目黒区給付金 10 万円。 10万円給付金いつ振り込まれる?申請期間&申請期限・準備書類を徹底調査しました!

特別定額給付金(10万円給付)のご案内-中央区 中央区ホームページ

目黒区給付金 10 万円

赤文字は5月7日追記 緑文字は14日更新 橙文字は21日更新 青文字は26日更新 6月30日時点の進捗状況です。 下のリンクからご申請ください。 現在、区では専門の課を設けて、一日も早くお届けできるよう、対応にあたっております。 かなり長いぶん、想定される質問はだいたい網羅されているのではないかと思います。 電話でお問い合わせいただく前にこちらをご確認ください。 お悩みはきっと解消することと思います。 申請自体は郵送のほうが簡単(必要事項がほとんど印字されているため)ですので、あわせてご検討ください。 また、現在マイナンバーカード関連の窓口が大変混雑しております。 いまからカードを取得されるよりは、郵送で申請された方がほぼ間違いなくはやく10万円の給付を受けられますので、ご注意ください。 窓口へ行く前には下のサイトより混雑状況を確認できます。 しかし、目黒区でスケジュールが遅っくなってしまっている要因はそれだけではありません。 もう一つ考えられるのは、 「目黒区が個人情報保護にかなり厳格である」ということだと思います。 ただ、このご時世、民間の方も加わる審議会を会議室で開催するわけにもいかず、書面でのやりとりとなっています(実施中)。 (たとえ他区のように予算だけを先に専決処分で確保しても、すぐに申請開始とはいかないのです。 ) 正直逆に、他区も審議会を通す必要があるだろうに、どうしてそんなに素早い対応ができるのかと不思議に思う部分もあるくらいですが、現実に他所では出来ているわけですので、一日も早い給付ができるよう、議会からも声を上げさせていただこうと思います。 【以下、5月7日追記】 議会からの要望 議会からも全議員の総意として、以下の内容を役所へ要望させていただきました。 👉この要望の結果が冒頭の公表になります。 (そもそも申請書類は郵送で送られてくるので、電話で連絡があること自体おかしいんです。 ) 先日、自宅に無言電話があったのも、 高齢者が電話に出たら騙そうと、詐欺犯に狙われていたのかな…? 目黒区のウェブサイトもそうですが、デジタル改革に予算をもっと割り当てるべきかと存じます。 区民が何を求めているのか、判断できるデータは国・区に大量に存在する中で、区民自らホームページや区役所に出向かないと、どのようなサービスがあるかもわからない。 ホームページも古いタイプで、モバイルファーストの時代に、目的に達することも難しく、何年も更新されていないページやデッドリンク(削除されている)ページもあり、区として危機感を持っていただきたい。 区として積極的にデジタルを活用して、新コロナで困っている方々、これから大地震がくるであろうこの時代い、議会からもっと区民に「区の役割」や「サービスの認知・体験・拡大」、マイナンバーカードを活用できるシステム化の促進をしていただきたい。 ・どのようなサービスがあるのか(認知) ・そのサービスに触れてみる(体験) ・広めてもらう(拡大) ・定期的にそのサービスを受ける(リピート) よろしくお願いします。 高橋 様 貴重なご意見を頂き、ありがとうございます。 ご指摘、まさにおっしゃる通りです。 特に、「区民自らホームページや役所に出向かないと、どのようなサービスがあるかもわからない」という点について、今はLINEのようなSNSを使えば、無料で、しかもプッシュ通知の機能もついた発信ができるはずなのに、そうしたツールを全く活かせていない区の姿勢には、隔靴掻痒の思い、そして自らの力不足を感じております。 議会から区民に認知・体験・拡大をおこなうべきとのご指摘については、引き続き私にできる情報発信を行ってまいりたいと思います(私のTwitterアカウントでは、区の最新情報を即時に更新しておりますので、ぜひご参照いただければと思います)し、改めて区役所にもSNS活用・HPの機能強化など、ICTを活用した情報発信の強化を訴えさせていただきたいと思います。

次の

東京都内でも「10万円」申請開始…支給日まちまち、募るいらだち : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

目黒区給付金 10 万円

給付金の支給については申請から支給まで時間がかかっており、ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。 現在、申請順に支給手続きを進めておりますので、給付まで今しばらくお待ちください。 なお、支給状況は以下のとおりとなっております。 申請世帯数 87,304世帯 支給世帯数 73,077世帯(83. 7パーセント)(7月10日時点) 特別定額給付金とは 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)におきまして、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。 医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して、一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない。 」と示されました。 このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うことを目的として「特別定額給付金」事業が実施されることとなりました。 注記:特別定額給付金について、区役所や総務省などをかたった不審な電話等にご注意ください。 給付対象者.

次の

【東京】10万円給付金いつもらえる?申請書いつ届く?オンラインと郵送で支給時期違うのか!

目黒区給付金 10 万円

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた一律10万円の「特別定額給付金」について、政府は27日の時点の住民基本台帳に基づいて、すべての人に現金10万円を一律で給付することにしていて、申請の手続きは市区町村が行います。 これを受け、10万円をいち早く届けようという独自の取り組みが、各地の自治体で相次いでいます。 北海道 東川町 28日から受け付け 早ければ30日にも給付 北海道東川町は、すでに町民の間では、収入の大幅な減少などが起きており、より早い対応が求められるとして緊急に現金を必要とする世帯を対象に、給付金を先払いすることを決めました。 先払いは、地元の金融機関の協力のもと、申請した世帯に対し無利子で1人当たり10万円を融資する形で行われ、返済には、後日、一律給付される「特別定額給付金」が充てられることになります。 申請の受け付けは28日から東川町役場で行われ、早ければ今月30日にも先払いを始めるということです。 東川町企画総務課の窪田昭仁課長は「すでに30件近く問い合わせが来ています。 少しでも早く、給付金を生活費などに役立ててほしいです」と話しています。 北海道 湧別町 申請書発送 早ければ1日から振り込み 北海道湧別町は早速、27日、4101世帯、8547人分の申請用紙の送付を行いました。 申請用紙に必要事項を記入したり、預金通帳の写しを貼り付けたりしたあと町に返送すると、指定した世帯主の口座に世帯の人数分の給付金がまとめて振り込まれます。 湧別町の石田昭廣町長は、「自粛や休業要請による経済的なダメージを肌で感じています。 町民に1日も早く給付金を届けたい」と話していました。 町によりますと、早ければ来月1日から振り込みが始まるということです。 福島 相馬 申請書発送 早ければ7日にも給付 福島県相馬市では、政府の経済対策として給付される現金10万円をいち早く届けようと、市の基金などで立て替える形で給付することを決め、27日開かれた臨時議会で、およそ35億円の費用を盛り込んだ補正予算案が可決されました。 そして住民に配布する給付のための申請書を郵便局に発送しました。 申請書は、今月30日から順次各世帯に到着する予定で10万円の受け取りには、世帯主の名前や住所と、振り込み先の口座番号などを記入したうえで、市に返送する必要があります。 世帯主が、マイナンバーカードを持っている場合は、専用サイトからも申請できるということです。 市は申請書を受け取り次第手続きを進め、早ければ、大型連休明けの来月7日にも給付できるということです。 相馬市の立谷秀清市長は「新型コロナウイルスの影響で困窮している人もいて、なるべく早めに給付を開始してほしいという声があがっている。 今後も知恵を絞りながら、住民のサポートをしていきたい」と話していました。 兵庫 伊丹 1日から受け付け 7日にも給付開始 兵庫県伊丹市では来月1日にオンラインでの申請の受け付けを始め、翌日の2日から申請書類を順次発送し、手続きが整いしだい、連休明けの7日にも給付を始めることにしています。 伊丹市によりますと、今月22日から設けた専用の窓口には「どのように申請したらいいか」とか、「いつ書類が届くのか」といった問い合わせが、相次いで寄せられているということです。 伊丹市の藤原保幸市長は27日の記者会見で「新型コロナウイルスの影響が長期化するなか、早く現金が必要だという市民の切実な声を受け、それを踏まえたスケジュールを設けた。 一刻も早く給付したい」と述べました。 伊丹市の特別定額給付金事業推進班の田中康之副班長は「市内に住民票がない人や、家庭内暴力で別居している人からの相談が寄せられている。 具体的な手続きの手順を案内するので、まずは電話で相談してもらいたい」と話しました。 千葉 市川 受け付け開始 早ければ15日ごろ振り込み 千葉県市川市では、新たに担当部署を作り、27日から市のウェブサイトで申請に必要な書類をダウンロードできるようにしました。 印刷した申請書に世帯主が名前や金融機関の口座番号などを記入し、口座を確認できるキャッシュカードなどのコピーや本人確認できる書類のコピーとともに、市役所に郵送すると確認の作業が行われます。 市川市は少しでも早く市民に給付するため、国からの補助金が入る前に、市の基金で一時的に立て替えて、早ければ来月15日ごろに振り込みを始めたいとしています。 市役所には、早速、手続きのしかたなどについて問い合わせの電話が相次いでいました。 市川市は、ダウンロードができない人や緊急性が高くない人は、6月に郵送で届く申請書を利用してほしいとしています。 市川市特別定額給付金課の中崎士課長は「生活に困っている人にいち早く届ける必要があると考えた。 入力ミスがあると給付が遅れてしまうので、注意してほしい」と話していました。 東京23区では多くの区で未定 NHKが東京23区に取材し、午後5時までの回答をまとめたところ、多くの区が受け付けの開始時期、支給開始の時期とも決まっていないと答えました。 この理由について、新宿区や豊島区、目黒区は「対象者が多く、申請内容の確認などに時間がかかるため、いつから受け付けや支給が始められるかは分からない」としているほか、荒川区は「申請状況などを管理するシステムの準備が進んでおらず見通しは立てられない」などとしています。 その一方で、品川区はマイナンバーによるオンラインでの受け付けが来月1日にも始まることを想定して、準備を進めたいとしているほか、新宿区や江戸川区などでは来月1日から相談窓口を設置したいとしています。 目黒区長期計画コミュニティ課の橋本隆志課長は「目黒区にはおよそ16万世帯があり、対象者へのはがきの発送や内容のチェックなどを考えるといつから開始できると言える状況にはない。 業者への委託や事務作業をどう進めるかも含めて、決まっていないことが多く、手探りでやっていくしかない」と話しています。

次の