楽天モバイル 屋内 つながらない。 楽天モバイルのエリアでも繋がらない?イライラMAXでわかった楽天モバイルの現状!|MNPのコンシェルジュ

楽天モバイルのエリアでも繋がらない?イライラMAXでわかった楽天モバイルの現状!|MNPのコンシェルジュ

楽天モバイル 屋内 つながらない

こんにちは!イエローハットです。 今日はコロナ対策での外出自粛によりリモートワークをされている人に是非おすすめしたいものがあって記事を書いています。 タイトルのとおりコレです。 ジャン! そう、楽天モバイルの 楽天アンリミット(UN-LIMIT)というプランです。 ・データ通信が無制限 ・国内通話が無料 ・1年間プラン料金が無料 という 「マジで!嘘だろ?大丈夫か…」というのもありましたが、なんせ無料なので「まぁいいかw」と早速申し込んでみました! ネットで申し込んで2日後に届きました。 僕が使ってみた結論は、 「これが無料なのに使わないのは馬鹿。 」 楽天回線やパートナー回線のエリアの人は絶対使うべきサービスですね。 \激安端末を公式サイトで詳しく見る/ 楽天アンリミット(UN-LIMIT)とは? 楽天モバイルが格安SIMではなく、docomoやau、ソフトバンクなどと同じキャリア携帯(MNO)サービスを2020年4月にスタート。 今までのように他社から借りた回線ではない独自のキャリア回線なのでスピードがさらに高速に。 その楽天モバイルがキャリア携帯で提供する「データ通信量(ギガ)使い放題+国内通話かけ放題」のプランのことを楽天アンリミット(UN-LMIT)と言います。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)のキャンペーン 楽天アンリミット(UN-LIMIT)のキャンペーン オンライン(ネット)での契約で 3,000楽天ポイント貰える 申し込み時の事務手数料 3,300楽天ポイントが回線開通後に還元 端末同時購入の場合 5,000~14,500ポイントの(割引)楽天ポイント還元 友達からの紹介コードを使う 2,000楽天ポイント貰える ネット(オンライン)から開通の申し込みをすると、楽天ポイントを3000ポイント貰えます。 契約時の事務手数料は3,300円かかりますが、こちらもあとで3300円分の楽天ポイントが開通後に還元。 同時にスマホ(端末)を購入する人には、対応機種に応じて5,000~14,500ポイントが割引還元される仕組み。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)で使える端末や対応機種は? 楽天アンリミットの対応機種(使える端末)は以下のとおり。 しかし、以下のiPhoneは動作保証の対象外ではありますがYouTubeなどのユーザーの検証動画でもあるように、以下の機種では自己責任では普通に使えているようです。 追記:新しいiPhone SEでは楽天アンリミットが使えると報告がありました! iPhone SE 第2世代で楽天MNO(eSIM)と楽天MVNO(物理SIM)の併用利用が可能であることを確認しました。 iPhoneで楽天アンリミットを使いたい人には下記でくわしく説明しているので是非読んでみてください。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)に対応した機種や端末を持っていない場合 楽天UN-LIMITはお得で良いのはわかったけど…手持ちのiPhoneやアンドロイド端末が使えない… もう1台新しくスマホを買うのは嫌だなぁ… その気持ちわかります。。 「せっかくスマホ代が安くなる!」 と思ったのに、 「また端末を買わないといけないなんて…あー残念。。 」 でもですよ、ちょっと考えてみてください。 ドコモなどの3大キャリアのデータ通信がほぼ無制限のプランは上記の表のとおり、毎月6,500円~6,980円です。 そうです! 1年間で78,000円のお金が浮く計算になりますよね。 これって楽天アンリミット(UN-LIMIT)に対応したiPhoneのXRやSEが買えちゃう値段です。 新しい端末を買っても、まだお釣りが出ちゃう計算になります。 (しかもこの計算、電話料金を加えていないので国内通話が無料の楽天アンリミット(UN-LIMIT)はさらに月1,500円、年間18,000円程度さらにお得だと言えます。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)対応端末を購入するならOPPO A5 2020がおすすめ このOPPO A5 2020は楽天アンリミット(UN-LIMIT)のSIMと同時に購入できる端末のひとつ。 最も良い点はバッテリーが大容量の5,000mAhということ。 最新のiPhone11proでも3000mAhですし、Wi-FiルーターのどんなときもWi-Fiの端末でも3,800mAhです。 そう、最強に長持ちするスマホ端末なので、Wi-Fiルーター代わりとしても最適。 実は僕はこのOPPOシリーズの楽天アンリミットに対応しているOPPO AX7という端末を持っています。 OPPOは(iPhoneよりも)カメラがとても綺麗に写るのも特徴ですが、もう1つ良いのはこのトリプルスロット。 このトリプルスロットはSIMカードが2枚入るので、1枚は楽天アンリミット、もう1枚を今使っていて慣れているSIMを入れて使うことが出来ます。 ふだんはいつものSIMを使い、楽天回線エリアなら動画を見たりアプリを使ったりする時にデータ無制限で使える楽天に切り替えるってことも簡単にできます。 支払い額は26,182円となっていますが、楽天ポイントが9500ポイント貰えるので実質17,000円。 上記でも説明したようにドコモやauでデータ無制限を使うと年間で約8万円。 このOPPOを購入して楽天アンリミットにしても6万円はお得な計算になります。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)は繋がらない?回線エリアと自分の家やオフィスが繋がるか確認するカンタンな方法 新しいドコモやau、ソフトバンクと同等(MNO)になった楽天回線。 ただし、楽天自身の回線網はまだ全国全域に開通していません。 上の日本全国地図上の濃いピンクと薄いピンクのエリアで通信が可能。 また後程、カンタンに自分のいる場所(自宅やオフィスなど)が楽天回線エリアか調べる方法をご紹介します。 関東エリアの楽天アンリミット(UN-LIMIT)データ無制限エリア 関東圏では、東京都心や横浜やさいたま、千葉の主要部が楽天回線(=高速データ無制限利用可能)となっています。 中部エリアの楽天アンリミット(UN-LIMIT)データ無制限エリア 中部・東海圏では、名古屋市とその周辺の一部が楽天回線(=高速データ無制限利用可能)となっています。 関西エリアの楽天アンリミット(UN-LIMIT)データ無制限エリア 関西・近畿圏では、大阪市と八尾、東大阪、堺市かなり広めに、神戸市は海沿いの主要部、京都市内とその周辺の一部が楽天回線(=高速データ無制限利用可能)。 関西はかなり早い段階から楽天自身の回線が充実しているイメージが持てます。 楽天会長の三木谷氏が神戸出身だからでしょうか(笑) 楽天UN-LIMIT回線が繋がるエリアでは快適に高速通信が出来ている模様 楽天アンリミット、マジで快適。 WiMAXの5倍の速度が出てるから、本当モバイルルーター持つ意味なくなってきた。 テレビでYouTube見たいという家族の希望でしばらくはWiMAXも契約継続、、、。 — Shun 楽天ROOM yodshroom 高速モードはこんな感じ。 メイン回線のdocomoより早いやんけ… — spikewelder spikewelder 繋がる?繋がらない?自分のいる場所が楽天UN-LIMIT回線のエリアか?確認する方法 楽天アンリミットの最大の懸念材料は「新しい会社なので繋がらないんじゃ?」というところ。 そこで、自宅やオフィスなどメインでスマホをよく使う場所でちゃんと楽天回線が繋がるか?カンタンに確認する方法があります。 docomo. softbankなど)出てきます。 docomo. softbankなど)出てきます。 同じように、北海道・東北地方でも2020年4月の時点ではデータ無制限の楽天回線ではなく、パートナー回線(うすいピンク)のエリアとなっています。 楽天としては楽天独自回線を札幌・仙台・福岡・熊本と人口の多い都市の順番に開通を目指しているようです。 では、『データ無制限の楽天回線が開通するまでパートナー回線のエリアの人は楽天アンリミットに申し込みするべきではないのか?』と言うと答えはNOです。 格安SIMと違いそのままau回線が使えるので混み合ってデータ通信のスピードが遅くなったりすることも少ないでしょう。 また、データ通信は5GBまで使えます。 そして、それが1年間は完全に無料。 しかも、好きな時に解約ができます。 デメリットはあるでしょうか?全くないですね(笑) この楽天アンリミットの300万回線まで無料キャンペーンはとんでもない前代未聞のキャンペーンと言えます。 まるまる得になります。 (Rakuten Linkアプリを使って電話番号にかけるだけで普通の電話として利用が十分可能です) 大体、格安SIMやドコモなどで電話かけ放題を選ぶと+1500円程度はかかります。 そう考えると、1年間で18,000円分さらにお得。 合計で25,200円+18,000円=43,200円 4万3200円の内容が1年間タダ使える異常とも言えるチャンス! スマホを1台持っていてもサブ機として持っても無料ですから全く損はないですし。 (解約はいつでもOK) 楽天アンリミット(UN-LIMIT)は通信制限がかかるのか? 引用元: 結論から書くと、かかります! インターネット共有、いわゆるテザリングをしてPCで動画をダウンロードしまくったところ、データ通信量が10GBのところで通信制限がかかりました。 しかし! 格安SIM時代の楽天モバイルの長所と同様に、通信制限がかかり速度が落ちても、スピードは1Mbps。 動画がサクサク見れるレベルではないですが、ヤフーやメルカリなどのアプリは画像表示が少し遅いくらいで普通に使えるレベル。 ということで、データ通信無制限を掲げる楽天アンリミット(UN-LIMIT)ですが、実際には楽天回線に繋がっていても高速で使えるの1日に10GBまで、一ヶ月で言えば300GBまでということでしょう。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)の速度 楽天アンリミットの回線に繋げた状態で速度計測をしてみましょう。 上の画像のようにアプリなどが無くても、Googleの検索で「インターネット 速度」や「ネット スピード」なんかで検索すれば、速度テストが実行できます。 このように速度テストを実行すると… こういう結果が出ました。 この27. 1Mbpsですが、楽天回線からテザリングしたパソコンで計測してみたので、十分ではないでしょうか? 実際にYouTubeやAmazonprimeを快適に見れています。 電波の調子?や場所が良い時は70Mbpsくらい速度が出ているとの報告もあります。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)はテザリングできる 楽天アンリミット(UN-LIMIT)ではテザリングが可能。 テザリングに料金もかかりません。 普通にパソコンや自宅のTV、AmazonFire TV StickやChromeCast、appleTVと繋げることが可能です。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)は楽天回線が使えるエリアで使うならモバイルWi-Fiルーターとしても優秀 楽天回線が繋がるエリアなら高速データ通信が無制限。 なので、動画を見たりパソコンをよく使ったりする場所(=自宅やオフィス)で楽天回線が繋がるなら、モバイルWi-Fiルーター代わりに使うことができます。 「ちゃんと使えるか?心配…」という人は手持ちのポケットWi-Fiとかを解約せずに、一度楽天アンリミットがWi-Fiルーターとして使用可能かチェックするのがおすすめです。 1年間無料ですし、たった1日でも一か月後でもいつでも解約が可能なんですから。 Wi-Fiルーター&モバイルバッテリーの代わりにもなるスマートフォン(大容量バッテリー5000mAh)もで紹介しています。 追記:6月7日 既存Wi-Fiルーター(僕の場合はMR04LN)やRakutenMiniを利用してテザリングが可能 うちの妻は、iPhone7を利用しているので、楽天アンリミットの物理SIMもeSIMも使えません。 1年無料で毎月100GBも使えるのにもったいなーと思っていたところ、随分前に買った NECのWi-FiルーターAterm MR04LNを持っていることを思い出しました。 そこで妻の名義で楽天UN-LIMITの申し込みをして(2日で届きました!)、下のようにSIMカードにサイズを変更できるコンバーターが付いてるので、そこにnanoSIMをMR04LNのスロットのサイズ=microSIMに合わせて、楽天SIMをブッ刺すと普通に使えました(笑) 外出する際にはWi-Fiルーターとしてテザリングで比較的古いアイフォンにテザリングして、楽天回線で移動時間などでガンガンに動画視聴出来ているそうです。 下記のWi-Fiルーターは楽天アンリミットでテザリング可能なようです。 楽天モバイルの公式サイトの検索窓でWi-Fiルーターの名前で検索するとセッティングのやり方が出て来るので、そのルーターなら楽天アンリミットでも使えると思うので、手持ちのWi-Fiルーターを使ってテザリングで利用したい人は一度調べてみると良いと思います。 RakutenMiniが1円ならWi-Fiルーターとして楽天アンリミットに加入する際に購入するのは絶対に得。 一括1円なので、いつ解約しても残債もないです。 また、最近サムスンのGalaxyA7という2019年10月発売の比較的新しい端末も1万7千円に値下がりし、15,000楽天ポイントが還元されるので実質2,000円。 サブ機+Wi-Fiルーターとして使うのにもぴったりです。 昔から陸の孤島と言われたところやけども、曲がりなりにも大阪市内っていうのに、まさか自宅がパートナー回線エリアとは… データメインで考えてたのに2980円払って5GBとは使えねー — redshoulder redshoulder1717 ・良い口コミやメリット 楽天アンリミット人柱報告。 立川でパートナー回線で速度規制あり設定でもYouTube視聴は、ほぼくるくる無しで視聴可能。 ここはとても優秀。 — 新多摩 nytama0522 楽天アンリミットの都内地下鉄で計測。 パートナーエリアだろうけど、ここまで出れば十分だなー。 ひととおり理解できたら最後に楽天アンリミット(UN-LIMIT)の公式サイトの申し込みページへのURLを貼っておきますので、そこから契約をしてください。 楽天アンリミットはMNP(電話番号そのままの乗り換え)や格安SIMの楽天モバイルからの移行に対応しています。 申し込みや契約には本人確認書類などの準備が必要 楽天アンリミットに申し込みするには、 運転免許・健康保険証・パスポート・マイナンバーカードなどの本人確認書類と、 ・楽天会員ユーザーIDとパスワード ・クレジットカードか銀行口座 の準備が必要です。 番号がない人は予約番号貰い(携帯会社にネットか電話で申し込み)ましょう。 楽天アンリミット(UN-LIMIT)で使える対応機種を持っているならSIMカードのみでOK 楽天アンリミットの対応機種を持っているならSIMカードのみの申し込みを選びましょう。 対応機種がない場合は、どのアンドロイド端末を同時に購入するか選択する方に申し込みをします。 もう1度楽天アンリミットの回線に対応する機種を持っているか?確認がありますので、そのままスクロールして申し込みボタンをクリック。 楽天UN-LIMIT(アンリミット)の購入画面に進み、最終確認をしたら購入手続きへ 価格が3,300円と書かれていますが、これは契約事務手数料で必ずかかるものです。 ただし、申し込み・契約が終了してSIMが届き電話が開通すれば、楽天ポイントで3,300pt還元されますので実質は無料です。 購入手続きのボタンを押す前に、 ・新規電話番号 か MNP(乗り換え) ・楽天アンリミット対応端末があることに了承 をチェックしてください。 これらが確認できたら「購入手続きへ」をクリックします。 購入手続きへを押すと、再び購入内容の確認があるので間違いないかを見て、もう1度購入手続きへ。 あともう少しで完了です 笑 お届け先の住所などの情報やポイントの支払いなどを確認する SIMカードや購入した端末が送られて来る住所などを最後に確認して、注文の確定をします。 お買い上げありがとうございます! と出ているのに、まだ終わりません 笑 そのまま「手続き完了に進む」へ。 こちらもザザッと金額を確認して SIMカードのみの人は事務手数料のみのハズです 、次へ進みます。 用意した本人確認書類を写真に撮ってファイルをアップロードします。 運転免許・健康保険証・パスポート・マイナンバーカードなどの本人確認書類を指定のように 表・裏など の写真を撮り、そのファイルをアップロード。 MNP 乗り換え の人は電話番号や予約番号を、新規は電話番号を選ぶ MNP 電話番号そのままで乗り換え の人は自分の番号と、元の携帯会社から貰った予約番号を入力。 新規電話番号で申し込みの人は、電話番号を選びましょう。 新規電話番号を希望する場合は3つの中から選べるので好きな番号を選んでください。 お届け先といまの自分の番号を確認したら次に進む。 楽天アンリミットは紹介コードを入れると楽天ポイントが2000ポイント貰える 先に楽天UN-LIMIT(アンリミット を利用の人は紹介コードを持っている場合があるので、それを入力すると、別途楽天ポイントが2000ポイント貰えます。 私の場合はクレカを選択しました。 重要事項説明や利用規約に同意する 重要事項説明 一応ざっと読みましょうね や利用規約に同意するにチェックを入れて進む。 やりました! これで申し込みが完了です。 お疲れさまでした! 申し込み後に登録したメールアドレスに確認のメールが来ているか、一応見ておきましょう。 届いていましたので、これでOKです。 こちらを読んでいただき、申し込み前に ・楽天アンリミットに対応する端末の有無を確認 ・MNP 乗り換え なら予約番号をゲット ・本人確認書類とその写真や画像を撮る ・クレジットカードと銀行口座の準備 してもらっていれば、10分もかからず申し込みは完了します。

次の

【検証】楽天モバイル自社回線。都内は薄く広く繋がり、短期の割に頑張った感(石野純也)

楽天モバイル 屋内 つながらない

データ量 5• 速度・つながりやすさ 4• 手続き・設定の簡単さ 2• 既にもっていた端末を利用• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• データ容量もさることながら無制限で1Mbpsというのはありがたいです。 これが現状タダな訳ですから、文句のつけようがありません。 ただ、1年後に3000円払うかと言われると、楽天エリアや他社のサービス次第ですね。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 これまではocnモバイルone利用で、12時台はタイムアウトで見られないサイトが出るくらい重い状態でした。 こちらでは(au回線ですが)お昼時でもほとんど変わりなく快適です。 1Mbpsモードでも、スピードテストではほぼ1Mbps出ており、youtubeも360p程度なら問題なく閲覧できます。 ただ、ニコ生は最低画質でも無理でした。 【手続き・設定の簡単さ】 ・Rakuten Link (通話・チャットアプリ) ・my楽天モバイル (設定アプリ) のインストールが必要ですが、まずRakuten Linkの初期設定が正常に終了せずとまどいました。 (数回繰り返したところで完了できました。 ) また、my楽天モバイルの方は、インストール自体は問題なかったものの、「出荷手続中」と出て未契約のような表示のままでした。 一応アンテナがRakuten表示にはなっていましたが、正しく接続されているのか不安になりました。 インストールやMNP作業は夜20時ごろに行いましたが、翌日のお昼前になって契約内容や通信量情報などが正常にみられるようになりました。 【サポート】 上記のように不安な状態だったのでサポートに問い合わせようかとも思いましたが、他のレビューでサポートの応答がとても遅いとの噂だったので、問い合わせはしませんでした。 (なので、本当に遅いのかどうかはわかりません。 楽天モバイルは以前から気になっていたものの、楽天エリア外なのでそれほど真剣には考えていませんでした。 ただ、エリア外でも5GB&無制限1Mbpsが1年タダというのを最近知って、お試し気分でMNPしました。 Rakuten Link利用なら、通話無料というのもすごいですね。 楽天エリアの高速・無制限は体験できていませんが、正直現状のままでも月2000円くらいなら払ってもいい気分です。 他社もいろいろと対抗プランを出してきたので、1年後にはどうなるかわかりませんが、タダだし違約金もないのでお試しでも損はないと思います。 余談ですが、今後に期待して楽天株買いました。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 3• 新品の端末を新たに購入• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Twitter 利用状況 通話は利用していない 【データ量】 無制限なのでこれは文句なしの星5と言えます。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 東京の職場や、電車の通勤時… 特に東京入ってからが非常に繋がりにくいです。 こんな繋がりにくければ無制限でも意味が無い。 【通話】 サブ端末なので通話してません 【手続き・設定の簡単さ】 手続きは迷うことはなかったと思います。 microSIMとnanoSIM両方対応できるような形状になってるのも良いと思います。 ただ楽天は過去にフリーSIM事業をやっていたため、APN設定時に楽天と追加でUNLIMITという文字も入れて検索しないと、全然違う情報が検索結果に大量に出てきて困りました。 【サポート】 サポートサイトにログインしようとすると、 楽天IDでログインしようとしてもなぜか弾かれてしまいます。 そしてもっと怖いのが、私は購入してないですが ネットで聞いた話ということを前置きしたうえで、 Galaxyにアップデートが来ないとかいう話を聞くので怖いです。 出来れば新機能等のアップデートはすぐに利用したいので、 その点でも不満あります。 【総評】 自宅付近での通信では特に気になることは無かったのですが、 東京都内で通勤時にゲームしたりするのに、 毎回繋がりにくかったりするのは非常に困りものです。 このまま改善されないようであれば有料になった時点で即解約ですね。 LINEモバイルから移行しようと思いましたが、 まだしばらく離れられそうにないですね…。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 4• 手続き・設定の簡単さ 3• 新品の端末を新たに購入• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• Twitter 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ その他: rakuten link 【データ量】 通勤時にツイッターとwebページを見る程度で、パートナー回線の5GBだけでも十分余る。 楽天回線エリアは無制限に使えるが、通信エリアはまだ完全ではない。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 速度は普通につながっています。 移動範囲が大阪の楽天エリアですが、頻繁にパートナー回線auに切り替わります。 地下の奥まったところでは微弱電波になります。 地下鉄は路線によるかもしれませんが、つながらない区間がある。 デッドゾーンを抜けるとパートナー回線のauにつながります。 【通話】 通話料は無料。 webページのリンクからの電話は端末の通常の通話アプリにつながるので、一度終了して、rakuten link のアプリからかけなおす必要がある。 そこだけ気をつければ無料でかけられる。 通話品質は普通だと思う。 通信状態によると思うので。 【手続き・設定の簡単さ】 インターネットで公式ページから申し込み。 非常に分かりにくい申し込みページ。 e sim の開通はサービススタート時だったため、混み合って時間がかかった。 【サポート】 事務手数料のポイントバックがされないことを電話で問い合わせたが、サポート電話のオペレーターは何もできない。 問題は解決しない。 サポートの体制は皆無。 【総評】 派手な宣伝をしているが事務手数料分のポイントバックがされず、問い合わせても何も解決しない。 おそらく、かなりの数のポイント付与漏れ、遅れがあると思います。 できないポイント返還の時期を書くなと言いたい。 楽天ミニの投げ売りも含めて、楽天の企業姿勢に不信感しかない。 データ量 4• 速度・つながりやすさ 4• 手続き・設定の簡単さ 1• 既にもっていた端末を利用• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• 地図サービス その他: ネットバンキング 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ その他: 楽天Link 【データ量】 Web閲覧、メールチェックでの使用なので5GBでも不足はないです。 楽天エリアでは無制限ですが、現状は範囲が狭く無制限の恩恵にあずかれる人は 多くないと思います。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 3大キャリとそん色ないレベル。 もちろん朝、昼の混雑時は遅くなりますが2Mbps程度は 出ています。 【中国での使用】中国ではChina Unicomでのローミングになります。 Band 3,41対応が必要ですが、多くのスマホは対応しています。 私の端末も対応していたので非常に快適に使用できています。 日本の番号がそのまま使え、Linkアプリでなら日本への発信は無料です。 日本にいるのと同じ感覚で送受信できるのは他社にない強みです。 【通話】 かなり癖がある。 IP電話回線からの受信は不可(履歴のみ残る)、0120は送受信共に不可、時々番号非通知での発信になる、回線の状況によっては、話の始めが切れる、音声が途切れる等々 メインで使うには問題あり。 半面、国内への通話は無料なのは非常によい。 但し回線自体はまだまだエリアが狭く、首都圏でもauパートナー回線で使うことが多い。 加えてauも一部の 周波数のみなので圏外になることも少なくない。 ここはメインで使うには致命的欠点 【手続き・設定の簡単さ】 Webで手続きができるのは良いが、本人認証でトラブルました。 問題なのはこちらから問い合わせしないと放置される点です。 Webやメールで状況がわかれば無用な問い合わせもなくなると思います。 トップレベルのIT企業なのですから、ここは他社にない洗練されたシステムを構築して欲しかった。 人海戦術では大手キャリアにかなわないのではないかと思います。 【サポート】 残念ながら有料サービスを展開するレベルにありません。 オペレーターの問題よりシステムそのものの問題が多い。 トラブルがあるのは仕方がないにしても、それがいつ頃どういう形で解決できるのかの回答が全くない。 明らかにサポートの人員不足。 複雑なキャンペーンがこれに拍車をかけている。 【総評】 1年間無料を前提として4点。 通常価格での評価は今後の楽天エリアの広がり次第。 但し一般ユーザーに「通常電話通話」と「楽天Link通話」をどこまで周知できるかがポイント 「通話無料」で契約したが、通常電話で通話してしまい高額な通話料が請求 というトラブルが多発しかねない。 他社にないユニークなサービスなので、今後3大キャリアに食い込めるかはエリアとサポートの改善が必要だと思います。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 4• 手続き・設定の簡単さ 3• 既にもっていた端末を利用• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE電話 【データ量】 車のgoogle mapや外出先でのネットサーフィンに普通に使用できます。 rakutenエリア外ですが、普通に使えます。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 rakutenエリア外ですが、普通に速度が出るので問題無いです。 他の格安simと同等以上です。 【通話】 lineに関しては特に問題無い。 【手続き・設定の簡単さ】 自宅はrakutenエリアではないので、rakutenエリア迄行ってandroidにて初期登録をして初期費用を回収。 iPhoneで使う場合はandroidで初期登録をしないと初期費用回収できません。 ちょっと面倒くさいな。 【サポート】 当初申し込みから1週間連絡が無くサポートへTEL、 TELで1時間位待たされて漸く繋がる。 話を聞いてみると楽天市場と楽天カードの誕生日が違うとの事で事情を話登録し直してもらう。 サポートの女性は話もわかり特に問題無し、 サポートの電話が中々繋がらないのが玉に瑕。 【総評】 まぁ無料で1年使えれば及第点ですね。 サポートは多分当たり外れがあると思う。 自分で調べたりしない人はやめた方が無難。 評価をみると理解してない自分で行動しない人がいて信じられない。 ダメだと書き込みする前に調べたら?って思う。 データ量 1• 速度・つながりやすさ 1• 手続き・設定の簡単さ 4• 既にもっていた端末を利用• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• 地図サービス 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ その他: Rakuten Link 【データ量】 データ量の前に速度が出ていないのか、反応が遅く、応答が返ってくるまでかなり待つ。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 遅いが使える時と、反応が遅く応答がないときとがあるが、80%くらいは待たされる。 【通話】 あまり使っていないが、普通に使える時と、遅延などで会話にならない時がある。 【手続き・設定の簡単さ】 配送希望日を入れたが無視されて、家で待ちぼうけを食った。 【サポート】 - 【総評】 無料なので今後に期待していますが、このSIMだけにするのはまだ難しい。 データ量 1• 速度・つながりやすさ 1• 手続き・設定の簡単さ 2• 新品の端末を新たに購入• キャリアからMNPのりかえ• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• 楽天回線はつながらなくなる、というか切られるのだから話にならない。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 テザリングをして家中のアクセスを乗せたところ、楽天回線が切れる。 たまたまかと思い再接続を繰り返したら、楽天の電波をつかまなくなった。 楽天側で通信を見て回線をつながらないように操作している。 別の基地局に移動した後戻ってくると繋がるようになるが、結局また全くつながらない状態になる。 自宅での電波強度がそうそう変化するわけないから、意図的に操作しているのは明らか。 何が問題か連絡があれば対処もできるが、何故そうしてるのかわからないので何もできない。 とんでもないプロバイダである。 安いから使うが、企業姿勢は「サ・イ・ア・ク」 【手続き・設定の簡単さ】 オンラインで簡単、ポイント特典が分かりにくい 【サポート】 チャットが帰ってくるのが日単位、最低 【総評】 勝手に回線を切ってくる、挙句に繋がらなくしてくる、多分技術力が低いので問題を解決できず切る以外の方法を考えつかないのだろう。 au回線では繋がるのに楽天は繋がらなくしてくる、どう考えても技術力がない。 安いから使う、それだけ。 無料期間が終わったら乗り換えるだろう。 データ量 4• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 2• 0/3G)• 新品の端末を新たに購入• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 【データ量】 もともとデータ消費量は多くないので、特に不足はありません。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 よくぶちぶち途切れます。 サポートエリア内です。 【手続き・設定の簡単さ】 esimです。 マニュアル通りだとうまく開通できず、電話サポートでアプリの更新が必要といわれましたが、このプラン用の端末を新規で購入したので、端末発送する時点でアプリの状態を確認するべきでは、と思いました。 【サポート】 1年間無料の対象なのに、月額料金徴収され、かれこれ2か月以上チャット、電話サポートに訴えてますが、無料の対象であることは楽天側も認めているにも関わらず、担当によって毎回違う回答のうえ、相変わらず月額料金徴収され続けており、更に、他の方も報告されている通り、チャットサポートの回答の遅さ、雑さにうんざりしてます。 質問の内容には答えず、聞いてもいないことをくどくど説明し、一方的にチャットをクローズしてしまい、問題がいつまでも解決しません。 消費者センターにも相談しています。 【総評】 今すぐにでも解約したいですが、このサービス用の端末を購入してしまったので、どうするべきか迷っています。 データ量 2• 速度・つながりやすさ 1• 手続き・設定の簡単さ 1• 新品の端末を新たに購入• キャリアの利用はなし• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• Twitter• 動画再生• この辺をもう少し拡充して通信専用プランなども今後期待したい。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 楽天エリア内で楽天回線に繋がらないという致命的な欠陥があります。 携帯電話という物が普及時期ならともかく、今は成熟期なのにこの繋がらないぷりは凄まじい。 このまま行けば来年3月以降は解約祭りが始まりますよ。 楽天エリアでパートナー回線に繋げる現象もなんとかしてほしい。 今のところ至って使い物にならず、置物・お荷物状態。 【通話】 特に聞きづらいとか音質が悪いとは感じなかった。 ただし、パートナーエリアか楽天エリアで安定して通信できないとダメみたい。 【手続き・設定の簡単さ】 変な理屈をこねて書類不備と言われました。 本人確認書類はスキャンされた物はダメで、カメラで撮った物はすんなり通る。 何がどう違うか説明してくれと求めたが、そういう決まりの一点張り。 【サポート】 サポート以前の問題 サポート体制は今後の期待どころか改善の余地しかない 【総評】 自分たちは国民の共通の財産である公共の電波を使っているという意識がないな いつまでもMVNOだという認識の甘さしか感じられない。 自分たちがMNO、他の3キャリアと台頭にいやそれ以上を目指すんだという意気込みは 今のところ感じず、ただやってる感しかない。 来年今の契約者数を維持できるか微妙。 有料化始まる以前にこんなレベルではお金払う必要性がないと感じる。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 3• 手続き・設定の簡単さ 5• 0/3G)• 新品の端末を新たに購入• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE電話• 楽天でんわ 【データ量】 サポートエリアなので5gbです。 動画とか外で見ないのでこんなもんですかね 【インターネットの速度・つながりやすさ】 普通です。 mvnoの楽天モバイルと比べて速いかどうかはわかりません 【手続き・設定の簡単さ】 申し込みでなかなかサイトに繋がらず、タイムアウト連発で、ほんとに契約できたか不安でした 【サポート】 なかなかチャットの返信がなく、とにかく最初から同じ質問を繰り返すばかり。 最初から050で電話を掛けたほうが早かった。 【総評】 無料期間が終わると、転出するかもしれない。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 3• 端末とSIMをセットで購入• テザリング利用 よく利用する サービス その他: テザリング専用 利用状況 通話は利用していない 【データ量】 楽天エリアなので無制限で使えて満足です。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 楽天エリアなのでつながりやすいと思います。 問題ないです。 【手続き・設定の簡単さ】 特に問題なくできました 【サポート】 最悪です。 電話は1時間以上つながらず電話代がかかるようなので使っていませんが、チャットのサービスが最悪です。 チャットで問い合わせて返信が来たのが3日後です。 3時間後じゃなく3日後です。 しかも、やっと返信があったと思ったら、30分返信が遅れたらサポートから勝手に切断されました。 また、チャットで問い合わせたら返信が3日後。。。 ネットを調べる限り私だけではなくこれが普通のようです。 どうやら、楽天市場も同様で出店者のサポートの品質も同じようなものらしいので、1年間の無料期間が過ぎても同じ品質のサポートになるんだと思います。 なので、1年間の無料サービス直前に解約します。 1円で購入したRakutenMINIの端末はesimなので他社のサービスは使わずに、小さいので音楽プレーヤーかボイスレコーダーで使っていこうと思ってます。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 1• 手続き・設定の簡単さ 3• 0/LTE)• 既にもっていた端末を利用• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• 動画再生• 地図サービス 利用状況 データSIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• 050 plus• SMART Talk 【データ量】 楽天モバイルエリア内であれば無制限での利用が可能です。 エリアを外れてもau回線に切り替わるのでその点は問題なく使えています。 ただエリアがまだ狭いため頻繁にau回線に切り替わるためすぐに上限の5GBを超えて速度規制がかかってしまいます。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 利用するシーンでほとんど圏外か、アンテナが表示されていても通信が開始されないことが多々あります。 速度は常時8〜15Mbpsしか出ず、満足度は高くありません。 動画再生やダウンロード、テザリング時にフラストレーションがたまります。 【手続き・設定の簡単さ】 利用できる機種に限りがあり、ほぼ縛りと言っても過言ではないです。 利用可能機種以外のサポートはほとんどしておらず、手動で設定しようにも不親切なマニュアルでより混乱することは確実です。 【サポート】 - 【総評】 通信容量無制限、通話無制限等、魅力的なサービスだと思うが、エリア品質が低く満足度は低め。 エリア内であっても頻繁に圏外になったり、高層階では一切つながらない等の問題が多い。 切り替えがうまくいっていないようだ。 今の品質では無料期間を待たずに解約すると思う。 もう少しスピード感を持ってエリア拡大に臨んでもらいたいと思う。 データ量 3• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 3• 0/LTE)• 端末とSIMをセットで購入• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• メイン機種にしたが公開している。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 少しづつ改善はしているがまだまだ。 店の奥や地下NG 【通話】 無料サポータープラン時はエリアの問題は別として通常に利用できていたが、5月30日にアンリミットに切換えようとしたら切り替えが出来ず。 6/3朝に料金プラン変更をWifiで行ったら無事に切り替え出来て、データ通信出来てよかった。 と思っていたらなんと電話が不通。 SMSも不通クレーム申告出来たがどうにもならず。。 その後二子玉の本社下にあるショップにも行ったが、どうにもならずショップからサポートに電話する羽目に。。 代替えも出されず、不通のまま。 一体どうなっているのか? やっとSIMの再発行を23日にするといってきて25日に交換したが症状変わらず。。。 SMS、通話不能。。 一体何? 対応悪く継続中 【手続き・設定の簡単さ】 無料サポーターから 【サポート】 超最悪 【総評】 最低。。 いつになったら普通の電話会社になるのか。 今は不通です。 データ量 3• 速度・つながりやすさ 3• 手続き・設定の簡単さ 3• 新品の端末を新たに購入• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ その他: 楽天link 【データ量】 大阪にある会社では楽天電波をつかむので良いのですが、京都市内はほぼ楽天電波は掴みません。 HPのエリア図は何のための物でしょう?地下鉄もダメですしアンリミットは誇大広告にならないのでしょうか?本当に楽天電波を掴むエリア図切望します。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 速度や繋がりともUQやワイモバイルと比べても違いはない気がします。 【通話】 普通に繋がるが若干遅れる気がする。 【手続き・設定の簡単さ】 ネットで簡単に出来ましたが、スマホセット契約がイマイチ良く分からなくて未だに契約上どうなっているか不安。 【サポート】 同じ日に回線契約後にスマホを契約したがキャンペーン適用されるのか気になりサポートに連絡したが、電話は繋がらずチャットも繋がらず最悪。 チャットはいくら待っても返信がないまま時間切れ返信なし。 せめてチャットに書き込んだ内容くらい後日でも回答するべき。 無料じゃなければこんなサポートのところ使いたくないと感じさせる。 【総評】 無料と返金キャンペーンがあるからこそ使っているが無料期間終了後、サポートや電波のエリアが変わらないようであればサヨナラですね。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 2• 端末とSIMをセットで購入• キャリアからMNPのりかえ よく利用する サービス その他: 楽天系アプリ 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ その他: 楽天link 【データ量】 楽天スーパー放題を利用していましたが、スーパー放題は繰越含みでMAX4GB(一番安いプランで)に対しこちらは5GBあるので文句なしです、私の所はパートナー回線ですが、東京近辺の方は使い放題と数あるキャリアのなかで群を抜いてるんではないでしょうか 【インターネットの速度・つながりやすさ】 使用し始めて半月程度ですが、楽天スーパー放題の時だとピーク時に高速回線時利用でも遅いときがありましたが、UN-limitedではそのような遅くなるケースがないので現状快適です 【通話】 片田舎ですが普通に会話(通信)できます、遅れ等もありません、楽天linkアプリを使用すれば無料なので文句のつけようがありません 【手続き・設定の簡単さ】 自分はパソコンから契約しましたが、慣れてない方はかなり不安かと思います、逆にオンライン申請が慣れている方は、煩わしくなく、契約画面もシンプルでやりやすいかと思います、初めてのeSIMでしたが、開通手続きはとっても楽ですね 【サポート】 分からないところをチャットで聞きましたが、担当員がつくまで時間がかかるし、担当員も返答が遅く、少し不親切かなと思いました、AIチャットは利用してません 【総評】 楽天ユーザー視点からみれば、MNP手続き無料、ポイントアップ率1上昇、楽天mini1円、年間利用料無料、解約手数料無料、事務手続きのみ3,000円、ポイントバック多数とコスト面は最高だと思います、「解約手数料無料」ですので気軽に1年間お試しできるのではないでしょうか 4• データ量 4• 速度・つながりやすさ 4• 手続き・設定の簡単さ 4• 0/LTE)• 新品の端末を新たに購入• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• 家ではWi-Fiを使用しているので、都内でもちょっとした地下、屋内、電車などはau回線に繋がっているのだと思う。 都内でこの状況だとすれば、まだまだ楽天の回線だけで問題なく使用できる日はかなり遠いのだろうと感じます。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 特に問題は無い と言っても楽天でのデータ通信は半分以下で、半分以上がau回線です 【手続き・設定の簡単さ】 問題なく使えた 【サポート】 あまり使用していないが、過去に使用した時は基本は繋がらないし対応が遅い 電話担当によって言っている事も違うし、間違っていたこともあった 【総評】 1年料金が無料ということを考えれば良いと思う 2年目以降をどうするかは、今後の改善次第と考えている 4• データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 5• 既にもっていた端末を利用• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• 【インターネットの速度・つながりやすさ】 auの高速通信が快適に使えてます。 楽天エリアになったらほぼ使い放題のようですが、旧3キャリアはどのような料金プランで対抗してくるのでしょうか… 【手続き・設定の簡単さ】 SIMカードを挿して簡単に開通できました。 【サポート】 電話しても繋がらず、メールやチャットで問い合わせても返事なしです。 この点だけは改めるべきです。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 4• 手続き・設定の簡単さ 5• 3/LTE)• 既にもっていた端末を利用• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• 地図サービス 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• 楽天でんわ• LaLa Call 【データ量】 楽天モバイルエリアにかすりもしない地域ですが、それでも無料で5GB使えると思えば満足です。 無料期間が終わればこの金額はないかな。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 以前のmineoと比べ昼の速度低下はなくなりました。 今のところ快適ですが今後顧客が増えてもこの速度を維持できれば最高です。 【手続き・設定の簡単さ】 WEBでの申し込みで2日程で送られてきてあっさり開通しました。 【サポート】 開通後もステータスが準備中でデータ節約モードに切り替える事が出来ないためサポートに電話しましたが全くつながらずあきらめました。 1月たった今も準備中ですが手数料の3300円はしっかり請求されました。 【総評】 ノートラブルですんなり開通できれば快適です。 サポートが全く機能していませんが何せタダですから文句はありません。 副回線として新規申込みしましたので最悪繋がらなくなれば放置しとけばいいですし。 Rakuten miniのバンド1問題とか色々ありますので、本当に1年間無料かとか、ポイントバックがあるのかとか不安はあります。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 4• 0/LTE、3G)• 端末とSIMをセットで購入• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• Twitter• 動画再生• 地図サービス 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ その他: 楽天link 【データ量】 パートナー回線で5GB、使い切っても1Mbps出るなら何も問題ないですね。 都市部なら無制限。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 通信速度は常時受信6Mbps、送信は11M前後(京都府北部)出ています。 利用者が少ないこともあるのか安定しています。 【通話】 通常の発着信は特に問題ないです。 聞き取りにくいわけでもなく、普段つかっている他のAndroid端末と大差ないです。 【手続き・設定の簡単さ】 初のe-sim運用となりましたが、設定自体は簡単でした。 【サポート】 サポートにかけることがあったのですが、接続まで20分程度でした。 対応は非常に丁寧でした。 これは当たり外れがありますね。 【総評】 テザリングが非常に快適で、しかもワンタッチでできてしまうので非常に便利です。 端末のほうでBand1が非対応になっていたなど問題を起こしており、交換を申し込みましたが、端末自体は操作しやすく扱いやすいので満足度は非常に高いです。 1年間無料なので使い倒していきたいと思います。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 2• 0/LTE)• 端末とSIMをセットで購入• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• Twitter 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ その他: Rakuten Link 【データ量】 現在は、コロナウィルスの影響もあって積極的に外に出ることを控えているので 外で試すチャンスが少ないのですが、それでも電車やバスが全て東京なので Webサイト閲覧やTwitterなどを移動中に巡回しています。 日になんだかんだで二時間くらいは細切れながら見ているように思います。 もともと別の格安SIMを使っていましたが、今回は通信キャリアなので質・量ともに良い。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 東京限定の話になりまずか、速度も申し分ありません。 また楽天回線は当然ですが パートナー回線の範囲でも十分に早いと感じています。 ガラケーをやめて以降、格安SIMしか利用してこなかったので通信キャリアの速さ には今さらながら驚いています。 つながりやすさも僕の使用範囲では問題は全くありません。 ずっと格安SImしか使ってこなかったので甘め判断になっているかもです。 【通話】 Rakuten Linkを使った感じとして、つながりやすさは特に問題ないと思います。 若干の遅延もある感じしますがそれほど気になるという感じはしません。 通話料金はRakuten Linkを通せば基本的には無料です。 【手続き・設定の簡単さ】 開始手続きは、他の格安SIM業者との煩雑さ的は変わりはないように思います。 ただ、月々650円だったかな? のスマホの保険オプションが加入側にチェックが 入っているのは少々いただけない。 オプションは基本的に入る意思を客が決めるので 有難迷惑だと思う。 簡単さについてもほかの格安SIMとどっこいどっこいな気がします。 【サポート】 サポートはいま、スマホが一円でしかも一年間通信通話基本無料の 大キャンペーンをしているのでサポートは最悪のようです。 僕も電子上の申請書類の身分証明用の写真に不備かあるとかのメールが来て 取り直し再度送ったのですが、ウンでもなくスンでもなく・・・指定日にスマホが 届きました。 結果は、指定日に届いたので別に文句を言う筋の話ではないですが、 再送したのがちゃんと届いたのか、問題がなかったのかとにかくなしのつぶてでした。 まぁ、今は手が回っていないんだろうなとはなんとなくは分かりますが・・・。 【総評】 ガラケー以来の通信キャリアで、やっぱり質・量ともにイイものだと思いす。 ただ、いまは大キャンペーン中ということもあって楽天がてんてこ舞いしている様が なんとなくこちら側にもわかるくらい、サポートが追い付いていない感じです。 東京に限って言えば、本当につながりやすいし速いしで僕は満足してます。 ただ、問題はこれがちゃんと維持そして拡大していけるのかという一抹の不安 を感じいます。 5Gもそろそろ見え始めているわけですし他の三社の通信キャリア から見ると新興ということを差し引いても色々な面で脆弱さが見えなくもない。 でも、はじめはこんなものなのかもしれませんから、ぜひ第四のキャリアとして がんばれ.

次の

建物内でもつながるモバイルWi

楽天モバイル 屋内 つながらない

ワイモバイルはギガを使い切らないと1Mbpsは使えませんが、UQモバイルと楽天モバイルならギガを使い切らなくても、データを消費しない1Mbpsに切り替えてネットができます。 1Mbpsをうまく使えば、安い料金プランでギガを超たくさん使うことができます。 1Mbpsは速度的には遅いですが、1Mbpsでできることは結構あります。 というかスマホなら1Mbpsで大体のことが普通に使えちゃいます。 ここでは1Mbpsの使い勝手を説明したあとに、UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの1Mbpsの違いを徹底的にレビューします。 だと高速データ通信でギガ使い放題です。 前提:スマホでの利用を前提にしています。 テザリングしてパソコンで使う場合は1Mbpsだと厳しいです。 1Mbpsでも普通に使える用途:いろいろ 一般的なWebサイトや地図アプリ、LINE、Twitter、Facebookなど普通に読み込めます。 メールの送受信も大丈夫です。 音楽やラジオは余裕で聴けます。 場合によっては画像の読み込みが少し遅れるかもですが、細かいことを言わない人なら普通に許容範囲です。 1Mbpsだと読み込みが少し遅れる用途:インスタグラムや漫画アプリ インスタグラムなど画像がたくさんある場合は、1Mbpsだと画像の読み込みが普段よりも1〜2秒くらい遅れたりしますが、それなりに使えます。 漫画アプリだと読み込みが普段よりも2〜3秒くらいは遅れるかもです。 画像がたくさんある場合でもそれなりに使えますが、サクサク快適に使いたいとかになると、少し厳しいです。 1Mbpsでもスマホで動画 YouTube、Netflix、Amazonプライム、Huluなど が見れる スマホやタブレットで動画を見る場合は、1Mbpsでも十分楽しみながら見れます。 YouTubeの画質 必要な速度 144p 最低画質 120kbps〜215kbps 平均180kbps 240p 低画質 235kbps〜350kbps 平均270kbps 360p 普通画質 330kbps〜680kbps 平均530kbps 480p 高画質 700kbps〜1. 2Mbps 平均800kbps 720p 超高画質 1. 4Mbps〜2. 0Mbps 平均1. 8Mbps 1080p 超絶画質 2. 4Mbps〜3. 8Mbps 平均3. 0Mbps 1MbpsでもYouTubeの480pならほとんど止まらずに見ることができます。 Netflix、Amazonプライムビデオ、Huluなどの動画も、スマホで普通画質なら再生途中でほとんど止まらずに楽しめます。 高画質は厳しいです パソコンやネット対応テレビで動画を見る場合は厳しい パソコンやネット対応テレビは画面もかなり大きくなるので、720p以上が必要になり2Mbpsくらいは必要です。 1Mbpsだと厳しい用途 1Mbpsは1秒で125KB、1分で7. 5MB、1時間で450MBのデータ通信量です。 100MB以上のファイルのアップロードやダウンロード、スマホのアプリのダウンロード、クラウドのバックアップや同期は厳しいです。 気長に待てば1Mbpsでも何とかなりますが・・・。 パソコンでのネット閲覧等も1Mbpsだと厳しいです。 スマホの場合、表示画面が小さいので1Mbpsでもそんなストレスなく見れますが、パソコンだと一度に表示できる情報が5倍くらいになります。 パソコンでそれなりにサクサク使うには2〜3Mbpsくらい必要です。 1Mbpsはスマホで使うなら許容範囲ですが、テザリングを使ってパソコンなどで利用するのは長続きしないと思います。 UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの1Mbpsの違い、実測よりも重要なこと UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルUNLIMITの実測はほぼ1Mbpsですが、実測よりも重要な機能がいくつかあります。 重要なのは余ったデータ量の繰越、高速と1Mbpsの切替機能、切替ウィジェットです。 楽天モバイル プラン名 スマホプランR スーパーホーダイS スマホベーシックプランM 月額料金 2980円 300万人まで1年目無料、2年目以降は月2980円 1年目1480円、2年目以降は2980円 6ヶ月間は月2980円、それ以降は月3680円 10分かけ放題 +月700円 無料で24時間かけ放題 無料 無料 高速データ通信量 10GB 楽天回線エリアは1日10GBまで、パートナーエリアは月5GB 2GB 10GB 余ったデータの繰越 あり なし あり なし 低速 1Mbps 楽天回線エリアは1日10GBを超えると低速3Mbps、パートナーエリアは月5GBを超えると低速1Mbps 0. 3Mbps〜1Mbps 1Mbps または0. 9Mbpsくらいかもしれません。 余ったデータの繰越が「あり」だと、余ったデータ量を翌月に繰り越せます。 速度が速い高速データ通信が必要なときに、高速に切り替えて使えます。 iPhoneもウィジェットで簡単に切り替えられます。 1Mbpsの使い勝手No. 1:UQモバイルの1Mbpsの詳細レビュー 1Mbps最強はUQモバイルの理由 1Mbpsを便利に使いたい場合、UQモバイルのスマホプランRがベストな選択肢です。 UQモバイルなら高速データ通信と1Mbpsをアプリで切り替えられます。 iPhoneはウィジェットから簡単に切り替えられます。 ホーム画面上やウィジェット上でデータ残量も確認できます。 1Mbpsにすると高速データ通信のデータ容量を消費することなく、ネットができます。 これが一番重要です。 1Mbpsの主な使い道は、動画、音楽、ラジオです。 普段は高速データ通信で快適にスマホを使って、動画を見たり、音楽やラジオをずーと聴き流す場合はデータを消費しない1Mbpsに切り替えて使います。 余った高速データ容量は翌月に繰り越せるので、普段の月よりも高速データをたくさん使った場合でも、ギガ難民になりにくいです。 ギガを使い切っても1Mbps出るので、そんな苦でもないです UQモバイルの1Mbpsのデメリット? 3日間で6G以上使うと速度制限? UQモバイルの公式サイトには下記の記載があります。 ネットワーク混雑回避のために、 直近3日間に6GB以上のご利用があったお客さまの通信速度を、翌日にかけて制限させていただきます。 「1Mbpsの節約モードで使ったデータ量も6GBに含まれるのか、制限速度はいくつか、翌日にかけてはどの範囲か」をUQモバイルにメールで問い合わせたところ、下記の回答をもらいました。 このたびは、お問合せくださいまして大変ありがとうございます。 通信制限につきましては、節約モードにてご利用されている場合は データ消費0となりますため、制限がかかることはございません。 また、お客さまご認識の通り プランSなら300kbps、プランRなら1Mbpsの速度制限となります。 通信制限がかかる場合の翌日は、0時から24時までを1日としております。 結論は、3日間6GBは高速データの消費量なので、ほとんど気にしなくて良いです。 UQモバイルのスマホプランRは月10GBなので、3日間で高速データを6GB使う人はほとんどいません。 1Mbps時は3日間6GBのデータ消費の中に含まれないので、気にせず1Mbpsを使いまくれます。 UQモバイルの1Mbpsの総合評価 UQモバイルなら、データを消費しない1Mbpsにしたり、速度が必要な時は30Mbps〜50Mbps程度の高速データ通信に切り替えて使えます。 余った高速データ容量は翌月に繰り越せるので、本当に便利に1Mbpsを使うことができます。 UQモバイルの1Mbpsはかなりおすすめです。 UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。 iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。 UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。 1Mbpsの使い勝手No. 2:楽天モバイルの1Mbpsの詳細レビュー 楽天モバイルUNLIMITは先着300万人まで1年無料 楽天モバイルのUN-LIMITなら、楽天回線エリアだと高速データ通信でギガ使い放題なので、1Mbpsはほとんど関係ありません。 だとギガ使い放題ではなく月5GB&低速1Mbpsが適用されます。 ここでは楽天モバイルのパートナーエリアの1Mbpsについてレビューします。 ただし、楽天モバイルUNLINITなら先着300万人まで1年間無料です。 2年目は月2980円になるので、2年目になってもパートナーエリアのままだったら、UQモバイルへ乗り換えるのもありです。 楽天モバイルUNLIMITのパートナーエリアの1Mbpsのデメリット 楽天モバイルUNLIMITは、普通に使えるスマホが少ないです。 iPhoneは使えますがパソコンで設定する必要がある場合があります。 Androidスマホだと結構な割合で、楽天回線対応スマホに買い換える必要が出てきます。 UQモバイルならiPhoneも普通に使えます。 Androidスマホは、auのスマホ、そしてほとんどの格安スマホが使えます。 ドコモとソフトバンクのAndroidスマホだと、使えない可能性や電波が悪くなる可能性が少しあります。 楽天モバイルUNLIMITだと繋がらない場所が増える? UQモバイルなら、ほとんどどこでも繋がります。 楽天モバイルの旧プラン、スーパーホーダイについて 楽天モバイルのスーパーホーダイは最大1Mbpsが使い放題のプランですが、スーパーホーダイだけ実測が1Mbpではないです。 スーパーホーダイは昼12時台、夜18時台は最大300kbpsに速度が制限されますが、その時間帯以外でも、アプリのダウンロードは300kbpsに制限している場合があります。 YouTubeなら制限時間以外なら1Mbpsくらい出ますが、利用用途によっては1Mbpsを大幅に下回る速度に楽天モバイルが秘密裏に制限している場合があります。 楽天モバイルUNLIMITは今の所そういった制限は行われていないようです。 UNLIMITでも場合によっては、Amazonプライムなどは10Mbps以下に制限しているかも・・ 楽天モバイルUNLIMITの1Mbpsの総合評価 楽天モバイルUNLIMITのパートナーエリアでは、月5GB&低速1Mbpsが適用されます。 切替ウィジェットがないので、高速と1Mbpsを切り替えるのが少しだけ手間が増えます。 楽天モバイルの場合、使える高速データ量が5GBと少し少ないので、普段は1Mbpsで使って、必要に応じて5GBの高速データに切り替えて使うのが適切な感じです。 UQモバイルなら月10GBで余ったデータも繰り越せるので、普段は高速データで使って、必要に応じて1Mbpsにして使う感じです。 基本的にはUQモバイルのほうが優秀ですが、楽天モバイルなら先着300万人まで1年無料なので使ってみるのはアリだと思います。 楽天モバイルの場合、新しいスマホが必要になるかもですが、キャンペーンでかなり割安に手に入ります。 楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。 さらにオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント、事務手数料3300円相当が全額ポイント還元です。 格安スマホとセットで購入すると、追加で最大20,000ポイントがもらえます。 事務手数料込み&税込み計算でもAQUOS sense3 liteが実質2980円、OPPO A5 2020が実質マイナス980円、Galaxy A7は実質700円で手に入ります。 1Mbpsの使い勝手No. 3:ワイモバイルの1Mbpsは詳細レビュー ワイモバイルの1Mbpsはオマケ的な存在です。 ワイモバイルはギガを使い切らないと1Mbpsが使えません。 ただし、ワイモバイルは選べる高速データ量の選択肢が実はたくさんあります。 いつになったら自宅が楽天エリアになるのか全く分かりませんが、5GBまたは1Mbpsの条件でも無料なので万々歳です。 これとIIJmio(100円novalite3入手)の3GBの通話SIM計2枚をDSDVスマホに挿して利用中で、キャンペーンのおかげで10分かけ放題が無料になってるし、利用料金はたったの1600円(税別)です。 アンリミットでの通話だと「聞き取りにくいのですが…」と相手に言われる場合もあるので、電話回線も利用できるのは大きなメリットです。 そして楽天ひかりも契約しました。 屋内配線は既にあるので、登録費と無派遣工事費だけの2800円で高速ひかり回線が1年間無料で使えます。 アンリミットが楽天エリアになってくれたなら楽天ひかりは解約しようかなとも思っており、「こんなに得していいのかしら?」という恩恵を享受してます。 これも管理人Sさんのおかげです、これからも宜しくお願い致します。

次の