認定こども園 給料。 認可保育所と無認可保育所の違い

認定こども園とは?働くメリット・デメリット

認定こども園 給料

【2020年 〇月 〇日】 保育士転職の最新情報 今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。 なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。 一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。 実際に保育士の私が利用した転職サイトが『』と『』です。 私は東京在住なので一番役に立ったのが『』でした。 関東圏 東京・神奈川・埼玉・千葉 にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。 その他の地域にお住いの方におすすめなのは『』。 こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。 『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。 転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。 そうです。 さらに認定こども園は共働き家庭はもちろん、専業主婦の方でも預けられるのが大きな特徴です。 保護者にとってはもちろん、子供にとってもいろいろとメリットがあるのでおすすめです。 認定こども園の0歳から6歳までと幼稚園・保育園とは対象年齢が違う 認定こども園の対象となる年齢は、0歳から6歳までの未就学児です。 幼稚園は3歳から6歳までの未就学児のみですから、その点は大きく違いがあります。 また長時間預かることも幼稚園ではできません。 保育園の対象年齢は認定こども園と同じですし、長時間預けることもできます。 ただ、保育園では幼児教育は行われません。 また保育園は共働きなどで子どもを保育することができない家庭が対象となるのですが、認定こども園は専業主婦でも預けることが可能です。 認定こども園は4種類に分けられる 認定こども園には園の成り立ちや運営母体によって4つの種類に分けられます。 同じ認定こども園という名称でも、種類によって特徴も異なります。 以下が4つの種類と特徴になりますのでチェックしてみましょう。 幼保連携型 幼稚園的機能と保育所的機能の両方を兼ねそろえた単一の施設 幼稚園型 もともと公立や私立の認可幼稚園で、長時間の預かりや0歳児からの子どもを預かるなどの保育所的機能を備えた施設 保育所型 もともと公立や私立の認可保育所で、共働き以外の家庭でも利用できる幼稚園的機能を備えた施設 地方裁量型 認可のない幼稚園や保育所が、待機児童解消などのために新たに認定子ども園としての機能を備えた施設 認定こども園の職員配置・設置基準 認定こども園では保育園や幼稚園と同じように職員配置・施設設置基準も定められています。 職員配置については以下の通りです。 0歳児 子ども3人に対して保育士1人 1、2歳児 子ども6人に対して保育士1人 3歳児 子ども20人に対して保育士1人 4歳児以上 子ども30人に対して保育士1人 また施設設置基準としては、 0歳から2歳児までは保育園の基準、3歳児以上は幼稚園の基準に適応しなければいけないになっています。 そのため、0歳と1歳児には授乳室やほふく室、2歳児には保育室や遊技室を設置しなければいけません。 また2歳児には子ども1人に対しての必要面積が定められています。 3歳児以上は幼稚園同様ですから、子ども1人に対してではなく、1学級ごとに必要な面積が定められています。 認定こども園で働くために必要な資格 保育教諭 保育園で働くためには保育士の資格、幼稚園で働くためには幼稚園教諭免許が必要になります。 そのため保育士資格だけでは幼稚園で幼稚園教諭として働くことはできませんし、逆に幼稚園教諭免許では保育園で保育士として働くことはできません。 では保育園と幼稚園の機能を併せ持った認定こども園で働くにはどのような資格が必要になるのでしょうか。 どちらか一方しか持っていないという方は少なくないでしょうから、必要な資格について詳しく見ていきましょう。 基本は幼稚園教諭+保育士 園の種類により異なる 幼稚園と保育園の機能を備えた認定こども園で働くには、 基本として幼稚園教諭免許を保育士資格が必要になります。 本来、0歳から2歳児までは保育士資格が必要になりますから、幼稚園教諭免許だけでは勤務できません。 ただしそうなると幼稚園型のように母体が認定幼稚園で、そこで働いていた幼稚園教諭は認定保育園に移行したら働けなくなることになります。 ですが、 実際は認定こども園の種類によって必要な資格は異なります。 幼保連携型 幼稚園教諭免許と保育士資格を持った保育教諭のみ 幼稚園型 幼稚園教諭免許を持った方が多いですが、その場合満3歳未満を保育する場合保育士資格が必要 保育所型 保育士資格を持った方が多いですが、保育士資格だけでも可 いずれかの資格しかない方は特別経過措置がある 幼稚園で働いていた方は幼稚園教諭免許、保育園で働いていた方は保育士資格といったどちらか一つの資格しかない方が多いでしょう。 ただ、 認定こども園で働く場合には、できることなら両方の資格を取得しておいたほうがいいでしょう。 ただ、幼稚園教諭免許と保育士資格は別の資格となるため、新たにもう一方の資格を取得するにはまた勉強をし、難しい試験に合格しなければいけません。 働きながら資格取得となるとなかなか難しいことでしょう。 ただこのようにいずれかの資格しかない方が、 もう一方の資格を取得したいという場合には、特別経過措置があります。 特別経過措置は特定の条件を満たせば、比較的少ない負担で一方の資格を取得ができるのです。 特例制度を利用して取得できる 特例制度を利用してもう一方の資格を取得できる対象者は、 幼稚園や保育園、認定こども園などで3年以上かつ4,320時間以上の実務経験がある方となります。 4,320時間は多いかと思われますが、実際1日6時間で週5日以上勤務すれば3年でクリアできます。 対象となる方は大学や専門学校などの指定された講座を受講し、8単位を取得すれば筆記試験が免除になります。 ただし、大学・短大・専門学校などの養成施設を卒業せずに、保育士試験の合格により保育士資格を取得した方は、幼稚園教諭二種免許となります。 また、 この特例は2015年から2019年までの期間となります。 ただし、特例制度は2025年度の3月まで5年間延長する流れとなっています。 それでも早めに利用しておいたほうがいいでしょう。 認定こども園の仕事内容とは?年齢に応じて変わる 認定こども園の仕事内容は、年齢に応じて変わってきます。 基本的に0歳児から2歳児までは保育園と同様で、オムツ替えやお昼寝、園児と部屋で遊んだり公園に散歩に行ったりします。 ただし幼稚園教諭免許しかない方は、この年齢の子どもの保育はできません。 3歳児以上になれば幼稚園と同様でクラスでの活動がメインになり、小学校に進むための教育なども行います。 保育園で働いていた方からすれば、3歳以上の子どもを扱うことが増え、戸惑うところもあるかもしれません。 逆にこれまで幼稚園で働いていた方で保育士の資格も持っていれば、0歳から2歳までの幼い子どもを保育することになります。 目が離せない年齢ですし、責任もあるため心労も多くなってしまうかもしれません。 認定こども園はシフト制がメインになるので、幼稚園で働いていた方にとっては勤務体系がちょっと変わってしまいます。 また土曜保育を実施する認定こども園も多いので、土曜出勤になることも増えるでしょう。 認定こども園のお給料はいくら?公立と私立で違う 認定こども園で働く場合、給与面も気になるところでしょう。 保育士の給料は仕事量に対して低めと言われていますので、認定こども園で働けば少しはアップするのでは、と思う方もいるかもしれません。 認定こども園で働く保育士の給料ですが、これは公立と私立によっても大きく違いますし、認定こども園の種類によっても変わるので一概に言えません。 ただ、現状としては認定こども園だからといって大幅に給料がアップするということはないでしょう。 そのため、 認定こども園で働いても平均年収はボーナスを含めても330万円程度です。 それでも、認定こども園では、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方の資格を持っていると仕事の幅が広がるので、施設によってはアップする可能性はあります。 認定こども園で働くメリット・デメリット 認定こども園で働くことは、これまで保育園で働いていた保育士にとっても、幼稚園で働いていた幼稚園教諭にとってもさまざまなメリット・デメリットがあります。 認定こども園で働く前にチェックしておくといいでしょう。 認定こども園で働くメリット・デメリット 保育経験の幅を広げられる それほど給与アップが望めない 子どもの成長を長く見られる 多くの保護者と関わりが増える たくさんの子どもと触れ合える 幼稚園教諭との考えの違いで揉める 保育園とは違ったイベントも体験できる 仕事量、覚えることが増える 研修制度が充実している園もある — 幼稚園教諭の考え方を学べる — 「メリット」「デメリット」をクリックすれば詳しい箇所に移動できます。 認定こども園で働く『6つのメリット』 保育士が認定こども園で働く場合には、これまでの働いてきた保育園とは違ったメリットがあるものです。 主なメリットをいくつか挙げてみました。 認定こども園で働く6つのメリット• 保育経験の幅を広げられる• 子どもの成長を長く見られる• たくさんの子どもと触れ合える• 保育園とは違ったイベントも体験できる• 研修制度が充実している園もある• 幼稚園教諭の考え方を学べる 保育園は基本的には就学前の6歳児まで保育できます。 ただ、実際は3歳になると幼稚園に通う子どもも多くなりますから、3歳以上の子どもと過ごすことは多くはありません。 ですが認定こども園で働けば、種学前までの多くの子どもと触れ合えます。 それにより、 自身の保育経験の幅を広げられます。 また幼稚園では保育園ではないような楽しいイベントもたくさんあり、やりがいも感じられることでしょう。 幼稚園で働いた幼稚園教諭にとっても認定こども園で働くメリットはあります。 認定こども園で働く4つのデメリット• それほど給与アップが望めない• 多くの保護者と関わりが増える• 幼稚園教諭との考えの違いで揉める• 仕事量、覚えることが増える 保育園では元々シフト勤務で、早朝や夜遅くまで働くことはあるので、認定こども園で働いてもその点はデメリットとは感じないでしょう。 ですが、 幼稚園の機能も増えるわけですから、仕事量や仕事の内容など覚えることが増えます。 また保育園の場合は、共働きで保育できない家庭の子どもを預かるのですが、認定こども園は共働きではない家庭の子どももいます。 家庭によって考え方も違うので、保護者同士が揉めることもあるでしょう。 その間に挟まれて気苦労はあります。 幼稚園教諭だった方も一緒に働くことになるので、考えの違いで揉めることも出てくるかもしれません。 避けて通れない部分でもあるので、頭に入れておく必要があります。 認定こども園の求人・募集は増加傾向にある 平成18年に創設された認定こども園ですが、その数は年々増加しています。 平成23年に全国で762施設だったのが、 平成30年には6,160施設にまで増えており、平成29年と比べても1,000施設以上増えているのです。 それに伴い 認定こども園の求人・募集も増加傾向にあります。 国の施策ということもあり、運営補助金なども改善も行われているため、今後も幼稚園から認定こども園に、保育園から認定こども園へ移行する施設も増えていくことでしょう。 認定こども園へ転職する方法と探し方 転職サイトがおすすめ 認定こども園に転職を望む保育士は多いのではないでしょうか。 ただ認定こども園はまだ歴史が浅く、施設もうまく機能していないところもあるのが事実です。 そのため、認定こども園に転職して失敗したという方もいるのではないでしょうか。 これまでの保育園での仕事内容とは違う点もあり不安もあるでしょう。 また認定こども園の数は増えているとはいえ、求人探しに苦労する方もいます。 そんな方は 転職サイトを利用してみるのも一つの方法です。 転職サイトなら全国の認定こども園の求人はもちろん、新設される認定こども園の情報なども素早く見つけてくれます。 転職した保育士さんのアンケートを調べたら、 転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。 でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。 「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、 事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう! まとめ 平成18年から始まった認定こども園は、年々数が増えそれにともない認定こども園で働く保育士求人も増えています。 今後ますます増えていくことが予想され、今働いている保育園が認定こども園へ移行することも考えられるでしょう。 また 認定こども園に転職を考える方も多くなっていくでしょう。 ただ認定こども園は、これまでの保育園とは違う面も出てくるので、そこで働いていくには順応していかなければいけません。 ですので、メリット・デメリットをよく把握しておきましょう。 また、 認定こども園は保育士資格だけでなく幼稚園教諭免許の資格も望まれます。 ですので、将来のために今のうちから幼稚園教諭免許の取得に向けて勉強していくことも大切かもしれません。

次の

保育教諭の資格と保育士との違い!認定こども園で働く仕事内容と給料

認定こども園 給料

1 市町村民税所得割及び均等割の合算額が非課税の世帯については、保育料・副食費が無料になります。 2 市町村民税所得割の合算額が57,700円未満の世帯【(3-2)(4-2)(5-2)の階層世帯】については、保護者と 生計を一にする子どもから数えて第2子の保育料が半額、第3子以降の保育料は無料になります。 3歳児(年少) クラス以上の園児の副食費については無料になります。 3 市町村民税所得割の合算額が77,101円未満の要保護世帯等 (注1)【(3-1)(4-1)(5-1)(6-1)(7-1) の階層世帯】について、 ア)保護者と生計を一にする子どもから数えて第1子については、階層毎に 別表の額になります。 イ)保護者と生計を一にする子どもから数えて第2子以降の保育料は無料になります。 3歳児(年少)クラス以上の園児の副食費については無料になります。 (注1 )要保護世帯等とは、「ひとり親世帯」、「在宅障害児(者)のいる世帯」、「その他の世帯」のことを 示します。 (4)2人以上同時に保育園に通園する場合の保育料は、2人目にあたる園児は半額、3人目以降にあたる園児は無料 になります。 (上記2の 2 3 が対象とならない世帯) (5)幼稚園、認定こども園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部に入所又は児童発達支援及び医 療型児童発達支援を利用している就学前の兄弟姉妹がある場合、保育園に在園する園児が2人目にあたる園児は 半額の保育料に、3人目以降にあたる園児は無料になります。 (6)生活保護法による被保護世帯及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する 法律による支援給付受給世帯の保育料は免除となります。 (7)病気、けがによる欠席 園児本人が病気、ケガによりその月を全部欠席した場合は1か月全額、11日以上欠席した場合は50%が減額にな ります。 連続している場合は月をまたがっている場合も減額算定します。 該当する場合は、減免申請書の提出が 必要となりますので、保育園に申し出てください。

次の

袋井市立幼稚園・認定こども園一覧/袋井市ホームページ

認定こども園 給料

幼稚園と保育園それぞれの機能を一箇所にひとまとめし、保育・教育を同時に行い、地域住民の子育て支援も行うという、まさに幅広いニーズに対応する保育の受け皿とも言えるのが、認定こども園です。 共働きをする過程が増えていて、男女関わらず社会進出が進み、働き方も多様化した現在、幅広いニーズに対応するために作られたのが、認定こども園になります。 まだまだ数も少ないですが、今後の発展が期待されている認定こども園。 他の保育園との違いはあるのでしょうか。 認定こども園の4つのタイプについて 認定こども園は、保護者が働いている・いないに関わらず利用可能です。 0歳から5歳まで幅広い子供を受け入れており、保育と教育の両方を受けることができます。 4時間利用・長時間利用に関わらず対応しており、親子の集いや地域住民の子育てサポートなどを行っているのです。 そんな認定こども園には、4つの種類があります。 認可保育園と認可幼稚園が合体・連携している「幼保連携型」• 認可幼稚園に保育園の機能をプラスした「幼稚園型」• 認可保育園が幼稚園の機能をプラスした「保育所型」• 認可外の保育施設や教育施設が認定こども園としての機能を備えている「地方裁量型」 認定こども園は保育士資格だけで働ける? 認定こども園では、保育と幼稚園教育の両方を行うため、保育士の資格だけではすべての子供の面倒をみることができません。 保育士資格を持っている人は、0歳児から2歳児までを担当することができ、幼稚園教諭免許を持っている人は、3歳から5歳児までを担当することができます。 それぞれ片方だけでは、業務の半分しかできないということです。 両方の免許を取得しているのが望ましいとされています。 ただ、働いている職場が保育園から認定こども園になるという場合、幼稚園教諭免許を持っていないからといって、すぐに追い出されるわけではありません。 片方の資格のみを持っている人を排除しないという方針を、国がとっています。 そこで、保育士または幼稚園教諭いずれかの資格しか持っていないという場合、 特例制度というものを利用して未取得の資格を取得できるのです。 幼稚園教諭一種は、大学を卒業して、保育士の仕事を3年・4,320時間以上経験した場合に取得できます。 二種は、高等学校を卒業して、保育士として3年・4,320時間以上の実務経験をした場合に取得できるものです。 認定こども園で働く保育士の仕事内容 保育士の資格のみを有している場合、仕事内容は他の保育園と何も変わりありません。 ただ、早朝保育・延期保育などがあるため、シフト制を採用しているところが多くなっています。 両方の資格を持っている場合、保育だけでなく幼稚園教育にも関わることになるので、その仕事が追加される・いずれかを任されると思っておきましょう。 認定こども園で働く保育士の給料と待遇 給料は他の保育園とあまり変わらない 給料についてですが、他の保育園とあまり変わりません。 両方の資格を持っていたとしても、特別な手当てがあるわけでもないというのが現状です。 平均月収は21万円、平均年収は310万円程度となっています。 保育園全体の平均月収・年収と変わらないですね。 私立の場合は以上のような平均月収程度で働く人が多いですが、公立の場合はもっと高くなります。 公立の認定こども園に正規雇用となると、地方公務員の肩書きを得ることになります。 地方公務員の賃金形態に沿った給料が支給され、私立よりも高い水準の給料を得ることができるのです。 公立の場合、月給は33万円が平均、年収は500万円から600万円が平均となっています。 政府の方針によって待遇アップの可能性も 2015年度から、政府は認定こども保育園を重視しています。 これからの保育の形態として、認定こども保育園が望ましいのではないかという見解を示しているのです。 2016年度から保育に保育士免許を持っていない人が関わることができるようになります。 幼稚園教諭免許を持っている人だと、特に時間帯・時期を限定されることなく、働くことができるのです。 これは、保育と幼稚園教育の連携が進められていると考えて良いでしょう。 認定こども園の給料をアップさせる方針も示しているということで、今後は待遇がアップすることが予想されます。 認定こども園の数も、徐々に増えていくでしょうね。 認定こども園の保育士求人傾向 現在、認定こども園の数は決して多いとは言えないため、求人数も他の保育園と比べれば少ないです。 しかし、認定こども園の全体数から絶対評価的に考えると、求人数は増加傾向にあります。 2015年は2014年までの二倍程度認定こども園が増加したとのことで、今後も積極的に認定こども園が増加していくでしょう。 今後さらに全体数が増え、求人も増えていくことが考えられます。 未経験者採用も多いです。 転職が未定の人も早めの登録がおすすめ! 求人閲覧や就業相談、業界の最新動向のチェックにも活用できます。 いざという時(例えば、本当に仕事が辛くなったとき)にすぐに動き出せるように、事前に登録を済ませておくことをおすすめします。 ここでは、転職支援実績や求人数、利用者の口コミを元に、保育士専門の転職サイトを厳選して紹介しています。 (所要時間3分程)• 首都圏限定!『マイナビ保育士』 保育士の転職支援実績No. 人材紹介の大手マイナビグループが運営しているため信頼度も高く、人気の転職サイトになっています。 』を利用しましょう。 首都圏以外の方はココ!『保育FINE! 』 全国エリア対応で求人数No. 業界でも1位2位を争う転職支援実績を残している保育士転職サイトです。 首都圏の方はマイナビ保育士と併用、首都圏以外の方はファーストチョイスとしておすすめです。 合わせて使いたい!『保育士WORKER』 親切・丁寧、頼れるサポートが高評価!! 求人数の多さ、利用者満足度ともにトップクラスの転職サイトです。 全国対応なので他の転職サイトと併用しやすいのもポイント。

次の