コカイン。 日本の若者の間で「コカイン」が流行中! 売人に直撃取材、メディアが報じない衝撃実態「風邪薬入れ込み、グラム☓円…」

コカイン

コカイン

Photo By Shutterstock 文:岩見旦 日本生まれの「猫用コカイン」とは? 日本生まれのある商品が、海外で「猫用コカイン(KittyCrack)」と呼ばれ、評判を集めている。 もちろん本当のコカインではない。 猫たちが、まるでコカインのような中毒性で欲することから、このように呼ばれている。 海外のAmazonには、「冗談じゃない!うちの猫はこの商品が大好きすぎて、キャビネットをドンドン叩いて催促してくるのよ!もう完全に狂ってしまったわ!」「初めてレビューを書き込むよ!うちの猫はこれに夢中なんだ!」「ウェットフードを絶対食べなかったうちの猫が、この商品は大好きなの!」など大評判。 世界の猫を夢中にさせる「CIAOちゅ〜る」 この商品とは、いなばペットフードの「CIAOちゅ〜る」。 可愛いCMソングでお馴染みの、猫用のスティックタイプの液状おやつだ。 この商品が、海外では「猫用コカイン」と呼ばれている。 実は「CIAOちゅ〜る」は日本だけでなく、北米やアジアなど世界各地で販売されている。 北米のAmazonでは星が4. 8と、高い人気を誇っている。 Instagramでは「」のハッシュタグで、海外の猫たちが目の色を変えて、「CIAOちゅ〜る」にむしゃぶりついている様子が4000件以上も投稿されている。 「CIAOちゅ〜る」は世界中の猫を虜にしているのだ。 「CIAOちゅ〜る」の海外の反応に1万7000リツイート! 海外での「CIAOちゅ〜る」の評判に驚いたTwitterユーザーの774さんは1月26日、その内容をツイート。 この投稿は1万7000件を超えるリツイートを記録し、大きな注目を集めた。 ちゅ〜るって海外にも輸出してるのかな?評判はどうなのかな?と調べてみたら、やっぱり食いつきが良く売れてる上に猫用コカイン(Kitty Crack)呼ばわりされててワラタ — 774 う125-し89 na74 このツイートに対し、「面白すぎる!」「アメリカならではの豪快な呼び方に脱帽」と思わず吹き出した人を始め、「確かに食いつきが尋常じゃない…」「確かに瞳孔開きっぱなし」など実際にペットの猫に「CIAOちゅ〜る」を与えている飼い主からの反響も寄せられた。 その後米アマゾンレビュー見てたら日本のかつおぶしお徳用大容量パックも高純度猫用コカイン呼ばわりされててワラタwww 臭いで隣んちの犬が襲撃してきたとかのカチコミレビューまであった しかもこっちは飼い主もいっしょにキメられるCOOL — 774 う125-し89 na74 ちなみに、花かつおを「猫用コカイン」と呼んでいる人も。 Amazonのレビュー欄は猫用おやつとしてのコメントで溢れかえり、質問欄で「人間が食べても大丈夫ですか?」と書かれる始末だ。 猫たちをホットにする「CIAOちゅ〜る」。 意外なところにクールジャパンがあるのかもしれない。

次の

「覚醒剤」と「コカイン」と「ヘロイン」と「アヘン」と「大麻」と「マリファナ」の効果や副作用の違い

コカイン

命取りの白い粉 コカインは、最も危険な薬物のひとつとして知られています。 一度この薬物を取り始めると、身体的にも精神的にも、その支配から自由になることはほとんど不可能なことがわかっています。 身体的には、この薬物は脳内の主な反応器(体内の変化を感じ取る神経の末端部)を刺激することで陶酔感をつくり出します。 この薬物を使用する人はすぐに耐性ができるため、同じ効き目を得るためには、より多くの量を頻繁に摂取しなくてはならなくなります。 今日ではコカインは世界中に広がり、何十億ドルも稼ぎ出す産業となっています。 コカインを使用する人はあらゆる年齢、職業、経済レベルに及んでおり、8歳の児童が使用していた例さえあります。 コカインを摂取すると、呼吸器の障害、脳卒中、脳内出血、心臓発作などを起こすことがあり、それにより死に至ることがあります。 コカイン中毒の母親から生まれてくる子供たち自身も中毒となります。 その多くが生まれつきの障害、そして他にも数多くの問題を抱えています。 その危険性にもかかわらず、コカインの使用は増加する一方です。 おそらく薬物使用者は、中毒へとのめりこんでいくきっかけとなった最初の理由を解決することが難しいのでしょう。 結晶状のコカインはクラック・コカインと呼ばれています。

次の

乱用される薬物の種類/コカイン

コカイン

目次 (項目へとびます)• アミントランスポーターはシナプス間隙のノル を再取り込みする輸送体であり、これが阻害されると がシナプス間隙に蓄積する。 コカインによってアミントランスポーターが阻害されると、シナプス間隙のノルアドレナリン濃度が高まり、交感神経興奮作用を示す。 これにより、血管収縮を引き起こす。 血管収縮が起きるとコカインの吸収が遅くなり、局所にとどまるため麻酔作用が持続する。 中枢作用 コカインは麻薬であり、中枢に対して強い興奮作用を示す。 疲労感がなくなる• 精神的発揚作用がある といった作用があり、連用によっては精神的依存を形成しやすい。 また、コカインを増量すると間代性痙れんを起こす。 適用方法• 表面麻酔法 コカインは組織浸透性がよいため、表面麻酔法が用いられる。 表面麻酔法以外の適用方法は、副作用がでるため用いられない。 このような不都合があり、合成局所麻酔薬が開発された。 口腔・咽頭・喉頭・気道・尿道の粘膜麻酔• 眼科用(点眼)• 外用(軟膏).

次の