ノベルアップ 貢献ポイント。 ノベルアッププラスで小説を書く方法【ユーザ登録から公開まで】

新規小説投稿WEBサービス『ノベルアップ+』 ついに正式オープン!

ノベルアップ 貢献ポイント

ちなみに、サイトの基調として淡い緑色が使われているので、 目に優しく、安心感を感じさせるデザインになっていることも魅力ですよ。 魅力1:小説作品の管理・編集ページが使いやすい 小説投稿サイトなわけですから、 小説作品の管理・編集のしやすさは、とても重要です。 実際に小説作品の管理・編集ページを操作してみましたが、どこを操作すればどんなことが出来るのか、とても分かりやすかったです。 直感的に操作できます。 こちらは、ノベルアッププラスの小説作品の管理ページです。 どのページも基本的に1カラム式(サイドバーが無い)ので、余計な情報が目に入ってきません。 目移りしないので、どこを見ればいいのか、直感で分かります。 こちらは、エピソード(話)の作成・編集ページです。 上から下に向かってエピソード内容を記入していける構造になっているので、とても分かりやすいページ設計になっています。 あなたが操作に迷うことは、無いでしょう。 小説のエピソード本文を入力する欄にしても、投稿者が使いやすいように設計されています。 操作アイコンに『何が起きるのか』の状態も表示されているので、操作した後の表示がどうなるのか、すぐに想像できます。 字下げについては、ボタンをクリックするだけで、カギ括弧「」や丸括弧()を除いた全文が字下げされます。 つまり、「会話文」や(心の声)は、字下げされません。 地の文のみが字下げされます。 魅力2:作者・作品を応援する仕組み ノベルアッププラスには、 応援ポイントという仕組みが導入されています。 この応援ポイントは、ノベルアッププラスにログインするたびに、デイリーボーナスとして贈呈されます。 スマホゲームでいうところ スタミナみたいなものですね。 応援ポイントは、作者の小説作品に感想コメントや感想スタンプをつける時に、任意の数値を割り振れます。 つまり、 作者と作品に対する応援の気持ちを目に見えた数値で表現できるわけです。 待て 魅力4:投げ銭の制度が導入されている ノベルアッププラスには、 ノベラポイントという概念が導入されています。 ノベラポイントは、ノベルアッププラスを使っているだけでは、入手できません。 ノベラポイントは、1ポイント1円の換算で、専用のストアページで購入できます。 ノベラポイントを使うことで、有料限定のアバターやスタンプを購入できます。 ノベラポイントは、小説作品に感想をつける時に、感想コメントあるいは感想スタンプに割り振れるようになっています。 読者から贈られたノベラポイントは、 貢献ポイントとして、ノベルアップ運営から作者に付与されます。 作者が得た貢献ポイントは、有料アイテムの購入に使える他、 貢献ポイントを現金に交換して、指定の銀行口座に振り込んでもらうことも可能です。 競合作品が多くなりすぎると、 作品埋もれが起こりますからね……。 小説家になろうの異世界転生・召喚ジャンルなんて、なんかもう、訳が分からないくらいです。 ノベルアッププラスに会員登録する方法 はじめに、ノベルアッププラスで会員登録を済ませましょう。 ノベルアッププラスのトップページ右上にある【新規登録】をクリックして、 を開きます。 ノベルアッププラスの会員登録は、メールアドレスを登録する方式か、あるいは手持ちのSNSアカウントでログインする方式のどちらかを選べます。 今回の記事では、メールアドレスを登録する方式で、会員登録の手順を説明します。 メールアドレス登録方式の場合は、下記の会員情報を入力していきます。 ひと通りの会員情報を入力したら、 と を読み、最後に【登録する】をクリックしましょう。 ノベルアッププラスの会員情報• メールアドレス (必須)• パスワード (必須)• ユーザー名 (必須)• 公開プロフィール(任意)• 生年月日 (必須)• 性別 (必須)• 職業(任意) ノベルアッププラスの会員登録が完了すると、先ほど入力したメールアドレスに、ノベルアップ運営からメールが届いています。 メール内にあるURLをクリックして、メールアドレスの認証をおこないましょう。 ノベルアッププラスに小説作品を登録しよう ノベルアッププラスに小説を投稿するためには、マイページより、【作品】をクリックします。 が開きます。 まだノベルアッププラスの報酬支払いプログラムに応募していない場合は、下の画像のように、案内書きが表示されます。 を読んだ後に、【利用規約を確認】にチェックをつけて、【同意する】をクリックしましょう。 すると、報酬支払いプログラムの案内書きが消えます。 【新しい作品を作成】をクリックしましょう。 が開きます。 あなたが書いていく小説作品についての情報を設定してください。 が表示されて、先ほど登録した小説作品の情報が反映されていれば、登録完了です。 次に、登録した作品タイトルをクリックしましょう。 ページ下から作品に対する操作画面がせり上がってくるので、【最初のエピソードを執筆】をクリックします。 新規エピソードの作成・編集ページが開くので、章タイトル・エピソードタイトル・エピソード本文などを書いてください。 エピソード内容がどのように表示されるのか確認したい場合は、ページ右上にある【プレビュー】をクリックしてください。 また、エピソード内容を途中で保存したい場合には、【保存】をクリックしましょう。 ひと通りのエピソード内容を書き終えたら、公開設定に移りましょう。 【公開日時設定】が未設定の場合には、即時に公開されます。 【公開日時設定】については、年月日のみならず、時間と分まで指定できます。 最後に、【入力内容を保存】をクリックしましょう。 に戻り、今度は【章・エピソード管理】をクリックしてみましょう。 すると、小説作品の章・エピソード管理ページが開きます。 先ほど登録したエピソード内容が追加されていますね。 ノベルアッププラスに小説作品に新エピソードを追加しよう ノベルアッププラスの小説作品に新エピソードを追加したい場合は、 より、対象の小説作品をクリックします。 その後、【次のエピソードを執筆】をクリックしてください。 最初のエピソードを追加した時のように、追加エピソード用の作成・編集ページが開かれます。 前回と同じように、エピソードタイトルとエピソード本文などを書いていきましょう。 なお、章タイトルを改める必要がない場合は、章タイトルを未記入にしておきましょう。 ひと通りのエピソード内容を記入したら、【入力内容を保存】をクリックしましょう。 小説作品の章・エピソード管理ページを開けば、新しく追加したエピソードが登録されていることでしょう。

次の

読んで、応援して、みんなで作品を育てる小説投稿サービス『ノベルアップ+』 事前登録サイト公開開始!

ノベルアップ 貢献ポイント

これからノベルアッププラスで小説を書いてみたい!という方向け。 Web小説投稿サイトといえば、『小説家になろう』『カクヨム』が圧倒的な人気を誇っていますが、比較的最近始まったサービスで、『ノベルアップ+』というサイトがあります。 実際に小説を投稿するまで使ってみたのですが、わりと操作性も良く使いやすく、初心者の方におすすめだと感じました。 ものすごく良いのが、 唯一登録したアカウントに直接画像をアップロードして挿絵として利用できる投稿サイトという点です。 上記2つの投稿サイトではこれが無いため、もうこれが欲しくて欲しくて。 一応、『小説家になろう』の方ではみてみん経由で画像の投稿ができますが、ちょっとこれが面倒くさいのです。 うまく広まれば、これから人気が出るWeb小説投稿サイトになる可能性が大いにあると思います。 この記事では、ノベルアップ+で小説を投稿する方法について説明していきます。 スポンサーリンク ノベルアッププラスって? 株式会社ホビージャパンが運営するWeb小説投稿サイトです。 ホビージャパンといえば、あの『HJ文庫』の会社さんで、ノベルアッププラス内でもアカウントさえ作っておけば、HJ文庫の出す小説を先読みできるという機能があります。 小説投稿サイトとしては、珍しく 投げ銭制度を採用している(ノベラポイント)サイトさんで、全体的に見て、 読者が作者を応援する機能がふんだんに盛り込まれているという所がポイントかと思います。 アカウント登録をすると、応援ポイントというものが毎日貰えるようになっており、これを使って作品を応援するというわけです。 その仕組み上、他の評価制度と違ってファンが毎日応援できるので、作者のやる気に繋がりやすいというメリットがありますね。 ノベルアッププラスのアカウント登録方法 何はともあれ、サイトに移動してみましょう。 上記サイトに移動すると、こんな画面が表示されます。 新規登録を行う場合は、画面右上の方に『かんたん登録』という項目がありますので、そちらを使います。 すると、以下のような画面になります。 同じく、『新規会員登録』ボタンが上下にありますので、こちらをクリック。 すると、会員情報を登録する画面に移動します。 以下の情報を入力し、『登録する』ボタンを押します。 メールアドレス• パスワード• ユーザー名• 公開プロフィール(任意)• 生年月日(任意)• 性別(任意)• 職業(任意) 最近よくあるロボット回避対策のチェック入力欄がありますので、忘れずにチェックを入れましょう。 メールアドレス・パスワード・ユーザ名を除いては、すべて任意での登録となっています。 個人情報を登録したくないユーザに親切ですね。 これで登録は完了! ……と言いたい所なのですが、登録するとノベルアップ+からメールが届きます。 メールアドレスの認証をしなければ小説は投稿できませんので、忘れずに認証しましょう。 届いたメールのURLをクリックするだけで、認証は完了です。 これで登録はOKです。 続いて、小説の投稿方法をチェックしていきましょう。 ノベルアッププラスの小説投稿方法 アカウント登録を行いログインすると、『かんたん登録』となっていた画面右上の部分が以下のように変化しています。 それにしてもコミカルなサイトですね。 なろうやカクヨムとは全然違います。 『応援ポイント』『ノベラポイント』とありますが、これは自分自身から相手に献上するためのポイントで、投稿した小説には別にポイントが付きます。 何はともあれ、右上にメニューらしきボタンがあります。 ここを押してみましょう。 ひょいっとな。 こんな感じで、自分用のメニューなるものが表示されます。 なんかハイテクでかっこいいです。 自分の作品を投稿するためには、『作品執筆・管理』というボタンをクリックします。 まだ何も投稿していないので、ちょっと見づらい感じになっています。 画面上部がタブで、下が表示欄です。 『プロフィール』『作品』……と続いている場所は、『作品』を選択しましょう。 すると、上記のように『新しい作品を作成』ボタンが表示されます。 ここで挿絵の登録なんかも行えます。 非常に便利。 自分自身の思い描く通りの作品登録を行いましょう。 タグの設定が非常に秀逸で、なんか適当に公式タグを選択していくと、それっぽい感じになります。 今度は画像のように、ちゃんと『(前略)あまりもの冒険譚!』の項目が表示されています。 作品を作成するのと小説の執筆は別メニューのようで、今度はできあがった作品名の部分をクリックすると、以下のようにメニューが表示されます。 なんか下からメニューが上がってくる。 ここでは、執筆に必要な項目だけ説明してまいります。 作品設定……先程作成した小説情報の編集を行うことができます。 章・エピソード管理……一度投稿した話の編集を行うことができます。 エピソード執筆……話を投稿できます。 作品を読む……投稿した小説が確認できます。 ここではエピソードを執筆していきたいので、『最初のエピソードを執筆』を選択しましょう。 小説の執筆画面はこんな感じです。 小説投稿枠の上部にボタンがあり、ここでルビをふることができたり、挿絵の挿入ができたりと、至れり尽くせりな内容になっています。 個人的には、字下げができるってすごいですよね。 あんまり見たこと無い気がします。 ……使っていないだけかな? 投稿機能は非常に便利で高機能で、PVさえ集まるならここをメインにするんだけどな……という感じでした。 完成した小説ページなんですが、以下のリンクで確認することができます。 ちゃんと、表紙に画像を指定することができるのも良いですね。 Web小説で表紙が設定できるサイトって今まであまり無かったもので、残念ながら手持ちの画像がなく……ここでは、ロゴのみの表示となってしまいました。 小説ページも見やすくて良いですよね。 すっかり惚れてしまいました。 次回からは、こっちでも公開していこうと思います。 ……ただ、惜しむらくは他と比べてまだ知名度が少ないからか、PVが集まりにくい所でしょうか。 トップページに表示される人気作品などはある程度集まるのでしょうが、それでも大御所と比べると、明らかに集まりにくいです。 そこは、これから盛り上がっていくと良いですよね。 まとめ:Web小説投稿サイトとしての機能はトップレベル 明らかに小説も見やすく投稿も使いやすく、Web小説投稿サイトの機能としては最も優秀なのでは、と思わせるほどでした。 Web小説投稿サイトとしては後発組ですから、これからの発展に期待したい所だと思います。 小説大賞などもやっており、人気が爆発的に伸びれば競合はこれからどんどん増えていくでしょうから、どちらかと言えば今はチャンスなのかもしれませんね。 以上、アカウント登録から公開までを説明していきました。 皆様のWeb小説ライフに貢献できていることを願って。

次の

ノベルアップ+

ノベルアップ 貢献ポイント

「ユーザーみんなで作品を応援して育てていけるサービス」がコンセプト。 プレオープン期間中は会員登録や作品投稿など一部機能が使用可能。 ) 2019年夏予定の正式オープンに先駆け、5月29日(水)にプレオープンサイトを公開。 プレオープン期間中は、無料の会員登録機能や作品の投稿、閲覧機能に加え、本サービスの特徴である「応援」機能など、一部が利用可能になっている。 投稿作品に対してコメントやスタンプを送れるほか、毎日無料で得られる応援ポイントを投稿作品に贈ることで、作品のランキング上昇に貢献できるようになっている。 正式オープン時には、購入した応援ポイントをプレオープン時と同様、スタンプやコメントとともに作品へ贈ることができ、作家は貢献ポイントを獲得できる。 獲得した貢献ポイントは、作品のランキングに影響する以外にも、現金などに交換ができるそうだ。 また、正式オープン時には、書籍化確約となる小説コンテストの開催も決定している。 小説投稿サイト・ノベルアップ+運営です! プレオープンサイトを公開しました!! 29日は初日につきランキングや注目作品がない状態ですが、30日以降は毎日ここが変わっていきますので要チェックです!

次の