いきためきしこ。 生きたメキシコ/検索してはいけない

危険度7

いきためきしこ

41歳のアマンダという名前の女性は昨年に旅行に行ったが、悲惨な姿で母親の元へ戻ってきた。 旅行に行った彼女は目と心臓、脳、その他の臓器が跡形も無く消えた状態だった。 アマンダは旅行に出発後に突然死亡したという知らせが届き、彼女の遺体がに戻ってきた。 アマンダの家族は「彼女はの合併症を患っており、最終的に地元の病院で死亡したと知らされた。 診断を受けてから僅か間後に死んだという事実が信じられない」と語り、地元の病院を疑っているようだ。 の病院と地元警察は彼女の臓器が消えたという事実を全く認めず、大使館も臓器が摘出された痕跡は無かったと主張。 「彼らの主張が事実であれば、だれでも臓器が違法摘出されたということを意味する」とアマンダの家族は主張している。 母親は「娘は軽度のの一種で、病院に通っていたこともあるが、昏睡状態に陥って突然死亡したという事実は信じられない。 誰かが娘の臓器を奪ったに違いない。 これが事実であれば、多くの人々が同じことを経験しているだろう」と。 またアマンダの弟は「私の姉の青い目が消えた。 なぜ彼らは彼女の脳と心臓まで持って行ったのか」と激怒。 この事件はまだ捜査中であり、英国は死亡したアマンダの家族との継続的なやりとりを通じて、死の謎を解明しようとしていると伝えた。 関連ニュース•

次の

エリベルト・ラスカーノ

いきためきしこ

インターネットの普及により、自宅に居ながら多くの情報を、集めることが可能な時代になりました。 興味のある分野や、世界各国の状況も深く知ることができる、便利な時代だと言えます。 自由に多くの情報を集められるようになった現代で、一つだけ気を付けておかなければならないことがあります。 それは、「検索してはいけないワード」を絶対に検索してはいけないということです。 インターネットの中には、絶対に検索してはいけないと言われているいくつかのワードが存在しています。 しかし、「してはいけない」と言われれば言われるほど、気になってしまうのが人間の性質でしょう。 この記事では、検索してはいけないワードとして有名な「生きたメキシコ」というワードについて、ご紹介していきます。 検索してはいけない理由と、その内容について、具体的に解説していきましょう。 記事を読み終えた後、検索するかしないかは、自由です。 「生きたメキシコ」という言葉を検索し、見られる映像たちは、現在進行形で行われている殺人、拷問行為です。 現在の加工技術を駆使したフェイク映像ではなく、実際に生きていた人々の最後の様子が映し出されています。 日本では、喫煙の様子や一部の暴力行為でさえ、心身に悪影響を及ぼすという理由から、映画やドラマ、バラエティーなどでも規制されているのです。 こういった事情を踏まえると、実際の殺人、拷問映像がどれほど心身に悪影響を及ぼすのか理解できるでしょう。 しかし、こういった理由を知ったうえでなお、検索してみたいという好奇心に駆られる人々もいます。 それではここから、実際に「生きたメキシコ」で見ることができる映像の内容について、ご紹介していきましょう。 衝撃的な画像のため、この記事では一切「生きたメキシコ」で表示される画像は使用しません。 使用しない代わりに、具体的な内容を、言葉を使ってご説明していきましょう。 「生きたメキシコ」では、心臓を取り出す映像を見ることができます。 ドラマや映画のワンシーンで、フェイク映像として心臓を取り出す映像を見たことがある人もいるでしょう。 しかし、それらとは比べものにならないほどの映像が、掲載されています。 まず、心臓を取り出される人物は、その時点で生存しているのです。 抵抗する姿も、声も実際のものになります。 心臓を抜き出されるまで生きているのですから、当然取り出された心臓は動いているのです。 また、心臓を取り出された直後、その人物は痙攣し絶命します。

次の

生きたメキシコとは?残虐グロ動画の内容やその背景を解説【閲覧注意】

いきためきしこ

人物 [ ] ()の農村で育ち、17歳で陸軍に入隊した。 その後、に配属され、上官だったデセナとともにアメリカやイスラエルでの訓練やゲリラとの戦闘を経験した経歴を持つ。 自らがセタスのリーダーとなってからはメキシコの軍人や警察、路上の犯罪者だけでなく、グアテマラの残虐さで知られる特殊部隊 出身者を雇って組織を拡大させ 、最大時には10,000人もの勢力を築き上げていた。 競馬と金髪女性を好んでいたとされるが、私生活については謎が多い。 野心的かつ冷酷な性格で、対立相手を捕らえると、生きたまま頭部を切り落とす、食べ物を与えず飢えさせる、野生動物のエサにするなどして楽しんでいたとされる。 一説には少なくとも100人以上の敵対者を殺害したと言われており、メキシコ政府は260万ドル、アメリカ政府は500万ドルの賞金を懸けていた。 死亡 [ ] 2012年10月7日に発生したメキシコ海軍との銃撃戦で死亡した。 この銃撃戦で彼の部下1人も死亡し、また、彼らを狙った海兵隊員1人も手榴弾の爆発で怪我を負った。 メキシコ当局は同年、同氏の遺体が葬儀場に押し入ってきた武装集団によって奪われたことを明らかにした。 脚注 [ ] []• 2012年1月13日. の2012年10月10日時点におけるアーカイブ。 2012年10月10日閲覧。 要購読契約 Casey, Nicholas 2012年10月9日. の2012年10月10日時点におけるアーカイブ。 2012年10月10日閲覧。 AFPBB News(2012年10月9日)2013年7月22日閲覧• 2012年10月9日. の2012年10月9日時点におけるアーカイブ。 2012年10月9日閲覧。 関連 [ ]• リンク [ ]• — この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の