ギター 初心者 安い。 初心者必見!ギターマニアが選ぶアコギのおすすめ人気ランキングTOP5

初心者必見!ギターマニアが選ぶアコギのおすすめ人気ランキングTOP5

ギター 初心者 安い

趣味であれ本気であれ。 以下、安いギターを進める理由を列挙する。 ギター初心者最初の一本:弾けるようになったら買い足せば良い もうこれだよね。 弾けるようになったら買い足せば良いのだ。 初めの頃なんてロクに弾けやしないだろう。 そんな状態で高価なギターを買っても宝の持ち腐れなんだ。 音の良し悪しもわからないだろうし、プレイアビリティ 演奏性 が優れているかもワカラナイ。 「 自分に合うギターとは何か」が、わからない状態で高価な物を買ってもしょうがないのだ。 だから安い物を買って、自分に合うギターとはなんぞやと、自分でまず認識する事が先決。 その後に高価な物を買い足せば良い話し。 弾ける様になってから高価ギターを買った方が、弾けないで買う数倍楽しいぞ。 長い目で見ても。 ペグの狂いを確認する方法は色々あるが、初心者でもわかり易い確認の仕方がある。 弦を張っている状態でペグを回したとき、テンション 張力 を感じれるかどうかだ。 テンションを感じれれば、ペグを回す際に 微量な硬さを感じるだろう。 この硬さがチューニングの安定に貢献する。 反面柔らかいと、弦を 指定位置で維持する事が出来なくなり、チューニングが不安定となる。 これはチューニング後に1弦から6弦までのペグをあえて回し、確認すること。 何か一つのペグが柔らかい場合、店員さんに即伝えよう。 単にペグをヘッドに取り付けているネジが緩んでいるだけかもしれないし、壊れているのかもしれない。 どちらにせよ店員さんに確認して貰うのが一番だ。 ギター初心者最初の一本:フレットのバリが無いか確認する フレットのバリとは、指板からフレットの端が飛び出ている状態の事だ。 主に空気が乾燥し、ネックの木材が縮む事で発生する。 これが飛び出ていると、最悪の場合 握った手が切れて流血する。 また血が出るほど飛び出ていなくても、手がチクチクして違和感を感じるだろう。 これは発見時、バリを取って欲しいと店員さんに伝えれば、 鉄ヤスリで削って簡単に調整してくれる。 別に購入前提で無くても。 これはいくら安物のギターだからと言っても、妥協してはいけない部分だ。 何故なら演奏が阻害される。 とは言っても、楽器屋に置かれているギターはある程度管理されていると思うから、バリが発生するギターは少ない。 ただ意識だけはしておこう。 ギター初心者最初の一本:オススメのギター ベース ここでギター初心者に対し、最初の一本として鞭男オススメのギター ベース を紹介しよう。 ずばりから発売されている、PLAYTECH プレイテック シリーズがオススメだ。 PLAYTECHは、音楽関連に特化したネット通販会社であるサウンドハウスの自社商品。 サウンドハウスは全ての商品を 国内最低価格で提供しており、ミュージシャン界隈では有名なお店。 商品購入後2週間以内に他店の方が安価で販売されている場合、その差額が返金される「国内最低価格保証」を行なっている。 送料も1500円以上で無料となるから、鞭男も現役でバンド活動していた時など、消耗品は全てサウンドハウスでまとめ買いしていた。 また欲しい楽器がある場合、楽器屋で試奏してサウンドハウスで購入する事も多かった。 消費者としては有り難いが、俗に言う 楽器屋殺しだ。 それは良いとして、このPLAYTECHシリーズは安くて非常に評価が高い。 試しに上記リンクから商品レビューを見て貰いたい。 結構な高評価が多いと思う。 もちろん品質が抜群に優れている訳では無いだろう。 ただ一万円以下のギターとしては十分との評価だ。 そして通販だからといってアフターサービスも抜かり無く、安心の1年保証。 しかも入門セットまである。 これさえあれば1万5千円を切った価格でスグにでもエレキを始められる。 良い時代になったなとつくづく感じるw 多少値は貼るが、レスポールタイプも。 しかも変形ギターまで。 PLAYTECHシリーズの良い所は、上記に限らずラインナップが豊富な事だ。 大手ブランドが販売している定番モデルがほぼ揃い、そのうえ配色も数多くある。 憧れのミュージシャンと同じ形、同じ色のギターが手に入りやすいって事だ。 しかもアコギまであり、驚異の価格。 エレキと引けを取らずライナップは豊富で、定番モデルを含め色違いまでも。 極めつけはベース各種まで揃っているからね。 鞭男がギターを始めた当初、PLAYTECHシリーズの様に低価格で高品質なギターが無かった。 それに比べたら今はマジで素晴らしい時代だと思う。 店舗運営費用がかからないから安いんだろうな。 たぶんw だがPLAYTECHシリーズは模倣品なので、本家のモデルと仕様は似通っているハズだ。 なので楽器屋で本家モデルを試奏し、自分の手や指に合うか試してから購入するのもあり。 先程述べた楽器屋殺しの様に心苦しい事ではあるが、消費者として最善の策だと鞭男は思う。 もちろんPLAYTECHシリーズ以外にも安くて良いギターはあるだろうから、地道に探してみよう。 そうこうしている内に、ギターの知識も付いて行くだろうしね。 ギター初心者最初の一本:それでも高いギターが欲しい貴方へ 初心者で弾けもしないのに、高価なギターが欲しい人は一定数いるだろう。 現に鞭男もそうだったから気持ちは分かるw 止めはしないし、それもアリだ。

次の

安いギターで抜群のコスパを!自分に合ったギターを賢く買うコツ

ギター 初心者 安い

・最低限しっかりとした作りになっている ・将来的により良いものを購入したとしても、サブとしても十分使える ・万が一挫折した場合でも、中古市場で最低限買い手がいる 細かく紹介していきます。 最低限しっかりとした作りになっている ギターの価格は20万を超えてくると、素材の良し悪しの問題でなくブランド料になってきます。 つまり、20万のギターと100万のギターの素材はほとんど変わらないが、100万の方はレスポールのカスタムショップで世界限定100本しか作られていないなど。 では20万より下はどうなのかというと、5万くらいから値段に応じて材料の品質が上がっていくと思ってください。 ようは5万くらいから、ちゃんとした作りのギターの部類になってくるということですね。 将来的により良いものを購入したとしても、サブとしても十分使える 真面目にギターの練習をしてある程度上達してくると、大半の人はこう思います。 「もっと良いギターが欲しい」 こうして遥かに性能が良いギターを手にすると、当然使用頻度が下がり現在のギターはサブになります。 サブの用途としては、 ・メインギターが修理中で使えない際に、ライブで使用 ・公園など外で練習する際に使用 などといった形になります。 万が一挫折した場合でも、中古市場で最低限買い手がいる これが結構重要。 ギターを手にするものの、挫折して手放す人が多いのも事実。 より高価なものを購入し、いらなくなり売却するというのもよくある話。 しかし、セットで1万円の格安ギターを中古で買う人なんているのでしょうか? 新品で1万円で買えるんだから、欲しい人は新品で買います。 つまり売りたくても売れないんですよ。 いらなくなっても決してお金を回収する方法はありません。 ですが、5万円前後のギターならばどうでしょう? このクラスからは最低限しっかりした作りになっているギターであるため、中古で2~3万円程度で買う人は多くいます。 のちのち売却する可能性も鑑みましょうという話。 「初心者が買うべきは安いギター?高いギター?ギター歴5年目で出た結論」まとめ 繰り返しになりますが、初心者の方は 「5万円前後のセット商品」を買っておけば間違いはありません。 憧れの人と同じモデルを買うんだ! という強い思いがある人などは別ですが、そこまでこだわりがなければ「セット商品」で間違いなし。 できれば実店舗で買った方が良いのですが、ネットで買う場合には「島村楽器」がオススメ。

次の

Q&A.14 安いエレキギターはやっぱりダメなんでしょうか?【エレキギター博士】

ギター 初心者 安い

「教則本、ギタースタンド、チューナー、交換弦、ストラップ、ピック、ソフトケース全てつけて1万2800円!」みたいな初心者用セットがありますが、僕は特別オススメはしませんが特別否定もしません。 上記に挙げたメーカーは安いといっても、3万前後くらいが相場。 とりあえず、練習できればいいというなら初心者ギターセットでも十分だと思います。 ただ、セットで売っていて必要ないなと思うものは、シールド、ピックあたり。 シールドに関しては、大体セットで付いてくるものはすぐに断線して音が鳴らなくなります。 また、ピックは買っても100円程度ですし、だったら自分に合ったものを選んだほうがいいでしょう。 もし、初心者ギターセットで安く購入したいと思うなら、オススメするのはYAMAHA ヤマハ のギターの初心者セット。 何本か初心者ギターセットのギターを弾いたことがありますが、やはりYAMAHAが一番作りがしっかりしています。 値段も、2~3万あれば一式揃います。 安い買い物はあとで高く付く 僕が上記のメーカーをオススメする理由は、長く使えるという点です。 廉価ブランドといっても、技術はしっかりしてます。 ギターというものは弾けば弾くほど、音が響くように鳴ってきます。 また、ネックが反ったり、配線が切れたりなどのトラブルも出てきます。 そういった面での修理の値段を考えると、最初からある程度の値段のものを購入したほうがいいでしょう。 初心者セットのギターに関しては、とりあえず練習するためにギターを持つという点ではいいのですが、作りが荒く、音程が悪いものも多いです。 弾けるようになると、必ず新しくギターが欲しくなるので、もう一度ギターを買うことになり、結局は高く付いてしまうことがあります。 ギターをやめる人が初心者用ギターセットを買う 経験則ですが、そういう印象を受けています。 簡単に言うと、「どれだけギターが弾きたいか?上手くなりたいか?」なんですよね。 5万円ギターに払った人は、5万円分上手くなります。 1万円ギターに払った人は、1万円分しか上手くなりません。 もちろん、各々の収入がありますし、性格もありますから一概には言えませんが、大体タダでギターをもらった人、できるだけ安くギターを買った人のほうがギターをやめる率は高いです。 ギターの値段の違いって何の違い? ギターは、木というナマモノを使っているので、「当たり」があります。 ギターをよく見てもらえばわかると思いますが、同じ型番、同じ値段で売られているものでも木目が全然違います。 木目が違うってことは、音が違うってことですよね? 楽器の値段というのは、要はどれだけ良い木や部品を使っているか? ということだと思います。 「このギターは安く売るから、手を抜こう」というのは、職人の行為としてはないでしょう。 そう信じたいです そうなると、安く仕入れた木材でも「当たり」もあれば「ハズレ」もあるし、高く仕入れた木材でも「当たり」もあれば「ハズレ」もあるってことです。 「魚沼産コシヒカリ」って言われたって、一定の信用があるだけで、農家の人それぞれの育て方も、その年の出来も違うし、魚沼の農家ごとに育てたコメを食べ比べたら全然味が違うはずですよね。 ギターと一緒に購入しておきたいもの.

次の