赤ちゃん 夜泣き なぜ。 赤ちゃんはなぜ夜泣きをするのか? 答えは「睡眠サイクル」にある。

【赤ちゃんの夜泣き】いつから始まる?ママの寝不足いつまで続く?

赤ちゃん 夜泣き なぜ

赤ちゃんの夜泣きは「成長の一過程」 生後6ヶ月〜10ヶ月ごろになると、多くの赤ちゃんは「夜泣き」をするようになります。 大きな声で泣き叫ぶこともあれば、半分寝ているようなか細い声で泣くこともあります。 声の大きさに拘らず、夜間に繰り返し起きることを「夜泣き」と言います。 どちらにせよ、ママは起こされてしまうため、寝不足で大変です。 夜泣きは、生後3〜4ヶ月ごろ「朝までよく眠る赤ちゃん」であっても、起こりえます。 なぜなら、 「夜泣きは成長の一過程」だからです。 赤ちゃんが夜間に泣く理由を理解し正しい対応をすることで、夜泣きをなくすことが可能です。 新生児はなぜ夜泣くのか 実は、生後4ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんと、生後6ヶ月〜1才未満くらいの赤ちゃんとでは、泣く理由が異なります。 このことをきちんと理解すれば、夜泣きをなくすことが可能です。 あなたの赤ちゃんも、朝まで眠るようになるのです。 新生児期〜生後4ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、一度の飲める母乳や粉ミルクの量がまだ多くありません。 そのため、3時間前後でお腹が空いてしまいます。 昼だろうと夜だろうと関係なく、 新生児期ごろはお腹が減ったら泣きます。 粉ミルクは母乳よりも消化に時間がかかるため、腹持ちがいいようです。 粉ミルクを飲むと、新生児期でも5時間くらい寝てくれることが多いのはこのためです(母乳でもこのようにたくさん寝る赤ちゃんもいます)。 あるいは、暑いもしくは寒い、どこか体調が悪い、などその他の身体的理由があるかもしれません。 空腹で泣くことがなくなってきます。 「5ヶ月に入る頃から朝まで寝てくれるようになり、やっと自分も朝まで通して眠れるようになって嬉しい!」とよく耳にします。 その喜びも束の間、7ヶ月前後からは夜泣きが始まることが多いもの。 では、なぜまた夜間に何度も泣くようになるのでしょうか? その答えは、 「睡眠サイクル」にあります。 睡眠のサイクルには、「浅い睡眠」と「深い睡眠」があります。 浅い眠りと不快眠りは交互にやってきます。 大人ではそれぞれのサイクルがおよそ90分交代でやってきます。 浅い眠りのサイクルでは、脳の活動が活発になり夢を見ます。 いつもと違う場所に行ったり、新しい人に会ったり、すごくびっくりする目にあったり、大きな心配事を抱えていると、そのことが夢に出てくることがあります。 「自分の名前や家族の名前がわかる」「やりとりを楽しめる」「簡単な言葉が理解できる」など、ある程度「人」になってきた様子を見れば納得いくでしょう。 また、ちょっとしたことで覚醒しやすい状態です。 「夢を見ていたと思ったらはっと目が覚めた」という体験は誰もが経験あるはずです。 大人であれば、窓の外が暗いのを見て「まだ夜だからまた寝よう」と判断して、再び眠りにつきます。 また、新生児期からの生活リズムにより、夜中に覚醒したときは「おっぱいか哺乳瓶を口にくわえて再び眠りに落ちること」が習慣化しています。 つまり赤ちゃんは「おっぱいか哺乳瓶を口にくわえながら眠る」以外に眠りにつく方法をもっていません。 生後5〜6ヶ月の赤ちゃんは空腹で泣いているのではなく、「眠いのに、眠りにつくことができない」から泣くのです。 通りで、今まで通りおっぱいを口にくわえさせても寝ないはずです。 お腹が空いているわけではないので、ちょっと飲んでは「もういらない!」とまた泣いてしまいます。 「外が暗いときはねんねの時間」だと教える では、どうしたらよいのでしょう? それは、 「おっぱいか哺乳瓶を口にくわえる」以外の眠りにつく方法を身につけさせることです。 体験的に練習することによって身につきます。 反対に、練習させなければ身につきません。 このように夜中に子どもが起きた時におっぱいを与えないで寝かせる対応法を、 夜間断乳と言います。 夜間断乳には、 「入眠儀式を決めて毎晩実行する」「外が暗いときは寝る時間だと教える」「ねんねアイテムをつくる」などが大切です。 赤ちゃんの夜泣きは、ママにとって本当に大変です。 体力的にも、精神的にも切実な問題です。 私自身、二人目が7ヶ月の頃にをしました。 「もう二度とあんな思いは味わいたくない」というくらいつらかったです。 ここで紹介する夜泣き解消法(夜間断乳法)は、その経験を元に生まれました。 ひどい夜泣きが3週間以上続いていた息子は、夜泣き解消法を実践して 3日目から朝まで寝てくれるようになったのです。 まさに奇跡でした。 相談現場でも「夜泣きがひどくて困っている」という相談をよく受けます。 そこでこの方法をお伝えすると、嬉しいことにどのケースでも効果が出ています。 完全に朝まで眠るようになる赤ちゃんが多いですが、一部まだ朝を迎える前に目を覚ます赤ちゃんもいます。 それでも夜中に起きていた回数が4-5回から1回程度に減るので、ママの心身の負担はずっと楽になります。 また、朝方早くに起きてしまう赤ちゃんも、成長に伴い朝まで眠るようになるものです。 私自身がその苦しみを知っているからこそ、少しでも多くのママたちがこの方法を知ってくれたら嬉しいです。

次の

赤ちゃんの夜泣きはなぜ?先輩ママの体験談と対応は?

赤ちゃん 夜泣き なぜ

でも、赤ちゃんは夜泣きするもの。 と諦めてましたが、 実は、 世の中には夜泣きしない赤ちゃんもいるんです! もしかしたら、夜泣きしない赤ちゃんの特徴を知ることで、 夜泣き対策に使える方法があるかも?! そこで今回は 、そもそも、夜泣きとは何か?また、夜泣きをしない赤ちゃんの特徴は? そして、夜泣きとの上手なつきあい方についてご紹介します! 少しでも穏やかな夜を手に入れるために、一緒に見ていきましょう! そもそも夜泣きとは何か? そもそも夜泣きとは、 「生後半年頃~1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる、夜間の理由のわからない泣き」 のことを言います。 この時点で定義されている通り、 赤ちゃんが夜に泣く理由は、 はっきりとは分かっていません! 今のところで一番有力な一説では、赤ちゃんはまだ脳の発達が充分でない為、 大人のようにレム睡眠、ノンレム睡眠の繰り返しがスムーズに行きません。 それが原因で、上手に眠れないストレスから泣くではないか?と言われています。 また、その他にも、赤ちゃんはお腹がすくサイクルが短いから、夜中に空腹で起きてしまう。 とか、 昼と夜の概念がないので、昼と同じようなサイクルで寝たり起きたりしているのに、 夜中はママがすぐにお世話しに来てくれない。 など、いろんな説が考えられてます。 確かに、大人でも、疲れているのになぜか目が冴えてしまって、寝れない…。 そうゆう時って、本当にイライラしますよね。 大人のあなたなら、散歩したり本を読んだりと、 自分で色んな対応が可能です。 しかし、自分では何もできない赤ちゃんが、眠たいのにうまく眠れないと、 ある意味泣くしかないのは、仕方ないのかも知れませんね スポンサーリンク 夜泣きをしない赤ちゃんの特徴とは? ママ友や先輩ママさんと話していると、 「うちの子、夜泣きしなかったよー」 なんて人が時々います。 夜泣きを経験しているあなたからすれば 「えー!嘘でしょ!?」と、本当にそんな子供がいるの? なんて羨ましい気持ちになるんでしょうか。 しかし、実際に、 世の中には夜泣きしない赤ちゃんがいる、 というのは、紛れまない事実! では、次に疑問になるのが、 「どんな子が夜泣きしないの?」「うちの子と何が違うの?」 という事ではないでしょうか。 残念ながら、医学的には見ると、 「こうゆう子は夜泣きしない」などのハッキリした特徴はありません。 ただ、あくまで仮説レベルですが、 次のような特徴があるのではないかと考えられています。 ちなみに、それは寝かしつけ方等の問題ではなく、 その赤ちゃん自身の特性だったり、環境だったりです。 それぞれ見ていきましょう! 男の子 夜泣きしない赤ちゃんは、女の子より男の子の方が多いと言われています。 理由は、女の子の方が脳の発達が早い為、リアルな夢を見ているから!です。 大人でも、リアル過ぎる夢を見て、夜中に目を冷ましてしまうことがありますよね。 女の赤ちゃんもリアルの夢を見て目覚めているのかも、 と思うと、なんだか不思議でカワイイですね。 ベビー布団で寝る赤ちゃん ベビーベッドで寝る赤ちゃんより、 ベビー布団で寝る赤ちゃんの方が夜泣きが少ない!といった説。 ベビーベッドだと、周りが柵に囲まれている為、 赤ちゃんが夜中に不意に起きてしまった時に、 不安や孤独を感じやすいようです。 ミルク育児の赤ちゃん 母乳よりミルクの方が赤ちゃんの腹持ちがいい為、 夜中にお腹が空いて泣くということが少ない、と言われています。 ただ、現在はミルクもかなり母乳に近づいているので、 あまり関係がないとも言われています。 完母にこだわらないのであれば、試してみる価値はあるかも…。 スポンサーリンク 夜泣きとの上手な付き合い方はあるのか? 夜泣きしない赤ちゃんの特徴が分かったところで、 色々と試してみてください! 夜泣きがかなり改善される可能性があります。 ただ、それでも改善されない夜泣きの場合は、 上手に付き合うのもひとつの方法。 ちなみに、人類の長い歴史の中で、先人たちは赤ちゃんの夜泣きの対策として、 様々なことを試してきました。 21世紀になった今でも、その試みは続いています…。 先ほどの夜泣きしない子の特徴も、 実際には、ミルクとベビーベッド以外は試すこともできません。 また、ある夜泣き対策が、ある赤ちゃんには効果があっても、 別の赤ちゃんには効果がない…なんてこともあります。 大切なのは、 100%夜泣きを防げる方法はない。 を認めること。 そして、夜泣きをするのは、あなたの対応が悪いからではない!という事です。 そのことを踏まえたうえで、上手に付き合う方法をご紹介しますね。 抱っこ 夜泣きにかぎらず、赤ちゃんが泣いていれば、 まずは、抱っこをしてあやしてください。 夜泣きの原因が不安や寂しさからならば、 抱っこで泣き止んでくれるケースも多いです。 ずっと抱っこをしてあげたい気持ちはあっても、腕の筋肉も限界が…。 また、昔、テレビ放送が終わった深夜に、ザーという音とともに砂嵐になっていましたが、 あのザーという音を聞けば、赤ちゃんが寝てくれるという体験談も多くあります。 今は深夜になっても砂嵐を見ることができませんが、 インターネット上に動画やサウンドがアップされているので、 「スノーノイズ」「ホワイトノイズ」などで検索してみてください。 思い切って一度起こしてみる 大人の不眠症対策でもとられている方法です。 寝られない時、無理に寝ようとすると、逆に神経が冴えてしまう、といった時の対処方法。 赤ちゃんなのに、夜寝かせないなんて大丈夫なの? と気に病むママもいるかもしれませんが、それで赤ちゃんの成長を阻害したり、 夜更かしのクセがついてしまうようなことはないので、ご安心してください。 灯りをつけ、昼間のように少し遊ばせてあげると、 疲れてぐっすり眠ってくれることがありますよ! まとめ 大人でも、夜が更けて灯りが消えて真っ暗で、周囲が静まり返って、世界に自分1人だけ…。 なんて、なんとなく不安になってしまうことがあります。 大人でもそうなのですから、赤ちゃんは もっと深刻に寂しさを感じているのかも。 赤ちゃんにとって、 パパやママが世界の全てです。 そのあなたが深い眠りに入ってしまう夜間は、 あなたから引き離されるような不安でたまらない気分になって、泣いてしまうのかもしれませんね。 そう考えると「なんで寝ないの」と怒ったりすることも減ります。 確かに、夜泣きは昼間忙しく働いているあなたにとって、とてもつらいこと。 でも、 上手に気分転換や休息をとって、つらい夜泣き期間を乗り越えてくださいね!.

次の

夜泣きしない赤ちゃんの特徴!する子と違うのはここだった!

赤ちゃん 夜泣き なぜ

専門家: 黒田公美(理化学研究所 脳神経科学研究センター/脳科学) 市川香織(東京情報大学 准教授/助産師/母性看護学) 赤ちゃんはどうして夜泣きするの? 8か月のころから息子の夜泣きがはじまり困っています。 以前は多少ぐずる程度で、すぐに寝ていましたが、8か月になるとびっくりするような大きな声で泣くようになりました。 1時間ほどの夜泣きが、ひと晩に1~2回あります。 夜泣きの対策をいろいろと調べて、「おなかいっぱいにさせるとよく眠る」と聞けば、ご飯の量を増やしてみたり、「部屋は涼しいほうがいい」と聞けば、最適な温度を探ってみたり、「できるだけ部屋は暗く」と聞けば、遮光カーテンに変えたり。 それでも、夜泣きはやみません。 夫婦であの手この手を使って、なんとかその場をやり過ごす日々です。 赤ちゃんはどうして夜泣きするのでしょうか? (9か月の男の子をもつママ・パパより) 赤ちゃんが泣くことをネガティブに受け止めないで 回答:黒田公美さん 古今東西、夜泣きは親の悩みの種ですよね。 残念ながら誰にでも効く特効薬のようなものは今もありません。 でも、赤ちゃんが泣くことをネガティブに受け止める必要はありません。 夜泣きする赤ちゃんをみていると、親はどうしても「つらいのかな」「怒っているのかな」「何かが悪かったのかな」と考えてしまいます。 大人が同じように泣いていたら相応の理由があるはずです。 ですが、赤ちゃんの場合はたいしたことがない理由でも激しく泣くことがあります。 泣いている本人が、必ずしもつらいと感じているわけでもありません。 ネガティブに受け止めている部分があれば、その点は安心してください。 夜泣きの原因は睡眠と覚醒の切り替えがうまくできないこと 回答:黒田公美さん 脳波を使って「赤ちゃんの睡眠」を調べた研究があります。 この「乳幼児の睡眠経過図」は、赤ちゃんの睡眠時の脳波を調べたデータです。 線が一番下にある時が、赤ちゃんが目覚めている(覚醒している)時を示します。 一番上のステージはレム睡眠、真ん中付近に深い睡眠の状態(ノンレム睡眠)があります。 出典:Louis, J. , et al. , Sleep. 1997 May;20 5 :323-33. 一般的に夜泣きが多くなる9か月から詳しくみてみましょう。 次の図は「9か月」「1歳半」「2歳」のデータを抜粋して拡大したものです。 それぞれ、目が覚めている時間を色で示しています。 9か月の場合は、夜8時過ぎに寝て朝8時前に起きるまでに、9回起きていることがわかります。 実際に、9回すべてで泣いているわけではありませんが、少なくとも脳波上は頻繁に起きている状態です。 これが1歳半になると4回、2歳になると2回に減っています。 このように、だんだんとまとまって眠るようになっていくわけです。 夜泣きで毎日がつらいときは、どう乗り越えたらいいのでしょうか? 体を休ませる工夫をして、気持ちまで落ち込まないように 回答:市川香織さん 夜泣きで眠れないことはとてもつらいですよね。 赤ちゃんが起きてもすぐに寝てくれれば親も休めますが、夜泣きに対処する間は起きていないといけないので、肉体的にもつらいと思います。 ですので、もし赤ちゃんが昼寝をしているとき、ママが一緒に休めるようなら昼間に睡眠時間を確保するなど、体を休める工夫をしてください。 ご夫婦で対処されているとのことですが、ときにはパパに赤ちゃんをまかせて、ママはしっかり休む、などその他のご家族に協力してもらうことも考えてみてください。 まずは、体を休めて、気持ちまで落ち込むことがないようにすることが大事だと思います。 夜泣きの対応に、やっていいこと悪いことはありますか? 娘が1歳を過ぎても夜泣きが続いていることに悩んでいます。 ママ友には「1歳を過ぎると寝るようになるよ」と言われましたが、娘はひと晩に3回、週の半分は夜泣きがあります。 私自身が、娘に寝る力をつけてあげられていないのではないかと思っています。 そして、夜泣きを落ち着かせるため授乳に頼っていることが、夜泣きが続く原因ではないかと心配しています。 夜泣きの対応はいろいろ試してはいるのですが、結局は授乳しているので、娘も泣けばおっぱいをもらえると思っているのかもしれません。 自分自身も手を抜いているような罪悪感を持ってしまいます。 夜泣きの対応に、やっていいこと悪いことはあるのでしょうか。 (1歳1か月の女の子をもつママより) 親子の数だけ正解がある。 おっぱいでの対応も問題ない 回答:黒田公美さん 赤ちゃんは、自分のそばに誰かがいてくれているか確認するために、夜中に起きることもあります。 そのとき親がいないと、親が戻ってきてくれるのかわからず不安になるのかもしれません。 親としては、赤ちゃんを早く寝かしつけて、その後に家事などいろいろなことをやりたいと考えると思いますが、そうであるなら、いっそ親がやりたいことが終わるまで赤ちゃんには寝るのを待ってもらい、用事が終わったら親子で一緒に寝るという方法もあります。 朝は赤ちゃんより早く起きて、用事をすることもできます。 このように、家事や寝る時間を見直してみてはいかがでしょうか。 家庭の事情で少し夜型になったとしても、親子の生活リズムが安定することが大切だと思います。 家庭に合っていれば、周りと違っても気にしない 回答:黒田公美さん 赤ちゃんは、寝るために自分でいろいろな工夫をしています。 例えば、寝やすい姿勢を探したり、指をしゃぶってみたり、口をパクパクさせたり、場合によっては好きな毛布をだっこしたり。 赤ちゃんも、気持ちよく寝たい、泣きたくない、朝はすっきり起きたいと思っています。 夜泣きをしている時期は、その練習の途中で、いずれ必ずできるようになっていきます。 ですので、親が赤ちゃんに寝る力を身につけさせるというよりも、親は赤ちゃんが自分の力で行っている練習を見守って、練習の妨げになるものがあれば取り除いてあげるというスタンスが基本になるのではないでしょうか。 夜泣きのせいで成長が遅れている? 「寝る子は育つ」と聞きます。 娘は低出生体重児で生まれて、1歳2か月になりますが、まだ身長が平均にとどきません。 夜泣きすることが、成長の遅れに関係しているのではないかと少し悩んでしまいます。 夜泣きと成長には何か関係があるのでしょうか? (1歳2か月の女の子をもつママより) 身長は伸びる可能性が十分ある 回答:黒田公美さん 生涯にわたって睡眠効率を調べた研究によれば、5~10歳ぐらいの間は、ノンレム睡眠(深い眠り)の比率が高く、また途中覚醒が少ない、人生で最高にぐっすり眠れる時期です。 高齢になるにつれ、途中で目覚めやすく、深く眠りにくくなってしまいますが、小さい子どもは目覚ましが鳴っても気づかずに寝ていることがあります。 赤ちゃんはこの5~10歳の時期に向け、深く、気持ちよく眠る力をつけていきます。 夜泣きはいつか終わるとわかっていてもつらいときは? 夜泣きは成長していけば必ずなくなっていく、それを待つほかないと聞きます。 ですが、どうしても、それでも今がつらいと悩んでしまうときは、どうしたらいいのでしょう? 気持ちが落ち込んだら、家族や周りの人と話すこと 回答:市川香織さん 小児科や、全国の市町村にある保健センターで相談してみましょう。 保健センターの保健師に相談したり、センターに行くことが大変であれば電話での相談もあります。 まずは、ひとりで悩まないようにしてください。 すくすくポイント 先輩ママは夜泣きをどう乗り切ったの? 夜通し泣かれて、親もへとへとになる夜泣き。 先輩ママたちは、どうやって夜泣きを乗り切ったのか、2人のママにお話を聞いてみました。 「一度、起こす」方法で乗り切った 息子は10か月のころから夜泣きをはじめました。 以前、寝ているときに窓を開けたら車の音が聞こえて、たまたま車が好きな息子が起きて、その後寝かしつけるとすんなり寝てくれたことがありました。 同じようなことが続いたので、一度起こしてみるといいのかもと思ったんです。 3歳になった今も、たまに夜泣きがあります。 ですが、寝ているときに一度起こして、お茶を飲ませて、絵本を1~2冊読んで、もう一度寝ると朝まで寝てくれます。 対応がわかっているのでイライラも減り、この方法を続けています。 夫婦の「ローテーション」で乗り切った 夜泣きには夫婦2人で対応していて、共倒れしそうになっていました。 子どもはかわいいけど、私は寝ることができずにイライラしてしまって。 そんなとき、パパが「赤ちゃんは苦しめようとしているのではない。 寝たいけど寝られないだけだから」と、子どもが寝ることができるように2人で工夫しようと言ってくれました。 そのとき夫婦で考えたのが、交代で睡眠をとる「睡眠ローテーション」です。 一人が子どもの世話をしている間に、もう一人が寝て体を休ませるわけです。 自分が休むときは「寝ていいんだ」と思うと安心して眠れました。 その後、子どもが2歳半になったとき、夜泣きせずに朝まで寝ることができた日は、感動して泣いてしまいました。 3歳になった今は、朝までぐっすりです。 夜泣きが終わる日はくるんです。

次の