テキスト ファイル ウィザード。 テキストファイルウィザード

Excelで、外部データの取り込みするとき、決まってウィザード画...

テキスト ファイル ウィザード

データの区切り文字が混在しているテキストファイルをワークシートに読み込むとき、Openメソッドで開くと思い通りに区切られず、一つのセルに1行分すべてが入ったり、複数の項目が入ってしまったりします。 OpenTextメソッドを使うと、区切り文字を指定することができるので、複数の区切り文字が混在したテキストファイルをワークシートに正しく読み込むことができます。 OpenTextメソッドの構文と主な設定項目は次のとおりです。 構文 Object. OpenText Filename, Origin, StartRow, DataType, TextQualifier, ConsecutiveDelimiter, Tab, Semicolon, Comma, Space, Other, OtherChar, FieldInfo, TextVisualLayout, DecimalSeparator, ThousandsSeparator, TrailingMinusNumbers, Local 設定項目 内容 Object Workbooksコレクションオブジェクトを指定[省略不可] FileName 読み込むテキストファイルの名前を指定[省略不可] DataType ファイルに含まれるデータの形式を指定。 txt"というテキストファイルを読み込みます。 1 または 2 を1つずつ有効にすると、OpenメソッドとOpenTextメソッドの動作の違いを確認できます。 txt" 'Openメソッドでテキストファイルを開く(1つのセルに1行分が入る) 'Workbooks. Open TextPath '--- 1 'OpenTextメソッドでテキストファイルを開く(区切り文字でセルに分かれる) Workbooks. UsedRange. EntireColumn. AutoFit Range "A1". Select End Sub 実行すると次の図のように、カンマ、タブ、スラッシュ区切りでワークシートにデータが読み込まれます。 引数Spaceの指定を省略したにもかかわらず、Trueを指定した(B と同じ結果となりました。 (C)は(A)のコードと同じなのに実行結果が違うのは、どういうことなのでしょうか。 さらに続けてみます。 すると、再び(A)と同じ結果となります。 このことから、ヘルプにある「既定値はFalseです」の記述は誤りで、OpenTextメソッドの区切り文字の指定を省略すると、前回実行したときの条件が引き継がれていることがわかります。 引数を省略したときに前回の設定が引き継がれるものには、RangeオブジェクトのFindメソッドなどもあります。 「」もチェックしてみてください。 ちなみに、Findメソッドとは違い、OpenTextメソッドでは手作業で実行したテキストファイルウィザードの設定条件は引き継がれません。

次の

excelのテキストファイルウィザードとデータの区切り位置の違い

テキスト ファイル ウィザード

次に、[ テキストファイルのインポート] ダイアログボックスで、インポートするテキストファイルをダブルクリックすると、[テキストインポートウィザード] ダイアログが開きます。 各列のすべての項目が同じ長さである場合は、[ 固定幅] を選択します。 インポートを行で開始する 行番号を入力するか選択して、インポートするデータの最初の行を指定します。 元のファイル テキストファイルで使用されている文字セットを選択します。 ほとんどの場合、この設定は既定のままにしておくことができます。 コンピューターで使用している文字セットとは異なる文字セットを使用してテキストファイルが作成されていることがわかっている場合は、その文字セットと一致するようにこの設定を変更する必要があります。 たとえば、使用しているコンピューターが文字セット 1251 キリル、Windows を使用するように設定されているときに、ファイルが文字セット 1252 西ヨーロッパ言語、Windows を使用して生成されたことがわかっている場合は、[ 元に戻す] を [1252] に設定する必要があります。 ファイルのプレビュー このボックスには、ワークシートの列に分割されたときに表示されるテキストが表示されます。 文字が表示されていない場合は、[ その他] チェックボックスをオンにし、カーソルが含まれているボックスに文字を入力します。 データ型が固定幅の場合、これらのオプションは使用できません。 連続した区切り記号を1つとして扱う データに複数の文字が含まれている場合、またはデータに複数のカスタム区切り記号が含まれている場合は、このチェックボックスをオンにします。 テキスト区切り記号 テキストファイル内の値を囲む文字を選びます。 Excel でテキスト区切り文字が検出されると、その文字の後に続くすべてのテキストが、テキストに区切り文字が含まれている場合でも、1つの値としてインポートされます。 たとえば、区切り記号がコンマ , であり、テキスト区切り文字が引用符 " である場合、" ダラス, テキサス "は、1つのセルに" ダラス, テキサス "としてインポートさ れます。 文字またはアポストロフィ ' がテキスト区切り記号として指定されていない場合、"ダラス, テキサス" は隣接する2つのセルに "ダラスおよび テキサス"としてインポートされます。 テキスト区切り文字の間に区切り文字が含まれている場合は、インポートした値の修飾子は省略されます。 テキスト区切り文字の間に区切り文字がない場合は、インポートされた値の中に区切り文字が含まれます。 このため、"ダラステキサス" 引用符で囲まれたテキストの引用符を使用 が1つのセルに "ダラステキサス"としてインポートされます。 データのプレビュー このボックスのテキストを確認し、必要に応じて、ワークシートの列にテキストが区切られていることを確認します。 [プレビュー] ウィンドウをクリックして、列区切りを設定します。 これは垂直線で表されます。 段区切りをダブルクリックして削除するか、段区切りをドラッグして移動します。 テキストファイルで使用される小数点区切り文字と桁区切り記号の種類を指定します。 データが Excel にインポートされた場合、区切り文字は、地域と言語のオプションまたは地域設定 Windows コントロールパネル で指定されている場所と一致します。 1つまたは複数の数値に、末尾の負符号を含めることができるように指定します。 列のデータ形式 [ データのプレビュー ] セクションで選択されている列のデータ形式をクリックします。 選択した列をインポートしない場合は、[ 列をインポートしない] スキップ をクリックします。 選択した列のデータ形式オプションを選択すると、[データの プレビュー ] の列見出しに書式が表示されます。 [ 日付] を選択した場合は、[ 日付] ボックスで日付の形式を選択します。 Excel でインポートされたデータが正しく変換されるように、プレビューデータに近いデータ形式を選択します。 次に例を示します。 すべての通貨数値の列を Excel の通貨形式に変換するには、[ 標準] を選択します。 すべての数値の列を Excel のテキスト形式に変換するには、[ 文字列] を選択します。 すべての日付文字の列 年、月、日の順 を Excel の日付形式に変換するには、[ 日付] を選択し、[ 日付] ボックスで [ YMDの日付の種類] を選択します。 変換が意図しない結果になる可能性がある場合、Excel は Generalとして列をインポートします。 次に例を示します。 列にアルファベットや数字などの形式が混在している場合、列は [標準] に変換されます。 日付の列で、各日付が年、月、日付の順に表示され、日付の種類が MDYの [ 日付] を選ぶと、列は [標準] 形式に変換されます。 日付文字を含む列は、Excel の組み込みの日付形式またはユーザー設定の日付形式に厳密に一致している必要があります。 Excel が列を目的の形式に変換しない場合は、インポートした後にデータを変換することができます。 必要なオプションを選んだら、[ 完了] をクリックして [ データのインポート] ダイアログボックスを開き、データを配置する場所を選びます。 データのインポート データインポートプロセスの実行方法を制御するために、これらのオプションを設定して、使用するデータ接続プロパティやインポートしたデータに設定するファイルや範囲などを指定します。 [ このデータをブックでどのように表示するかを選択してください] のオプションは、データモデルが準備されている場合にのみ使用できます。 そのモデルにこのインポートを追加するオプションを選択します この一覧の3番目の項目を参照してください。 対象のブックを指定します。 [既存の ワークシート] を選択した場合は、シート内のセルをクリックして、インポートしたデータの最初のセルを配置するか、クリックしてドラッグして範囲を選択します。 [ 新しいワークシート] を選択して、新しいワークシートにインポートします セル A1 から開始。 データモデルが配置されている場合は、[ このデータをデータモデルに追加] をクリックして、このインポートをモデルに含めます。 詳細については、「」を参照してください。 このオプションをオンにすると、[ このデータをブックでどのように表示するかを選択してください] のオプションのロックが解除されます。 [ プロパティ] をクリックして、必要な外部データ範囲のプロパティを設定します。 詳細については、「する」を参照してください。 データのインポートを完了する準備ができたら、[ OK]をクリックします。 注: テキストインポートウィザードは従来の機能であるため、有効にする必要がある場合があります。 まだインストールしていない場合は、次の操作を行います。 [ 従来のデータインポートウィザードの表示] で、[ テキストファイル レガシ ] を選択します。 次に、[ テキストファイルのインポート] ダイアログボックスで、インポートするテキストファイルをダブルクリックすると、テキストのインポートウィザードが開きます。 各列のすべての項目が同じ長さである場合は、[ 固定幅] を選択します。 インポートを行で開始する 行番号を入力するか選択して、インポートするデータの最初の行を指定します。 元のファイル テキストファイルで使用されている文字セットを選択します。 ほとんどの場合、この設定は既定のままにしておくことができます。 コンピューターで使用している文字セットとは異なる文字セットを使用してテキストファイルが作成されていることがわかっている場合は、その文字セットと一致するようにこの設定を変更する必要があります。 たとえば、使用しているコンピューターが文字セット 1251 キリル、Windows を使用するように設定されているときに、ファイルが文字セット 1252 西ヨーロッパ言語、Windows を使用して生成されたことがわかっている場合は、[ 元に戻す] を [1252] に設定する必要があります。 ファイルのプレビュー このボックスには、ワークシートの列に分割されたときに表示されるテキストが表示されます。 文字が表示されていない場合は、[ その他] チェックボックスをオンにし、カーソルが含まれているボックスに文字を入力します。 データ型が固定幅の場合、これらのオプションは使用できません。 連続した区切り記号を1つとして扱う データに複数の文字が含まれている場合、またはデータに複数のカスタム区切り記号が含まれている場合は、このチェックボックスをオンにします。 テキスト区切り記号 テキストファイル内の値を囲む文字を選びます。 Excel でテキスト区切り文字が検出されると、その文字の後に続くすべてのテキストが、テキストに区切り文字が含まれている場合でも、1つの値としてインポートされます。 たとえば、区切り記号がコンマ , であり、テキスト区切り文字が引用符 " である場合、" ダラス, テキサス "は、1つのセルに" ダラス, テキサス "としてインポートさ れます。 文字またはアポストロフィ ' がテキスト区切り記号として指定されていない場合、"ダラス, テキサス" は隣接する2つのセルに "ダラスおよび テキサス"としてインポートされます。 テキスト区切り文字の間に区切り文字が含まれている場合は、インポートした値の修飾子は省略されます。 テキスト区切り文字の間に区切り文字がない場合は、インポートされた値の中に区切り文字が含まれます。 このため、"ダラステキサス" 引用符で囲まれたテキストの引用符を使用 が1つのセルに "ダラステキサス"としてインポートされます。 データのプレビュー このボックスのテキストを確認し、必要に応じて、ワークシートの列にテキストが区切られていることを確認します。 [プレビュー] ウィンドウをクリックして、列区切りを設定します。 これは垂直線で表されます。 段区切りをダブルクリックして削除するか、段区切りをドラッグして移動します。 テキストファイルで使用される小数点区切り文字と桁区切り記号の種類を指定します。 データが Excel にインポートされた場合、区切り文字は、地域と言語のオプションまたは地域設定 Windows コントロールパネル で指定されている場所と一致します。 1つまたは複数の数値に、末尾の負符号を含めることができるように指定します。 列のデータ形式 [ データのプレビュー ] セクションで選択されている列のデータ形式をクリックします。 選択した列をインポートしない場合は、[ 列をインポートしない] スキップ をクリックします。 選択した列のデータ形式オプションを選択すると、[データの プレビュー ] の列見出しに書式が表示されます。 [ 日付] を選択した場合は、[ 日付] ボックスで日付の形式を選択します。 Excel でインポートされたデータが正しく変換されるように、プレビューデータに近いデータ形式を選択します。 次に例を示します。 すべての通貨数値の列を Excel の通貨形式に変換するには、[ 標準] を選択します。 すべての数値の列を Excel のテキスト形式に変換するには、[ 文字列] を選択します。 すべての日付文字の列 年、月、日の順 を Excel の日付形式に変換するには、[ 日付] を選択し、[ 日付] ボックスで [ YMDの日付の種類] を選択します。 変換が意図しない結果になる可能性がある場合、Excel は Generalとして列をインポートします。 次に例を示します。 列にアルファベットや数字などの形式が混在している場合、列は [標準] に変換されます。 日付の列で、各日付が年、月、日付の順に表示され、日付の種類が MDYの [ 日付] を選ぶと、列は [標準] 形式に変換されます。 日付文字を含む列は、Excel の組み込みの日付形式またはユーザー設定の日付形式に厳密に一致している必要があります。 Excel が列を目的の形式に変換しない場合は、インポートした後にデータを変換することができます。 必要なオプションを選んだら、[ 完了] をクリックして [ データのインポート] ダイアログボックスを開き、データを配置する場所を選びます。 データのインポート データインポートプロセスの実行方法を制御するために、これらのオプションを設定して、使用するデータ接続プロパティやインポートしたデータに設定するファイルや範囲などを指定します。 [ このデータをブックでどのように表示するかを選択してください] のオプションは、データモデルが準備されている場合にのみ使用できます。 そのモデルにこのインポートを追加するオプションを選択します この一覧の3番目の項目を参照してください。 対象のブックを指定します。 [既存の ワークシート] を選択した場合は、シート内のセルをクリックして、インポートしたデータの最初のセルを配置するか、クリックしてドラッグして範囲を選択します。 [ 新しいワークシート] を選択して、新しいワークシートにインポートします セル A1 から開始。 データモデルが配置されている場合は、[ このデータをデータモデルに追加] をクリックして、このインポートをモデルに含めます。 詳細については、「」を参照してください。 このオプションをオンにすると、[ このデータをブックでどのように表示するかを選択してください] のオプションのロックが解除されます。 [ プロパティ] をクリックして、必要な外部データ範囲のプロパティを設定します。 詳細については、「する」を参照してください。 データのインポートを完了する準備ができたら、[ OK]をクリックします。

次の

Excel2016(Excel2019)でCSVファイルを従来のテキストファイルウィザードで読み込みたい:エクセルの使い方

テキスト ファイル ウィザード

はじめに Accessやその他のデータベースソフトで生成されたテキストファイルをExcelに読み込みたい場合、テキストファイルウィザードを使ってインポートすることができます。 操作方法• [ファイル]メニューの[開く]をクリックします。 [ファイルの種類]を「テキストファイル」に設定します。 テキストファイルを選択します。 [開く]をクリックします。 [元のデータの形式]を指定し、[次へ]をクリックします。 フィールドの区切り文字を指定します。 [次へ]をクリックします。 必要に応じて区切った後の列のデータ形式を指定して[完了]をクリックします。 テキストファイルがインポートされました wanichan. net サイト メインブログ。 ちょっとした技術メモ。 Microsoft中心。 Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。 Expression Web初心者向けガイド。 ステップバイステップで解説していきます。

次の