ご冥福をお祈りします 使い方。 「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメ?ほかの言い回しとは?

冥福を祈るとはどんな意味の言葉?実は使わない方が良い場合も多い言葉です。

ご冥福をお祈りします 使い方

「ご冥福をお祈りいたします。 」の意味は、どのような意味なのでしょう。 「死後の幸福をお祈りいたします。 」と言う敬いの言葉です。 また、葬儀知識では、「ご冥福」をキリスト教や浄土真宗では使ってはいけないとされていますが、参列している側がそれを把握することは難しいですよね。 仏式か神式かを問われたとしても、その場に行って見ないとわなから無いものです。 そんなこともあり、参列する側は気に留めなくてもよいとされています。 ご冥福をお祈りするのは、あくまで 故人への気持ちであり遺族に対しての気持ちではありません。 遺族の悲しみを理解し遺族に対して「ご冥福をお祈りいたします。 」と使うことは、違和感を覚えます。 故人に対しての言葉を、遺族の悲しみを理解するように使うのは、使い方として正しいとは思えないからです。 実際遺族に対して、「ご冥福をお祈りいたします。 この度は、大変でしたね。 」とお話をされている姿を目にしたことがありましたが、遺族の方々は返答に困っている様子でした。 「死後の幸福を祈っています。 この度は、大変でしたね。 」と残された遺族に対して伝えているのですから、戸惑う気持ちも理解できます。 「ご冥福をお祈りいたします」と遺族に用いるのであれば、 「故人のご冥福を心からお祈り申し上げます」と、あくまで「故人」に対しての気持ちだと、一言付け足さなければなりません。 また、「ご愁傷様でございます。 この度は急なことで驚いております。 また、 電報とし送るのであれば、決まったテンプレートを利用することも可能ですが、言葉にして直接伝えるのであればやはり、 遺族に対して「ご冥福をお祈りします」と言う言葉を単体で使うことは間違えた使い方で、「ご冥福を」遺族に対しての言葉だと勘違いしている人も多く、オリジナルの文章で電報を送り、赤恥を書くなんてことも度々あります。 電報を送る立場も考えなければならないからです。 故人が自分に対してどのような間柄なのかをまず考えてから、文章を選んだほうがよいでしょう。 先輩の親なのか義理の親なのか、自分の友人の親なのか義理親なのかで、電報の中の呼称も内容も変わってきます。 故人のとの関係性を整理し、遺族に対して送るのか、生前故人との深い付き合いの中で送るのかを、自身で考え送ってください。 遺族に対して使っては失礼になる言葉や不機嫌になるような内容ももちろん避けるべきです。 社会人としてのマナー、マメ知識として頭の片隅には残しておかなければならないことです。 画像:alsok-denpo. com ビジネスでも、取引先の社長と公私ともに仲のよい自社の社長が 電報を送る際は、「在りし日のお姿を偲び、ご冥福をお祈りいたします。 」と故人を偲び故人の死後の幸福を祈ります。 従業員の義理の父の場合は、「御岳父様のご冥福をお祈りしますと共に安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 」などと、少しずつ 送る側の立場を尊重した文章でなければ失礼にあたりますので、気をつけたいものです。 マメ知識としては、• 施主の配偶者である場合、夫の場合「ご主人様」、妻の場合「ご令室様」と使われます。 用いる悔やみ言葉の種類だけでなく、どのような故人へ、遺族へ送るのかによって、 呼称を変え使う言葉を選定し、失礼の無い内容で伝えることが社会人としての最低限のマナーです。 場の雰囲気を考えず、大きく明るい通る声で「故人のご冥福をお祈りいたします。 元気を出してくださいね」と、あえて明るく伝えられても、憔悴しきっている遺族からすれば場の雰囲気にそぐわない対応だと感じられます。 場に合った言葉だけでなく、 身なり、 声の高さや 話し方、 メイクなど 場に合わせて使いこなせることが社会人に必要な気遣いでもあります。 葬儀の場で、大きな声で世間話をしている方々もいらっしゃいます。 歳を重ねるとそのような場でしか顔を合わせなくなるということも理由として考えられますが、それでも故人を偲び冥福を祈るのであれば、小さな声で話す、場所を変えて話す等の気遣いをしてほしいと思います。 Hohoron. comでは他にも、 いまさら聞けない葬儀の作法について説明した記事があります。 空いた時間にサッと読んで、社会人としての知識やマナーを学んでおきましょう!•

次の

ご冥福をお祈りしますの意味と使い方を完全解説!お悔みの言葉全集!|やさしいお葬式

ご冥福をお祈りします 使い方

冥土で行われること 冥土でさまよっている間に故人の生前の生き方が裁きを受け、次に転生する場所(良い場所または悪い場所)が決定されます。 まとめますと「冥福を祈る」とは、 冥土でさまよった後に幸せな世界(良い場所)へ転生できるように祈ることなのです。 では次に、「ご冥福をお祈りします」についての正しい使い方について考えてみましょう。 「ご冥福をお祈りします」の正しい使い方 「ご冥福をお祈りします」の正しい使い方は、 『冥福を祈る』という考え方の宗教に使うことです。 ですので 仏教であれば、全てこの考え方が正しいというわけではありません。 「浄土真宗」では「冥土」という考え方はありませんので注意が必要です。 よくニュースで亡くなられた方に対して「ご冥福をお祈りします」と付け加えられていることがありますが、故人の宗教や宗派を知った上でなければ当事者の方々に対して失礼に当たります。 宗教や宗派がわからないときには、「ご冥福をお祈りします」ではなく、• 「心から哀悼の意を表します」• 「ご愁傷様で誤差います」 などと別の表現を使うのが無難でしょう。 「ご冥福をお祈りします」と言われたときの返事・返答 「ご冥福をお祈りします」という言葉は亡くなられた故人に対して呼びかけるための言葉であり、ご家族に対する挨拶には不適当です。 そのことを知らない方はわりと多く、葬儀に来られた方から言われる指摘される場合もあります。 では、「ご冥福をお祈りします」といわれた場合にはどのように返事をしたら良いのでしょうか。 相手の方はそれが間違いだとは知らずに挨拶をされていますので、 相手の気持ちを受け止めて返事をされるのが良いかと思います。 より良い返事の仕方は、相手が年配や上司、親戚や親友など年齢や立場などに関係なく、• 「ご丁寧にありがとうございます」• 「お心遣いありがとうございます」 などトーンを低めて返事をするのが無難で良いかと思います。 ただし、一般的には、葬儀場などでは「ありがとう」という言葉を使うのは、差し障りをおぼえてためらいます。 そのような時や、悲しみの気持ちで言葉がなかなか出ないと行った場合には、一言• 「恐縮です」• 「痛み入ります」 などでもいいですし、黙礼だけでも構いません。 まとめ 「ご冥福をお祈りします」という意味は、 冥土でさまよった後に幸せな世界(良い場所)へ転生できるように祈ることです。 正しい使い方は、『冥福を祈る』という考え方の宗教に使い、 仏教であれば全て使えるわけではありません。 相手からこの言葉を言われた時は、お気持ちを受け止めて短めの言葉で感謝を表わすか、黙礼をすることでも相手に気持ちを察してもらうことができます。

次の

「ご冥福をお祈りします」という言葉の間違いのない正しい言い方

ご冥福をお祈りします 使い方

「お祈り申し上げます」の意味 「お祈り申し上げます」は 「相手に良いことがあるように祈っていること」を丁寧に伝える言い回しです。 ビジネスメールなどでは、 先方の成功や活躍・発展・繁盛などを願うことが多いとされています。 「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 ただ、「お祈り申し上げる」の「申し上げる」は謙譲語としては使いません。 「お〜申し上げる」は「お待ち申し上げます」や「お願い申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 「お祈り申し上げます」は、 結びの挨拶としてメールや手紙の文末や改まった場での締めの挨拶として用いられます。 「お祈り申し上げます」の使い方と例文 メールや手紙の最後の締めくくりとしては、相手の幸せや健康を願う気持ちを入れるのが基本的です。 「お祈り申し上げます」に相手の幸福や健康を願う言葉を加えた文章は、定型文として使われています。 「お祈り申し上げます」は正しい敬語表現なので、目上の人に対して使うことができます。 「祈る」という行為は、目上の人に行っても失礼には当たりません。 「お祈り申し上げます」は手紙文の常套句なので、親しくない相手に対しても遠慮なく使えます。 また、この一言を入れることで、真面目な姿勢や好印象を与えられます。 相手によって「お祈り申し上げます」だと少々堅いなと思うときは、代わりに 「お祈りいたします」を使用できます。 相手の健康、活躍などを願う 「お祈り申し上げます」は結婚式の挨拶、年賀状、就活で不採用だったときのお祈りメールなどで使われます。 就活で不採用だった場合に「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます」というメールがきます。 不採用となる旨を、「採用を見送らせていただく」「ご縁がなかった」などといった言い回しで表した後に、最後「ご活躍をお祈り申し上げます」という形で締めていることが多いです。 例文 ・ご結婚おめでとうございます。 二人のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、皆様のご健康をお祈り申し上げます。 ・略儀にて恐縮ではありますが、今後、益々のご繁盛をお祈り申し上げます。 ・栄えあるご栄転を心よりお祝いいたしますとともに、より一層のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 ・ 今後、益々の御社ご繁栄と、社員皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 ・皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 ・一日でも早いご回復をお祈り申し上げます。 相手に不幸があったときにも使う 「お祈り申し上げます」は「相手に良いことがあるように願う気持ち」を表す言葉ですが、亡くなった人の冥福を祈る場合にも使います。 そのような場合は、主に 「ご冥福をお祈り申し上げます」を使用します。 「ご冥福お祈り申し上げます」は、「故人の死後の幸福をお祈りいたします」を意味しています。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は遺族に対してではなく、故人に対して使う言葉です。 遺族に対して「ご冥福」を使う場合は、「この度は、誠ににご愁傷様でございます。 (故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします」と故人に対しての言葉であることが伝わるようにしましょう。 例文 ・この度はご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 ・本来であれば、弔問にお伺いすべきところではございますが、都合でご葬儀に伺うことができず申し訳ありません。 略儀ながらメールにてお悔やみを申し上げます。 ・この度はご愁傷様です。 思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたします。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ・ご母堂様のご冥福をお祈り申し上げます。 上司や取引先などに「期待しております」などと使ってしまうと、「仕事で結果を出すことを期待していますよ」と上から目線なニュアンスになってしまいます。 目上の人に使ってしまわないように注意しましょう。 「お祈り申し上げます」への返事 「お祈り申し上げます」という文章が入ったメールや手紙をもらったら、何て返事をすれば良いのでしょうか。 このような場合、相手は自分を気遣ってくれていることになるので、それに対するお礼をします。 「感謝いたします」「お礼申し上げます」などと感謝の気持ちを述べた後に、自分から相手に対しても幸福や健康を願う文章を書くのが良いでしょう。 就活では不採用通知で「お祈り申し上げます」と書いてあるメールをもらうことがあります。 このような場合は基本的に返信する必要はありません。 しかし、最終面接で不採用になった場合や、担当者に何かお世話になったり、親切にしてもらっていた場合は、選考してくれたことに対するお礼や今後の抱負などを簡潔にまとめて、返信するのが良いでしょう。 例文 ・お気遣い心より感謝いたします。 ・励ましの言葉をいただきお礼申し上げます。 今後ともご支援をくださいますようよろしくお願いいたします。 ・ご多忙中の折、ご連絡いただきありがとうございます。 「ご冥福お祈り申し上げます」の返事は? 「ご冥福をお祈りします」と言われた場合は、 ・恐れ入ります ・痛み入ります ・恐縮です ・お心遣いありがとうございます ・ご丁寧にありがとうございます などと言います。 感謝の気持ちを表す「恐れ入ります」や、相手の優しい気持ちに恐縮するという意味がある「痛み入ります」が適切になります。 また単に「ありがとうございます」と言うのはなるべく避け、「ご丁寧に」「お心遣い」といった言葉を付けて返事をしましょう。 「お祈り申し上げます」の言い換えは「祈念」 「祈念(きねん)」は 「祈り念ずること」「いのり」「祈願」を意味します。 例えば「国際平和を祈念する」「健康を祈念する」などと使います。 「お祈りいたします」「お祈り申し上げます」をより改まった表現にしたのが「祈念」になります。 主に「祈念いたします」「祈念申し上げます」と使います。 例文 ・貴社の益々のご発展を祈念いたしますとともに、一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 ・皆様のご活躍を祈念いたしております。 ・今後のご成功を祈念いたしますとともに、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

次の