池田銀行インターネットバンキング。 法人インターネットバンキング(Q&A

法人のお客さまへ l 池田泉州銀行

池田銀行インターネットバンキング

ランキングレビュー 池田銀行インターネット支店のモバイルサイトからは、残高や入出金明細の照会、ペイジーを使った各種料金の払い込みなどが利用できる。 ポイント 先日付の振込予約も可能 家賃の振込や、受験料の払い込みなど、料金の支払い手段として銀行振込を利用する場面も少なくない。 少し先の振込について、忘れないうちに手続きをしておこうと思った場合に便利なのが振込の先日付け予約である。 池田銀行インターネット支店のモバイルサイトでは、先日付けの振込に対応しており、一ヶ月先まで予約可能となっている。 現在の残高が足りない場合でも、手続きだけを先に済ませることが可能となっており、思い立った時にすぐに振り込める点はありがたい。 総括 同行サイトでは、池田銀行で何ができるかといった情報がモバイルサイト上に分かりやすく記載されており、資料請求フォームも用意されている。 サービスに関する情報がここまで充実している銀行モバイルサイトは珍しい。 しかしながら、パソコンサイトで提供されているような、ユーザーの助けとなるFAQコンテンツが提供されていない点については今後の拡充を期待したい。 機能面においては残高照会や振込など、利用頻度の高い機能には対応しており、PCサイトの補助的な使い方ができるモバイルサイトとなっている。 (このレビューは2009年1月13日時点のサービスを基準にしております).

次の

池田銀行 インターネット支店(現 池田泉州銀行 インターネット支店)レビュー モバイルバンキングサイトランキング

池田銀行インターネットバンキング

池田泉州銀行の定期預金 池田泉州銀行には、選べる定期預金がたくさんあります。 池田泉州銀行の「スーパー定期」「スーパー定期300」 池田泉州銀行の定期預金について紹介します。 池田泉州銀行は、大阪府大阪市に本店を持つ地方銀行です。 はじめに、池田泉州銀行の「スーパー定期」、「スーパー定期300」について説明します。 「スーパー定期」は、預け入れ金額が1円以上300万円未満の定期預金を指します。 ただし、総合口座で預け入れをする場合、預け入れ金額は1万円以上です。 一方、「スーパー定期300」は、預け入れ金額が300万円以上の定期預金になります。 預け入れ金額以外に、名称の違いはありません。 また、スーパー定期、スーパー定期300を利用することができるのは、個人と法人の方です。 なお、スーパー定期、スーパー定期300には、単利型と複利型があります。 複利型を選択できるのは個人の方のみとなり、法人の方は選択できません。 まず、単利型のスーパー定期、スーパー定期300の預入期間ですが、定型方式は1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年、2年、3年、4年、5年、7年、10年から選択します。 満期日指定方式の場合は、1ヵ月超5年未満で満期日を指定します。 一方、複利型のスーパー定期、スーパー定期300の預入期間は、定型方式は3年、4年、5年、7年、10年から選択し、満期日指定方式の場合は、3年超5年未満で満期日を指定します。 平成29年9月11日現在のスーパー定期、スーパー定期300の店頭表示金利は、預入期間、預け入れ金額、単利型、複利型に関わらず、年0. 01%(税引後年0. 0079685%)です。 ただし、池田泉州銀行の支店窓口ではなく、ATMやテレホンバンキング、インターネットバンキングからスーパー定期、スーパー定期300を預け入れした場合、初回の預け入れ時のみではありますが、店頭表示金利に年0. 01%(税引後年0. 0079685%/平成29年9月11日現在)の金利が上乗せされます。 池田泉州銀行のスーパー定期は、少額から預け入れができ、預入期間の選択肢も多い商品です。 スーパー定期は、定期預金の中でもスタンダードでわかりやすい金融商品であり、これから貯金を始められる方にとって、候補となる定期預金商品の1つでしょう。 ただし、池田泉州銀行に限らず、メガバンクや地方銀行全般にいえることですが、金利面では魅力を感じることができません。 ただし、利息の期待はできませんが、定期預金は元本が保証されており、安心感のある商品です。 慣れた地元の銀行で、定期預金をしたい方は、貯める口座として池田泉州銀行のスーパー定期を利用することも良いと思います。 その場合、インターネットバンキングやATMなどを利用して預け入れをし、少しではありますが金利上乗せのメリットを享受してください。 池田泉州銀行の「大口定期預金」 次に、池田泉州銀行の「大口定期預金」について説明します。 大口定期預金は、個人および法人ともに利用可能です。 大口定期預金という名称どおり、預け入れ金額が1,000万円以上の大口であることが特徴で、預入単位は1円です。 預入期間は、定型方式の場合、1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年、2年、3年、4年、5年、7年、10年の中から選びます。 一方、満期日指定方式の場合は、1ヵ月超5年未満で満期日を指定することができます。 平成29年9月11日現在の店頭表示金利は、預入期間に関わらず、一律年0. 01%(税引後年0. 0079685%)で、先ほど紹介したスーパー定期、スーパー定期300と同じ金利が適用されています。 池田泉州銀行は、預け入れ金額1,000万円以上という大口定期預金であっても、スーパー定期、スーパー定期300と同じ金利が設定されています。 現在のような低金利時代は、池田泉州銀行に限らず、や他のでも同様のケースが多いです。 預け入れ金額が多いからといって、金利メリットを享受することはできません。 しかし、地元の銀行で通帳や証書を発行して大口定期預金を契約したいという方も多いと思います。 その場合は、預金保険制度の保護対象金額に注意してください。 預金保険制度は、金融機関が破綻した場合に、預金者に一定額の払戻しを行い、預金者を救済するための制度です。 ただし、預金保険制度では、保護の対象となる金額が定められており、定期預金や利息のつく普通預金等は、預金者1人あたり1金融機関ごとに合算し、元本1,000万円までと破綻日までの利息等が保護されることになります。 そのため預金保険制度で保護される1,000万円を超過する部分については、例えば同じ大阪府に本店を構える地方銀行の近畿大阪銀行に預けるなども検討の余地があると思います。 池田泉州銀行の「ダイレクトプラス定期」 続いて、池田泉州銀行の「ダイレクトプラス定期」について説明します。 ダイレクトプラス定期は、インターネットバンキング、テレホンバンキングを契約済みの個人の方が利用可能です。 ダイレクトプラス定期は、ATMや窓口ではなく、インターネットバンキングまたはテレホンバンキングで預け入れや残高の照会、解約手続きを行う定期預金です。 そのため、ダイレクト専用定期預金口座の通帳はなく、取引内容の確認もインターネットバンキングか、テレホンバンキングにて行います。 なお、ダイレクトプラス定期の利用には、予めインターネットバンキング、またはテレホンバンキングの契約が必要です。 預入期間は、1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年、2年、3年、4年、5年の中から選択します。 預け入れ金額は1万円以上、1円単位です。 平成29年9月11日現在のダイレクトプラス定期専用金利は、預入期間や預け入れ金額に関わらず、年0. 05%(税引後年0. 0398425%)です。 池田泉州銀行のダイレクトプラス定期は、スーパー定期や大口定期よりも金利の高い商品です。 ただし、両者と異なる点は、通帳などが発行されず、手続きもインターネットバンキングやテレホンバンキングといった非対面で行うところにあります。 適用される金利は、平成29年9月11日現在で、スーパー定期と比較すると5倍の差がありますので、少しでも高い金利を求めたいという方は、ダイレクトプラス定期を選ばれるのがよいでしょう。 一方、はセキュリティ面が不安だから利用したくないという方や、通帳に記録して側に置いておきたいという方もいると思います。 そのような方は、スーパー定期などの定番の定期預金の方が良いと思います。 この商品は、個人の方のみ利用が可能で、預入期間は最長5年です。 預け入れ金額は、1円以上1,000万円以内、1円単位です。 商品の特徴は、利息の計算方法が6ヵ月ごとの複利計算であることと、据置期間である6ヵ月が経過すれば、1万円以上1円単位で、いつでも自由に引き出しができる点です。 ただし、預け入れ金額が300万円以上の場合、一部引き出しができるのは300万円を超える部分のみとなります。 01%(税引後年0. 0079685%)です。 そのため、急な出費等でお金を引き出す必要がある場合も、臨機応変に対応することができます。 ただし、金利は、先ほどから説明しているスーパー定期や大口定期と同じ利率が適用となりますので、利息に関しては期待できません。 池田泉州銀行の「期日指定定期預金」 続いて、池田泉州銀行の「期日指定定期預金」について説明します。 この定期預金は、個人の方が利用できます。 預入期間は、最長で3年です。 満期日は、据置期間の1年経過後から3年までの間で、任意の日を指定することができます。 預け入れ金額は、1円以上300万円未満ですが、総合口座を利用して預け入れする場合は1万円以上300万円未満です。 また、据置期間である1年経過後は、1万円以上、1万円単位で一部解約も可能です。 平成29年9月11日現在の店頭表示金利は、預け入れ金額や預入期間に関わらず、一律年0. 01%(税引後年0. 0079685%)です。 池田泉州銀行の期日指定定期預金について説明しましたが、現在のような低金利の場合は、預入期間の長い定期預金に預けるメリットがありません。 できれば、預入期間が1年未満の定期預金で、できる限り金利の高い定期預金に預ける方が良いと思います。 池田泉州銀行の商品であれば、無通帳の口座ではありますが、先ほど紹介したダイレクトプラス定期が良いのではないでしょうか。 適用金利も、期日指定定期預金とダイレクトプラス定期であれば、5倍の差があります。 池田泉州銀行の「すみれの花定期預金」 次に、宝塚歌劇のチケットが当たる「すみれの花定期預金」について説明します。 この定期預金は、個人の方のみ利用可能です。 預入期間は、1年で自動継続型のみとなります。 預け入れ金額は、100万円以上、100万円単位です。 適用金利は、預け入れ時の金額に応じて、スーパー定期または、スーパー定期300の店頭表示金利になります。 この定期預金は、利息の他に、宝塚歌劇公演ペアチケットなどを、年間1,000組、2,000名の方に招待するという賞品が用意されています。 すみれの花定期預金の預け入れ金額100万円につき、抽選権は1口で、毎月末の預け入れ金額を基準とし抽選が行われます。 また、3年以上継続してすみれの花定期預金に預け入れしている場合は、抽選権が2倍になる特典もあります。 池田泉州銀行のすみれの花定期預金は、利息だけでなく、宝塚歌劇のチケットが当たるかもしれないという楽しみがある定期預金です。 預け入れ単位は100万円ではありますが、ミュージカルが好きな方であれば、単にスーパー定期に預けるのではなく、毎月抽選が行われるすみれの花定期預金に預け入れするのはいかがでしょうか。 すみれの花定期預金で適用される金利は、スーパー定期です。 もちろん、チケットは抽選のため、必ずもらえるわけではありません。 しかし、低金利で利息を受け取る楽しみを感じられない中、このような池田泉州銀行らしいユニークな定期預金に預け入れされるのも良いと思います。 池田泉州銀行の「宝くじ付定期預金」 続いて、池田泉州銀行の「宝くじ付定期預金」について説明します。 この定期預金は、預け入れ金額に応じて、宝くじがプレゼントされるという定期預金です。 利用は、20歳以上の個人の方になります。 預入期間は3年で、自動継続型です。 預け入れ金額は、1口あたり300万円以上、1,000万円以下、1円単位になります。 平成29年9月11日現在の宝くじ付定期預金の金利は、年0. 001%(税引後年0. 00079685%)で、利息は6ヵ月ごとの複利で計算されます。 プレゼントされる宝くじは、年末ジャンボ宝くじで、預け入れ金額により送付される宝くじの枚数が異なります。 預け入れ金額300万円以上600万円未満は、年1回の送付で10枚、600万円以上900万円未満は、年1回の送付で20枚、900万円以上1,000万円以下は、年1回の送付で30枚です。 宝くじは、毎年10月末を基準日として、宝くじ付定期預金を預け入れしている方に送付されます。 なお、注意点ですが、宝くじ付定期預金は、満期日まで預け入れする方を対象に宝くじを送付しているため、原則中途解約ができません。 そのため、池田泉州銀行がやむをえないと認めて中途解約に応じた場合等は、宝くじの提供の中止、場合によっては提供した宝くじの購入費用を預金者が負担する場合があります。 池田泉州銀行の宝くじ付定期預金は、預入期間が3年という預入期間の長い定期預金です。 途中で解約することのないように、余裕資金で預け入れすることをおすすめします。 なお、宝くじ付定期預金に300万円を預け入れした場合、3年間で得られる宝くじは合計30枚です。 これは、金額に換算すると9,000円分になります。 一方、スーパー定期300に300万円を預け入れした場合、3年間で得られる利息は約700円です。 この宝くじ付定期預金の金利は、スーパー定期300の金利である年0. 01%(税引後年0. 0079685%/平成29年9月11日現在)に比べてさらに低く、池田泉州銀行の普通預金の金利と同じです。 しかし、プレゼントされる宝くじの金額は、同じ期間スーパー定期300に預けて提供される利息よりも多く、高額当選の可能性もゼロではありません。 定期預金に楽しみがプラスされていますので、3年間預け入れできる余裕資金がある方で、毎年自身で宝くじを購入している方や、少し変わった定期預金がしたいという方は、楽しめる定期預金なのではないでしょうか。 池田泉州銀行の「年金定期預金」 次に、池田泉州銀行で公的年金等を受け取る方を対象とし、金利が上乗せされる「年金定期預金」について説明します。 年金定期預金は、年金や各種手当の受取口座がある池田泉州銀行の支店でのみ、預け入れができます。 預け入れ可能な方は、池田泉州銀行で公的年金を受け取っている方や、池田泉州銀行で児童扶養手当や特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当等の各種手当を受け取っている方です。 預け入れ時には、年金や手当の振込みが確認できる通帳や手当証書等の提示が必要です。 預入期間は1年で、預け入れ限度額は一人あたり合計で1,500万円までです。 預け入れ金額により、上乗せ金利は異なります。 預け入れ金額500万円までは、スーパー定期、スーパー定期300の1年ものの店頭表示金利に、年0. 1%(税引後年0. 079685%/平成29年9月11日現在)が上乗せされます。 預け入れ金額1,000万円までは、金額に応じてスーパー定期、スーパー定期300、大口定期の1年ものの店頭表示金利に、年0. 05%(税引後年0. 0398425%/平成29年9月11日現在)上乗せされます。 なお、年金定期預金は、預入期間1年の自動継続型であり、継続時に引き続き年金定期預金の預け入れ条件を満たしている場合は、継続時の年金定期預金の上乗せ金利が適用されます。 ただし、継続時に年金定期預金の預け入れ条件を満たしていない場合、スーパー定期、スーパー定期300、大口定期の店頭表示金利が適用されます。 加えて、公的年金を池田泉州銀行の口座で受け取る方は、上乗せ金利だけではなく、池田泉州銀行のATMや、駅のATMのPatsatのATM時間外手数料が無料になるサービスや、預金者の誕生月に合わせてプレゼント引換券が提供される特典なども用意されています。 池田泉州銀行の年金定期預金は、預け入れ金額の上限が1,500万円までと比較的多いのが特徴です。 ただし、預け入れ金額によって上乗せ金利が異なる点に注意が必要です。 例えば750万円を年金定期預金に預け入れする場合、年0. 1%(税引後年0. 079685%/平成29年9月11日現在)が上乗せされるのは500万円までで、残りの250万円は年0. 05%(税引後年0. 0398425%/平成29年9月11日現在)の上乗せになります。 年金世代の方は、高いリスクは取らずに、安定的に資産を運用していくことが大切です。 年金定期預金は、通常の定期預金よりは金利が優遇されていますので、有効に活用してください。 池田泉州銀行の「プレ年金定期預金」 続いて紹介するのは、池田泉州銀行の「プレ年金定期預金」です。 プレ年金定期預金は、まだ年金受給権が発生していない55歳以上65歳未満の方で、池田泉州銀行で公的年金の受け取りを予約する方が利用できます。 預け入れ期間は、1年、2年、3年、4年、5年から選択できます。 なお、プレ年金定期預金には、単利型と複利型があり、複利型を選択した場合の預け入れ期間は3年、4年、5年からの選択になります。 預け入れ金額の上限は、1,000万円までです。 適用金利は、預け入れ金額に応じて、スーパー定期、スーパー定期300、大口的預金の店頭表示金利に年0. 05%(税引後年0. 0398425%/平成29年9月11日現在)が上乗せされます。 プレ年金定期預金の申込みは、窓口で「年金お受取ご予約申込書」の提出が必要です。 なお、プレ年金定期預金は、年金の受け取りを予約した口座がある池田泉州銀行の支店でのみ預け入れが可能です。 プレ年金定期預金で上乗せされる金利は、平成29年9月11日現在は年0. 05%(税引後年0. 0398425%)です。 そのため、現在、プレ年金定期預金に預け入れしたとすると、適用される金利は、スーパー定期等の店頭表示金利である年0. 01%(税引後年0. 0079685%/平成29年9月11日現在)に年0. 05%を上乗せした、年0. 06%(税引後年0. 047811%/平成29年9月11日現在)になります。 先ほども説明したように、大口定期預金であっても、年0. 01%(税引後年0. 0079685%/平成29年9月11日現在)の時代です。 少しでも金利は高い方が良いと思いますので、55歳以上65歳未満の方で定期預金の利用を検討されている方は、プレ年金定期預金を利用されてはいかがでしょうか。 年金の受給前から上乗せ金利が適用されますので、検討の余地はあると思います。 池田泉州銀行の「退職金一時預りプレミアムプラン」 次に、池田泉州銀行の「退職金一時預りプレミアムプラン」について説明します。 この商品は、退職金を受け取られた方に、退職金専用の特別金利が適用されるお得な商品です。 利用できる方は、池田泉州銀行の口座に退職金を入金された個人の方ですが、他の金融機関で退職金を受け取った場合も、池田泉州銀行の口座に預け替えした場合は利用することができます。 この基本プランに加え、まだ年金受給権が発生していない55歳以上65歳未満の方で、池田泉州銀行で公的年金の受け取りを予約する方については、基本プランに比べ、より金利の高い年金受取予約プランを選択することができます。 適用される金利は、退職金を預け入れした基本プランの方は、2ヵ月もの年2. 0%(税引後年1. 5937%/平成29年9月11日現在)ですが、退職金に加え年金の受け取り予約をされた方が利用できる、年金受取予約プランは、2ヵ月もの年2. 5%(税引後年1. 992125%/平成29年9月11日現在)です。 預け入れ金額は、300万円以上で、退職金の受取金額の範囲内となります。 なお、特別金利が適用されるのは当初2ヵ月間のみであり、満期日以後は普通預金の店頭表示金利が適用されます。 利用時の条件として、退職金の入金を確認するため、退職金受取口座の預金通帳が必要です。 また、他の金融機関で退職金を受け取った場合は、「退職所得の源泉徴収票」等の退職金の確認ができる資料が必要です。 また、申込みは、退職金の受取日から1年以内で、本プランの利用は1回限りです。 東京支店とインターネット支店・ダイレクト支店では取り扱いをしていません。 退職金運用には、退職金一時預りプレミアムプランのような、退職金の受け取りによって優遇される定期預金を利用した方が良いと思います。 なお、池田泉州銀行の場合は、他の金融機関で退職金を受け取られた方も、退職金を池田泉州銀行に預け替えをすれば退職金一時預りプレミアムプランの利用が可能です。 他の金融機関では、退職金専用の特別金利の適用を受けるには、退職金を該当の銀行で受け取ることが条件になっている金融機関もあります。 そのため、予め預け替えする順番を考えた上で、退職金の振込先銀行を検討し、複数の金融機関の退職金の優遇金利の提供を受けるために、預け替えをしている方もいます。 退職金の受け取り日から1年以内であれば、池田泉州銀行の退職金一時預りプレミアムプランの利用は可能ですので、そのあたりも考えて利用されるのが良いかもしれません。 池田泉州銀行の「相続定期預金」 続いて説明するのは、池田泉州銀行の「相続定期預金」です。 この定期預金は、金融機関での相続手続きを完了した1年以内に、その相続によって取得した預金を預け入れする個人の方が対象となります。 預入期間は6ヵ月のみで、自動継続型の取り扱いはありません。 預け入れ金額によって名称が異なり、預け入れ金額が100万円以上1,000万円未満は「池田泉州ゴールドプラス」、預け入れ金額が1,000万円以上のものを「池田泉州プラチナプラス」といいます。 ただし、預け入れ金額は、相続金額受取額の範囲内になります。 適用される金利ですが、預け入れ金額が100万円以上1,000万円未満の「池田泉州ゴールドプラス」は、スーパー定期、スーパー定期300の6ヵ月ものの店頭表示金利に年0. 3%(税引後年0. 239055%/平成29年9月11日現在)が上乗せされます。 また、預け入れ金額が1,000万円以上の「池田泉州プラチナプラス」は、大口定期の6ヵ月ものの店頭表示金利に年0. 4%(税引後年0. 31874%/平成29年9月11日現在)が上乗せされます。 なお、満期日以降は、普通預金の金利が適用されます。 池田泉州銀行で相続手続きをした場合は、預け入れ時の確認書類等は不要ですが、他の金融機関で相続手続きをした方は、預金者が相続人であることや、金融機関での相続手続き完了時期、相続により引き継いだ資金であることを確認できる書類の提出が必要です。 また、この商品は、店頭限定の商品であり、支店窓口での申込みに限られています。 相続定期預金は、6ヵ月の期間限定ではありますが、高金利の商品です。 申込み条件を満たしている方は、利用されるのが良いと思います。 定期預金であり、元本も保証されていますので安心です。 また、メガバンクや地方銀行に比べ高金利とされるネットバンクよりも、高い金利が提供されていますのでおすすめです。 池田泉州銀行の「相続定期預金」 次に、池田泉州銀行の「積立式定期預金ワン・ツー・ラブ」と、「積立式定期預金(個人のお客さま向け)」について説明します。 どちらの商品も個人の方が利用できます。 これら2つの積立式定期預金の異なる点は、積立式定期預金ワン・ツー・ラブの場合、通帳がファミリアのラブラドールレトリバーの兄弟がデザインされた通帳であること、加えて毎月1万円以上の積み立てをされる方には、同じくラブラドールレトリバーデザインの通帳ケースがもらえることです。 それ以外については、両商品は同じ商品内容です。 積み立て金額は1回あたり5,000円以上、1,000円単位です。 積み立て方法は、毎月一定の金額を指定の口座から自動的に引き落とす定額積立のほか、毎月の積み立てとは別に、ボーナス月などを利用して年2回まで積み立ての増額を指定することもできます。 また、窓口やATMなどから随時預け入れをすることも可能です。 積立期間は、積立期間が1年以上であれば、何年でも預け入れることができる「一般型」と、予め目標となる満期日を指定し、積み立てをする「目標型」の2種類があります。 なお、「目標型」の場合は、4ヵ月以上10年以内で満期日を指定し、預け入れから1年が経過すれば、預金の一部を1万円以上から引き出すことも可能です。 適用金利は、一般型の場合は、期日指定定期預金の店頭表示金利が適用され、目標型の場合は、預け入れ期間に応じて期日指定定期預金または、スーパー定期の店頭表示金利が適用されます。 なお、平成29年9月11日現在の適用金利は、預け入れ金額や預入期間に関わらず、いずれも年0. 01%(税引後年0. 0079685%)です。 積立式定期預金は、手間をかけずに確実にお金を貯める手段として有効です。 指定した金額が指定した日に自動的に積み立てられることで、目標としている金額に向けて確実に貯蓄することができます。 また、池田泉州銀行の「積立式定期預金ワン・ツー・ラブ」は、非常にかわいらしい通帳になっていますので、子どもや孫への教育資金等の積み立て用として利用されても良いと思います。 積立式定期預金は、金利という点ではあまりメリットを見いだせない商品ですが、先取り貯蓄が良いといわれているように、最小限の手間で貯蓄をすることができる商品です。 これからお金をコツコツ貯めていきたいという方に、積立式定期預金はおすすめです。 池田泉州銀行の「資産運用セットプラン」 最後に、池田泉州銀行の投資信託と定期預金がセットになった、「資産運用セットプラン」について説明します。 このプランは、投資信託と円定期預金を同時に申込みすることによって、円定期預金の金利がアップするセット商品です。 投資信託と円定期預金の申込み総額が50万円以上であることが条件ですが、投資信託と円定期預金の申込割合によって円定期預金の金利が異なります。 まず、投資信託が申込み総額の50%以上、円定期預金が50%以下の場合のプランです。 申込み総額が50万円以上ですので、投資信託の申込み額が25万円以上であることが必要です。 「基本プラン」の円定期預金の適用金利は、3ヵ月ものの円定期預金が年2. 0%(税引後年1. 5937%/平成29年9月11日現在)になります。 その他にも、預け入れ日当日に持参した現金などの新たな資金で預け入れした場合は、「ご新規プラン」としてさらに金利が上乗せされ、3ヵ月ものの円定期預金が年2. 5%(税引後年1. 992125%/平成29年9月11日現在)になります。 また、年金を池田泉州銀行で受け取りの方には、「年金受取プラン」として3ヵ月ものの円定期預金が年3. 0%(税引後年2. 39055%/平成29年9月11日現在)となります。 その他、退職金の受け取りから1年以内の申込みで、退職金を池田泉州銀行の口座に入金した方は、「退職金プラン」として3ヵ月ものの円定期預金が年5. 0%(税引後年3. 98425%/平成29年9月11日現在)になります。 加えて、池田泉州銀行で初めて投資信託口座を開設して1年以内の方は、「投信はじめてプラン」として3ヵ月ものの円定期預金が年5. 0%(税引後年3. 98425%/平成29年9月11日現在)になります。 また、NISA口座、ジュニアNISAで投資信託を購入した場合は、それぞれのプランに年1. 0%(税引後年0. 79685%)の金利が追加で上乗せされます。 さらに、投資信託の申込割合を低くし、円定期預金の割合を高くしたプランもあります。 投資信託の申込割合が20%以上で、円定期預金の申込割合が80%以下のプランです。 先ほどと同様に、申込み総額50万円以上という条件は変わりませんので、投資信託の申込み額は10万円以上になります。 適用金利ですが、「基本プラン」は、3ヵ月ものの円定期預金が年0. 8%(税引後年0. 63748%/平成29年9月11日現在)、「ご新規プラン」は、3ヵ月ものの円定期預金が年1. 0%(税引後年0. 79685%/平成29年9月11日現在)、「年金受取プラン」は、3ヵ月ものの円定期預金が年1. 2%(税引後年0. 95622%/平成29年9月11日現在)、「退職金プラン」は、3ヵ月ものの円定期預金が年2. 0%(税引後年1. 5937%/平成29年9月11日現在)、「投信はじめてプラン」は、3ヵ月ものの円定期預金が年2. 0%(税引後年1. 5937%/平成29年9月11日現在)です。 さらに、NISA口座、ジュニアNISAで投資信託を購入した場合は、それぞれのプランに年0. 4%(税引後年0. 31874%)の金利が追加で上乗せされます。 金利の高さが魅力的な、資産運用セットプランですが、いくつか注意点があります。 まず、定期預金の特別金利は、当初預け入れの3ヵ月間のみであるということです。 3ヵ月経過後は、スーパー定期3ヵ月ものの店頭表示金利になります。 利用を検討される際は、3ヵ月で得られる利息を計算してください。 また、同時に申し込む必要がある投資信託は、元本が保証されている商品ではありません。 投資信託は定期預金とは異なり、預金ではなく、受取金額が投資元本を割り込むことがあります。 そのようなリスクは、申込み者自身が負うことになります。 定期預金で得られる利息と、投資信託によって申込み者自身が負うリスクの両面を考えることが大切です。 定期預金の金利に飛びつくのではなく、ご自身がとれるリスクを冷静に考えた上で、利用を検討してください。 池田泉州銀行の定期預金の選び方 池田泉州銀行の定期預金について説明しましたが、いかがでしたか。 池田泉州銀行は、非常にたくさんの種類の定期預金を扱っています。 ただし、年金や退職金、相続などを対象とした、利用できる方の限られる定期預金やダイレクトプラス定期などをのぞくと、多くの金利が年0. 01%(税引後年0. 0079685%/平成29年9月11日現在)です。 そのため、無通帳の口座ではありますが、池田泉州銀行で定期預金を預け入れするのであれば、年0. 05%(税引後年0. 0398425%)の金利が適用される、ダイレクトプラス定期を利用するのが良いのではないでしょうか。 この金利は、メガバンクや地方銀行よりも高く、またインターネット専業銀行と比較しても遜色のない金利だと思います。 また、金利にこだわらず、とにかく定期預金ができればいいという方は、定番のスーパー定期をATMやインターネットバンキングなどを使って預け入れすることで、初回預け入れ時のみ店頭表示金利に年0. 01%(税引後年0. 0079685%/平成29年9月11日現在)の金利が上乗せされるというメリットを受けることもできます。 池田泉州銀行では、年金や退職金、相続など、預金者の状況に応じて金利が上乗せされる様々な定期預金が用意されています。 また、すみれの花定期預金のような利息ではなく、抽選で当たるかもしれない賞品を楽しむことができる定期預金もあります。 選べる定期預金がたくさんある分、選ぶことが難しいかもしれませんが、ご自身の目的にあった定期預金を選んでください。 メニュー• コラム• カテゴリー•

次の

法人インターネットバンキング(Q&A

池田銀行インターネットバンキング

電子証明書 Q1 電子証明書方式とはなんですか?• 電子証明書方式とは、当行が発行する電子証明書をお客さまのパソコンにインストールしていただくことにより、法人インターネットバンキングでご利用いただくパソコンを特定することができる本人認証方式です。 電子証明書をインストールしたパソコン以外からはログインができない仕組みとすることにより、不正使用の防止が図れます。 Q2 電子証明書方式とログインID方式の違いはなんですか?• 電子証明書方式では電子証明書およびログインパスワードにより、契約者ご本人であることを確認します。 電子証明書をインストールしたパソコンのみご利用いただけます。 ログインID方式ではログインIDおよびログインパスワードにより、契約者ご本人であることを確認します。 ご利用のパソコンを選ばずインターネット環境があれば、どのパソコンからでもご利用いただけます。 Q3 電子証明書を利用するのに利用手数料がかかりますか?• 無料でご利用いただけます。 Q4 電子証明書の有効期限はありますか?• 電子証明書をインストールしてから1年間です。 お客さまには有効期限が切れる1ヵ月前に法人インターネットバンキングのトップページおよび電子メールにて有効期限のご案内をしますので更新のお手続きを行ってください。 有効期限を過ぎてしまった場合には、改めて電子証明書の取得を行ってください。 その際にはログインIDが必要となりますので、ログインIDをお忘れにならないようご注意ください。 (ログインIDをお忘れの場合はをご覧ください。 ) Q5 OSやブラウザの指定はありますか?• をご覧ください。 Q6 パソコンの買い換えまたは、利用するパソコンが変更になる場合、どのような手続きが必要ですか?• パソコンの故障等によりマスターユーザまたは管理者ユーザでログインできない場合は、「法人インターネットバンキング電子証明書失効依頼書」でのお手続きが必要となります。 代表口座のお届出印をお持ちのうえ、お取引店でお手続きください。 当行での失効操作完了後、新たに利用するパソコンで電子証明書の再取得を行ってください。 Q7 電子証明書方式に切替えた場合でも、ログインID方式でログインできますか?• ログインID方式ではログインできなくなります。 Q8 ログインID方式から電子証明書方式に変更したいのですが?• 「法人インターネットバンキング認証方式切替依頼書」をお取引店にご提出ください。 認証方式切替の案内通知後、電子証明書取得の操作を行っていただきます。 切替依頼書はをご覧ください。 Q9 電子証明書の削除はどうすればできますか?• 削除の方法を「不要になった電子証明書の削除方法ページ」に記載しています。 詳しくはをご覧ください。 電子証明書が有効な場合に削除されますとログイン出来なくなりますのでお気をつけください。 Q10 誤って自分の電子証明書をパソコンから削除してしまったのですがどうしたらよいですか?• A10• 電子証明書失効依頼書をお取引支店にご提出後、あらたに電子証明書の取得を行ってください。 取扱方法はをご覧ください。 Q11 複数台のパソコンから利用できますか?• A11• マスターユーザ(管理者)がユーザ(担当者)を追加作成することで、複数台のパソコンからご利用いただけます。 なお、電子証明書は1契約で最大20枚まで発行が可能です。 (マスターユーザ1枚、ユーザ19枚) Q12 ログインIDを変更できますか?• A12• 電子証明書方式の場合は、マスターユーザのIDは変更できません。 ユーザについては、マスターユーザがユーザを削除・登録することで、ログインIDを変更することができます。 Q13 電子証明書の取得後にWindowsのユーザーアカウントやパスワードを変更しても利用できますか?• A13• Windowsのユーザーアカウントやパスワードを変更すると、ログインできなくなります。 電子証明書取得時のユーザーアカウント・パスワードに戻していただくか、新しいユーザーアカウント・パスワードにて再度電子証明書を取得していただく必要がございます。

次の