私の代わりはいるもの。 [乾きやすく収納しやすい]バスタオルの代わりに買っているもの

[乾きやすく収納しやすい]バスタオルの代わりに買っているもの

私の代わりはいるもの

賃貸用物件購入の際のセールストークとして、もしくはマスコミにもよく取り上げられるポイントに 「生命保険代わりになる」 というフレーズがありますが、今回はこれを取り上げます。 なぜ「生命保険代わりになる」と言うかというと、 ローンに「団信」(団体信用生命保険の略)がついているからです。 ついているといってもただではありません。 一般住宅ローンでは金融機関の金利に含まれる形で、投資不動産用ローンであれば、別払いの特約保険料として支払うこととなります。 「 団信」の内容についてはご存じの方も多いでしょう。 死亡やその他所定の理由に陥った場合、本人や家族に代わって保険金でローンを返済してくれる仕組みです。 例えば本人が死亡しても、残された家族はローンを返済しなくて済むのです。 そして 「団信」加入がローンの融資条件になっていますので、不動産投資用ローンの場合も「必ず通る道」であるわけです。 ここまで考えるとたしかに「生命保険」代わりになるとも言えるのですが、本当にそうでしょうか。 1 機能編「やっぱり普通の生命保険とは違う」 「生命保険」というと、いわゆる「死亡保険」を連想される方が多いのではないでしょうか。 被保険者が死亡すると契約金額の〇〇〇万円が受取人に支払われる保険です。 前述した内容で分かるように、「団信」はローンを返済する保険ですので相続人にまとまった現金が支払われるものではありません。 いわば 「ローン返済保険」とでもいうべきものです。 ですので 「団信」があるので「死亡保険」はいらないというのは、生命保険の機能を考えるとちょっと極端な考え方だと思います。 2 相続編「もちろん助かるけど、すぐには役に立たない」 ローンが全額返済になることは、残された相続人にとっては大変ありがたいことで、それは間違いありません。 ただ「生命保険」とか「保険」というイメージでとらえると、使い勝手が違います。 「死亡保険」の場合、その事実について保険会社に除籍謄本など死亡した旨の所定の証明書を提出すれば、事故など特殊な場合は除きほとんどが迅速に受取人に振り込まれます。 相続手続きは法定相続人の確定や書類の準備、ときには遺産分割協議書の作成等や場合によっては家裁での調停まで含めかなりの時間が費やされるケースがあります。 その間は被相続人の財産(預金等を含め)を動かせません。 しかし死亡保険によって相続人(保険金受取人)はそれよりも早く、契約したそれなり保険金を手にするので、相続手続き完了を待たずにいろんな催事費用など支払に充当できます。 言葉尻をとらえるようですが、 「団信」は「生命保険」ではなくやはり「ローン返済保険」だと思います。 3 保険料編「考えなくてもいいけど、どっちが安いのかよくわからない」 人間は漠然と損得勘定が働くので、「団信」の保険料が安いのか高いのかを何かと比較したくなります。 これはつまり「団信」で払う保険料と、 「団信」と同じ機能を持たせるためローン元金相当額の「死亡保険」の保険料を比較してみた場合の話です。 ただ結論を言うとよくわかりません。 死亡保険は定期保険のように一定期間後はその都度契約し直すというケースもありますし、 「団信」保険料は基本的にローン元金返済が進むと保険料も徐々に安くなります。 書籍やネットでは一定の前提条件での比較がでているものもありますが、 前提条件が人によって違うので比較は難しいのです。 私の印象では「団信」の方が安いとしているケースが多いような気がしますが、そもそも強制加入なので考える必要がないのかもしれません。 4 保険の重複編「こんなに保険いりません」 投資用不動産購入前に入っていた「死亡保険」などの保険が、「団信」加入により保険契約過多の状態に陥ってしまうということです。 家族に残してやりたいと「死亡保険」に入っていたものの、不動産ではあるがそれなりの財産を残せることになった場合、他の保険の契約金額が大きすぎるとするケースがあります。 その場合 保険料の負担を減らす等、保険全体の見直しの必要性が出てきます。 5 保険の健康告知編「そもそも入れない」 これは一般の住宅ローンも同様ですが 「団信」には健康告知が必要で、健康状態によっては「団信」に加入できない、つまりローンが受けられないので物件を購入できない事態となります。 近年は医療の進歩により条件も緩和されているようですが、加入できない方がいるのは事実です。 健康管理は大切です。 「生命保険機能」のメリット 次はメリットの部分を解説いたします。 後者は「ガン」や「三大疾病(脳卒中など)」等にり患したことがわかると、 保険金でローンが返済されるものです。 一般のものが「死亡」や「重度障害」の場合のみ保険金が支払われるのに対して、本人や家族からすると、そういった病気に罹患すると本人が働けなくなる可能性もあるわけですから大変助かる内容です。 もちろん 保険料が上がりますが、医療技術の向上とともに長生きリスクは増大していますので、十分選択できる内容です。 一般の医療保険との組みあわせ(減額等)の再考も必要です。 7 保険全体の見直し編「これを機会に見直そう」 「保険の重複」編でも記述しましたが、 投資用不動産購入および「団信」加入によって、家庭の保険全体を見直す良いきっかけとなります。 今はご存じのように保険見直し専門の業者もかなり存在しますので、そうしたいくつかの専門業者に相談してみるのも良いかもしれません。 「団信」は「ローン返済保険」 前述しましたように、私は「団信」を「生命保険」というよりも「ローン返済保険」とでも呼んだ方が良いと思っています。 「団信」の機能からいえばまさにそうで、「団信」への生命保険のような過多の期待は禁物です。 ローンを返済するための保険と割り切って考えた方が良さそうです。 一定金額の「死亡保険」には、家族のことを考えれば引き続き入っておくことをお勧めします。 ただ「生命保険」全体の見直しのいいきっかけになるのは事実ですし、家庭全体の保険料を下げられればそれはそれで不動産投資のモチベーションも上がることにもつながります。 そもそも 万が一の場合にローン残金を支払ってくれる「団信」は大変ありがたいものです。 新たに加入される場合は自分の将来設計や健康のことを考えて加入し、うまく付き合っていきましょう。 (執筆者:不動産投資歴16年 堀江 優).

次の

“指輪じゃない派”が語る「婚約・結婚記念に私たちが選んだもの」|ゼクシィ

私の代わりはいるもの

近香水がわりに持ち歩いているもの。 それは・・・・ 精油!! フランスでは精油を直接肌につける文化があるそうです。 普通に売っている精油ではなく、肌につけてもいいよという精油を選んでいます。 花粉症にも効くらしく、今の季節は売れるんだとショップスタッフさんに聞きました。 香りの持続性はあまり長くはないので、食事前でも気軽に使えます。 男性にもオススメの香りです。 【LE CHATEAU DU BOIS】プレミアムエッセンシャルオイル シャトー・デュ・ボワはフランスプロバンスのトゥルーラベンダー。 なので、香りが濃いのです。 しっかり長く香るから香水として使えます。 これほど外出先での贅沢はないよね、とつける度にうっとり。 バックを開けると、ラベンダーの香りがしてまたうっとり。 匂いに敏感な子だと、『今日は何の香水をつけているの?』と聞いてきます。 私が立ち去った後も、ラベンダーの香りが残るなんて素敵だと思いませんか? フランスではラベンダーは医薬用(鎮痛、抗炎症、痛みの緩和、感染防止など)としても利用されています。 精油の香りはダイレクトに私の脳に働きかけている、そう実感できます。 小瓶だから持ち運びに便利なのです。 ただしオイルなので、蓋はきっちり締めないとバックの中が大変なことになるので注意。 WEB上で香りがつけらたらいいのに。 一度現物の香りを嗅いでみてください。 二つともコスメキッチンにあります。 両商品共に、ロールオンタイプも販売されていました。 持ち歩きにはロールオンがいいですね!.

次の

[乾きやすく収納しやすい]バスタオルの代わりに買っているもの

私の代わりはいるもの

梅雨で洗濯物が乾きにくい季節です。 昨日の「あさイチ」、特集は「梅雨どきの洗濯術」。 バスタオルが早く乾く干し方などを紹介していました。 でも、わが家ではバスタオルは使っていません。 さんの「ビッグフェイスタオル」を愛用しています。 バスタオル、フェイスタオルの中間サイズになります。 体全体をくるむことはできませんが、1人分の体を拭くには十分。 何よりもサイズがコンパクトなので、洗濯物を干すピンチハンガーに何枚も干せるのがいいです。 干したときに床についてしまう心配もないから、部屋干しもラクなのです。 そして、小さい分、乾くのも速い!洗濯物の量を気にして1枚のタオルを家族で使うぐらいなら、小さいサイズで気兼ねなく使える方がいいなと。 また、しまうスペースもバスタオルほどいらないので、収納にスペースを割けない狭小住宅向きでもあります。 以前は体を拭く=バスタオル、と決めつけていましたが、思い込みを捨てて使ってみたらこのサイズで十分でした。 プールや旅行に行くときなどに持っていきやすいです。 色々なタオル地のタイプや季節限定のカラーもあり、期間限定の割引でお得に買えるので、そろそろ買い替えようかなと思っています。 まだまだ雨の日が続きますが、このタオルと「室内物干しワイヤー」が梅雨のお洗濯の味方です。 梅雨は室内物干しワイヤーが大活躍 [参考記事].

次の