テント 4シーズン。 一人用テントおすすめ14モデル!登山用に初めて買うならどれ?|YAMA HACK

モンベルテントのおすすめ人気ランキング7選

テント 4シーズン

商品情報 「商品情報」 このテントは、4シーズンのアウトドア活動のために設計されています。 優れた防水、防風性能の高品質のポリエステル加工素材を採用し、悪天候でもテントを安定に保つことができ、雪や雨のことご心配なく。 3-4人の広いスペースで家族や友人と一緒にキャンプを楽しむことができます。 設営も簡単、この重さで旅行するのに最適です。 主な特徴: 2つの入り口は最大の利便性と通気を提供し、2つのメッシュ付き換気窓は雨の中でもの空気の流れを可能にします。 ライト用フックと2つの収納ポケットが内蔵されています。 三角形のアルミテントペグと、反射材入りロープは、夜間にわずかな光があれば視認性を高めます。 フライシートに付いたスノースカートが、寒い天気に外の冷たい空気を隔離し、テントの中の温度を維持することができるため、冬に使用することができます。 暖かい天気に巻き上げてバックルで固定し、涼しい風が入ります。 両面ジッパーのデザインにより、両側からテントのドアを開くことができます。

次の

登山用おすすめ軽量テント6選!ソロ・二人用の山岳テント選びのポイントも解説!|山行こ

テント 4シーズン

ときに危険もともなう、登山時での使用を考えているなら、やはり登山用のテントがおすすめです。 登山で持っていく場合は特に、登山中の体力を少しでも温存するために、1gでも軽いものの方が良いですよね。 そんな軽さに特化したテントもありますよ。 また、合わせて注目したいのが安全性。 モンベルの登山用テントは、気候の変化が激しい山中での使用を考えて、耐水性や耐風性にも配慮されています。 登山用テントを選ぶ際には、シングルウォールかダブルウォールかもチェックしてみましょう。 テント本体+フライシートがあるダブルウォールは、登山の際に、寒さや雨雪の影響が少ないという点が最大のメリット。 これに比べてシングルウォールは、設営の手軽さと軽さがメリットです。 使用場所や登山のレベルに応じて選んでくださいね。 設営のしやすさを追求するなら、どんなソケットを使っているかをチェックしてみましょう。 頑丈でありながら、設営がしやすいのもモンベルテントの特徴です。 特許も取得しているモンベル独自のクロスソケットなら、四方のポールをソケットに連結するだけで、あっという間に設営可能。 ポールの数も少なく済むので、荷物のコンパクト化にも一役買っています。 登山やツーリングで使う場合は、一人で設営しなければいけない場面も多いので、大切なポイントですよね。 登山用のテントで探している場合には、グローブをつけた状態でも設営がしやすいか、という点も要チェックです。 ループやポールに滑り止めがついていると、手がかじかんでいる状況でも設営がしやすくなりますよ。 モンベルのテントは、自分にぴったりのサイズを見つけられるようになっています。 サイズが細かく設定されていることで、選ぶ際に迷ってしまいそうですが、1型は1人用、5型は4~5人用、9型は8~9人用というように、サイズと人数の数字が連動しているので、目安にしましょう。 テントのサイズは、大は小を兼ねるというわけでもありません。 大きくなると、設営や撤去にも手間がかかりますし、荷物も大きくなります。 登山やツーリング用で選ぶ場合はもちろん、ある程度快適性を求めるキャンプ用でも、なるべくジャストサイズを選ぶようにしたいですね。 モンベルのキャンプ用テントの定番モデルであるムーンライト。 その名の通り、月明りの中でも作業できるほど、設営が簡単にできます。 ソケットにひっかけるだけでテント本体とフレームの接続が完了するので、とても簡単ですよ。 どのサイズにもつけられるオプションのグラウンドシートは、タープ代わりとしても使うことも可能。 キャンプ場で より広く場所を確保したい人にもおすすめです。 タイプ 無雪期登山・キャンプ・ツーリング 対応シーズン 3シーズン 重量 8. オプションを使えばオールシーズン使うことができますよ。 特にオプションのスノーフライは、過酷な自然環境の中でもタフに使うことができ、積雪期の登山にぴったり。 5kg未満と重量も抑えられているので、登山の持ち運びにも負担になりません。 趣味で登山をやっている方からプロの方までおすすめできるテントです。 タイプ 無雪期登山・積雪期登山・ツーリング 対応シーズン 3シーズン(スノーフライ使用で冬も可) 重量 1. 四方のポールを底に差し込むだけなので、あっという間に設営が完了しますよ。 またクロスソケットのお陰で、テント内の空間が広くなり、より快適に過ごせます。 3シーズン対応とありますが、かなり通気性が良いので春先や秋口などは寒く感じる場合もあるかもしれません。 その場合はオプションのテントマットを購入して冷気の侵入を防ぐのがおすすめ。 設営のしやすさと空間の広さを兼ね備えたうえに、いろいろな季節で使える一品です。 タイプ 無雪期登山・キャンプ・ツーリング 対応シーズン 3シーズン 重量 2. 43kg 1. 34kg 8. 4kg 3. 88kg 1. 79kg 1.

次の

一人用テントおすすめ14モデル!登山用に初めて買うならどれ?|YAMA HACK

テント 4シーズン

商品情報 「商品情報」 このテントは、4シーズンのアウトドア活動のために設計されています。 優れた防水、防風性能の高品質のポリエステル加工素材を採用し、悪天候でもテントを安定に保つことができ、雪や雨のことご心配なく。 3-4人の広いスペースで家族や友人と一緒にキャンプを楽しむことができます。 設営も簡単、この重さで旅行するのに最適です。 主な特徴: 2つの入り口は最大の利便性と通気を提供し、2つのメッシュ付き換気窓は雨の中でもの空気の流れを可能にします。 ライト用フックと2つの収納ポケットが内蔵されています。 三角形のアルミテントペグと、反射材入りロープは、夜間にわずかな光があれば視認性を高めます。 フライシートに付いたスノースカートが、寒い天気に外の冷たい空気を隔離し、テントの中の温度を維持することができるため、冬に使用することができます。 暖かい天気に巻き上げてバックルで固定し、涼しい風が入ります。 両面ジッパーのデザインにより、両側からテントのドアを開くことができます。

次の