あしっと。 アシッドジャズ

【プロが選ぶ】ジャズの名曲30選

あしっと

Acid Black Cherry「エストエム」のPV動画について Acid Black CherryのエストエムのPV動画なのですが、これは密会の時に限定で公開された動画。 保存したりネット上にアップしたりは禁止というルールがありました。 これはyasuさんが当時、話していたと思います。 yasuさんがファンの為を思って作ったPV動画で、yasuさんが保存やアップなどしないでと言っていたので多くのAcid Black Cherryファンは守っていたはずです。 しかし、実際にはネット上にアップされていますね。 YouTubeとかで検索すれば出てきます。 この行為に対し、yasuさんへの裏切りだ・・・とエストエムのPV動画をアップした人へ怒りが・・・。 Acid Black Cherryファンからしたら気分がいいことではないですもんね。 たしかに、また見たかった・・・という意見もありましたが。 このエストエムは「L」というアルバムに収録されている曲で、Lというアルバムが発売する前に密会で限定公開されたもの。 なので多くのファンは出だしだけのPV動画を見ることでワクワクして期待が高まっていたはずです。 エストエムのPVの続きを作ってほしい!見たい!と言った意見も数多くありましたね。 出だしからインパクトがあり、とてもカッコいいPV。 yasuさんの吐息の部分に「キュン」となった女性ファンも大勢いることでしょう。 Acid Black CherryのエストエムのPV動画、アップはダメじゃん!と言いつつ、ついつい見てしまう人もいるのでは・・・。 その証拠に、YouTubeにアップされたエストエムのPV動画は4万以上、再生回数があります。 「いけないってわかっていながら~PVを見てしまい~(糸綱渡り~)」by蝶、と変な替え歌はどうでもいいですが(笑) ただ、エストエムはライブでかなり盛り上がるし、人気曲。 これからはライブで思う存分聞きたいなと思います。 また、カラオケでも歌いたいですね! 以上、Acid Black CherryのエストエムのPV動画についてでした。

次の

アシッドハウス(ACID HOUSE)|ホットペッパービューティー

あしっと

概要 [ ] 、DJのポール・マーフィーが・カムデンのクラブ「Electric Ballroom」にて、ジャズのレコードを選曲したイベント「Jazz Room」を開催した。 また、のクラブ「Berlin」では、DJのコリン・カーティスとダンス・グループのジャズ・ディフェクターズによるジャズ・イベントが話題となり、ジャズに合わせて踊る文化が生まれた。 、「Jazz Room」はロンドン・ソーホーのクラブ「The Wag Club」へ移転し、、バズ・フェ・ジャズらのDJを輩出した。 にサイモン・ブース率いるは、「Electric Ballroom」で選曲されていたに影響を受けてアルバム『ワーキング・ナイツ』を制作した。 サイモン・ブースは、アルバム『ワーキング・ナイツ』に収録された「Stella Marina」がアシッド・ジャズとして最初に作られた楽曲であるとの見解を示している。 1985年、DJのクリス・バングスとジャイルス・ピーターソンによりジャズ・イベント「Special Branch」、「Mambo Madness」が開催され、クラブにおけるジャズ・シーンが発展する。 その後、「Special Branch」は、ので開催されるまでに規模が拡大した。 に、ロンドン・カムデンロックのクラブ「Dingwalls」で開催されたジャイルス・ピーターソン、パトリック・フォージ、ボブ・ジョーンズらのDJによるイベント「Talkin' Loud and Saying Something」が反響を呼び 、ジャズのムーブメントは定着していった。 、ファッション雑誌『I. 』が、クリス・バングス、ジャイルス・ピーターソンらを特集したことにより、ジャズ・シーンは急激に勢いをつけ、1990年には、イギリス全国のクラブ、バー、パブ、大学等で数多くのイベントが催され、アシッド・ジャズのスタイルが確立した。 アシッド・ジャズ・シーンは、従来のジャズ・ダンス・シーンと音楽性に変わりはなく、同一のジャズ・ムーヴメントを指している。 アシッド・ジャズの普及には、ポール・ブラッドショウが編集長を務める音楽雑誌『Straight No Chaser』も貢献した。 同誌はアシッド・ジャズを頻繁に取り上げた他、アートワークを重視しアシッド・ジャズのイベント・を手掛けるイアン・スウィフト Swifty を表紙のデザイナーに起用した。 イアン・スウィフトは、ジャイルス・ピーターソンが設立したレーベル「」のアートワークも数多く手掛けている。 アシッド・ジャズを掲げたクラブのイベントでは、ジャズ・ファンク、ソウル・ジャズを中心に、等の や、の「」、の「The Sidewinder」といったスタンダード・ジャズから、/、等のまで、様々な楽曲がDJによって選曲された。 また、時代の経過とともに、ジャズの音源を・ソースに用いたやも選曲されるようになった。 語源とその背景 [ ] アシッド・ジャズのアーティストであるスノウボーイが語源について関係者へインタビューを重ねたところ、1988年2月6日にのウォーターマンズ・アーツ・センターで行われたイベント「Special Branch」で、DJをしていたジャイルス・ピーターソンが、の「The Feast」との「Message From Kenya」を選曲した際に、共にDJをしていたクリス・バングスが、DJブースの背後に設置されたプロジェクターに点滅する「ACID」の文字を見て「アシッド・ジャズ」との言葉を発案したことがわかった。 ジャイルス・ピーターソンはマイクを使い「アシッド・ジャズ」と言い放ったことから 、エディ・ピラー、サイモン・ブースらの間にその呼称が伝わったとされる。 クリス・バングスが「アシッド・ジャズ」との言葉を発案する際に選曲されていた楽曲は、諸説が存在する。 1988年3月26日、クリス・バングスとジャイルス・ピーターソンによりアシッド・ジャズを掲げた初のイベント「Cock Happy」が行われている。 その一方で、1987年に 「」を設立した エディ・ピラーの曖昧な見解によると、1985年頃にクリス・バングスとジャイルス・ピーターソンが「The Wag Club」で行っていた月曜セッションと「Royal Oak」等で行っていたイベント「Special Branch」にて「アシッド・ジャズ」との言葉が生まれたとしており 、呼称の由来となる、発祥した場所と年時に相違はあるが、スノウボーイとエディ・ピラーの対談において、クリス・バングスが呼称の発案者であるとの見解は一致している。 また、クリス・バングス自身も呼称の発案者であることを自認している。 主要なレコード・レーベル [ ] 1987年 、「キッズのための、キッズによるジャズ」をコンセプトに、エディ・ピラーとジャイルス・ピーターソンによって「アシッド・ジャズ・レコーズ」レーベルが設立され 、のデビュー・シングル「When You Gonna Learn」の他、オムニバス盤「Totally Wired」シリーズをリリースした。 アシッド・ジャズ・レコーズから独立したジャイルス・ピーターソンは、1990年に「」レーベルを設立し、1991年に(Music Week)6位を記録したのシングル「Always There」 をはじめ、オマー「There's Nothing Like This」 、「Long Time Gone」 、ヤング・ディサイプルズ「Apparently Nothin'」 等、全英シングルチャート20位以内にランクインするヒット・シングルをリリースした。 カテゴリーの著名なアーティストとしてインコグニート、ジャミロクワイ、、、日本では、、らが挙げられる。 アーティストにより様々な作風を持ち、カテゴリーの統一性を持ち合わせていないが、のBNLA期 にリリースされたジャズ・ファンク やギル・スコット・ヘロン 、 らのスピリチュアル・ジャズ、1970年代に発表された 、 らのをモチーフにしている。 ジャズ・ファンク [ ] ジャイルス・ピーターソンらのDJに「ファンク・ジャズ」と呼ばれていたジャズ・ファンクは、16ビートのフュージョンとは異なり、ジャズので16ビートのリズムを持つ楽曲を指している。 』や、10000番台のアルバム、ファンク・INC. 『ファンク・INC. 』等の作品の他、ブルーノート・レコードより1967年にリリースされたのアルバム『アリゲイター・ブーガルー』から1971年にリリースされたのアルバム『シェイズ・オブ・グリーン』、BNLA期ではのアルバム『ブラック・バード』等が含まれる。 ヒップホップ [ ] ジャイルス・ピーターソンが、とが共演した「Fight The Power」や「Expansions」のフレーズをサンプリングしたステッツァソニックの「Talkin' All That Jazz」をクラブやFMで選曲したことに始まる。 次第にアシッド・ジャズのムーブメントとヒップホップが呼応を始め、Straight No Chaser誌(1990年 ISSUE9)では「ヒップホップ・ミーツ・ビーバップ(Hip Hop Meets Be Bop)」を特集した。 1990年にはアシッド・ジャズのグループ、ヤング・ディサイプルズがプロデュースしたドリーム・ウォリアーズのシングル「My Definition Of A Boombastic Jazz Style」が、全英シングルチャート(1990年11月)13位 を記録した。 また、映画『』のよりシングルカットされたの「Jazz Thing」や、ジャズ・ベーシストのが参加したのアルバム『ロウ・エンド・セオリー』は、アシッド・ジャズのDJにより評価された。 以降、ヒップホップとのコラボレーションが発展を遂げ、ギャング・スター、ファーサイド、メインソースらヒップホップ・アーティストが参加したブラン・ニュー・ヘヴィーズのアルバム『ヘヴィ・ライム・エクスプレスVOL. 1』 や、エンディア・ダベンポート(ブラン・ニュー・ヘヴィーズ)、、ドナルド・バード、ブランフォード・マルサリス、、、ロニー・リストン・スミスらのジャズ・アーティストが参加したのアルバム『ジャズマタズ ヒップ・ホップ・ジャズ革命 』 がリリースされた。 アシッド・ジャズのDJが取り上げた楽曲の中からヒット曲も生まれた。 1992年に、の「Tappan Zee」をサンプリングしたのシングル「People Everyday」 が全英シングルチャート2位 、全米チャート()8位を記録。 1993年には、ディゲイブル・プラネッツが、アート・ブレイキー、、らの音源をサンプリングしたアルバム『リーチン』でベスト・ラップ・パフォーマンスを受賞した。 1994年、の「Cantaloupe Island」をサンプリング・ソースに用いたUS3のシングル「Cantaloop」が、全米チャート(Billboard Hot 100)9位 のヒットを記録している。 また、「Cantaloop」はブルーノート・レコードよりリリースされ、公式に音源のサンプリング使用を認められた。 ボサノヴァ/ブラジリアン [ ] コリン・カーティスは、1980年代初頭からアメリカ盤のブラジリアン・フュージョンをクラブで選曲していた。 1985年、ジャイルス・ピーターソンが監修したDJ向けのコンピレーション・アルバム『Jazz Juice Vol. 1』に、の「Mas Que Nada」やの「Celebration Suite」等、アメリカ製のブラジル音楽が収録された。 を基調にした「Celebration Suite」は、アシッド・ジャズのクラブで人気となり、その後、複数のカバー・バージョンがリリースされている。 1986年に「Far Out Records」のジョー・デイヴィスが、入手困難なブラジル盤レコードを現地から輸入してDJへ供給を始めたことにより、1960年代のジャズ・サンバやがクラブ・シーンに紹介された。 MPBの代表的なアーティスト、のアルバム『フェミニーナ』に収録された「Aldeia De Ogum」は、アシッド・ジャズ・シーンにおいて取り分け人気が高く、ジョイスのロンドン公演「トーキング・ラウド・セッション」の際には、観客がロック・コンサートさながらの盛り上がりを見せた。 ジョイス同様に女性シンガーのも高く評価されており、代表曲の「Upa,Negrinho」は、のオリジナル・バージョンと共にジャズのDJの間でスタンダードとなっている。 1992年にセルジオ・メンデスは、サンバ・ヘギ(レゲエ調のサンバ)のリズム を取り入れたシングル「What Is This? 」をリリースした。 「What Is This? 」は、アシッド・ジャズの著名なDJにプレイされて話題となり セルジオ・メンデスは新しいリスナーを獲得した。 モッズ [ ] 1985年、・ムーヴメント第二世代の主要人物エディ・ピラーが、「Royal Oak」で行われていたジャイルス・ピーターソンのジャズ・イベント「Special Branch」に足を運び始めた。 イベントで選曲されていた、ジミー・マクグリフ、ら、ジャズ・奏者の楽曲がモッズの間で評判となり、来場客の半数をモッズ・コネクションで占めるようになった。 モッズ・グループのプリズナーズでを弾いていたジェイムス・テイラーは、エディ・ピラーにカルテットの結成を提案され、ジェイムス・テイラー・カルテットとしてハービー・ハンコックの「Blow Up」のカバー・バージョンを録音した。 ジェイムス・テイラー・カルテットは、後に、エディ・ピラーが設立したアシッド・ジャズ・レコーズよりアルバムをリリースした。 ジャイルス・ピーターソンは、アシッド・ジャズ・シーンとモッズ・シーンを区別しており、「(アシッド・ジャズと)モッズやとの共通点は、ジミー・スミスとガビッチ・ジャンパー」に限られているとの見解を示している。 日本のジャズ [ ] 1979年、DJであり、レコードの流通業者でもあったトニー・モンソンが、西ロンドン・ハマースミスのレコード店「フライ・オーヴァー」で日本のジャズ・ファンクとフュージョンの輸入レコードを販売したことに始まる。 や、イギリスでは無名であった、、福村博のレコードは「ジャップ・ジャズ」と呼ばれ、 1枚15ポンド〜20ポンド(1980年のレートで7500円〜10000円に相当)という高額で販売されていた。 これらのアーティストの楽曲を、ダンカン・ユーレンやマルコム・ジェームスといった日本ジャズ専門のDJの他に、クリス・ヒル、クリス・ブラウン、ショーン・フレンチらジャズ・ファンクのDJがプレイしたことで、日本のジャズはイギリス全土で爆発的な人気となった。 ポール・マーフィーは「Electric Ballroom」でDJをする際に、渡辺貞夫のアルバム『Open Road』に収録された「Felicidade」を選曲し、パトリック・フォージは、日野皓正の「Merry-Go-Round」をアシッド・ジャズの神髄であると評し、DJをする際に選曲をしていた。 また、ダンカン・ユーレンのJAPANESE JAZZ CHARTでは、とのアルバム『』に収録された「Akasaka Moon」やのアルバム『ルート80』に収録された「A Day In The Life Of A Frog」が選ばれている。 イアン・スウィフト• エディ・ピラー• オマー• クリス・バングス• コリン・カーティス• サイモン・ブース• ジェイムス・テイラー・カルテット• ジャズ・ディフェクターズ• ジョー・デイヴィス• スノウボーイ• バズ・フェ・ジャズ• パトリック・フォージ• ポール・ブラッドショウ• ポール・マーフィー• ボブ・ジョーンズ• ヤング・ディサイプルズ• Guru's Jazzmatazz• 参考文献 [ ]• MARCH• FEBRUARY• MAY• ザ・クアイエット・ボーイズ 「ボッシュ! 」 ライナーノーツ• BBC Radio 1 Gilles Peterson• Music Week Incognito Featuring Jocelyn Brown - Always There• Music Week Omar - There's Nothing Like This• Music Week Galliano - Long Time Gone• Music Week Young Disciples - Apparently Nothin'• ブルーノートが傘下に入った1970年代以降で、BN-LAから始まる品番の作品を発売した期間。 ボビー・ハンフリー「Blacks And Blues」ライナーノーツ• Discogs Incognito Featuring Jocelyn Brown — Always There BN-LA452-G• Discogs Carleen Anderson - True Spirit Domino Mix BN-LA549-G• Whosampled Carleen Anderson - True Spirit Domino Mix BN-LA549-G Contains a sample of "Donald Byrd - Dominoes"• Discogs Maysa Leak Incognito - The Bottle• Discogs Galliano - Prince Of Peace• Discogs Incognito - Don't You Worry 'Bout A Thing• Discogs Brand New Heavies - Saturday Nite• NOVEMBER• remix誌 1992-1993. DECEMBER-JANUARY• Music Week Dream Warriors - My Definition Of A Boombastic Jazz Style• Discogs Brand New Heavies - Heavy Rhyme Experience Vol. Discogs Guru - Jazzmatazz Volume 1• Music Week Arrested Development - People Everyday• Billboard Database Arrested Development - People Everyday• Billboard Database Us3 - Cantaloop Flip Fantasia• アイアート・モレイラ 「I'm Fine How Are You? 」 ライナーノーツ• セルジオ・メンデス 「Brasileiro」 ライナーノーツ• Discogs Sergio Mendes - What Is This? remix誌 1993. OCTOBER• Discogs James Taylor Quartet - In The Hand Of The Inevitable•

次の

【プロが選ぶ】ジャズの名曲30選

あしっと

創業 2014年3月 資本金 10,000,000円 役員 代表取締役 小塚 竜哉 代表取締役 山下 善央 顧問 中村 薫 ロンバー・オディエ・ダリエ・ヘンチ信託株式会社 元取締役 事業内容• 人材ソリューション• BCPコンサルティング• キャプティブ• コスト削減コンサルティング• 労務コンサルティング• ビジネススクール• エネルギーソリューション 太陽光発電システム・家庭用蓄電器・風力発電・LPガス• FP紹介 従業員数 80名 パート・アルバイト含む 取引銀行• 名古屋銀行 本店営業部• 愛知信用金庫 本店営業部• 三井住友銀行 栄支店 グループ会社(協力会社)• 一般社団法人 お金の学校• 株式会社エナジージャパン• アセットビジネススクール• 株式会社ライカシャトル• 株式会社リードメディカルジャパン• 株式会社 クラピス.

次の