同じ快適さが得られますので、ぜひおためし下さい。 除湿した冷たい空気に室内の暖まった空気をまぜて吹き出しますので、室温にできるだけ近づけて除湿をすることで寒くなりにくく快適に過ごすことができます。 また、必要な除湿量に応じて能力を切り換えることができるので、肌寒さと消費電力も抑えます。 9段階セレクトドライ 弱めの冷房運転と停止を繰り返して湿気をとることができ、除湿量に応じて9段階のドライが選べます。 プレミアム冷房 これまでの冷房は設定温度に近づくにつれて冷房運転を弱めてしまうため、十分な除湿ができずに蒸し暑く感じることがありました。 ダイキンのルームエアコン「うるさら7」は、冷やしたあとも、除湿をし続けることができるしつどコントロールができるエアコンです。 ぜひご体感ください。 運転を停止すると内部の温度が上がり、カビにとって都合のよい温室度環境になってしまうため、この湿気を逃してあげる必要があります。 そこで登場するのが 「内部クリーン運転」。 室内機の内部を乾燥させることで、カビやニオイの発生を抑える運転です。 自動設定と手動設定があり約80~120分運転します。 開始すると室内機の吹き出し口が開き風がでます。 電気代の目安は1回あたり 2~4円程度。 内部クリーンランプ(緑)が点灯していたら、停止後に運転していても故障ではないので、 そのままにしておいてくださいね。 気温が高くても湿度が低ければ不快さは減りますし、気温が低くても湿度が高いと寒さを感じにくくなります。 蒸し暑い夏には風が吹くだけで体感温度が下がり、涼しく心地よく感じることもできます。 さまざまな要素によって体感温度は変化しますので、総合的に考える必要があります。 夏を少しでも快適に過ごすために、除湿と冷房を状況に合わせて上手に使い分けてくださいね!.

次の