ドコモ アンケート。 リサーチ

中学生のドコモスマホデビューには様々なリスクが存在していたという話

ドコモ アンケート

アンケートモニターとは、スマホやパソコン、タブレットなどを使って、アンケートに答えるだけで、謝礼がもらえるアルバイトです。 通勤や通学時間などや、自宅でのんびりしている時間など、ちょっとしたスキマ時間を使って、簡単にお金を稼ぐことができ、副業や在宅ワークとして、人気となっています。 アンケートモニターは、実際にはどのようなお仕事で、報酬にはどのようものがあり、どのくらい稼げるのでしょうか。 そして、効率よく稼ぐコツはあるのでしょうか。 ここでは、気になるアンケートモニターのお仕事について、詳しくご紹介していきます。 アンケートモニターってどんなお仕事? アンケートモニターには、いくつかの種類があって、その仕事内容もさまざまです。 報酬の内容にもいくつかのものがあります。 基本的には、スマホやパソコンなどを使って、インターネット上のアンケートに答えます。 回答すると、謝礼としてポイントや現金、図書カードや商品券などがもらえます。 ポイントでもらった場合は、換金することもでき、そのままネットショッピングで使うこともできます。 インターネットで答える以外にも、決められた日時に指定場所へ行き、参加者や司会者などの質問に答えるお仕事や、指定された商品を使って評価するお仕事などもあります。 アンケートに1回答えるごとの報酬はさほど高いものではないですが、コツコツと地道にポイントを貯めていくことになるので、かなり根気がいります。 ひとつのアンケートに答えたときのポイントは3~30くらいのものが多いようですが、お小遣い稼ぎくらいの感覚でのんびりやっていく人には向いているでしょう。 ・ 商品モニター、サンプルモニター 運営会社から自宅に送られてきた商品や、調査会場で実際に提示された商品に対して、感想や評価を回答します。 食品や化粧品、生活用品などのジャンルの商品多く、それらを使ったり試したり食べたりします。 商品は無料でもらえることがほとんどで、アンケートに答えるとさらに報酬ももらえます。 報酬は、通常のWebアンケートと同様なので、それほど高くはありませんが、無料で商品ももらえので、お得感はあります。 ・ 会場調査 決められた会場へ出かけて、そこで提示された商品やサービスなどを使ったり見たりして、感想や評価を回答するお仕事です。 食品だと、食べたり飲んだりして、感想や評価を回答することもあります。 インターネットで会場調査募集のアンケートに応募して、条件に合った場合や抽選に当たった場合などに、会場に行ってアンケートに回答することができます。 報酬は会場調査の種類によって違いますが、30~60分くらいの拘束時間で、2,000円~10,000円くらいと、Webアンケートに比べるとかなり高額といえます。 ただ、月に何回も参加できるものでもなく、競争率も高いという点にも留意が必要です。 ・ グループインタビュー(座談会モニター) 指定された会場へ行き、複数の参加者たちと特定のテーマや商品などについて話し合う座談会方式で行います。 拘束時間は2時間くらいのものが多いですが、調査によってさまざまで、20分くらいで終わるものもあれば、数日くらいかかるものもあります。 報酬は、調査の内容や拘束時間などによって違い、はっきりとした決まりはありませんが、90~120分くらいのグループインタビューだと、7,000円~10,000円くらいと会場調査同様に高額といえます。 ・ 個別インタビュー(個別調査) 指定された会場に行って、インタビューに答えます。 初めに記述形式で簡単なアンケートに回答した後、そのアンケート内容に基づいて、インタビュアーがインタビューをしていくというのが一般的です。 拘束時間は60~90分くらいで、報酬は5,000円~8,000円くらいのものが多いです。 アンケートモニターにはどんなメリットがあるの? 実際に調査会場に赴いてインタビューに答えるような形式のモニターに比べると報酬はあまり高いとは言えませんが、スマホやパソコンなどの手元にある端末だけで回答できるアンケートモニターにも、さまざまなメリットがあります。 通勤・通学時や休憩時間、家にいて暇なときなど、本来ならお金を稼げるようなまとまった時間ではない、ちょっとした時間を使って、いくらかの金額を得ることができるのです。 1度にに稼げるお金は少額でも、「チリも積もれば・・・」の言葉のとおり、長くコツコツと地道に稼いでいけば、意外にまとまった金額にもなってうれしいものです。 常に携帯していることの多いスマホなら特に、時間や場所を選ばず、いつでも、どこでもできます。 専門知識は必要とされないものがほとんどです。 数分で完了するようなアンケートもあります。 体験談や使用感を書くものなど、比較的回答に時間がかかるようなものは、報酬額が高く設定されている傾向があります。 アンケートモニターを始めるには? アンケートモニターは、誰でも簡単に始めることができますが、いくつかの手順があります。 基本的な流れについて、ご紹介しましょう。 そして、登録する際には、個人情報や個人情報や自分の好み、趣味などを記入することになります。 個人情報の管理に不安を感じる場合は、プライバシーマークを取得しているサイトを選んで登録することもできます。 そのような大手の優良サイトを選ぶと安心でしょう。 また、基本的には登録料は無料です。 ステップ2 アンケート会社から送られてくるアンケートに回答する アンケート会社からアンケートが送られ、アンケートに回答していきます。 所要時間はさまざまで、短時間で完了するものは報酬があまり高くなく、時間のかかるものは報酬も高いという傾向があります。 ステップ3 運営会社からポイント(=報酬)が送られてくる アンケートに回答すると、報酬としてポイントが送られてきます。 すぐに送られてくるサイトや、反映されるのにしばらく時間のかかるサイトもあります。 会社の有名度や信用度、アンケートの内容などを考慮して、気になるサイトに登録しましょう。 job. dmkt-sp. アンケートモニターで気を付けたいこと 誰でもすぐに始められて、初期費用や専門知識も不要なアンケートモニターですが、実際に始めるときには、いくつか気をつけたいことがあります。 そして、内容や自分のライフスタイルのことも含めて、その報酬が見合っていると思ったら、その仕事を引き受けてみるようにするとよいでしょう。 上述したように、Webアンケートだと、報酬はアンケートにつき数円~数十円の場合が多いので、たくさんのアンケートに答えないとまとまった収入にはなりにくいといえます。 また、座談会や個別インタビューなどは高報酬のことが多いですが、決められた日に指定された会場に行かないといけないことから、スマホでサクッとスキマ時間に、というわけにはいきません。 Webアンケートで手軽に稼ぎたいと思うのなら、複数のアンケート会社やリサーチ会社のサイトに登録するのもよいでしょう。 アンケートの選択の幅も広がるし、数も多くなるので、稼げる機会も多くなり、それぞれのサイトの報酬を合わせるとまとまった金額になりやすくなります。 報酬額が高く人気のあるお仕事は、募集開始後すぐに終了することもあるので、毎日細かくメールやアンケートサイトを確認することで、報酬額が高くてお得なアンケートに、素早く対応することができるでしょう。 回答内容が個人情報と合っていなかったり、矛盾があったりするとアンケートが送られてこなくなるおそれがあります。 質問の内容を読まずに適当に回答したり、一貫性がなくうその内容を回答していたりなど、悪質な場合は、ポイントの失効や登録抹消などのペナルティがかせられることもあるので、注意してください。 その有効期限が切れるとポイントが失効してしまうのです。 せっかくコツコツ貯めたポイントが、有効期限切れでムダになってしまったら、地道な努力が水の泡ということにもなります。 そうならないためには、早めに換金したり、ネットショッピングで利用したりしたほうがよいでしょう。 保有ポイントがいつまで使えるのかは、定期的に確認することをおすすめします。 同意の選択をしたら、アンケート画面に移動するような形式をとっているところが多いです。 アンケートへの回答で知った情報を第三者に漏らすことは、絶対にしてはいけません。 商品モニターの場合、社外公表前の商品やサービスを扱う場合もあるので、お仕事を通じて得た情報を他人に話すのは契約違反になります。 もちろん、ブログやSNSに書き込むのもNGです。 スキマ時間でサクッと地道にお小遣い稼ぎ アンケートモニターは、スマホやパソコンなどがあれば、誰でも簡単に始めることのできる、手軽なお小遣い稼ぎのアルバイトです。 会場調査やグループインタビューなど、高額報酬のアンケートモニターもありますが、その内容から、Webアンケートのような手軽さはないといえます。 スマホでサクッとスキマ時間に稼ぎたいのであれば、やはりWebアンケートがおすすめです。 よりまとまった収入を得たい場合は、複数のサイトに登録して、こまめに報酬の多いアンケートをチェックするのもコツといえるでしょう。

次の

dジョブ

ドコモ アンケート

そういえば、NTTドコモも副業解禁しているみたいなので、大手キャリアの中で副業解禁して無いのはKDDIだけですかね ちなみにちょろっと調べたらドコモのサービスでdジョブってアンケートとかでちょい稼げるサービスあるみたいですが、あまり稼げる副業には見え無い。 そういえば、NTTドコモも副業解禁しているみたいなので、大手キャリアの中で副業解禁して無いのはKDDIだけですかね ちなみにちょろっと調べたらドコモのサービスでdジョブってアンケートとかでちょい稼げるサービスあるみたいですが、あまり稼げる副業には見え無い。 よくあるモニターサービスです 結論ですが、株式会社NTTドコモは副業解禁してますね。 ちなみに大手キャリア3社でいうと、NTTドコモとソフトバンクが副業解禁しており、ソフトバンクについては を参考にどうぞ。 今回は株式会社NTTドコモ社員におすすめな副業方法などを実際に副業で稼いでいる僕が紹介します。 ちなみに、dジョブはあまり稼げ無いため副業としてはおすすめしませんかね。 株式会社NTTドコモは副業解禁してますよ【dジョブは稼げません】 結論ですけど、NTTドコモは副業解禁してますね。 大手キャリアの中でいうと、NTTドコモとソフトバンクのみですね。 NTTドコモは副業OKです 副業解禁されている2020年ですが、NTTドコモは副業解禁されています。 結構お堅いイメージがありますが、同じNTT系列のNTTデータも実は副業解禁しており、割とイメージと違ってますね。 参考: 冒頭で紹介しましたが、大手キャリアでいうとNTTドコモとソフトバンクが副業解禁していてまだKDDIは副業禁止になってますね。 いつも言ってますが、従業員満足度に影響するので割と人材流出リスクにもなるので、ドコモが副業OKなのはすごく良い流れだと思いますね。 dジョブはおすすめしません ちなみにですがNTTドコモは自社サービスとして、dジョブっていうのを展開しており、まあ平たくいうとアンケートとかに回答して手軽にポイントをもらって稼げるお小遣い稼ぐ的なサービスですね。 いわゆるモニターってやつですが、副業としてdジョブやるのは副業で毎月10万円以上稼ぐ僕的にはおすすめしませんね。 かなり非効率だと思います。 この後紹介しますが、副業って本業のスキルを横展開して高時給で稼ぐものだと思うのですがdジョブって誰でもできるので時給めちゃ低いです。 絶対に間違ってもNTTドコモ社員はすべきではないと思いますね。 株式会社NTTドコモ社員におすすめな副業方法 じゃあどんな副業がNTTドコモ社員におすすめなのかというと、ずばり本業スキルを使って副業エージェントから高時給の案件を紹介してもらうか、ブログをやるかがおすすめです。 僕はどっちもやっています。 本業スキルで高時給で副業収入を得る 王道的なのはNTTドコモで培った本業スキルを活かして、エージェントから高時給の副業案件を紹介してもらうことですね。 ITプロパートナーズ その中でもおすすめの1つはITプロパートナーズです、NTTドコモも平たくいうとIT業界ですが、このエージェントは文字通りでITスキルに特化した副業案件を揃えています。 しかも特徴なのが、週1日や2日など会社員の本業がありながら副業したいという方にとても最適な案件も揃えています。 NTTドコモ社員ならエンジニアやwebマーケターなどがいると思うので、 ITプロパートナーズはかなりおすすめできますね。 ただ時期とかによってはフィットする副業案件がないこともあるため出来るだけ1つじゃなくて複数登録する方が稼ぐにはスムーズに進みます。 ですし、損することもないです。 プロの副業 僕は複数の副業エージェントから案件紹介をもらったことがありますが経験上で言うと、2つ目のおすすめは ですね。 こちらは文字通りで副業案件に特化したエージェントです。 特徴でいうと、エンジニアやwebデザイナーだけでなくwebマーケティングや人事、経理などかなり幅広い人材増に向けて副業案件の紹介が可能ですし、時給も高めです。 登録後面談が必須ですが、適宜メールなどでフィットする副業案件を紹介してくれるため信頼できるエージェントですね。 この2つに登録しておけば問題ないと思います。 ブログで副業する 2つ目は、ブログで副業してみる、ですかね。 ブログで副業できるの?って思うかもですが、いわゆるアフィリエイトと言う手法です。 僕自身も先ほどのエージェント紹介以外に ブログでも副業収入を得ており、自分の会社員としての経験や副業経験をブログ記事にして副業収入を得ています。 今では月に10万円超えそうなくらいなので、エージェントからの収入と合わせれば20万円行く日も近いです。 1月のブログ収支報告です。 1月は売上ベースでは自己記録を更新しました! ・売上 発生 203,399円 マナブさん さんのブログ完全講義を受講開始して9ヶ月目に突入ですが、順調に伸びてます。 これからの抱負も変わらず、コツコツと継続して日々改善する、のみです。 アフィリエイトって怪しいと思う人も多いですが検討余地はありますよ。 何せ半分自動的に収入になりますからね。 まずはイメージ払拭のために、 でも参考にどうぞ。 株式会社NTTドコモで出世しながら副業するのが最強です と言うわけで色々副業方法はあるんですけど、最後に僕の経験としてNTTドコモみたいな大企業なら出世しつつ副業で稼ぐのは超最強におすすめってのを話します。 スキルアップにもなります まず1つ目ですが、長く働いているとだんだん転職したくなるじゃないですか。 多分飽きてきたとかだと思うんですよね。 僕もありましたしすごくわかります。 で僕も転職考えたんですけど、その時にまずは副業して簡単にリスクなく他社で働く経験を得ることを考えたのですが、割と理に適ってるかなと思います。 転職せずに他の経験も得られるので スキルアップにもなりますし、副業収入も入ります。 結果的にそれで転職し無い判断になればそれはそれで良い判断じゃないですか。 早んでいるならまずは副業ってのもいいんじゃないかと思いますよ。 確定申告で節税すれば丸々手取りになります あとはですね、、、NTTドコモくらい大きい企業でも同じだと思いますが会社員ってあまり昇給し無いじゃないですか。 出世したらそれはそれで責任も重くなりますし。 それで言うと、副業って別にすぐ止めることもできますし、しかも今までの本業スキルを活かして稼げるので効率的です。 さらにもっと言うと、出世だと税金払わざる得無いですが副業収入なら確定申告で経費を出せば実質丸々手取りになるんですね。 僕の場合だと家賃とか飲食代を経費にしているため、副業収入で税金取られたことはないです。 月10万円程度なら確定申告で税金かから無いですよ多分。 ぜひやってみてください。 NTTドコモだと、2回くらい出世した収入アップじゃないでしょうか。 まとめ と言うことで今回はNTTドコモは副業解禁していると言う話と、おすすめの副業方法、副業がどれだけ最強かを解説しました。 ぜひ参考にしてみてください。 副業検討したいなら以下の記事も合わせてどうぞ。 人気:•

次の

おすすめアンケートサイト一覧|お小遣い稼ぎSite

ドコモ アンケート

私が中学生の頃には、スマートフォンは当然存在していませんでしたし、ケータイ電話もまだまだ黎明期という感じで、今のように当たり前に持つ、という感じでは全くありませんでした。 おそらく、今の子育て世代の多くの人の中学時代はそんな感じだったと思うので、中学生でスマホを持つ、という感覚がよく理解できないと思います。 私も理解できません。 しかし理解できないからといって放置してしまうと、我が子を中学生のスマホ利用にまつわるリスクにさらしてしまう可能性が高くなります。 ということで、NTTドコモが「スマホを持つ中学生180人」にアンケートをした結果を受けて、中学生のスマホ利用時のトラブルについて確認していこうと思います。 スマホデビューした中学生のアンケート結果 まずは、親世代びっくりのアンケート結果をご覧ください。 スマホデビュー後の中学生180人にドコモがアンケートを取った結果です。 背筋に冷たいものが走るかもしれません。 各項目、驚きの結果が並んでいます。 今回特に注目したいのは「リスク3」ですが、それぞれ簡単に見ていきます。 リスク1:親とのルールを守れない中学生 スマホデビュー後の中学生の6割以上が親とのルールを破ったことがあり、さらにその中の8割近くが半年未満でルールを破ってしまっている、という内容です。 まぁこれは、さもありなん、というところでしょうか。 中学生、そうそう親とのルールを100%守れる年齢ではないですよね。 ここで気になるのは、どういうルールをどう破ったのか、というところです。 もう一つドコモが実施しているアンケートで、 中学生の2割が親にこっそり課金をしたことがある、と回答しているので、この辺りも間違いなくルール破りの一例と言えそうです。 その他にありそうな内容としては、 利用時間や 利用アプリ、 閲覧サイトなどのルールが破られやすそうな気がしますね。 親としては、「 ルールを取り決めても破られる可能性が高い」ということを認識した上で、親子でしっかり話し合った上でのルール策定、またフィルタリングなど可能な部分については破ることができない仕組みを用意するなど、できる部分は徹底しておきたいところです。 リスク2:詐欺サイトへのアクセス経験 詐欺サイトへのアクセスは3人に1人が経験あり、ということです。 最近はメールを使うこともそうないでしょうから、迷惑メール経由ということも随分減っているのではないかと思うのですが、その3人に1人が、どこをどう辿って詐欺サイトに辿り着いているのかが気になるところです。 もし単純に迷惑メールからなら、これはドコモが推奨している通り、迷惑メールの設定さえしっかりしておけば簡単に防げる問題です。 まぁ最近はSMSで宅配会社を装って送られてくるケースなどもあるので、もしかしたらそういうパターンかもしれません。 検索から辿り着いているのであれば、それはそれで逆にすごいですし、そもそもフィルタリングがしっかりかけられていれば、いずれにしてもそうしたサイトに誤ってアクセスしてしまっても表示されないはずです。 ですがこの結果を見る限り、 フィルタリングが実施されていない、または Wi-Fi環境でフィルタリングがかかっていないケースが多い、という事実が垣間見えます。 親のフィルタリングに対する意識の低さが、結局穴だらけの制限となってしまっているの かもしれません。 リスク3:中学生のスマホ破損・紛失は非常に確率が高い さて、注目のリスク3です。 中学生でスマホデビューして紛失・破損などのトラブルに遭遇したことがあるのは約半数、一年未満でも25%。 かなりの高確率です。 トラブル内容としては、破損、紛失、水没等、致命的なトラブルが並んでいます。 そして 実はこの辺りが、親世代として、その感覚がイマイチわからない部分ではないかと思うわけです。 つまり、 中学生時代に初めてスマホを持った場合の、自分自身でのリスクコントロール。 これは実際に中学時代にスマホを持ったことがなければ理解しようがありません。 なので、中学生がスマホを破損させてしまったり、紛失したり水没させてしまったりするリスクがどれくらいのものなのか、体感としてわからないのです。 今回のドコモのアンケート結果がすべてとは言いませんが、普段スマホを持ち歩く習慣がついていない中学生がスマホを持ち始めた場合、 このアンケートで出てきた程度のリスクはあ る、と思うべきかもしれません。 となると、ここで親として考えておきたいのは、『 いきなり中学生から高額なスマホやiPhoneを持たせるのは、経済的な意味でリスクが大きすぎるのではないか』ということです。 大人でも破損させたり紛失したりすることもありますからね。 中学生ではなおさらです。 仮に持たせるにしても、ドコモのスマホを利用させるにあたっての ケータイ補償サービスまたは Apple Care+の利用は必須である、ということがアンケート結果を根拠として明らかになった感じです。 仮に修理であれば費用的にはまだ抑えられるものの、ケータイ補償サービスで交換をすると、Androidスマホでは7500円、iPhoneだと最大11000円と、負担がかなり大きいです。 万が一ケータイ補償に加入していなかった場合、修理代金が高すぎたりそもそも修理ができず買い換えを余儀なくされ、大きな損を被ります。 中学卒業までトラブルなく利用することができたら、高校入学の段階で最新iPhoneなどに買い替えてあげる、という約束をしたりするのもありかもしれませんね。 リスク4:6割近くが経験している謎のトラブルとは? これは質問があまりよくないと思うのですが、 原因不明のスマホトラブル、という質問自体漠然としすぎていて、本当にトラブルなのかスマホ特有の動きなのかもよくわからないので、アンケート自体はあまり参考になりません。 ドコモで用意されている「おたすけロボット」を活用すれば、原因不明のトラブルも解決できますよ、ということだと思います。 私もこの存在自体知らなかったのですが、確かに「故障かな?」と感じることが出てきた際などには便利だと思いましたので、参考にされてみてください。 写真についても動画についても、「絶対に消えないデータ」は存在しませんので、microSDカードなどの外部メモリ、またはパソコンやクラウドを有効に活用しましょう。 5GBまでならdフォトの写真お預かり機能を無料で利用できます。 それ以上の容量については有料になりますので、中学生の場合は家族で相談、ということになりそうです。 中学生にスマホを持たせる際には事前に対策を 以上、親として特に気になると思われる内容は、やはりリスク1、リスク2、リスク3についてではないかと思います。 あまり深く考えずに子にスマホを買い与えているケースもあるかもしれませんが、こういうアンケート結果が出ているのですから、できる限りの対策はとっておきたいところです。 リスク1とリスク2に共通して言えるのは、まずはspモードフィルタを最低限利用しつつ、自宅のWi-Fi環境や外出先のWi-Fi環境でも機能する「あんしんフィルター for docomo(またはファミリーブラウザ)」は必ず利用させたいところです。 (使い勝手があまりよくないという問題は確かにありますが・・・。 ) 折しもで、2019年5月8日からはフィルタリング事業者の基準に従った制限に切り替わるため、どのような影響があるかは確認をしておきたいところです。 ルールについてはお互いが納得できるルールを、親子でしっかり話し合うことも大切ですね。 リスク3については、親の経済事情に直撃する内容でもあるので、リスク度に合わせて機種選定をしておきたいところです。 故障紛失時の修理代金やケータイ補償利用料金は変わらなくても、端末代金が単純に激安の648円機種が最もお勧めです。

次の