ニコニコ モンズ。 ニコニ・コモンズによくいただく質問と回答(FAQ) お知らせ|ニコニ・コモンズ

ニコニ・コモンズとは (ニコニコモンズとは) [単語記事]

ニコニコ モンズ

どうも、隣町本舗 です。 ニコニ・コモンズは、 動画制作用のBGMや効果音を配信するサービスです。 似たようなサービスに audiostockがあります。 しかし、 大きな違いとしては、 ・ニコニ・コモンズには登録審査がない ・DLや使ってもらうだけではダメ、子作品登録をしてもらう必要がある があります。 特に、「 登録審査がない」という点ではかなり参入ハードルも低く競争相手も多くなっている特徴です。 また素材数の違いは、 ニコニ・コモンズが 150,546点 そのうち音楽は67,631点 audiostockが 116,453点 なので 2019年1月13日現在 、 実は ニコニ・コモンズの方が競争相手が少ないのです。 というか、 audiostockの方がニコニ・コモンズの2倍も音源があるんですね… 僕なりに少し考えてみて、実践したところ 割と成果がではじめたので、僕なりの ニコニ・コモンズ収益増加対策をシェアしてみようと思います。 「収入を増やすには?」 基本的には収入を増やすには ・「バズった動画」に素材が使われる 必要があります。 素材を使っていただいた動画がバズるとこんな感じ ちなみにこれは ほぼたった1つの動画だけがバズっただけです。 ありがたいです… また、バズった動画に使われると、 そのジャンルの動画で作った音楽が使われやすくなります。 また、 効果音やBGMは 同じ人に使われることが多いので、継続して収益を上げることができるように思います。 僕の場合は、 MMDやボーカロイド、Vtuber ニコニコだけど 関係でよく使われます。 「ニコニ・コモンズで需要のある素材とは?」.

次の

ニコニ・コモンズ利用規約

ニコニコ モンズ

ニコニ・コモンズ素材ライブラリーへの作品登録は、ニコニ・コモンズ・サーバに作品をアップロードすることで行います。 作品には個別にIDが付与され、ニコニ・コモンズ・サーバで一元的に管理されます。 ニコニ・コモンズ素材ライブラリーに作品を登録するにあたって、「」に同意していただく必要があります。 「」の内容および本ガイドラインの内容に同意できない場合には、作品の登録を控えてください。 また、ニコニ・コモンズに作品を登録することができるのは、満20歳以上の方です。 ただし、未成年の方でも満14歳以上であり、かつ法定代理人の方の同意がある場合は作品を登録することができます。 その場合は、法定代理人の方に「」および本ガイドライン等の内容を全て読んでいただき、作品の登録について同意を得てから登録を行うようにしてください。 —登録できる作品について 原則として、登録者自身が製作したオリジナル作品を登録することができます。 ただし、利用条件の設定も含めて権利処理が完全に行われたものであれば、他人が権利を保有する作品もしくはそれを一部含んだ作品の登録もできます。 登録できる作品の種類は、動画・画像・音声です。 順次種類を増やしていく予定です。 —ニコニ・コモンズに作品を登録する際の心構え ニコニ・コモンズは、作品の普及や登録作品を利用した新たな派生作品の創作が促進され、創造的な活動が進んでいくことを目的としています。 そのため、ニコニ・コモンズに作品を登録する方に、正しい利用をしていただくことが必要です。 利用の際には、以下の事項に留意してください。 ・公序良俗に反する作品を登録しないでください。 また、他人の作品や他人の権利を侵害する作品は登録しないようにしてください。 ・違法ファイルの交換など、ニコニ・コモンズの趣旨に反する目的での利用はしないでください。 登録者は、あらかじめ用意されている選択肢の中から利 用条件を選択し、その利用条件が作品に設定され、公開されます。 登録者は、作品に設定された利用条件に従って、第三者がその作品を利用することを、承諾す るものとします。 利用者は、利用条件に同意したうえで、その作品を利用することになります。 あらかじめ用意されている選択肢の内容をよく確認し、どのように作品を第三者に利用して欲しいかを検討したうえで、適切な利用条件を選択してください。 また、登録者は利用条件に加えて、その作品の使い方について注記を記載することができます。 どのような作品の使い方をして欲しいか、またはどのような使い方をして欲しくないのかを記載することができます。 利用者は原則としてこれを尊重するものとします。 これに反した利用をされた場合、登録者はその作品の利用者に対して利用の禁止を申立てることができます。 —利用条件の選択 ニコニ・コモンズ素材ライブラリーで選択できる利用条件は以下の通りです。 ・登録作品またはその派生作品を利用することによって、利用者またはその他の第三者が直接的に金銭その他の経済的利益を得る場合(例えば派生作品を有料でダウンロードさせることによって提供する場合など)、または得る可能性のある場合 なお、株式会社ドワンゴが提供するサービスによって利用者が直接的に金銭その他の経済的利益を得る場合については、作品登録者が相当な期間内に異議の申立てを行わない限り、営利目的での利用とはみなさないものとします。 ・特定の商品・サービス・商店・団体の宣伝広告のために、登録作品またはその派生作品を利用する場合 ・専らウェブサイトのアクセス数を増やすことのみの目的や、ウェブサイトのアクセスを増やすことでサイト運営者がアフェリエイト等の収入を得るための目的で、登録作品を集合的に一つのウェブサイトに掲載する行為 ・上記行為に準じる行為 —登録作品を有償で利用させたい場合 登録作品を、営利目的利用希望者に対して有償で利用させることができます。 この場合は、「営利目的で利用する場合には別途許可を取って下さい。 」という利用条件を設定してください。 利用の申込は、利用希望者が直接登録者に行います。 申込があった場合は、当事者間で条件を決定してください。 ニコニ・コモンズ事務局は、作品の登録・利用に関する紛争に関与しません。 紛争が発生した場合は当事者間で解決していただく必要があります。 —利用条件を変更する 作品の登録者は設定した利用条件を後から変更することができます。 ただし、作品を登録してから一週間を経過するまでの期間は利用条件を変更することはできません。 利用条件変更の効果は、原則として変更後の公開に対してのみ及び、変更前の公開に対しては及びません。 ここでいう「公開」とは、利用者が登録作品または派生作品を公表することを指します。 具体的には以下の事項が該当します。 ・登録作品または派生作品をサイトなどで公表、投稿するとき ・既に公表済みの登録作品または派生作品を、別サイトなどに公表、再投稿するとき ・既に公表済みの登録作品または派生作品を、一部修正してサイトなどに公表、投稿するとき 登録者は利用条件を後から変更することができますが、登録者が利用条件を変更することで、利用者の不利益や混乱を招く場合があることを十分考慮したうえで、適切に利用条件の変更を行ってください。 一般的には、後から利用条件をより広い範囲に変更する場合は利用者に不利益を生じさせる可能性が低いと考えられますので、最初は利用条件を限定的に設定することをお勧めします。 —ライセンスの終了について 登録作品が削除された場合、その作品を利用することについてのライセンスが終了したことになります。 終了の効果は、利用条件の変更と同様に、原則として終了後に公開する登録作品または派生作品に対してのみ及び、終了前に既に公開されていた登録作品または派生作品に対しては及びません。 ニコニ・コモンズ事務局は、公序良俗に反する作品を監視し、発見した場合はその作品を削除します。 また、他の利用者からの通報があった場合は、その作品の内容を確認し削除等の対応を行います。 削除された作品の登録者には、その旨の通知を行います。 —個人情報が含まれる作品を登録しないこと ニコニ・コモンズに個人情報が含まれる作品を登録してはいけません。 一旦ニコニ・コモンズ素材ライブラリーに登録された作品は多くの人によって利用され、流通することになります。 住所や電話番号などの個人情報が作品に含まれていると、後から問題が生じても対処することが困難になる場合があります。 他人の個人情報等を含む作品はもちろんですが、登録者自身の個人情報等が含まれている作品についても、不用意に登録しないようにしてください。 —権利侵害作品を登録しないこと ニコニ・コモンズに権利侵害作品を登録してはいけません。 権利侵害作品は、正当な権利者からの申請に基づき削除します。 ニコニ・コモンズ事務局は、権利者からの申請を受付け、侵害を確認した場合は作品を一時的に非公開にしたうえで、作品登録者にその旨の通知を行います。 一定期間内に、登録者から削除申請について有効な異議申し立てがなかった場合、その作品を削除し、申請者および登録者にその旨通知を行います。 有効な異議申し立てがあった場合は、ニコニ・コモンズ事務局はその内容を確認し、最終的な処分を決定したうえで、申請者および登録者にその旨通知を行います。 登録したい作品の中に第三者が権利を有する要素が含まれている場合、登録者は以下の二点に関して、権利者から許諾を取る必要があります。 ・ニコニ・コモンズ・サーバに作品を登録すること ・その作品に利用条件を設定して流通させること 作品に含まれる全ての要素について、許諾をとる必要があります。 例えば、既存の音声・ゲーム画像・動画・アニメーションなどを編集・合成し、再構成した場合には、それらの全ての要素について権利者から許諾を取ってください。 これらの権利処理がされていることを、登録者が明確に証明できない場合、権利侵害をしているものとして作品が削除されることがあります。 これらの権利処理を正しく行っていない場合、登録者がニコニ・コモンズ・サーバに登録した作品について問題が発生することがあります。 また、一旦作品を登録すると、第三者が設定された利用条件に従ってその作品を利用することになり、登録者自身だけではなく、その作品を利用した第三者にも問題が発生することがあります。 その際は、第三者に対しての権利行使、第三者からの権利行使など、第三者との間で発生する全ての紛争処理について、登録者が全て自己の責任と負担によりこれを処理する必要があります。

次の

ニコニ・コモンズとクリエイティブ・コモンズはどう違う?

ニコニコ モンズ

いつもニコニ・コモンズをご利用頂きましてありがとうございます。 コンテンツツリー、並びにクリエイター奨励プログラムの開始後、ユーザーの皆さまから多くのご質問を頂きましたので、FAQとして公開いたします。 なお、ニコニ・コモンズについては、も併せてご覧下さい。 <素材ライブラリーについて> Q1:素材ライブラリーに作品を登録したら、作品はその人のものになるのですか? 素材ライブラリーは、自分の作品をそのまま利用、もしくは二次創作に使ってもらいたいと思っている人が、簡単に作品を公開できるようにしたサービスです。 他人の著作物を勝手に登録することは犯罪です。 ニコニ・コモンズの利用規約においても、こういった行為は禁止しています。 <コンテンツツリーについて> Q2:コンテンツツリーは親作品の作者の許可なく、作って良いものでしょうか? コンテンツツリーは、作品をつくる上で影響を受けるなどした「親作品」のクリエイターに、リスペクトの心を伝えられる機能です。 親作品のクリエイターには、ツリーが作られたという連絡が自動的に行きます。 このため、ツリーを作る許可を事前に取る必要はありません。 Q3:コンテンツツリーを作るメリットは何ですか? まず、親作品のクリエイターに、あなたの作品が子作品として登録されたという連絡が届きます。 これにより、あなたの作品とリスペクトの心が伝わります。 また、あなたの作品を見た人に、その作品が生まれた歴史を伝えることができます。 動画であれば、動画視聴ページの「動画説明」内に親作品が表示されるため、多くの人に親作品を紹介できます。 最後に、クリエイター奨励プログラムを通じて、親作品のクリエイターが奨励金を受け取れるチャンスが生まれます。 クリエイター奨励プログラムは、作品の人気度に応じて奨励金が受け取れる仕組みです。 子作品の人気に応じて、親作品のクリエイターは「子ども手当」が受け取れるため、通常よりも多くの奨励金を受け取れる可能性が出てきます。 <クリエイター奨励プログラムについて> Q4:オリジナル作品でなくても、クリエイター奨励プログラムに登録することはできますか? 以下の条件に当てはまっていれば、クリエイター奨励プログラムに登録できます。 奨励プログラムに登録しようとしている作品が、第三者の権利を侵害していないこと• コンテンツツリーにおいて、元となった親作品を正しく設定していること• ニコニコ動画の利用規約、およびクリエイター奨励プログラムの参加規約を熟読し、内容について同意すること 第三者の権利物を使っている場合でも、権利者が許諾をしていれば、クリエイター奨励プログラムに参加する資格があります。 逆に、他者の権利を侵害している場合は、権利者から掲載の差止めや損害賠償を求められる場合があり、刑事罰が課せられる場合もありますので、ご注意下さい。 なお、クリエイター奨励プログラムに作品を登録できるのは、プレミアム会員のみとなります。 Q5:グループで作った作品をクリエイター奨励プログラムに登録したいのですが、どうしたらよいですか? クリエイター奨励プログラムでは、奨励金(クリエイター奨励スコア)は作品の投稿主に付与されます。 クリエイター奨励スコアをほかのユーザーにあげることはできません。 このため、グループで作った作品については、クリエイター奨励プログラムに登録する前に、クリエイター奨励スコアの使い道を決めておくことをお勧めします。 クリエイター奨励スコアは10,000点以上貯まると、現金に換えることができますので、現金化してみんなで分けたり、共通で使うツール等を購入したりすることができます。 また、10点以上でニコニコポイントに変換できますので、これを使って好きなクリエイターの作品や生放送をニコニ広告で応援したり、みんなで集まってニコニコチャンネルで放映中のアニメや映画を見たりできます。 Q6:どの作品がクリエイター奨励プログラムに登録されているか知りたいです。 ニコニ・コモンズでは、どの作品がクリエイター奨励プログラムに登録されているか、というのを公開しません。 それは、クリエイター奨励プログラムへの登録を邪魔するような不正行為を防ぐためです。 クリエイター奨励プログラムでは、一定の原資額をプログラムに登録している全作品で割って、付与する点数を算出します。 つまり、登録作品が少ないほど、1つの作品に付与される点数は多くなります。 もしどの作品がプログラムに参加しているかが分かってしまうと、参加を辞めさせようとしてその作品を荒らす人が出てくる可能性があります。 他人がプログラムに参加するのを邪魔して、自分の取り分を増やそうとする行為は、許されるものではありません。 また、クリエイター奨励プログラム参加規約でもそういった行為は禁止しています。 ただし、クリエイターが自分の作品について、クリエイター奨励プログラムに登録していることを発言するのは自由です。 このため、クリエイター奨励プログラムのページでは、各作品についてツイートするボタンも設けています。 Q7:権利侵害をしている作品がクリエイター奨励プログラムに登録されたらどうなりますか? 第三者の権利を侵害している作品をクリエイター奨励プログラムに登録することは、参加規約に反しています。 このため、クリエイター奨励スコアは付与されません。 権利侵害が疑われるものについては、運営側でクリエイター奨励スコアの付与を保留します。 その場合は、問題がないと確認できたものにのみ、点数を付与します。 また、権利侵害を含む規約違反については、悪質と判断した場合、法的措置も含めた厳しい対応をいたします。 Q8:自分の著作物を勝手に使った作品がニコニコ動画、ニコニコ静画、ニコニ・コモンズに登録されています。 正当な権利者からの権利侵害の申し立てを受け付けています。 作品が投稿されている各サイトの削除申請窓口から、必要事項を記入のうえ、各作品の削除依頼を行ってください。 権利侵害の削除申立については、権利を侵害されたご本人、または法定代理人からの申立に対して、まず調査を行わせていただきます。 そして、申請者が権利を持っていることを確認した後、必要な対応を速やかに行います。

次の