ボス 機械。 ボスボロット (ぼすぼろっと)とは【ピクシブ百科事典】

やさしい実践 機械設計講座

ボス 機械

キーとは? キーとは、軸と回転体をすべらないように締結させるためのものです。 また、これによって他の歯車などへ動力を効率良く伝えることができます。 とてもシンプルな部品で簡単に分解できます。 別名で、「 マシンキー」とも呼ばれ、一般的にイメージされる住宅のキー(鍵)とは全く異なったものです。 キーの大きさは、軸の太さによって決まります。 つまり軸の太さが決まれば、自動的にキーの大きさも決まります。 キーが受けられる力は、それぞれの材料の剪断応力によって変わります。 剪断応力(せんだんおうりょく)とは、剪断はハサミで切るときのようなねじり切る切り方で、剪断する際に抵抗して押し返してくる力のことを剪断応力といいます。 軸や回転体には、キーをはめ込むキー溝が有るものと無いものに分かれ、キー溝が有るものは、動力伝達用に使用され、キー溝が無いものは軽荷重用となります。 また、軸に取り付けられる機械的要素側をボスと呼びます。 キーの種類 キーの種類は、キーをはめ込むキー溝が有るものと無いものに大別されます。 キー溝が有るものは、「 動力伝達用」で、キー溝が無いものは「 軽荷重用」です。 また、軸に取り付けられる機械的要素側を「 ボス」と呼びます。 平行キー ストレート 平行キー 片端丸形 平行キー 両端丸形 勾配キー(頭付き) 半月キー キーの用途 ・沈みキー 電動装置など、一般的によく使われているキーです。 軸とギアなどの回転体の両方にキー溝を作り、キーをはめ込みます。 回転体の動力が確実に伝わるというメリットがあり、高速回転、重荷重に適しています。 平行キーや 勾配キーが使われます。 ・半月キー キー溝の加工が容易で、先の部分に向かって細くなっているテーパー軸でよく使用されます。 通常では、テーパーの形状に合わせて正確にキー溝を加工するのは難しいですが、半月キーであれば、フライスカッターによって容易に加工できます。 伝達能力は低いのがデメリットです。 ウッドラフキー(wood ruff key)とも呼ばれます。 ・接線キー キーのなかで最も強く固定できます。 また、ボスや軸を弱めないというメリットもあります。 伝達能力が高く、圧延機、重荷重や回転方向が正逆に変化する交番トルクの軸に最適です。 伝達力は、キーと軸の接触圧力によって発生する摩擦の力と摩擦のトルクです。 軽荷重用でくらキーよりも固定度は高いといわれています。 伝達力はキーと軸との接触圧力によって発生する摩擦力だけです。 大きな荷重が作用する場合や正転、逆転する変動トルクの部分には使えず、主に軽荷重用として使われます。 ・丸キー 伝達力が非常に小さく、小軽荷重用として使われます。 丸ピンをキーの代わりとしてはめ込んで固定します。 ・すべりキー すべりキーは沈みキーの一種で、主にクラッチや変速歯車装置に使われます。 キーを軸やボスにボルトで固定して、スライドできるようにしたものです。 ボスを軸方向に動かすので、ともがねを回避する必要があり、キーの材質は非鉄金属などボスと異なる材質を用います。 注意点 方向が繰り返し変わる交番荷重の際には、軸とともにフレッチング摩耗を起こすことがあるので、注意が必要です。 主な対策としては、次の通りです。 ・軸のはめ込み(嵌合 かんごう)をきつくする。 ・キー溝をJIS精級する。

次の

ボスボロット (ぼすぼろっと)とは【ピクシブ百科事典】

ボス 機械

キーとは? キーとは、軸と回転体をすべらないように締結させるためのものです。 また、これによって他の歯車などへ動力を効率良く伝えることができます。 とてもシンプルな部品で簡単に分解できます。 別名で、「 マシンキー」とも呼ばれ、一般的にイメージされる住宅のキー(鍵)とは全く異なったものです。 キーの大きさは、軸の太さによって決まります。 つまり軸の太さが決まれば、自動的にキーの大きさも決まります。 キーが受けられる力は、それぞれの材料の剪断応力によって変わります。 剪断応力(せんだんおうりょく)とは、剪断はハサミで切るときのようなねじり切る切り方で、剪断する際に抵抗して押し返してくる力のことを剪断応力といいます。 軸や回転体には、キーをはめ込むキー溝が有るものと無いものに分かれ、キー溝が有るものは、動力伝達用に使用され、キー溝が無いものは軽荷重用となります。 また、軸に取り付けられる機械的要素側をボスと呼びます。 キーの種類 キーの種類は、キーをはめ込むキー溝が有るものと無いものに大別されます。 キー溝が有るものは、「 動力伝達用」で、キー溝が無いものは「 軽荷重用」です。 また、軸に取り付けられる機械的要素側を「 ボス」と呼びます。 平行キー ストレート 平行キー 片端丸形 平行キー 両端丸形 勾配キー(頭付き) 半月キー キーの用途 ・沈みキー 電動装置など、一般的によく使われているキーです。 軸とギアなどの回転体の両方にキー溝を作り、キーをはめ込みます。 回転体の動力が確実に伝わるというメリットがあり、高速回転、重荷重に適しています。 平行キーや 勾配キーが使われます。 ・半月キー キー溝の加工が容易で、先の部分に向かって細くなっているテーパー軸でよく使用されます。 通常では、テーパーの形状に合わせて正確にキー溝を加工するのは難しいですが、半月キーであれば、フライスカッターによって容易に加工できます。 伝達能力は低いのがデメリットです。 ウッドラフキー(wood ruff key)とも呼ばれます。 ・接線キー キーのなかで最も強く固定できます。 また、ボスや軸を弱めないというメリットもあります。 伝達能力が高く、圧延機、重荷重や回転方向が正逆に変化する交番トルクの軸に最適です。 伝達力は、キーと軸の接触圧力によって発生する摩擦の力と摩擦のトルクです。 軽荷重用でくらキーよりも固定度は高いといわれています。 伝達力はキーと軸との接触圧力によって発生する摩擦力だけです。 大きな荷重が作用する場合や正転、逆転する変動トルクの部分には使えず、主に軽荷重用として使われます。 ・丸キー 伝達力が非常に小さく、小軽荷重用として使われます。 丸ピンをキーの代わりとしてはめ込んで固定します。 ・すべりキー すべりキーは沈みキーの一種で、主にクラッチや変速歯車装置に使われます。 キーを軸やボスにボルトで固定して、スライドできるようにしたものです。 ボスを軸方向に動かすので、ともがねを回避する必要があり、キーの材質は非鉄金属などボスと異なる材質を用います。 注意点 方向が繰り返し変わる交番荷重の際には、軸とともにフレッチング摩耗を起こすことがあるので、注意が必要です。 主な対策としては、次の通りです。 ・軸のはめ込み(嵌合 かんごう)をきつくする。 ・キー溝をJIS精級する。

次の

機械設計について質問です。

ボス 機械

俺は通称「ボス」。 本名は俺も、作者も概要も知らない ・におけるの金字塔『』に登場する。 ・のにしてである がを して造らせたもので、彼が搭乗し、と共に率いる軍団を相手に戦いを繰り広げた。 本来の名称は「ボスロボット」だが実際には 「ボスボロット」と呼ばれ、以後は公式名称もそれで定着している。 TVでの初登場は全92話中第48話だが、OVAやなど他作品では軒並み序盤から登場する。 『』では全高12m・重量95tだが、『』では20mに増量されている。 その素材は(の)であり、で、操縦席は 張りで付きというかなり無茶な機体。 は…なのだが、光子力の動力にも対応しており、資料によっては「どんな燃料でも動く」という記載があるものも……。 として多彩な表情や装備(やスキー板等)を度々見せるのも特徴。 『』の、『』の、『』のメカドン1号・2号、 『』の、『』のガメロット、『』のゴリロボなど後の作品への影響は大きい。 なお、『』のウォーカーマシンもハンドルとガソリンで動く為、ボロットとたまに比較される。 で共演した際は、当然の如くネタにされた。 特にのターンXと交戦させると 『そんなでなあ、勝てるわきゃねえだろおお! 』と怒られる。 また素材がスクラップという設定を反映してか、撃破された際の修理費も 破格の安さである。 戦闘メカとして見た場合の性能は当然ながらお世辞でも決して良いとは言えず、敵の攻撃は愚か何か行動しただけで破損することもあるなどかなり脆く、碌に武器を搭載していないため、近付かなければ何も出来ないなど戦闘力は低い。 ただし、 パワー「だけ」はマジンガーZに勝るとも劣らない程高く、格闘戦に限れば侮れない。 その見た目からなイメージが強いが、実際にはボスボロットがいなければ が負けていた可能性が高いような戦いも非常に多く、そういった意味では・と並ぶマジンガーZの相棒と言える存在である。 続編の『』にも引き続き登場し、主人公・の操縦するグレートマジンガーをサポートした。 そのまた続編の『』にも二回ほどゲスト出演し、『』や『』にも当然の如く参加する等相変わらずの活躍ぶりを発揮した。 シリーズ三部作で唯一 主役ロボを差し置いて 皆勤したロボットであり、映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』や 『 決戦!大海獣』でも結構重要な役割を担うなど、扱いはすこぶる良い。 ただし、版と版ボスボロットはボスボロットと呼べないぐらいの強さを見せつける。 ではのがボロットを馬鹿にしていたがが強すぎるだけでカイザー版のボスボロットはトップクラスの実力を持つ機体である。 というか、修理補給どちらもできるボロットがいるだけで他のサポートメカが霞むのに、さらに対空攻撃やマルチコンボも可能で射程もそこそこな多彩な武装が備わり、オマケに地形適応も良く武器の改造費用も安いという、 本当にこいつボスボロットか?と言いたくなるレベルで強い(しかもボスを乗せるとサブパイロットにムチャとヌケがついてくるため精神コマンドにも困らない)。 そもそもスパロボのナデシコはや、、ウィンキー時代のに匹敵するレベルの 最強クラスのユニットである。 ちなみにそれもあくまでユリカがいる時のナデシコでありルリが艦長時代のナデシコはまでは戦艦の中では中堅ぐらいの強さだったのでルリの発言はただの嫉妬にしか聞こえない ちなみににおいてシュテドニアス軍に鹵獲されてしまった事があるのだが、その際に あまりにも低い性能を補う為に補給装置が搭載された。 お陰で以降のスパロボ作品の殆どでボスボロットに補給装置(場合によっては修理装置も)が標準装備される事となった。 新スーパーロボット大戦ではまさかの マップ兵器を装備したスーパーボスボロットなるモノがスポット出演。 また、第2次Z破界篇ではマジンガーZが出ていながら参戦していないという珍しいことになった えっ? メチャクチャカッコよくなって参戦している? 確かに似ているけどです。 再世篇から本格的に参戦。 の面々が同乗しているという事で、が装備されている 何故かくろがね五人衆の精神コマンドは用意されていない。 機械獣はもちろん、や、や、挙げ句の果てには相手も果敢に立ち向かう、 当然、強化パーツで補強すれば宇宙でも大暴れ。 時獄篇では天元突破してとも渡り合うことも。 変な奴がデカイぞ! そしてでは、 くろがね五人衆withつばさ女将・feat. 暗黒寺&ガミアという最高に派手な面々が集う事になった。 しかも例によって 宇宙だろうとで乗り付けてくる ある意味精神コマンドが無いのに納得するような描写となっている。 変な奴が増えたぞ! 俺様の華麗なるボロットの性能を見て驚けだわさ パイロットであるボス本人は、その完成度に絶対の自信を持っているようであるボスボロット。 しかし、スーパーロボットとして見た場合の性能だが、お世辞でも決して良いものとは言えない。 TVアニメ版を例にして抜粋しただけでも以下の有様である。 敵の攻撃はおろか、 何か行動しただけで破損することもあるほど脆い。 両方が複合した時はさらに悲惨である。 敵の攻撃で錆びてしまい、歩くだけで壊れていき、しまいにゃの面々が見守る前で「たすけてくれ~、もうだめだ~」と悲鳴を上げながら崩壊してしまったこともある。 コクピットである頭部が分離しやすく、衝撃を受けると宙に舞い上がること多々。 碌な武装を積んでおらず、近付かなければ何も出来ない。 などなど、そのボロット振りは枚挙に暇が無く、基本戦闘に参加しても 足手まといにしかならない。 しかし、前述のようにパワーだけは凄まじいため、格闘戦はそれなりに有効打と成り得る(パンチでアームが破損するなど自滅することも多いが)。 『』では、 光子力3Dプリンターで作った爆弾類を蹴り込んだり投げつけたりと八面六臂の大活躍を繰り広げた。 また、それ故に普通の力作業などでは大活躍であり、戦闘後の 瓦礫撤去等の復興作業で役に立つことは多い。 他、パワー以外にも侮れない一面はあるにはある。 構造が単純なためか改造しやすいのも特徴で、脚にを取り付けて即席の高速移動手段にするなど、何気に汎用性が高い。 これを使って戦闘獣ダンテを倒した。 スクラップを材料にしているためか、修理が容易で復活速度は並み。 他の箇所はともかく頭部ユニットは異常なほど頑丈。 の胃液で身体が殆ど溶けて尚、頭部だけは無傷でありそのまま活動できていた。 時々意思を持っているかのように動くことがあり、ボスたちがパニックになって操縦を放棄しても 勝手に動いてくれる。 切り札の はボロットのお家芸とも言えるネタであり、スーパーロボット大戦シリーズなどでも精神コマンドや武装としてなど何らかの形で再現されていることが多い。 寸胴ボディの中にパイルダーやら何やらを隠し持っておくことができる。 一体どういうメカニズムで動くのかがわからなくなるレベル。 この僅かな利点を活かし、意外な活躍を見せることもある。 コメディリリーフだからと決して侮ってはいけない。 人はもちろん、ロボットも見かけに寄らないのである。 スピンアウト作品 ボスボロットを主役にしたギャグマンガ、いずれも原作:、作画:と。 『』 『』 ジャーンジャジャ~ン!関連イラストだわさ.

次の